スポンサードリンク


2035年10月01日

オーディオ再訪 はじめに

 1970年代に、プレーヤー・アンプ・スピーカーが一体になった廃品の真空管式アンサンブルステレオを譲ってもらい、これを直して楽しんだのがオーディオへのきっかけだったように思います。
 ダイナミック型のトーンアームを直し、セラミックカートリッジを買ってきて交換し、ビリーヴォーン楽団の「真珠貝の歌」、サウンドトラックの「サウンド・オブ・ミュージック」など、手持ちのレコードを全部聴きました。
 卓上型レコードプレーヤーでは聞こえなかった低音に感激したものです。多分、ゼネラル製。スピーカーは楕円形。カートリッジは、SPとLPをレバーで回転させて切り替えるものでした。

ss_stereo.jpg

(ほぼ同型のステレオ。1970年代)

 アンサンブルステレオで半年ばかり楽しんだ後、プレーヤーとレシーバーを収めた大きなセンターコンソールと左右に2wayスピーカーがあるトリオ製セパレートステレオを小遣いを貯めて購入し、洋物のEPレコードを中心に毎日のように聴いていました。プレーヤーはリムドライブでカートリッジはMM型でした。当時のFMステレオ放送も無駄なしゃべりがなく音楽を中心とした聞き応えのあるものでした。

s250_126_tw-200.jpg

(セパレートステレオのレシーバーと同じ外観のもの。TRIO-TW200。1970年代)


 それから永い時間をかけて、70年代にコーラルCX-5スピーカー、SONYレコードプレーヤーPS-X30A、80年代にヤマハプリメインアンプAV-5、ヤマハCDデッキCDX-500、90年代にSONY製MDデッキMDS-JE510、マランツCDデッキCD-16D、B&WスピーカーCDM1SEなどの単品コンポーネントを揃えて来ましたが、2000年以降はほとんど聴くこともない状態が続いていました。

 ところが2006年になって、ふとしたきっかけで真空管に興味を持ち、TU-880管球アンプキットを作ってみると、きれいな音色や予想に反して弾むようなダイナミックな躍動感にすっかり魅了されてしまいました。6BQ5、6CA7、6BM8、12AX7という球の名前も懐かしく、今でもロシアや中国で生産が続けられ、入手可能であることを知りました。真空管アンプは、多くはキットという形で多くの機種が市販されていることも分かりました。ただ、昔の価格を知る者には信じがたい価格になってはいますが・・・。2000年代は、アナログに回帰の年代でした。今ある装置はすべてこの4年間に揃えたものばかりです。

 マニアには笑止千万の内容かも知れません。B級オーディオとは、できるだけ費用をかけないで目一杯「いい音・いい音楽」を楽しみたいという自虐の意味をこめたものです。真空管アンプとレコードを中心に、アナログを楽しんでいます。熟年世代にとっても楽しめる趣味だと思います。懐かしい方も、初めての方も、興味のある方はどうぞご覧下さい。(2006年11月1日)
 ホームページ「オールドタンノイを真空管アンプで楽しむ」もどうぞ。SSL化対応のためURLが変わりました。新URLでブックマーク登録をよろしくお願いいたします。

m2006_11201_005.jpg



 あれから5年。大きなアナログ機器が重荷になってきました。2010年にはPCオーディオとの出会いもありました。2011年の春からダウンサイジングを進めてきましたが、一応の区切りがつきました。オープンデッキ、真空管イコライザーアンプ、真空管パワーアンプ、レコードプレーヤー1台、シュアーV15Type3等を処分し、ソースはFM、レコード、PCオーディオの3つに絞って真空管プリアンプとLM3886パワーアンプで聴いています。ただ、6BM8シングルアンプ(TU-870)だけはいずれ入手したいアンプです。ずいぶん身軽になったように思います。年齢とともに趣味への考え方も変化します。それもまた新たな興味深い出会いがあって楽しいものです。(2011年9月)








posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ再訪

2019年12月14日

Martini Blend 鈴木雅之 CDからリッピング

2019年12月14日(土)
 13日の金曜日が無事に過ぎて今日は14日。ちょうどAmazonで買った中古CDが届いていたのでPCオーディオで聴いてみました。値段は94円だったかな。

s500_375_DSC_201911_2329.JPG


 傷一つないきれいなCDでした。これで93円なんて。新品は買う気がしないですね。

s500_375_DSC_201911_2331.JPG

 「Martini Blend」です。お姉さんが鈴木聖美です。ラッツアンドスター(シャネルズ)の鈴木雅之と言った方が若い方にはわかるかも。

 聴きたかったのは「夢で逢えたら」なのですが、「渋谷で5時」「ロンリーチャップリン」「ランナウェイ」なども入っていて懐かしいかったです。渋谷で5時の菊池桃子さんの声がめっちゃ可愛く聴こえました。

 Martini Blendは2003年3月に発売されたCDです。4枚目のベストアルバムとされていました。当時の価格は3,204円。鈴木雅之は1956年生まれの63歳。ランナウェイ発売のころは24歳ですからもう40年近く前なんですね。

 ベースの低い音がバックで弾むように鳴っています。鈴木聖美の曲とともに大人の曲としてお気に入りです。さっそくリッピングしてFLACファイルに変換しました。お気に入りのCDが少しづつ増え始めています。


いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ







posted by キラリ at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イソフォン

2019年12月09日

デイヴ・ブルーベック・カルテット CD版

2019年12月9日(月)
 LPレコードでデイヴ・ブルーベック・カルテットのTIME OUTは持っているのですが、PCオーディオのソース用に中古のCDを購入しました。

 まずは、PCにCDをセットしてストリーミング再生で聴いてみます。いい音です。ひととおり聴いたところでfoobar2000を使ってFLACファイルに取り込みました。

 FLACファイルの方もストリーミング再生と同じくいい音です。

s500_375_DSC_201911_2283.JPG


 新品のようにきれいですが、盤面には数カ所のスレ傷がありました。でも問題なく再生できました。

s500_375_DSC_201911_2289.JPG

 この日はレコードで聴くより、メリハリのあるPCオーディオの方が好ましく思えました。その日の気分なのでこれは良しとしましょう。アルニコのDS-32B改は、弾むようなリズミカルな音を再生していて心地よいです。

 中古CDは、主にヤフオクとAmazonで買い求めます。どちらか安い方を選んで買い求めています。1枚が300円から500円ほどで、送料が180円ほどかかります。でも安いものです。

 バドパウエルのCD「THE AMAZING BUD POWULL」も購入したのですが、まだゆっくりと聞いていません。

s500_375_DSC_201911_2319.JPG

 ほかに購入したCD、ちあきなおみ「ベストコレクション」と金子由香利「時は過ぎていく」などもあるのですが、またそのうちにご紹介しましょう。


いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ







posted by キラリ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ

2019年11月30日

アルニコウーハー PW-2522 1カ月経過

2019年11月30日(土)
 11月最後の土曜です。先週は所用で聴けなかったし、今日もスタッドレスへのタイヤ換装が控えているので、1時間ばかりしか聴けませんでした。

 アルニコウーハーを購入したのが10月17日(木)、DS-32Bのウーハーをアルニコに取り換えたのが10月20日(日)ですから、1カ月が過ぎました。

 さて今日は時間もあまりなかったので、最初にPCオーディオで鈴木聖美を楽しみ、次にデイヴ・ブルーベック・カルテットのTIME OUTをLPレコードで楽しみました。

 アルニコウーハーPW-2522は、順調に仕上がってきています。重低音と言える低い音がきれいに出ています。全体のまとまりも以前よりは良くなってきました。DS-32Bではなく新たな一つのスピーカーなんだという感じがします。DS-32Bアルニコ改とでもしておきますか。

s500_375_DSC_201911_2198.JPG


 背後の布切れは部屋の吸音材です。この程度の布で十分な効果があります。あまり多すぎるとつまらない音になってしまいます。

s500_375_DSC_201911_2190.JPG


 久しぶりに見ました。針先に埃がついて引きずられている姿。

s500_375_DSC_201911_2204.JPG

 PCオーディオもいい音がしています。もう少しまろやかなのが好みなんですが、メリハリありすぎな気がします。今日のレコードはおとなしい気がしました。その時々で選択するのがよさそうですね。気に入った曲はレコードとCDの両方が必要です。


いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ







タグ:DS-32B PW-2522
posted by キラリ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤトーン

2019年11月16日

聴き比べ アルニコ対フェライト PCオーディオ対レコード

2019年11月16日(土)
 DS-32B本来のフェライトウーハーの音を確かめたくなって、アルニコウーハーPW-2522をもとのPW2531に換えてみました。

PW2531
s300_300_DSC_201910_1619.JPG

 そしてPCオーディオで「モントルージャズフェスティバルのビルエヴァンス」で聴いてみると、まぎれもないDS-32Bのまろやかな音がよみがえりました。いつも聴いていた安心して聴ける音です。

LPとCDです
s300_300_DSC_201911_1878.JPG
 
 元の音を確かめたうえでアルニコのPW-2522に戻し、次はレコードを聴いてみました。

PW-2522
s300_300_DSC_201910_1714.JPG


デイヴ・ブルーベック「TIME OUT」LP
s300_300_2016_S120_1123_2016-11-23_011.jpg

 まずはアルニコPW-2522について。
 荒削り感があります。明らかにDS-32Bとは違う音です。低音はよく出ています。音階もきちんと分かります。ただ、ユニットとしてのまとまりがいまいちです。

 聴いているうちに、繊細感や音の明瞭度など、どんどん良くなって行くのが分かります。DS-32Bとは全く違う別のスピーカーだと思って聴き込んで行った方がよさそうです。

 レコード「TIME OUT」とからめて書いていきましょう。
 TIME OUTは1959年に録音されています。デイヴ・ブルーベック・カルテットはクールジャズの先端を走っていました。ジャズに4/4拍子以外のリズムを導入した先駆者でした。

A面1曲目「トルコ風ブルーロンド」
始まりのシンバルの乾いた響き。ベースが心地よく丁寧に音階をきざんでいます。ポール・デスモンドのサックスが滑らかです。この曲は8分の9拍子がベースにあって後半は4/4拍子と9/8拍子が行き来するのがとても斬新です。TAKE FIVEに匹敵する曲と言われるだけあって、とても興味深いものでした。

3曲目「TAKE FIVE」
出だしの唸るようなベース。ドラムソロパートの5/4拍子が見事です。それまでどんなジャズ巨匠も4/4拍子を守っていたのだから、当時としてはまさにアバンギャルド(前衛)だったのかもしれませんね。

B面1曲目「スリー・トゥー・ゲット・レディー」3/4拍子
2曲目「キャシーズ・ワルツ」4/4〜3/4拍子
3曲目「エヴリバディーズ・シャンピン」6/4拍子
4曲目「ピックアップ・スティックス」6/4拍子
4曲目は6/4拍子で録音された最初のジャズと言われます。ベースは確かに4分の6のリズムです。サックスが自然に合わせてゆったり吹くのがさすがという感じです。

 レコードの良さは、繊細過ぎない適度な繊細さと、さらっとした空気感です。レコードで聴くジャズはとてもいい。アルニコウーハーPW-2522をアナログ音源でもっと聴き込んで行こうと思います。DS-32Bとは違うスピーカーとして。

 音楽を音楽として楽しむことに専念できるのが、レコードがPCオーディオと違う点なのかもしれません。これだからレコードはやめられない。


いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ







posted by キラリ at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ

2019年11月02日

スピーカーセレクタ 接触不良に

2019年11月2日(土)
 今日もPCオーディオを楽しんでいたのですが、半月ほど前から左スピーカーの音が歪むなーと思っていたら、スピーカーセレクターのロータリースイッチの接触不良でした。組み立ての詳細は以前の日記にあります。

s500_375_DSC_201911_1905.JPG

s500_375_DSC_201911_1908.JPG

 スピーカー側もアンプ側も、ロータリースイッチを中途半端な位置にするとスピーカーから音が出るので、接触不良は間違いありません。

 そこで、接点を無水アルコールできれいにしようと思い、ケースを開けたところ、こんなスイッチだったんですね。

s500_375_DSC_201911_1891.JPG


 密閉型のロータリースイッチでした。これでは接点が見えません。

s500_375_DSC_201911_1893.JPG


 孤狸工房(こだぬきこうぼう)のロータリースイッチは接点容量が0.2Aの小型のものです。付属のリッツ線も極細で、明らかに容量不足です。これは最初から分かっていたのですが、13年経過してロータリースイッチの接点が寿命になりました。

 似たようなのが(多分同じものだと思いますが)、4回路3接点のアルプス製で、型番がSRRN1043N。Yahooショッピングで418円でした。接点容量は0.15A。価格から見て高性能なものではなさそうです。

 4回路3接点は、2回路3接点×2段のロータリースイッチでも代用できます。

 4回路3接点(端子は12本)のロータリースイッチは、Amazonではuxcell製の4P3Tが安く出ていますが評判が良くありません。中国製です。接触抵抗50オームとか問題がいですし、すぐ壊れるというレビューがあります。接点は銅ではなさそうですし接点容量も小さそうです。

 国産のオーディオ用として有名なセイデンのロータリースイッチは若松通商にありますが、欲しい4回路3接点(12端子)が見つかりませんし数千円すると思われます。

 4回路3接点のロータリースイッチはこんな形状です。(孤狸工房の組み立て説明書より。)接点容量0.2A。これでピーク出力5W以上に可となっているので、もっと出力の大きいアンプなら、最低でも接点容量1A程度、できれば2A程度が欲しいです。

s500_375_DSC_201911_1919.JPG

 もし適価で性能の良いロータリースイッチが見つからなければ、4回路12接点のトグルスイッチを使うか、それもなければ一般家電の4Pスイッチを工夫して使うしかありません。今のところスピーカーもアンプも1組なので、ワニ口プラグで直結にしているのですが、なんかスッキリしませんね。

s500_375_DSC_201911_1909.JPG

 どうやって修理しようか検討中です。

PS 2019/11/3
 Amazonでアルプス電気のロータリースイッチを見つけました。大きさは同じです。ただし、ちょっとお高いのです。型番はSRRN134300。4回路3接点でキットと同じ回路数です。型番がSRRN142100というのもありますが、こちらは3回路4接点なので使えませんから注意です。どちらも接点容量が0.15Aと小さいのが難点です。

アルプス電気(ALPS) ロータリスイッチ 6接点対応バーチカルタイプ SRRNシリーズ 【SRRN134300】 2個入

新品価格
¥1,980から
(2019/11/3 16:02時点)




PS 2019/11/6
 いいものを見つけました。
 銀接点のロータリースイッチ。4回路3接点もあります。接点容量は1.5Aあります。価格も2,000円前後とまあまあ。
⇒ 門田無線のページで

silver_rotary_swich_11241116_5bf8b48891fa8.jpg



いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ






posted by キラリ at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 孤狸工房
スポンサードリンク