スポンサードリンク


2035年10月01日

オーディオ再訪 はじめに

 1970年代に、プレーヤー・アンプ・スピーカーが一体になった廃品の真空管式アンサンブルステレオを譲ってもらい、これを直して楽しんだのがオーディオへのきっかけだったように思います。
 ダイナミック型のトーンアームを直し、セラミックカートリッジを買ってきて交換し、ビリーヴォーン楽団の「真珠貝の歌」、サウンドトラックの「サウンド・オブ・ミュージック」など、手持ちのレコードを全部聴きました。
 卓上型レコードプレーヤーでは聞こえなかった低音に感激したものです。多分、ゼネラル製。スピーカーは楕円形。カートリッジは、SPとLPをレバーで回転させて切り替えるものでした。

ss_stereo.jpg

(ほぼ同型のステレオ。1970年代)

 アンサンブルステレオで半年ばかり楽しんだ後、プレーヤーとレシーバーを収めた大きなセンターコンソールと左右に2wayスピーカーがあるトリオ製セパレートステレオを小遣いを貯めて購入し、洋物のEPレコードを中心に毎日のように聴いていました。プレーヤーはリムドライブでカートリッジはMM型でした。当時のFMステレオ放送も無駄なしゃべりがなく音楽を中心とした聞き応えのあるものでした。

s250_126_tw-200.jpg

(セパレートステレオのレシーバーと同じ外観のもの。TRIO-TW200。1970年代)


 それから永い時間をかけて、70年代にコーラルCX-5スピーカー、SONYレコードプレーヤーPS-X30A、80年代にヤマハプリメインアンプAV-5、ヤマハCDデッキCDX-500、90年代にSONY製MDデッキMDS-JE510、マランツCDデッキCD-16D、B&WスピーカーCDM1SEなどの単品コンポーネントを揃えて来ましたが、2000年以降はほとんど聴くこともない状態が続いていました。

 ところが2006年になって、ふとしたきっかけで真空管に興味を持ち、TU-880管球アンプキットを作ってみると、きれいな音色や予想に反して弾むようなダイナミックな躍動感にすっかり魅了されてしまいました。6BQ5、6CA7、6BM8、12AX7という球の名前も懐かしく、今でもロシアや中国で生産が続けられ、入手可能であることを知りました。真空管アンプは、多くはキットという形で多くの機種が市販されていることも分かりました。ただ、昔の価格を知る者には信じがたい価格になってはいますが・・・。2000年代は、アナログに回帰の年代でした。今ある装置はすべてこの4年間に揃えたものばかりです。

 マニアには笑止千万の内容かも知れません。B級オーディオとは、できるだけ費用をかけないで目一杯「いい音・いい音楽」を楽しみたいという自虐の意味をこめたものです。真空管アンプとレコードを中心に、アナログを楽しんでいます。熟年世代にとっても楽しめる趣味だと思います。懐かしい方も、初めての方も、興味のある方はどうぞご覧下さい。(2006年11月1日)
 ホームページ「オールドタンノイを真空管アンプで楽しむ」もどうぞ。SSL化対応のためURLが変わりました。新URLでブックマーク登録をよろしくお願いいたします。

m2006_11201_005.jpg



 あれから5年。大きなアナログ機器が重荷になってきました。2010年にはPCオーディオとの出会いもありました。2011年の春からダウンサイジングを進めてきましたが、一応の区切りがつきました。オープンデッキ、真空管イコライザーアンプ、真空管パワーアンプ、レコードプレーヤー1台、シュアーV15Type3等を処分し、ソースはFM、レコード、PCオーディオの3つに絞って真空管プリアンプとLM3886パワーアンプで聴いています。ただ、6BM8シングルアンプ(TU-870)だけはいずれ入手したいアンプです。ずいぶん身軽になったように思います。年齢とともに趣味への考え方も変化します。それもまた新たな興味深い出会いがあって楽しいものです。(2011年9月)








posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ再訪

2019年09月14日

USB DAC 更新 No.5(Topping D10)OPA627AUは偽物?

2019年9月14日(土)
 今日試してみることは、パソコンを入れ替えて音の途切れが解消されるかどうか。そして、オペアンプを取り換えてみて音の変化を見ることです。

 パソコンはdynabook TS32/58FR 2012年製のcore i7です。普段は仕事に使っているPCですが、急遽foobar2000を入れてasioをインストールし、試してみました。

s500_375_DSC_201909_1171.JPG

 結論から言って、音は途切れませんでした。やはりDell 1545の何かが悪さをしているようです。普段は職場に置いているので、休日は家に持ち帰ってPCオーディオを楽しむことになりそうです。

 次はオペアンプの交換です。オリジナルは「OPA2134AP」です。D10の口コミを見ていて、「OPA627AU」が良いという意見が複数あったので、先に購入しておきました。

s500_375_DSC_201909_1024.JPG


 両面にオペアンプが載っています。こちらは基盤の裏面です。Amazonで1,239円と一番安いものを購入しました。

s500_375_DSC_201909_1019.JPG


 オペアンプを交換するのはこちらです。オリジナルは、OPA2134APが載っています。

s500_375_DSC_201909_0998_02_.png


 取り替えました。OPA627AUです。

s500_375_DSC_201909_1027_02_.png


 音出ししてみると、繊細感はあるのですが、オリジナルより音がやや細く、ボーカルも少し引っ込む感じがします。口コミではオリジナルはあまりよくないように書かれていたのですが、なかなかどうして、オリジナルのOPA2134APの方が音が太く、ボーカルも前に出てきて迫力があります。

 エイジングでまた変わってくるのでしょうか。これは好みの問題もあります。繊細さを好む方にはOPA627AUの方が良いのかもしれませんね。ただ、私はオリジナルの方が好ましく思いました。結論はしばらく聞き込んでみないと分からないので、さらに続きます。

PS 2019/09/18
 オペアンプの偽物のことがWebサイトにいくつも書かれていますが、こちらが分かりやすいです。

⇒ オーディオ電子工作ラボ

 上記のブログに出ている偽物の「627」の画像は、まさに私が使っているものと同じに見えます。フィリピン製ですし、おそらく同じものです。
 音の違いにあまり感激できなかったのは、このせいだったのかもしれません。本物は「BBOPA」の文字がつながっていますが、偽物は「BB OPA」となっているのもそっくりです。

 安物買いの何とやらでした。。。

 この際なので、評判のいい「MUSES02D」を秋月電子で注文しました。これと聞き比べれば、本物の質が確認できるでしょう。

オペアンプに関してはこちらも参考になります。
⇒ オペアンプ交換のよくある質問


いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ







posted by キラリ at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ

2019年09月02日

USB DAC 更新 No.4(Topping D10)

2019年9月2日(月)
 音の途切れが気になりつつ、サウンドドライバーの更新など試せるところは試してみてそれでも改善しなかったので、Windows10のアップデートや、本来のUSB DACのドライバーを入れることにしました。アップデートの過程で音の途切れが直ることを期待することにします。

 とりあえずD10は音楽を再生できるところまで来ていますが、D10のドライバーはWindows10の標準ドライバーであるUSBオーディオ2.0が動作しています。(8月28日の記事)

 WASAPIをインストールして、Windows10のカーネルミキサーをバイパスしました。(8月28日の記事)

 ここまではすでに行っているので、ここからは次のことをやってみます。

1.Windows10の累積アップデート
 これは、スタートメニュー>設定>更新とセキュリティーからできます。
2.asio4allのインストール。
 窓の杜などのサイトからダウンロードできます。
3.D10専用のasioをインストールしてみる。
 Topingのサイトからダウンロードできます。

 Windows10のアップデートを行いました。今回の更新では音の途切れは改善されませんでしたが、どこかの時点で何らかのプログラムが更新され、直る可能性はあります。

 asio4allをダウンロードしてインストールしてみました。設定でD10を選択しているけれど、foobar2000のOutput画面にはasio4allが現れませんでした。

 そしてD10専用のドライバーです。
 もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、私は手順に大きな間違いをしていました。D10の取扱説明書では、Toppingのサイトからダウンロードしたドライバーをセットアップするように書かれていました。

 D10のセットアッププログラムでセットアップし、asio4allではなくD10専用のasioが付属していました。そうです、本来は一番最初にすることはこれだったのです。

 セットアッププログラムを最初にやったかどうか覚えていません。とにかく走らせました。

s500_160_d10_setup_20190902_.png


 そしてD10専用のasioプログラムを起動しました。ASIOProxyinstall-072.exeです。そのほかにfoo_inputXXXとfoo_out_asioXXXという何かがあります。見落としていましたがこれはfoobar2000のInputとOutput用ドライバーかも。ダブルクリックすると自動的にfoobar2000に飛び、そこにあったinstallボタンを押すと認識されたようでした。

s500_160_d10_asio_driver_2019.png


 その結果、foobar2000のOutputを見てみると、なんと全部が認識されていました。選択したのはもちろん「ASIO:Topping USB Audio Device」です。DSDも入っているようですが、これは後程の楽しみにします。

s500_298_d10_asio_topping_20190901_.png


 なんとかasioが入りました。ここでPC音楽を聴いてみると、途切れはあるのですが、きっかり30秒ごとではなく、1回途切れると次は3分途切れないとか不連続要素が出てきていました。

 30秒の倍数である点は同じですが、これはどこかの時点で改善される可能性があります。このPCは音楽専用なのでウイルスソフトはWindows10に付属のDefenderしか使っていません。何が作用しているのかわかりませんが、もともとは途切れなかった個体ですから改善に期待します。

 なお、asio4allとasioは全く別のものであることを初めて知りました。どちらもWindowsのカーネルミキサーを回避するためのものですが、簡単に言うとこうです。
asio:メーカーがそのUSB DAC専用につくったプログラム。
asio4all:メーカーからasioが供給されない機種のために、Windows側からはasioと同じように見えるように見せかけたカーネルミキサーを回避するプログラム。

 なので、メーカーからasioが供給されているTopping D10のような機種では、素直にasioを使えば良いだけのことでした。取説はよく見なければなりませんね。

 音自体は、オペアンプを取り替えないままでも、とても滑らかないい音がしています。このままでも十分ですが、せっかくOPA627AUを用意してあるので次の休みに取り換えてみます。


いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ






posted by キラリ at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ

2019年08月31日

USB DAC 更新 No.3(Topping D10)

2019年8月31日(土)
 前回に音が出るようになってから、毎日8時間程度、いろいろな音楽をかけてUSB DACのエイジングを行ってきました。さて、今日はアンプ・スピーカーにつないで音出しです。

 ビルエヴァンスのポートレイト・イン・ジャズ、インクリッド・ヘブラーのトルコ行進曲、サリナジョーンズのセイリング、ゴンチチの課外授業などを1時間ばかり聴いてみました。

 ノーマルなままのD10ですが、とても滑らかで歯切れのよい音楽が滑り出してきました。いい感じです。ただ、ノイズというか音の途切れがときどき出るのが気になります。

s500_375_DSC_201908_0867.JPG

 今まで使っていたS.M.S.L社のSD-1955(2010年製)につなぎ変えてみると、ほぼ同じ傾向の音です。もう一度D10に戻すと、音に若干の厚みが加わったのが分かります。

 DACを以前使っていたS.M.S.Lとつなぎ変えるごとにfoobar2000のOUTPUTを設定しなおすのがちょっと面倒ですね。日本語対応でfoobar2000同等の音質が確保できるプレーヤーがあればいいのですが。

 私はオーディオ的に一番好きな音はNHK-FM放送の音です。滑らかさ、ダイナミックさ、繊細さ、音楽の楽しさが感じられるなど一番だと思います。D10は、このFM放送の音に近い感じがします。厚みが感じられて滑らかです。オペアンプも換えていないノーマルなままですが、いい音ですね。

s500_375_DSC_201908_0875_L_.png


 さて、問題の音の途切れです。
 同じパソコンですがWindows7のときには出なかったものです。ただ、同じDellの1545で、別のパソコンのときに出た途切れと同じものです。⇒こちら

 きっかり30秒に一度、1秒ほど途切れます。たまに途切れないこともありますが、きっかり30秒の倍数の時間に途切れます。何らかのクロックが関係しているのかもしれません。

 原因は、Windows10にアップグレードしたためなのは明らかです。それまではちゃんと聴けていましたから。音の途切れの対処はほぼ不可能なんですよね。以前も何時間もかけて対処してみて、結局直りませんでした。

 根本的な対処方法は、音の途切れないパソコンに取り換えるしかありません。同じパソコンで同じOSが入っていても途切れるパソコンと途切れないパソコンがあります。何らかの相性が悪いと思うしかありません。

 来年は手持ちのdynabookがPCオーディオに使えそうなので、それまでは我慢です。


いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ






posted by キラリ at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ

2019年08月28日

USB DAC 更新 No.2(Topping D10)

2019年8月28日(水)
 ようやく時間がとれたのでUSB DAC Topping D10を設定してみようと思いました。

 その前に、Windows10にすれば、D10はドライバーがなくてもパソコンから認識するというので、PCオーディオ用のWindows7マシン(元はWindows vistaマシン)をWindows10にアップグレードすることにしました。やり方はもう一つの私のブログに書いてあります。

 昨夜のうちに古いDell inspiron1545をWindows10にアップグレードしました。上記のブログに書いてあるMicrosoftの公式サイトからWindows10をダウンロードして無料でアップグレードできます。プロダクトキーがそのまま引き継がれるので、何のおかしな操作もしていません。

s500_375_DSC_201908_0821.JPG


 Windows7では認識しなかったD10ですが、Windows10にしたらすぐに認識しました。プリアンプにつなぐとスピーカーから音が出ました。

s500_375_DSC_201908_0848.JPG


 でも音は平面的で低音も高音もよく出ていますが、悪く言えばテレビの音楽のような音です。S.M.S.Lの古いUSB DACより明らかに悪いです。でもこれは設定がまだのためです。

 ただでさえWindowsのUSB DAC設定は分かりにくいのに、Windows10ではサウンドのプロパティーがどこにあるのかもわかりません。一つ一つつぶしていきます。

 方法自体は今も昔も同じようです。
・Windows10のカーネルミキサー(オーディオエンジン)を回避する設定を行う
・実際にカーネルミキサーを回避するためにWASAPI(ワサピー)プログラムをインストールする
・foobar2000で、出力先をWASAPIにコントロールされたUSB DACに変更する

 まずはここまでやってみました。


1.カーネルミキサーの回避
 スタートボタン>設定>Windowsの設定>システム>サウンドからできます。
 サウンド設定は「サウンドなし」にします。

s500_375_d10_windows10_setei05_.png


 D10のプロパティーでUSBオーディオ2.0になっていることを確認します。Windows10の標準で入っているUSB DACドライバーです。

s500_375_d10_windows10_setei06_.png

 
 サンプルレートとビットの深さはよくわからないので、表示されているままです。その下にある「アプリケーションによりこのデバイスを排他的に利用できるようにする」と「排他モードのアプリケーションを優先する」に忘れずにチェックを入れます。これはWASAPIを入れる前から設定できます。

s500_375_d10_windows10_setei07_.png


2.WASAPIのインストール

 WASAPIはfoobar2000のサイトからダウンロードできます。
 中ほどの「Links」の下にある「Download」からできます。適当なフォルダを作って保存します。ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとインストールが行われます。

s500_375_d10_foobar2000_setei0801_.png


3.foobar2000で、出力先をWASAPIにコントロールされたUSB DACに変更する

 WASAPIのインストール後にfoobar2000を見ると選択肢が増えていました。PlaybackのOutputを見たところです。次の二つが見えます。
WASAPI(event):スピーカー(D10)
WASAPI(push):スピーカー(D10)

 通常はeventを使うというのでeventにしてみたらひどい雑音が出ましたので、あわててpushに切り替えるときれいな曲が流れ出ました。

s500_375_d10_foobar2000_setei09_.png


 この流れが正解なのかどうかはよくわかりません。試行錯誤の段階です。ここまでで、Windows10のカーネルミキサーを回避して、しかもfoobar2000から出力されたデジタル信号以外は再生されない(排他的)ことになっているはずなのです。

 DACのエージングのために、PCとUSB DACをつないだままジャズをリピート再生して、朝から夜までかけています。アンプはオフにしてあるので音は出ません。これで数日かけっぱなしでエージングしようと思います。

 次の週末は、エージング後の音がどう変わったかを確かめ、次にオペアンプをすでに手元に届いているOPA627AUに取り換えて試してみようと思います。

 なお、オペアンプはMUZE02やLT1364CN8も評判が良さそうなので、いずれ試してみたいと思います。安定して聴けるようになったら、DSDの方も聴けるようにしてみたいと思います。


 続きます。



posted by キラリ at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ

2019年08月18日

USB DACの更新 No.1

2019年8月18日(日)
 地元 星稜高校がベスト4進出を決めた今日、USB DACを注文しました。
 友人のすすめでPCオーディオに足を踏み込んだのが2010年12月でしたから、もう9年になります。当時のUSB DACは、これも友人のすすめでS.M.S.L社のSD-1955という機種を通販で購入したのでした。そのことは当時のブログに記してあるので前記のリンクからご覧になってみてください。

 最近は、PCオーディオよりもレコードの方をメインに聴いていました。なぜかと言われると、レコードの方が味わいがあるように思ったからです。ただ、レコードは高いですね。特にジャズの人気版は高価です。それに比べてCDは安いですね。中古もたくさん出ていますしね。

 CDを聴くのなら、USB DACをとおしてストリーミング再生するのが簡単で効果的です。そこでUSB DACを買い替えようかという気になったのでした。

 友人とも長い間連絡を取っていないので何がいいのか分からず、ネットで調べてみると、多くの方が良いという声が多かったのが、まずはTopping社のD10という機種でした。これは1万円以下で買えるのでリーズナブルです。

 次に、同じToppingのD50(22,000円前後)も良いそうです。また、S.M.S.L社のM8A(23,000円前後)も良いというのもありました。私B級としては、当然にTopping D10ですね。

 届いたらまた記事に書きます。

posted by キラリ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ
スポンサードリンク