スポンサードリンク


2035年10月01日

オーディオ再訪 はじめに


 1970年代に、プレーヤー・アンプ・スピーカーが一体になった廃品の真空管式アンサンブルステレオを譲ってもらい、これを直して楽しんだのがオーディオへのきっかけだったように思います。ダイナミック型のトーンアームを直し、セラミックカートリッジを買ってきて交換し、ビリーヴォーン楽団の「真珠貝の歌」、サウンドトラックの「サウンド・オブ・ミュージック」など、手持ちのレコードを全部聴きました。卓上型レコードプレーヤーでは聞こえなかった低音に感激したものです。カートリッジはSPとLPをレバーで回転させて切り替えるものでした。

ss_stereo.jpg

(ほぼ同型のステレオ。1970年代)

 アンサンブルステレオで半年ばかり楽しんだ後、プレーヤーとレシーバーを収めた大きなセンターコンソールと左右に2wayスピーカーがあるトリオ製セパレートステレオを小遣いを貯めて購入し、洋物のEPレコードを中心に毎日のように聴いていました。プレーヤーはリムドライブでカートリッジはMM型でした。当時のFMステレオ放送も無駄なしゃべりがなく音楽を中心とした聞き応えのあるものでした。

 それから永い時間をかけて、70年代にコーラルCX-3スピーカー、SONYレコードプレーヤーPS-X30A、80年代にヤマハプリメインアンプAV-5、ヤマハCDデッキ、90年代にSONY製MDデッキ、マランツCDデッキCD-16D、B&WスピーカーCDM1SEなどの単品コンポーネントを揃えて来ましたが、2000年以降はほとんど聴くこともない状態が続いていました。

sTrio_reciever.jpg

(セパレートステレオのレシーバーと同型のもの。1970年代)


 ところが2006年になって、ふとしたきっかけで真空管に興味を持ち、TU-880管球アンプキットを作ってみると、きれいな音色や予想に反して弾むようなダイナミックな躍動感にすっかり魅了されてしまいました。6BQ5、6CA7、6BM8、12AX7という球の名前も懐かしく、今でもロシアや中国で生産が続けられ、入手可能であることを知りました。真空管アンプは、多くはキットという形で多くの機種が市販されていることも分かりました。ただ、昔の価格を知る者には信じがたい価格になってはいますが・・・。2000年代は、アナログに回帰の年代でした。今ある装置はすべてこの4年間に揃えたものばかりです。

 マニアには笑止千万の内容かも知れません。B級オーディオとは、できるだけ費用をかけないで目一杯「いい音・いい音楽」を楽しみたいという自虐の意味をこめたものです。真空管アンプとレコードを中心に、アナログを楽しんでいます。熟年世代にとっても楽しめる趣味だと思います。懐かしい方も、初めての方も、興味のある方はどうぞご覧下さい。(2006年11月1日)
 ホームページ「オールドタンノイを真空管アンプで楽しむ」もどうぞ。

m2006_11201_005.jpg



 あれから5年。大きなアナログ機器が重荷になってきました。2010年にはPCオーディオとの出会いもありました。2011年の春からダウンサイジングを進めてきましたが、一応の区切りがつきました。オープンデッキ、真空管イコライザーアンプ、真空管パワーアンプ、レコードプレーヤー1台、シュアーV15Type3等を処分し、ソースはFM、レコード、PCオーディオの3つに絞って真空管プリアンプとLM3886パワーアンプで聴いています。ただ、6BM8シングルアンプ(TU-870)だけはいずれ入手したいアンプです。ずいぶん身軽になったように思います。年齢とともに趣味への考え方も変化します。それもまた新たな興味深い出会いがあって楽しいものです。(2011年9月)








posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ再訪

2017年05月06日

ジャズレコードコレクション No.16

2017年5月6日(土)雨模様
定期購読最後になったNo.16号です。
マイルスデイビスの「アラフェンス協奏曲」。
LPの名前は、「スケッチ・オブ・スペイン」です。当時のジャズとしては極めて異色だったのではないでしょうか。ロドリゴが作曲したクラシック音楽を痛く気に入ったマイルスが、ギルエバンスに編曲を依頼して苦労して作り上げたアルバムです。

s300_300_IMG_5159.jpg

ジャズらしくない旋律に、マイルスが吹くトランペットはジャズらしくスコアを気にしない演奏が不思議と合うんですよね。

s30_300_IMG_5161.jpg

1959年から1960年に録音されています。

s300_300_IMG_5163.jpg

休日の午前中にゆったりと聞くジャズ。至福のひとときです。
デアゴスティーニのシリーズは、品質の良いレコード盤です。最初は傷のあるレコードが配達されたこともありましたが、レコード盤自体は音質も問題なくハイレベルです。

中にある小冊子には、ジャズマンの生い立ちや経歴などが興味深く書かれていて、捉えどころのないジャズ史がよく分かります。とてもいい資料です。

ネックは値段ですね。1枚2,980円(税込)はジャズレコードとして高くはないですが、中には食指の湧かないレコードも多くあります。Youtubeなどで曲を探して、聴きたいと思われるレコードを選んで購入するのが良いと思います。


posted by キラリ at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2017年04月30日

ジャズレコードコレクション 14号 15号

2017年4月30日(日)
明日は5月ですね。早っ!
この間にジャズレコードコレクションNo.14とNo.15が届いていました。

No.14
Indeed!/インディード!
LEE MORGAN/リー・モーガン
ブルーノート・1957年
s300_300_2017_S120_0422_2017-04-22_008.jpg

s300_300_2017_S120_0422_2017-04-22_012.jpg

s300_300_2017_S120_0422_2017-04-22_016.jpg


No.15
Alfie/アルフィー
SONNY ROLLINS/ソニー・ロリンズ
インパルス・1966年
s300_300_2017_S120_0422_2017-04-22_005.jpg

映画「アルフィー」(1967年)の音楽を任されたソニーロリンズ。でも主題歌「アルフィー」はバートバカラックの作曲となりました。ソニーロリンズの曲は主題歌としては採用されなかったんですね。A面1曲目の「アルフィーのテーマ」は派手さはないんですが、いい曲だと思いました。

s300_300_2017_S120_0422_2017-04-22_009.jpg

s300_300_2017_S120_0422_2017-04-22_014.jpg


今回はじっくりと聴きこんでいないので、コメントは後日追加します。創刊号からNo.15までの購入で、読者プレゼントのレコードクリーナー&クリーナークロスが一緒に入っていました。

s300_400_2017_S120_0422_2017-04-22_002.jpg

私自身は、化学製品のクリーナーは使いませんが、もらえるのはうれしいものです。レコードをきれいにするときは、脱脂したガーゼをぬるま湯で濡らして硬くしぼったもので、ていねいに盤面を拭きます。脱脂したガーゼは糸くずが出ないのが特徴です。

最近は好きなLPが入っていなく、最初の予定だったNo.15まで購読したので、次のNo.16マイルスデイビスで定期購読をやめることにしました。あとは、欲しい盤を単品で購入します。

ただ、このシリーズはジャズの指標としてとても良いシリーズです。聞いたことがないミュージシャンの聴いたことがない曲でも、とても素晴らしい曲に出会うことはよくあります。案外知っている曲だったりします。余裕のある方は全シリーズをそろえるのも面白いと思います。全85号までの予定で、総額25万円弱にもなりますが、財産としても素晴らしいものです。

そうこうしているうちに、No.16 マイルスデイビスが届いてしまいました。



posted by キラリ at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2017年03月18日

ジャズレコードコレクション 12号 13号

2017年3月18日(土)
 春めいてきました。リスニングルームは12℃ぐらいになり、レコードが聴ける環境になってきました。

 ジャズレコードコレクション12号はビル・エヴァンス「TRIO 64」。
 ヴァーヴレコード・1961年録音です。

 ラファロ亡き後、ようやく立ち直りかけたビル・エヴァンス。ベースにゲイリー・ピーコックを加えてのレコーディングです。1曲目の「リトル・ルル」が素晴らしくいい出来。今までのビルエヴァンスとは違う明るさがあります。「ワルツフォー・デヴィ―」とはまた違った良さですね。

s300_300_2017_S120_0318_2017-03-13_001.jpg

A面
Little Lulu 3:40
A Sleepin' Bee 4:39
Always 4:00
Santa Claus Is Coming to Town 4:22
B面
I'll See You Again 3:52
For Heaven's Sake 4:22
Dancing in the Dark 4:35
Everything Happens to Me 4:35

ダンシング・イン・ザ・ダークとエブリスィング・ハプンズ・トゥ・ミーの評価が高いようです。耳を奪われるほどでもないような気がしましたが、また聴きこんでみます。

ビル・エヴァンス/ピアノ
ゲイリー・ピーコック/ベース
ポール・モチアン/ドラム

s300_300_2017_S120_0318_2017-03-13_003.jpg


 ジャズレコードコレクション13号は、オーネット・コールマンの「ニューヨーク・イズ・ナウ」
 ブルーノート・1968年録音です。
 これじはまだ聴いていません。内容は後程に。

s300_300_2017_S120_0318_2017-03-13_008.jpg

A面
The Garden of Souls 14:03
Toy Dance 7:32
B面
We Now Interrupt for a Commercial 3:26
Broad Way Blues 8:43
Round Trip 6:19

オーネット・コールマン/アルト・サックス&ヴァイオリン
デューイ・レッドマン/テナー・サックス
ジミー・ギャリソン/ベース
エルヴィン・ジョーンズ/ドラム

s300_300_2017_S120_0318_2017-03-13_007.jpg

 15号で定期購読をいったん止めようか迷っています。あまり興味の湧かない盤もかなりあるからです。でもジャズは聴いてみないと分かりません。第5号のデイヴ・ブルーベックのような素晴らしい盤もありました。こういう盤との出会いは、こういうシリーズものでないと味わえません。それにディアゴスティーニの盤の出来は素晴らしいです。もう少し安ければいいんですけどね。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村






  
posted by キラリ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2017年02月26日

ジャズレコードコレクション 10号 11号

2017年2月26日(日)
 2週間ほど前に届いていたのですが、リスニングルームが厳寒のため聴くのが延び延びになっていました。10号はサラ・ヴォーンです。1954年30歳のときの録音で、ハスキー気味の非常に色っぽい声です。モダンジャズばかりでなくポップス系でも活躍した歌手です。これは本格ジャズヴォーカルです。1曲目の「バードランドの子守唄」に引き込まれました。

s300_300_2017_S120_0225_2017-02-25_001.jpg

 サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン
 サラ・ヴォーンは1990年4月3日に66歳で逝去しています。
s300_300_2017_S120_0225_2017-02-25_003.jpg

 マーキュリー・レコード・レーベルです。
s300_225_2017_S120_0225_2017-02-25_005.jpg


 11号はアート・ブレーキ―。1958年の録音です。1曲目の「モーニン」は聴いたらだれでも知っている有名な曲で。一気に引き込まれます。明るさを感じるモダンジャズです。新しい音楽監督ペニー・ゴルソンのもとで新生なったアート・ブレーキ―とジャズ・メッセンジャーズ。

s300_300_2017_S120_0225_2017-02-25_008.jpg

 アート・ブレーキ―とジャズ・メッセンジャーズ(JM)
 ドラマーだったアート・ブレーキ―は1990年10月16日に71歳で逝去しています。
s300_300_2017_S120_0225_2017-02-25_010.jpg

 ブルーノート・レーベルです。
s300_225_2017_S120_0225_2017-02-25_013.jpg


 定期購読者向けのおまけ。レコードを入れる袋です。これ、必要でしょうか? デアゴスティーニのレコードは紙袋に入っているので、この袋を使うことはまずありません。つけてくれるのならレコードを入れるビニル袋(⇒2016年11月19日の記事)の方がありがたいです。

s300_225_2017_S120_0225_2017-02-25_011.jpg


 FT40Hのホーンの味わいが素晴らしい。キンキンしないしっとりとした感じさえあります。特に金管が生々しくドラマティックに聞こえます。11年前にタンノイ・チェビオットと出会うまでは、ツイータはソフトドームだと思っていましたが、いい意味でホーンツイータの存在感を知らしめてくれたのがタンノイでした。あれ以来、ツイータはホーンがお気に入りです。

 ベースも素晴らしくよく響いています。季節ごとの軟化処理なので、そろそろ処理の時期かもしれません。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村





posted by キラリ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2017年01月22日

ジャズ・LPレコード・コレクション 第8号 ハービー・ハンコック 第9号 クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ

2017年1月22日(日)
 昨日はトランプ大統領が就任しました。私の5畳のリスニングルームは気温8度の厳寒です。暖房はありません。何か昔の子供のころの冬のような凛とした感じが懐かしい気がします。レコードが届いて1週間以上になるので、我慢できず聴いてみました。バックはパイオニアPL-30L。

s300_225_2017_S120_0122_2017-01-22_011.jpg


 第8号はハービー・ハンコックの「Maiden Voyage」です。1965年録音。ブルーノートレコード。1曲目から一聴して分かる従来のジャズとは違う旋律です。これがクールジャズというのでしょうか。もっと後の時代になりますがチックコリアのリターントゥフォーエバーにも通じるような雰囲気です。でも、スマートな旋律に、従来のモダンジャズのトランペットが乗っている感じで、ちょうど時代の変わり目なのかと感じます。

s300_300_2017_S120_0122_2017-01-22_002.jpg

s300_225_2017_S120_0122_2017-01-22_003.jpg

 第9号はクリフォード・ブラウン&マックス・ローチの「Study in Brown」です。1956年2月13日録音。マーキュリーレコード。時代的にはモダンジャズですが、1曲目の「チェロキー」は非常にテンポの速いトランペットとピアノが即興的な感じがします。2、3曲目はスイングっぽい感じがします。4曲目の「ランズエンド」がモダンジャズらしくなじみやすい感じがします。

s300_300_2017_S120_0122_2017-01-22_005.jpg

s300_225_2017_S120_0122_2017-01-22_010.jpg

 クリフォードブラウンは、1955年6月26日に、リッチーパウエルとその妻の3人で車に乗っているときに自動車事故にあい、3人とも亡くなっています。クリフォードブラウンは25歳、リッチーパウエルは24歳で、活動はわずか2年間でした。コンビを組んでいたマックスローチは、その後もドラマーとして活動し、2007年に83歳で天寿を全うしています。

 この時代のジャズマンは若くして亡くなっている方が多いです。スコットラファロは1961年7月6日に25歳で交通事故死していますし、マイルスデイビスは1991年に65歳で病死、ビルエヴァンスは1980年に51歳で亡くなっています。ジャズ史のことはまだまだ整理できていませんが、マイルスデイビス、ビルエヴァンスらが活躍していた1950年代後半から1960年代前半のモダンジャズが一番お気に入りです。

 今回のレコードに景品がついてきました。マイクロファイバークロスとなっています。使い方が書かれていませんが、ネット情報では、水につけて硬くしぼった後、レコード面を拭くと汚れがきれいに取れるとなっています。私は、脱脂したガーゼを水に濡らして硬くしぼったものを使っていました。マイクロファイバーは、力を入れるとレコードの表面を削ることになりますから、乾いたクロスでは絶対にレコードを拭かないこと、そして濡らしたクロスでも力を入れないことが大事です。

s300_225_2017_S120_0121_2017-01-21_009.jpg


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村





posted by キラリ at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード



スポンサードリンク