スポンサードリンク

2035年10月01日

オーディオ再訪 はじめに


 1970年代に、プレーヤー・アンプ・スピーカーが一体になった廃品の真空管式アンサンブルステレオを譲ってもらい、これを直して楽しんだのがオーディオへのきっかけだったように思います。ダイナミック型のトーンアームを直し、セラミックカートリッジを買ってきて交換し、ビリーヴォーン楽団の「真珠貝の歌」、サウンドトラックの「サウンド・オブ・ミュージック」など、手持ちのレコードを全部聴きました。卓上型レコードプレーヤーでは聞こえなかった低音に感激したものです。カートリッジはSPとLPをレバーで回転させて切り替えるものでした。

ss_stereo.jpg

(ほぼ同型のステレオ。1970年代)

 アンサンブルステレオで半年ばかり楽しんだ後、プレーヤーとレシーバーを収めた大きなセンターコンソールと左右に2wayスピーカーがあるトリオ製セパレートステレオを小遣いを貯めて購入し、洋物のEPレコードを中心に毎日のように聴いていました。プレーヤーはリムドライブでカートリッジはMM型でした。当時のFMステレオ放送も無駄なしゃべりがなく音楽を中心とした聞き応えのあるものでした。

 それから永い時間をかけて、70年代にコーラルCX-3スピーカー、SONYレコードプレーヤーPS-X30A、80年代にヤマハプリメインアンプAV-5、ヤマハCDデッキ、90年代にSONY製MDデッキ、マランツCDデッキCD-16D、B&WスピーカーCDM1SEなどの単品コンポーネントを揃えて来ましたが、2000年以降はほとんど聴くこともない状態が続いていました。

sTrio_reciever.jpg

(セパレートステレオのレシーバーと同型のもの。1970年代)


 ところが2006年になって、ふとしたきっかけで真空管に興味を持ち、TU-880管球アンプキットを作ってみると、きれいな音色や予想に反して弾むようなダイナミックな躍動感にすっかり魅了されてしまいました。6BQ5、6CA7、6BM8、12AX7という球の名前も懐かしく、今でもロシアや中国で生産が続けられ、入手可能であることを知りました。真空管アンプは、多くはキットという形で多くの機種が市販されていることも分かりました。ただ、昔の価格を知る者には信じがたい価格になってはいますが・・・。2000年代は、アナログに回帰の年代でした。今ある装置はすべてこの4年間に揃えたものばかりです。

 マニアには笑止千万の内容かも知れません。B級オーディオとは、できるだけ費用をかけないで目一杯「いい音・いい音楽」を楽しみたいという自虐の意味をこめたものです。真空管アンプとレコードを中心に、アナログを楽しんでいます。熟年世代にとっても楽しめる趣味だと思います。懐かしい方も、初めての方も、興味のある方はどうぞご覧下さい。(2006年11月1日)
 ホームページ「オールドタンノイを真空管アンプで楽しむ」もどうぞ。

m2006_11201_005.jpg



 あれから5年。大きなアナログ機器が重荷になってきました。2010年にはPCオーディオとの出会いもありました。2011年の春からダウンサイジングを進めてきましたが、一応の区切りがつきました。オープンデッキ、真空管イコライザーアンプ、真空管パワーアンプ、レコードプレーヤー1台、シュアーV15Type3等を処分し、ソースはFM、レコード、PCオーディオの3つに絞って真空管プリアンプとLM3886パワーアンプで聴いています。ただ、6BM8シングルアンプ(TU-870)だけはいずれ入手したいアンプです。ずいぶん身軽になったように思います。年齢とともに趣味への考え方も変化します。それもまた新たな興味深い出会いがあって楽しいものです。(2011年9月)








posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ再訪

2016年08月28日

ミュージックバード 本間千代子

2016年8月28日(日)
 きのう27日の朝、久しぶりにFMチューナーに火を入れました。コミュニティー局をネットしているミュージックバードです。しばし、FMの心地よい音楽を楽しんで、ハキハキとした女性パーソナリティーの声に酔い、番組の終わりに本間千代子でしたと言ったんです。「えっ」と思いましたが、同姓同名だろうと思っていたのですが、やはり本間千代子さんでした。
 すっかり忘れていた1960年代のアイドル女優さん。吉永小百合さんの時代です。まさかこんなところで名前を聞くとは思いませんでした。とても若々しい声で、30代と言っても通用する声でした。毎週やっているんでしょうか。また聞きたいものです。

TRIO KT-7700です。中古で購入して7年ほどたちましたが、正常に動いています。
s400_266_DSC_1477.jpg

周波数の針は少しずれているので正確ではありません。ウチはケーブルテレビを引いているため、FMもノイズレスできれいに入ります。
s400_266_DSC_1481.jpg

懐かしい声を聞いたせいか、昔のJPOPが聴きたくなりました。

荒井由実(松任谷由実)のLPで「ミスリム」です。
セカンドアルバムで1974年10月5日リリース。
若いころは「瞳を閉じて」が好きでした。初期の名曲ばかりのLPです。
s300_300_DSC_1395.jpg

ベストアルバム「ユーミン・ブランド」
「翳りゆく部屋」が懐かしいです。
1976年6月20日リリース。
荒井由実時代の最後のアルバム。
s300_300_DSC_1483.jpg

ユーミンのファーストアルバム。1973年11月20日リリース。
ベルベットイースターもこれに収録されています。
s300_300_DSC_1486.jpg

サードアルバム。コバルトアワー。
1975年6月20日リリース。
s300_300_DSC_1488.jpg

これ、カセットも持っていました。
LPレコードで聴くユーミンは最高です。
二十歳の頃がよみがえってきます。




posted by キラリ at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | チューナー

2016年07月13日

無線と実験 1969年1月号

2016年7月13日(水)
 古い本を入手したので載せてみます。懐かしく思われる方は60代以上かも。無線と実験1969年(昭和44年)1月号です。中学生だった私はこの本を当時買いました。定価200円となっています。難しい本だったのを覚えています。それまで初歩のラジオとか模型とラジオのような子供向けの本しか読んでいなかったので、無線と実験は完全に大人向けでした。

s216_300_DSC_1174.jpg

裏表紙はミリボルです。
s216_300_DSC_1176.jpg

 この本の目玉の一つはICプリアンプでした。真空管からトランジスタへの過渡期の時期に、ICの音はどうだったんでしょうね。(PS)音は普通級だったと書かれていました。表紙の基盤がこのICプリアンプです。NEC MC-4080-1は何と今でも売られています。1個5,260円です。
s289_400_DSC_1189.jpg

 これが今となれば一番の目玉だったのかもしれません。あのUESUGIです。上杉佳郎氏設計のアンプですね。トーンコントロールを排したプリアンプです。当時はBASS・TREBLEに魅力を感じていたころだったので、トーンコントロールなしのプリアンプは、ひどくがっかりしたのを覚えています。子供でしたからね。今はトーン不要の考えはとても共感できます。(PS)音はとても良いそうです。このアンプと同氏作UV-211Aのコンビで鳴らしたところ、マッキンC-22と遜色ないばかりか透明度はC22を凌いでいたそうです。ホントですか?
s289_400_DSC_1191.jpg

 回路図が見えるでしょうか。画像をクリックすると大きくなります。
s1155_1600_DSC_1193.jpg


 当時の広告も懐かしいものばかりです。少し載せておきましょう。
 ビクターのSEAです。イコライザーです。これは大ヒットでした。ビクターのセパレートステレオにはSEAが標準で搭載されていました。このすぐ後だったと思いますが、サンスイから低音-中音-高音がコントロールできるアンプが登場しました。これの方が斬新だったように思います。
s289_400_DSC_1178.jpg

 ヤマハのNSスピーカーの原型です。今でも一部のマニアには強烈な人気です。グランドピアノのような形をしたコーンは発泡スチレンでできていて、エッジ部は固定されている斬新なものでした。NS-20のお値段は48,000円となっています。
s289_400_DSC_1180.jpg

 ナショナル製コアキシャルスピーカー。とても美しい形をしています。口径は20cmで、価格は4,500円となっています。今でも通用しそうな形です。このころはコアキシャルスピーカーが、フォステクスやコーラルからもたくさん出ていました。パイオニアからもPAXシリーズがありましたね。
s289_400_DSC_1182.jpg

 オーディオ店で初めてステレオカセットデッキを見たのはこのAIWA製です。オープンデッキが普通でしたから、とても斬新でした。でも音はラジカセ並でした。まだ、ドルビーもないころですから。カセットデッキの価格は29,800円。その横にあるポケッタブルなレコーダーが気になります。ソニーのウォークマンが出る10年前に、もうこんなレコーダーがあったんですね。でも、これはステレオではなくモノラルだったそうです。価格は32,000円。当時の技術でステレオレコーダーも作れたでしょうに。そうすればウォークマンの歴史は変わっていたかも。
s289_400_DSC_1185.jpg

 たくさん載せたい画像はあるのですが、これで終わりにしましょう。パイオニアのプリアンプです。マランツにそっくりですね。当時でもマランツとマッキンは両雄でした。特性ではマッキンを超えたとかいう広告があったように思います。当時の日本は、特性がすべての時代だったようです。おそらく1970年前後の最も人気があったアンプはサンスイのAUシリーズだったでしょう。
s289_400_DSC_1197.jpg


 ちょっと懐かしい本を載せてみました。この本が出た年にサンスイの名スピーカーSP-2002が発売されています。SP2002は実に生々しい音だったのを覚えています。無線と実験は今でも発行されています。良いものは長く続く好例でしょうね。




posted by キラリ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アラカルト

2016年06月19日

フォステクス FT40H 取付け

2016年6月19日(日)
 フォステクスFT40Hを箱に取り付けようと思いました。100円ショップで購入した5mm厚のMDFボードでバッフル板を作りました。現物合わせで寸法をケガいて自由キリで切り出します。

s400_266_DSC_0920.jpg

自由キリとはこういう物です。
s20100714_02_009.jpg

以前の画像ですが電気ドリルに取付けて削ります。
s20100714_02_004.jpg

穴あけまで終わりました。
s400_266_DSC_0930.jpg

仮付けしました。MDFボードの色が目立ちますが、違和感はないです。
s400_266_DSC_0927.jpg

ホーンツイータの3Wayもいいですね。DS-32Bの印象がずいぶん変わりました。コーンツイータの音の乱雑さがなくなり、きれいな音です。低音はバスレフの圧倒的な重低音がとてもいいです。スコーカはもともとP-610にも似た滑らかさです。最初の印象より数段レベルアップした感じです。
ホーンの音はいいですね。
s200_300_DSC_0927.jpg

ケガキに使用した若いころの製図器具。KENT(内田洋行)製。いまでもサビ一つなくピカピカです。40数年前に5,000円ぐらいしたと思います。カラス口が懐かしい。
s400_266_DSC_0932.jpg





posted by キラリ at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ホーンツイータ



スポンサードリンク