スポンサードリンク

2035年10月01日

オーディオ再訪 はじめに


 1970年代に、プレーヤー・アンプ・スピーカーが一体になった廃品の真空管式アンサンブルステレオを譲ってもらい、これを直して楽しんだのがオーディオへのきっかけだったように思います。ダイナミック型のトーンアームを直し、セラミックカートリッジを買ってきて交換し、ビリーヴォーン楽団の「真珠貝の歌」、サウンドトラックの「サウンド・オブ・ミュージック」など、手持ちのレコードを全部聴きました。卓上型レコードプレーヤーでは聞こえなかった低音に感激したものです。カートリッジはSPとLPをレバーで回転させて切り替えるものでした。

ss_stereo.jpg

(ほぼ同型のステレオ。1970年代)

 アンサンブルステレオで半年ばかり楽しんだ後、プレーヤーとレシーバーを収めた大きなセンターコンソールと左右に2wayスピーカーがあるトリオ製セパレートステレオを小遣いを貯めて購入し、洋物のEPレコードを中心に毎日のように聴いていました。プレーヤーはリムドライブでカートリッジはMM型でした。当時のFMステレオ放送も無駄なしゃべりがなく音楽を中心とした聞き応えのあるものでした。

 それから永い時間をかけて、70年代にコーラルCX-3スピーカー、SONYレコードプレーヤーPS-X30A、80年代にヤマハプリメインアンプAV-5、ヤマハCDデッキ、90年代にSONY製MDデッキ、マランツCDデッキCD-16D、B&WスピーカーCDM1SEなどの単品コンポーネントを揃えて来ましたが、2000年以降はほとんど聴くこともない状態が続いていました。

sTrio_reciever.jpg

(セパレートステレオのレシーバーと同型のもの。1970年代)


 ところが2006年になって、ふとしたきっかけで真空管に興味を持ち、TU-880管球アンプキットを作ってみると、きれいな音色や予想に反して弾むようなダイナミックな躍動感にすっかり魅了されてしまいました。6BQ5、6CA7、6BM8、12AX7という球の名前も懐かしく、今でもロシアや中国で生産が続けられ、入手可能であることを知りました。真空管アンプは、多くはキットという形で多くの機種が市販されていることも分かりました。ただ、昔の価格を知る者には信じがたい価格になってはいますが・・・。2000年代は、アナログに回帰の年代でした。今ある装置はすべてこの4年間に揃えたものばかりです。

 マニアには笑止千万の内容かも知れません。B級オーディオとは、できるだけ費用をかけないで目一杯「いい音・いい音楽」を楽しみたいという自虐の意味をこめたものです。真空管アンプとレコードを中心に、アナログを楽しんでいます。熟年世代にとっても楽しめる趣味だと思います。懐かしい方も、初めての方も、興味のある方はどうぞご覧下さい。(2006年11月1日)
 ホームページ「オールドタンノイを真空管アンプで楽しむ」もどうぞ。

m2006_11201_005.jpg



 あれから5年。大きなアナログ機器が重荷になってきました。2010年にはPCオーディオとの出会いもありました。2011年の春からダウンサイジングを進めてきましたが、一応の区切りがつきました。オープンデッキ、真空管イコライザーアンプ、真空管パワーアンプ、レコードプレーヤー1台、シュアーV15Type3等を処分し、ソースはFM、レコード、PCオーディオの3つに絞って真空管プリアンプとLM3886パワーアンプで聴いています。ただ、6BM8シングルアンプ(TU-870)だけはいずれ入手したいアンプです。ずいぶん身軽になったように思います。年齢とともに趣味への考え方も変化します。それもまた新たな興味深い出会いがあって楽しいものです。(2011年9月)








posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ再訪

2017年01月22日

ジャズ・LPレコード・コレクション 第8号 ハービー・ハンコック 第9号 クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ

2017年1月22日(日)
 昨日はトランプ大統領が就任しました。私の5畳のリスニングルームは気温8度の厳寒です。暖房はありません。何か昔の子供のころの冬のような凛とした感じが懐かしい気がします。レコードが届いて1週間以上になるので、我慢できず聴いてみました。バックはパイオニアPL-30L。

s300_225_2017_S120_0122_2017-01-22_011.jpg


 第8号はハービー・ハンコックの「Maiden Voyage」です。1965年録音。ブルーノートレコード。1曲目から一聴して分かる従来のジャズとは違う旋律です。これがクールジャズというのでしょうか。もっと後の時代になりますがチックコリアのリターントゥフォーエバーにも通じるような雰囲気です。でも、スマートな旋律に、従来のモダンジャズのトランペットが乗っている感じで、ちょうど時代の変わり目なのかと感じます。

s300_300_2017_S120_0122_2017-01-22_002.jpg

s300_225_2017_S120_0122_2017-01-22_003.jpg

 第9号はクリフォード・ブラウン&マックス・ローチの「Study in Brown」です。1956年2月13日録音。マーキュリーレコード。時代的にはモダンジャズですが、1曲目の「チェロキー」は非常にテンポの速いトランペットとピアノが即興的な感じがします。2、3曲目はスイングっぽい感じがします。4曲目の「ランズエンド」がモダンジャズらしくなじみやすい感じがします。

s300_300_2017_S120_0122_2017-01-22_005.jpg

s300_225_2017_S120_0122_2017-01-22_010.jpg

 クリフォードブラウンは、1955年6月26日に、リッチーパウエルとその妻の3人で車に乗っているときに自動車事故にあい、3人とも亡くなっています。クリフォードブラウンは25歳、リッチーパウエルは24歳で、活動はわずか2年間でした。コンビを組んでいたマックスローチは、その後もドラマーとして活動し、2007年に83歳で天寿を全うしています。

 この時代のジャズマンは若くして亡くなっている方が多いです。スコットラファロは1961年7月6日に25歳で交通事故死していますし、マイルスデイビスは1991年に65歳で病死、ビルエヴァンスは1980年に51歳で亡くなっています。ジャズ史のことはまだまだ整理できていませんが、マイルスデイビス、ビルエヴァンスらが活躍していた1950年代後半から1960年代前半のモダンジャズが一番お気に入りです。

 今回のレコードに景品がついてきました。マイクロファイバークロスとなっています。使い方が書かれていませんが、ネット情報では、水につけて硬くしぼった後、レコード面を拭くと汚れがきれいに取れるとなっています。私は、脱脂したガーゼを水に濡らして硬くしぼったものを使っていました。マイクロファイバーは、力を入れるとレコードの表面を削ることになりますから、乾いたクロスでは絶対にレコードを拭かないこと、そして濡らしたクロスでも力を入れないことが大事です。

s300_225_2017_S120_0121_2017-01-21_009.jpg


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村





posted by キラリ at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2016年12月23日

ジャズ・LPレコード・コレクション 第6号 エラ・アンド・ルイ 第7号 サムシン・エルス

2016年12月23日(金)
 きのうは強風が吹き荒れました。新潟県糸魚川市では大火がありました。被害にあわれた皆様にはお見舞い申し上げます。

 デアゴスティーニのジャズLPレコード・コレクションから、第6号と第7号をご紹介します。第6号は、エラ・アンド・ルイです。エラ・フィッツジェラルドとルイアームストロングのデュエット盤です。エラは当時39歳、ルイは55歳だそうです。録音は1956年8月16日。

s300_300_2016_S120_1223_2016-12-23_006.jpg

 レーベルは、ヴァーヴ・レコードです。

s300_225_2016_S120_1223_2016-12-23_014.jpg


 エラの声はとてもきれいで声量もあり本当にいい声ですねー。3オクターブの音域があると言いますからうなづけます。スウィングする曲ばかりです。ルイ・アームストロングはトランぺット奏者ですが、とても味のあるいい声です。
 A面2曲目のイズント・ディス・ア・ラブリーデイは、バックにシンバルのリズムが、かすかにですが綺麗鳴っています。ホーンの味わいですね。エラは、なかなかの美人さんじゃないですか。

s300_225_2016_S120_1223_2016-12-23_016.jpg


 第7号はサムシンエルス。何が来るのか知らなかったので、びっくりしました。同じレコードを持っていますし、このブログにも何度か登場しています。キャノンボール・アダレイは、マイルス・デイビスのグループに所属していました。マイルスはコロムビアレコードと契約していたので、恩義のあるブルーノートでアルバムを出すときに、キャノンボール・アダレイをリーダーにして製作したそうです。録音は、1958年3月9日です。

 キャノンボールはこの時すでに一流のサックス奏者でした。のちに当時の大物ミュージシャンと何枚もレコードを出しています。ビルエヴァンスとのアルバムもあります。ポートレイト・キャノンボールというLPは、入手したいものです。

s300_300_2016_S120_1223_2016-12-23_010.jpg

 レーベルは、ブルーノートです。

s300_225_2016_S120_1223_2016-12-23_021.jpg


 デアゴスティーニのレコードは素晴らしい音です。毎回聞くたびにその思いを強くします。手持ちのサムシンエルスと比べても、ダイナミックでノイズレスの非常にきれいな音源です。特に第7号のサムシンエルスに関しては、PCミュージックより音楽性は上だと思いました。

 初めてこのブログをご覧になる方もいらっしゃると思いますが、スピーカーはオークションでペア1,000円で買ったダイヤトーンDS-32Bです。コーンツイータをフォステクスFT-40Hというホーンツイータに替えています。ウーハーのエッジは、エッジ軟化剤を塗って処理しています。

 以前使っていたタンノイ・チェビオットと遜色ない、いい音に生まれ変わっています。FT-40Hとはとても相性が良く、きれいに低中域とつながっています。興味のある方はお試しください。



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村






posted by キラリ at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2016年12月04日

DENON DL-103とジャズ

2016年12月4日(日)
 きのう今日と12月にしては穏やかな日が続いています。今日はデーブ・ブルーベックのLPを聴こうと思い、急にDENON DL-103で聴いてみたくなりました。2008年1月にオルトフォンMC20mk2を買ってからずっとMC20mk2を使っていたので、DL-103を使うのは実に9年ぶり近くになります。

 DL-103の針圧は?? もう覚えていません。スマホでネット検索して、針圧:2.5g±0.3gと分かりました。カートリッジをトーンアームに取り付けて水平をとり直し、ウエイトを回して針圧を調整しました。既定の2.5gとしました。久しぶりにウエイトを回したので、針圧が正確なのか不安です。MC20mk2よりかなり重く感じられます。針圧計が欲しいところです。
 DENON公式サイト⇒ DL-103

 参考までにオルトフォンMC20mk2の針圧は、ネットを探しても見つかりません。自分のホームページに出ているのを見つけました。針圧:1.5〜2g(1.7g)。

s400_266_2016_S120_1204_2016-12-04_015.jpg

 9年ぶりに聴くDL-103。出だしの1曲目は、トルコ風ブルーロンドです。えっ、こんなにいい音でしたっけ。カーンという乾いたシンバルの連打。素晴らしいベースの響き。意外と濃い濃密な音色。DL-103を見直しました。ジャズに合うじゃん。常用カートリッジになりそうです。

s400_266_2016_S120_1204_2016-12-04_014.jpg

 長く使っていなかったけれど、ダンパーも問題ないようです。針も十分にあります。

s400_266_2016_S120_1204_2016-12-04_033.jpg

 忘れていました。DL-103のインピーダンスは40オームです。オルトフォンは3オーム。昇圧トランスの3オーム側でも違和感はなかったです。耳が劣化しているのかも。右隣はヤマハのイコライザーアンプHA-5です。

s400_266_2016_S120_1204_2016-12-04_030.jpg



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村









posted by キラリ at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カートリッジ

2016年11月23日

ジャズ・LPレコードコレクション チャーリーパーカー ディブブルーベック

2016年11月23日(水)
 気温9度の寒い晩秋の休日。デアゴスティーニの第4号と第5号が届いていました。第4号はチャーリー・パーカーの「ナウズ・ザ・タイム」、第5号はディブ・プルーベックの「タイムアウト」です。
s300_300_2016_S120_1123_2016-11-23_003.jpg

ちゃんとヴァーヴ・レーベルになっています。こういうところはレコードファンの心をくすぐりますね。
s300_225_2016_S120_1123_2016-11-23_018.jpg

こちらは第5号。ディブ・プルーベック。
s300_300_2016_S120_1123_2016-11-23_005.jpg

「タイムアウト」です。このジャケットの絵にも逸話があります。
s300_300_2016_S120_1123_2016-11-23_011.jpg

裏面もちゃんと再現されています。
s300_300_2016_S120_1123_2016-11-23_014.jpg

コロムビア・レーベルです。
s300_225_2016_S120_1123_2016-11-23_024.jpg


 このシリーズを買うとき、最初は、規格ものだからレーベルもデアゴスティーニの独自レーベルだろうとか軽く見ていたんですが、きちんと作りこまれています。レーベルもきちんと再現されています。やはりレコードは180gの重量版で、レコードを入れるジャケットは、外観はマニア好みの紙製で内側はビニルコーティングがされています。レコードの録音はとてもよく、とても1950年代の録音とは思えません。新品のためノイズレスな音が楽しめます。よくできたシリーズだと思います。価格は1枚2,980円とお高いのですが、この内容なら文句は言えません。

 実は、5号の「タイムアウト」のジャケットは見たことがあるんですが、曲は聞いたこともなく、ディブ・ブルーベックという名前も知りませんでした。このレコードの1曲目からジャズらしからぬテンポの良いポピュラーっぽい音楽に驚かされました。曲は「トルコ風ブルー・ロンド」で8分の9拍子だそうです。普通の2、3、4拍子とは全く違うものです。ディブ・ブルーベックはそういうジャズを開拓した人なんですね。クールジャズの分野でありながら非常に先端を行くサウンドで、そのうえ、ビ・バップの特徴である即興をさりげなく取り入れている素晴らしい作品たちですね。

 ディブ・ブルーベックの相棒であるポール・デスモンドもまた非凡なアーティストで、A面最後の「テイク・ファイブ」を聴いてあっと驚きました。世界中で誰でも知っているあの曲だったんです。最後にYouTubeの画面を揚げてあるのがその曲です。「テイク・ファイブ」はポール・デスモンドの作曲だったんですね。このレコードを売り出すときの秘話が冊子に書かれています。当時のコロムビアレコードの社長の先見性がなければ、当時のラジオのDJの耳に止まらなければ、この曲は日の目を見なかったかもしれません。

 中央の下がディブ・ブルーベック。右端がポール・デスモンド。
s400_300_DSC_2287.jpg

 ポールデスモンドは1977年に54歳で亡くなったのですが、本人の意思で「テイクファイブ」の著作権一切はアメリカ赤十字社に移され、今でも年間10万ドルの権料が赤十字社に入るそうです。すばらしい遺産を残しました。まさに感動です。

 こういう新しい曲やアーティストとの出会いがあるのも、このようなシリーズ企画の恩恵です。デアゴスティーニはよく作ってくれました。



テイクファイブ





 
posted by キラリ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2016年11月19日

foobar2000とハイレゾ音源 デバイスの選択

2016年11月19日(土)
 雨の土曜日。マイルスデイビスのLP「カインド・オブ・ブルー」をじっくり聞きました。同じくCD版のマイルスデイビスの「枯葉」をストリーミング再生で楽しみ、HDDの中のFLAC音源に混じってハイレゾ音源の「枯葉」を探し出しました。数年前にe-onkyoからダウンロードしたはず。これをfoobar2000で再生しようとしたらエラーがでました。24ビットに設定されていないというエラーのようです。

 fooba2000のOutputからデバイスを見ると、いろいろの出力デバイスがあります。WASAPI(push)のUSB audio DACを指定しています。この状態で16ビットのFLACファイルは正常に動作します。ところが、24ビットのハイレゾ音源は鳴りません。

s683_289_2016-11-19_10.46.03.png

 ネットを検索して、PCのオーディオのプロパティーをいろいろ変えてみても鳴りません。万事休すと思ったのですが、foobar2000のOutputをよく見てみると、USB DACと名前がついているものが他にも2つあります。WASAPI(event)のUSB audio DACではやはりだめでした。そして最後のDS USB audio DACを選択したら、何と16bitのFlacファイルも24bitのハイレゾファイルもどちらも正常に動作しました。

 foobar2000のOutputデバイスは、「DS:スピーカー(USB audio DAC)」を選択するのが正解のようです。今後のために自分の備忘録として残しておきましょう。

s683_289_2016-11-19_10.46.51.png

 2、3年前にfoobar2000をバージョンアップした時に、いろいろな設定がリセットされたようで、滅多に設定画面を見ないfoobar2000は以前の設定など覚えていないからトライアンドエラーしかありません。これが面倒なのでfaoobar2000のバージョンアップはその後していません。

 24ビット音源は本当に久しぶりに聴きました。16ビットでは出ない23kHzの音域も出ています。非常に繊細感があります。でもねー、16ビットの方も悪くないんですよね。このブログでもたびたび書いていますが、むしろパンチがあるのは16ビットの方です。デジタル音源としては、30年以上前に確立された16ビット音源が完成領域にあったんでしょうね。

 これは、CDの音がいいということとは違います。普通のCDプレーヤーで聴くCDの音は、私には鼻詰まり感のあるすぐに飽きがくる音です。このCDが、PCのストリーミング再生で外付けのUSB DACからオーディオアンプに入れるだけで素晴らしい音になります。本当に蛇足ですが、以前のLINNの100万円以上するCDプレーヤーの音より、WindowsXPマシン+1万円のUSB DACの音の方がはるかに生々しいいい音だったことは、当時の友人宅のオーディオルームでLINNのユーザーが肩を落として帰って行ったことで実証されました。

 こう書くと違うだろうという人が必ずいるのですが、B級レベルの趣味の世界の話なのでご容赦ください。

 そして、そのあとLPの枯葉も聴きたくなって、手持ちのキャノンボールアダレイのLP「サムシンエルス」でマイルスデイビスの「枯葉」を聴いたときに、デジタル音源とはまた違う、切れの良い迫力のある音に驚き、聴き惚れました。レコードの音も素晴らしい。これが1958年に録音された音源なのでしょうか。サムシンエルスはBLUE NOTEレーベルです。当時コロムビアと契約していたマイルスデイビスが、キャノンボールアダレイをリーダーの位置づけで製作したレコードであることは有名な話ですね。

s300_300_20090707_025.jpg

s300_225_DSC_2240.jpg

 ハイレゾ音源とアナログレコード。そしてFMの音をあわせて3つの音源が私の中では互角です。

PS
 LPレコード用のビニル袋をネットで買いました。50枚入りで1,000円ほどです。これはLPレコードを保存するのに必需品ですね。

s300_300_2016_S120_1123_2016-11-23_002.jpg

 このように入れます。厚手のビニル袋なので重宝しています。サイズは、0.09×325×330mmです。
s300_300_2016_S120_1123_2016-11-23_016.jpg




ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村








posted by キラリ at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ



スポンサードリンク