スポンサードリンク


2035年10月01日

オーディオ再訪 はじめに


 1970年代に、プレーヤー・アンプ・スピーカーが一体になった廃品の真空管式アンサンブルステレオを譲ってもらい、これを直して楽しんだのがオーディオへのきっかけだったように思います。ダイナミック型のトーンアームを直し、セラミックカートリッジを買ってきて交換し、ビリーヴォーン楽団の「真珠貝の歌」、サウンドトラックの「サウンド・オブ・ミュージック」など、手持ちのレコードを全部聴きました。卓上型レコードプレーヤーでは聞こえなかった低音に感激したものです。カートリッジはSPとLPをレバーで回転させて切り替えるものでした。

ss_stereo.jpg

(ほぼ同型のステレオ。1970年代)

 アンサンブルステレオで半年ばかり楽しんだ後、プレーヤーとレシーバーを収めた大きなセンターコンソールと左右に2wayスピーカーがあるトリオ製セパレートステレオを小遣いを貯めて購入し、洋物のEPレコードを中心に毎日のように聴いていました。プレーヤーはリムドライブでカートリッジはMM型でした。当時のFMステレオ放送も無駄なしゃべりがなく音楽を中心とした聞き応えのあるものでした。

 それから永い時間をかけて、70年代にコーラルCX-3スピーカー、SONYレコードプレーヤーPS-X30A、80年代にヤマハプリメインアンプAV-5、ヤマハCDデッキ、90年代にSONY製MDデッキ、マランツCDデッキCD-16D、B&WスピーカーCDM1SEなどの単品コンポーネントを揃えて来ましたが、2000年以降はほとんど聴くこともない状態が続いていました。

sTrio_reciever.jpg

(セパレートステレオのレシーバーと同型のもの。1970年代)


 ところが2006年になって、ふとしたきっかけで真空管に興味を持ち、TU-880管球アンプキットを作ってみると、きれいな音色や予想に反して弾むようなダイナミックな躍動感にすっかり魅了されてしまいました。6BQ5、6CA7、6BM8、12AX7という球の名前も懐かしく、今でもロシアや中国で生産が続けられ、入手可能であることを知りました。真空管アンプは、多くはキットという形で多くの機種が市販されていることも分かりました。ただ、昔の価格を知る者には信じがたい価格になってはいますが・・・。2000年代は、アナログに回帰の年代でした。今ある装置はすべてこの4年間に揃えたものばかりです。

 マニアには笑止千万の内容かも知れません。B級オーディオとは、できるだけ費用をかけないで目一杯「いい音・いい音楽」を楽しみたいという自虐の意味をこめたものです。真空管アンプとレコードを中心に、アナログを楽しんでいます。熟年世代にとっても楽しめる趣味だと思います。懐かしい方も、初めての方も、興味のある方はどうぞご覧下さい。(2006年11月1日)
 ホームページ「オールドタンノイを真空管アンプで楽しむ」もどうぞ。

m2006_11201_005.jpg



 あれから5年。大きなアナログ機器が重荷になってきました。2010年にはPCオーディオとの出会いもありました。2011年の春からダウンサイジングを進めてきましたが、一応の区切りがつきました。オープンデッキ、真空管イコライザーアンプ、真空管パワーアンプ、レコードプレーヤー1台、シュアーV15Type3等を処分し、ソースはFM、レコード、PCオーディオの3つに絞って真空管プリアンプとLM3886パワーアンプで聴いています。ただ、6BM8シングルアンプ(TU-870)だけはいずれ入手したいアンプです。ずいぶん身軽になったように思います。年齢とともに趣味への考え方も変化します。それもまた新たな興味深い出会いがあって楽しいものです。(2011年9月)








posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ再訪

2017年10月29日

真夏の出来事 平山みき

2107年10月29日(日)
 昭和歌謡がマイブームなこのごろです。彼女の歌は10代のころから知っていましたが、ヤフオクでこのシングルレコードを買ったのは2008年10月でした。発売は1971年です。

s300_300_IMG_6058.jpg

 この曲はイントロのベースがしびれます。奔放な感じの歌声がまたいいですね。真夏の出来事も大ヒットしたフレンズももちろんいいんですが、悪女をカバーしたものなんかは、まさに彼女にぴったりです。彼女の曲はきれいに歌ってはダメなんですよね。その歌い方は中島みゆきにも通じるところがあります。

 一度聴いたら忘れられない低音の効いた超ハスキーボイス。平山みきは1949年生まれ。デビュー当時は21歳とやや遅かったんですね。若いころは大人顔だったせいもあって、声以外はそれほど好きな歌手ではなかったのですが、年齢とともにふっくらとして、すごくいい顔になりました。髪を短めにした50代前後の顔は可愛いとしか言いようのないステキな顔です。Youtubeにもたくさんの動画がアップされています。





 若いころとそれほど声が変わっていないのも魅力です。今68歳ですが、63歳ごろまでの映像は50代とそれほど変わらない若々しい姿です。黄色がラッキーカラー、所属事務所もイエローライオン。本人はアップテンポな曲が好きとのことで、ミニスカートで登場しても痛々しさがないのもすごいです。

 こういう悪い女に見える人ほど、実際は生き方がまじめでいい人なんじゃないかと思ったりします。知らんけど。



posted by キラリ at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2017年10月12日

シルヴィー・バルタン EPレコード

2017年10月12日(木)
 一世を風靡したフランスの歌手、シルヴィーバルタン。映画「フラッシュダンス」の主題歌を歌ったのも彼女です。私がシルヴィーバルタンを知ったのは、昭和45年ごろです。学校のレコード鑑賞か何かで「悲しみの兵士」と「あなたのとりこ」を聴き、すっかり彼女のファンになってしまいました。

 シングルCDは持っていて、時々、Youtubeで曲を聴いていたりしたのですが、最近になって子供のころから聞いたことのある有名な曲が、シルヴィーバルタンの曲だと知ってびっくり。こちらです。




 なんてキュートな女性なんでしょう。当時じゃなくても男性はとりこになりそうですね。そして、映像は白黒じゃないですか。子供のころから知っているって。。。

 ちょっとした誤解がありました。自分の中ではシルヴィーバルタンは、ちょっとお姉さんぐらいの歳だと思っていました。ところが、彼女は1944年生まれ。デビューは1963年。上記の動画は1964年で、当時すでに二十歳だったんですね。そりゃ白黒ですよね。今現在は73歳です。Wikiで調べるとすぐ出ていますが、73になっても魅力的な方です。

 こうなるとシングルレコードがほしくなります。昔はなぜか買っていなかったんです。「アイドルを探せ」、「悲しみの兵士」、「あなたのとりこ」の3枚はほしい。なんとか2枚を手に入れました。


「アイドルを探せ」の初版盤
s350_341_IMG_0618.jpg

こちらは2nd盤らしい
s350_350_IMG_0617.jpg


邦名は「アイドルを探せ」
フランス名は「La plus belle pour aller danser」です。
「あなたのとりこ」は市場に見当たらないんですよね。時期が悪いのかも。


 若いころのシルヴィーバルタンは本当に美しかったです。歌っている映像では真顔のことが多いのですが、笑顔の画像はとても魅力的。子供でも心を奪われましたから。それに、今聴いてもフランス語の響きが心地よいです。学生時代に仏語を取ればよかったなーと思いました。


 ほぼ同年代の歌手に、フランスギャル(70歳)やイタリア人のジリオラチンクエッティ(69歳)、フランス人のダニエルビダル(65歳)らがいます。みんな若いころは美しくかわいかったんです。


 懐かしく思う方は楽しんでください。




posted by キラリ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2017年10月08日

レコードプレーヤー PL-30L オートリフト故障

2017年10月8日(日)
 この時期になると聴きたくなるサイモンとガーファンクルをLPで楽しみました。ついでにピーター・ポール&マリーのLPも聴きました。何事もなく聴きおわり、最後に古いドーナッツ盤のシングルレコードをかけると、曲が終わりきらないうちにアームが上がってしまいました。

 シングルを3枚かけて2枚でアームが上がってしまいます。ネットで調べると、エンド検出がおかしいようです。ある方のブログに似た症状のことが書かれていて、こんな内容でした。『レコードの内周部に来ると、すべての曲が終わらないのにリフトアップし、回転ストップしていた。パイオニアに修理に出すと、エンド検出回路内コンデンサー不具合のため交換。エンド検出動作点の調整をした。』とのことです。

こちら⇒http://huzu.cocolog-nifty.com/huzu/2011/02/---3f47.html

 検出位置がおかしいのではなく、回路がおかしいとなると厄介ですね。ブログではタンタンルコンデンサーを1個取り換えたようでした。PL-30Lは製造後30数年経過し、入手後ちょうど10年になります。パイオニアに持ち込めば修理可能なのでしょうか。

 同じ方のこちらのページには、PL-30Lの裏ぶたを開けた画像があります。PL-30Lは、アームの根元にアームの動きを調整できるオイルが入っていて、これを抜かないと容易に裏返すことができないので、この画像はとても参考になります。

http://huzu.cocolog-nifty.com/huzu/2010/12/post.html

 とりあえず、一度裏蓋を開けてみなければなりません。最近はレコードがメインなので、プレーヤーは必需品です。最悪はエンド検出を効かなくして、完全マニュアルプレーヤーにする方法が残されます。

s400_300_IMG_6017.jpg


参考になるブログを見つけたのでこちらにメモしておきます。


「PL-30L オートリフトアップ位置ズレ修理」
エンド位置を修正する可変抵抗の話です。
http://northstar.at.webry.info/201004/article_5.html


「初仕事はプレーヤーの修理」
PL-30LとPL-50Lの違いです。PL-50Lがほしくなりました。
http://casamille.com/?p=5668
http://casamille.com/?p=5677



posted by キラリ at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | レコードプレーヤー

2017年09月16日

ベッツイ&クリス

2017年9月16日(土)
 ベッツイ&クリスをご存知の方はアラカン世代ですね。デュオのシングル盤でとても魅力的なのがこの1枚です。魅力的なのは写真の方なんですけどね。レコードは1970年2月発売の2枚目のシングルです。ということは二人とも17歳ぐらいですね。そんなに古臭い感じはしませんね。


s400_400_DSC_0417.jpg

s500_375_DSC_0421.jpg


どちらがベッツイでどちらがクリスなのか、ずっと知らなかったのですが、上の画像の手前にいる方がベッツイで、声で言えば高い主旋律を歌っている方。奥にいるのがクリスでギターを弾いてハモッている方です。

ベッツイ&クリス(Betsy & Chris)
ベッツイは、エリザベス・ヴァージニア・ワーグナー 1952年9月4日生まれ(65歳)
クリスは、クリスティーン・アン・ロルセス 1952年6月25日生まれ(65歳)

デビュー後まもなく50年になろうとしています。デビュー曲の「白い色は恋人の色」(1969年10月1日発売)は今でも鮮明に覚えています。こんなに清楚な人がいるのかと思いました。しかも外人だし。

s300_300_2008_1029_01 018.jpg


彼女たちのレコードは、LPが2枚、シングルが3枚持っています。たまに聞くと良いんですこれが。心が洗われるというのはこんな感じなのでしょう。これらのレコードをヤフオクで手に入れて早や10年が経とうとしています。


ベッツイは、ハワイを拠点に再び歌手として活動しており、クリスはハワイで音楽教師として活躍しているそうです。日本での活動期間は1969年から1973年まででした。


BGMにこんなのを聞きながらもいいものです。






posted by キラリ at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2017年09月01日

スピーカーエッジ軟化剤 いろいろ

2017年9月1日(金)
ジャズレコードコレクションの購読を止めたらブログも遠ざかってしまいました。今日は久しぶりに軟化剤ネタを書いてみます。

昔のスピーカーはウレタンエッジかクロスエッジが多いです。ダイヤトーンは、ほぼクロスエッジです。クロスエッジは数年で硬くなってしまい、指先で押してもエッジが硬いのが分かり、凹まないくらいになることがあります。

その原因は、クロスエッジの裏に塗ってある「ビスコロイド」というダンプ剤のせいです。

ダンプ剤とは言いますが、クロス(布)エッジは空気を通すので、その目止めとして空気を通さないように気密を高めるために使っていたものです。

これが、最初はやわらかいゴム状のものなのですが、年数の経過とともに硬貨が始まり、数年で硬くなってしまうのです。昭和の時代のダイヤトーンなんて、ビスコロイドがカチカチに固まっています。

これが何で悪いかと言うと、コーンの動きを妨げて、低音が出なくなるからです。25cmや30cmのウーハーなら、部屋を揺るがすような低音が出るはずですが、おとなしい低音しか出なくなってしまいます。

長い前置きはこれくらいにして、カチカチになったビスコロイドをどうやって対応するかを書いて見ます。

先ずは、ウーハーユニットが外れる場合

ユニットのエッジの裏面から軟化剤を筆で塗ってビスコロイドを溶かし、軟化したらスプーンの先などでこそげ落として、仕上げにゴム系のダンプ剤(気密を確保するため)を塗ります。

溶かすためには、ネットでよく見るのは、100円ショップで売っている「強力瞬間接着剤はがし液」や「ジッポーオイル」などです。ブレーキフルードはおすすめしません。
⇒ ZIPPO(ジッポー) オイル 小缶 133ml

ダンプ剤としては「セメダインスーパーX」や液体ゴムの「ユタカメイク 液体ゴム クリア チューブタイプ 70g BE2-6」などです。これらを混ぜ合わせている方もいます。ダンプ剤をエッジの裏に塗ったら完了です。
⇒ ユタカメイク 液体ゴム クリア チューブタイプ 70g BE2-6

次に、ウーハーユニットが外れない場合

ユニットが外れなければ、ビスコロイドを軟化させるだけです。表面からエッジに軟化剤を塗ります。コーンに垂れないように注意します。コーンに垂れると、エッジとコーン紙の接着が剥がれることがあります。

塗って30分もすれば、低音が出てくるのが実感できます。2回目は1週間後ぐらいに塗り、3回目は1ヵ月後ぐらい、4回目は3ヵ月後ぐらい、5回目も3ヵ月後ぐらいと、だんだんに間隔をあけていきます。

このぐらいになると、軟化したビスコロイドがやわらかさを保てるようになるので、以後は半年に1回ぐらい塗れば良いと思います。

ただし、すべて自己責任でお願いします。ダイヤトーン系は先ず失敗しないと思いますが、高価なプレミアが付いたユニットは、エッジがシワシワになったという方がネットに出ていましたから。


いまのところ、安心しておすすめできるのは、ヤフオクで「スピーカーエッジ軟化剤」として出ている商品です。1,500円ぐらいでいろいろあると思います。

成分が明らかにされていませんが、おそらく、アセトン、アルコール、グリセリンなどを適量にミックスしたものと思われます。原価は100円もしないかもしれません。

でも、3年から5年分ぐらいの分量があるので、自分でアルコールなどを買い集めて試行錯誤するよりは全然手軽です。


注意点をもう一度。

エッジ軟化剤が使えるのはクロスエッジのみです。

ブレーキフルード(俗に言うブレーキオイル)がよく使われていますが、主成分であるポリエチレングリコールモノエーテルが人体に有害なため、使用はおすすめしません。




posted by キラリ at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤトーン



スポンサードリンク