スポンサードリンク


2035年10月01日

オーディオ再訪 はじめに


 1970年代に、プレーヤー・アンプ・スピーカーが一体になった廃品の真空管式アンサンブルステレオを譲ってもらい、これを直して楽しんだのがオーディオへのきっかけだったように思います。ダイナミック型のトーンアームを直し、セラミックカートリッジを買ってきて交換し、ビリーヴォーン楽団の「真珠貝の歌」、サウンドトラックの「サウンド・オブ・ミュージック」など、手持ちのレコードを全部聴きました。卓上型レコードプレーヤーでは聞こえなかった低音に感激したものです。カートリッジはSPとLPをレバーで回転させて切り替えるものでした。

ss_stereo.jpg

(ほぼ同型のステレオ。1970年代)

 アンサンブルステレオで半年ばかり楽しんだ後、プレーヤーとレシーバーを収めた大きなセンターコンソールと左右に2wayスピーカーがあるトリオ製セパレートステレオを小遣いを貯めて購入し、洋物のEPレコードを中心に毎日のように聴いていました。プレーヤーはリムドライブでカートリッジはMM型でした。当時のFMステレオ放送も無駄なしゃべりがなく音楽を中心とした聞き応えのあるものでした。

 それから永い時間をかけて、70年代にコーラルCX-3スピーカー、SONYレコードプレーヤーPS-X30A、80年代にヤマハプリメインアンプAV-5、ヤマハCDデッキ、90年代にSONY製MDデッキ、マランツCDデッキCD-16D、B&WスピーカーCDM1SEなどの単品コンポーネントを揃えて来ましたが、2000年以降はほとんど聴くこともない状態が続いていました。

sTrio_reciever.jpg

(セパレートステレオのレシーバーと同型のもの。1970年代)


 ところが2006年になって、ふとしたきっかけで真空管に興味を持ち、TU-880管球アンプキットを作ってみると、きれいな音色や予想に反して弾むようなダイナミックな躍動感にすっかり魅了されてしまいました。6BQ5、6CA7、6BM8、12AX7という球の名前も懐かしく、今でもロシアや中国で生産が続けられ、入手可能であることを知りました。真空管アンプは、多くはキットという形で多くの機種が市販されていることも分かりました。ただ、昔の価格を知る者には信じがたい価格になってはいますが・・・。2000年代は、アナログに回帰の年代でした。今ある装置はすべてこの4年間に揃えたものばかりです。

 マニアには笑止千万の内容かも知れません。B級オーディオとは、できるだけ費用をかけないで目一杯「いい音・いい音楽」を楽しみたいという自虐の意味をこめたものです。真空管アンプとレコードを中心に、アナログを楽しんでいます。熟年世代にとっても楽しめる趣味だと思います。懐かしい方も、初めての方も、興味のある方はどうぞご覧下さい。(2006年11月1日)
 ホームページ「オールドタンノイを真空管アンプで楽しむ」もどうぞ。

m2006_11201_005.jpg



 あれから5年。大きなアナログ機器が重荷になってきました。2010年にはPCオーディオとの出会いもありました。2011年の春からダウンサイジングを進めてきましたが、一応の区切りがつきました。オープンデッキ、真空管イコライザーアンプ、真空管パワーアンプ、レコードプレーヤー1台、シュアーV15Type3等を処分し、ソースはFM、レコード、PCオーディオの3つに絞って真空管プリアンプとLM3886パワーアンプで聴いています。ただ、6BM8シングルアンプ(TU-870)だけはいずれ入手したいアンプです。ずいぶん身軽になったように思います。年齢とともに趣味への考え方も変化します。それもまた新たな興味深い出会いがあって楽しいものです。(2011年9月)








posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ再訪

2018年06月17日

レコードクリーニング 私流

2018年6月17日(日)
 中古レコードを入手したときの必須手段はレコードクリーニングです。2007年の記事にもレコードクリーニングを書きましたが、すでに10年以上たっているので改めて書いてみようと思います。

 用意するものはガーゼです。ドラッグストアで数百円で買えると思います。30cm×10mみたいなのがあると思います。まずは、鍋にお湯を沸かしてガーゼをつけ、付いている糊を良く溶かして落とします。そして水気を切って乾燥させます。乾燥したら、これを10cm×15cmくらいに小さく切ると100枚ぐらいできると思います。

 レコードのクリーニングは、この小さく切ったガーゼに水を含ませて絞ったものを使います。ガーゼは糸くずが出ないし湿らせて使うので静電気が発生しないためとても便利です。レコードを同心円状にていねいに拭いていきます。ある程度の力も必要です。汚いレコードだとガーゼが薄汚れるのが分かります。裏表を良く拭いたら、レコードを手にもって空中であおぐように動かして風で乾燥させます。10回ぐらい動かせば乾燥します。何枚かまとめて拭くと効率的です。ガーゼは使い捨てにします。

 ガーゼが面倒な場合は、レコクロス50という商品が大きさも手ごろで使いやすいです。こういうものですが参考までにご覧ください。

s400_300_2017_S120_0411_2017-04-09_008.jpg

Amazonで売っています。

レコクロス50

新品価格
¥648から
(2018/6/16 16:31時点)




 今はこれを使っていますが使い心地はガーゼと同様、使いやすいです。これも1枚使ったら使い捨てにします。

 私は水を含ませただけで拭いていますが、レコードクリーナー レコクリン200というのも持っています。上の画像にも写っていますね。評判は悪くなく、汚れがきれいに取れるそうです。私は化学薬品をレコードにつけたくないので使っていませんが、ほとんど水のようだと口コミで見たので、次は使ってみようかと思います。

こちらもAmazonで売っています。

レコードクリーナー レコクリン200

新品価格
¥1,512から
(2018/6/16 16:37時点)




 私はキッチンの流し台の上に、チラシを敷いて(細かなごみがつかないので)その上でやります。こんな感じ。

s400_300_DSC_4486.jpg


 レコードクリーニングの目的は、指紋などのたんぱく質の除去と埃などの除去です。スクラッチ音(パチパチ音)は多少少なくなりますが、クリーニングだけではスクラッチ音は取れないので次の歯ブラシを使う方法でこれを取ります。口コミで、汚れは取れるけれどスクラッチ音が取れないと多くの方が書いていますが、それは当然と言えば当然です。

 レコード溝の奥にこびりついた汚れは、表面を撫でただけのクリーニングでは取れません。そこで使うのが歯ブラシです。ただし、銘柄は「デンターシステマ」に限ります。理由は毛先が非常に細く、レコードの溝の奥まで届きやすいことと、毛が柔らかくてレコードを傷めないからです。
 
 強さは「ふつう」か「やわらかい」ものを使います。ほかの銘柄は試していないので残念ながら分かりません。

 使い方は、レコードプレーヤーのターンテーブルにレコードを乗せて回転させ、歯ブラシを盤面に軽く当てます。汚れが溝の底にこびり付いているときは、歯ブラシがわずかに引っかかるので分かります。5回転くらい当てていれば急に引っかかりがなくなるのも分かります。レコード溝の部分に歯ブラシを当ててきれいになったと思ったら終了です。

s400_300_2007_0718 007.jpg

 画像は器具を使っていますが、汚れを取る時は手で持って引っ掛かりの感触を確かめながらやるといいです。

 スクラッチ音はかなり少なくなり、盤によってはほとんど感じられないぐらいになります。これでも残る小さなノイズは気にしないことです。40年以上も前のレコードからノイズもなくきれいな音が飛び出してくると、本当に驚きますよ。中古レコードは当たりはずれもあるので、少なくとも聴かないで出品しているものは避けた方が良いと思います。懐かしいレコードを楽しみましょう。




posted by キラリ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レコードクリーニング

2018年06月16日

EPレコード フランシーヌの場合 真夜中のギター

2018年6月16日(土)
 気温20℃前後の寒いぐらいの毎日が続いています。古い懐かしいシングルレコードを2枚入手しました。1969年のものです。テレビやラジオでよく聞きました。でもなぜかレコードは買っていなかったんです。この年にアメリカのアポロ11号が月へ行きました。

フランシーヌの場合 新谷のり子

s300_300_DSC_4282.jpg


真夜中のギター 千賀かほる

s300_300_DSC_4434.jpg


こちらは10年ほど前に入手したもの
あなたの心に 中山千夏

s300_300_DSC_4464.jpg


ビートルズのレットイットビー、ヘイジュードや、サイモンとガーファンクルのスカボロフェアーなんかもリアルタイムで聴いていたのに、レコードは友人から借りて聴いただけで持っていなかったです。今はLPを入手したので聞けます。

あと、懐かしいのはトワエモアの4曲入り17cmLPレコード。これは持っていたのですが、22年前の引っ越しの際に処分してしまいました。空よ、ある日突然、初恋の人に似ている、誰もいない海の4曲入りは、オークションでもなかなか出てこないんです。ようやく画像だけネットで見つけました。

どんなデザインのアルバムだったかも忘れていたのに、見た瞬間にピンときました。若いころの感性は記憶の底に残っているんですね。不思議です。

こういうやつです。手に入れたいです。

s300_300_towaemoa_.jpg

最近のトワエモアのお二人(芥川澄夫、白鳥(山室)英美子さん)はYoutubeで見ることができます。

古いレコードたちは、大きな傷さえなければレコード面のクリーニングで見事に復活します。とても繊細かつダイナミックな音が出てくるので驚きます。塩ビ盤の耐用年数は100年くらいいけるのかも知れませんね。次回は、私流レコードクリーニング方法を書きます。




posted by キラリ at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2018年05月12日

Youtubeで聴いたいい音

2018年5月12日(土)
 こちらも自分のメモ用なのでスルーしてください。
Youtubeなので実物の音とは違うとは思いますが、イメージはつかめるかと。


ぼんせんべいが意外といい音
古いヤマハNS-250 1973年ごろか




ヤマハNS-20 1967年ごろ
ユニットが後ろ向きです。前面開放ですか。



エレクトーン用を改造したという発泡スチロールの平面型コーンから、意外ないい音が出て来ますね。低音の低い方は別にウーハーが必要ですが、中高音の伸びが素晴らしいです。


ダイヤトーンP610



ジャズ系が合いますね。
ここまでいい音が出るとホーンツイーターが欲しくなります。



posted by キラリ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アラカルト

2018年05月10日

シルビーバルタン EPレコード 2

2018年5月10日(木)
 シルビーバルタンの「アイドルを探せ」、「悲しみの兵士」、「あなたのとりこ」の3枚のうち、去年は買えなかった「悲しみの兵士」と「あなたのとりこ」の2枚を手に入れました。たくさん出ていたのですぐに買えましたが、去年はなかったので時期によるのかも。

悲しみの兵士 1970年 当時26歳

s300_300_DSC_3952.jpg

 シルビーバルタンの曲で初めて聞いたのがこれでした。高校のレコ鑑か何かで聞いたんだと思います。曲もよかったしジャケットの写真にうっとりしたのを覚えています。


あなたのとりこ 1968年 当時24歳

s300_300_DSC_3954.jpg

 こちらの方が後に聴いたのに、出たのは先だったんですね。こちらは、曲の方にうっとりしました。当時のジャケットは覚えていないのですが、こんなのだったんですね。穏やかでにこやかな顔のシルビーバルタンは、めったに見ることがなく貴重ですね。

 ジャケットは縦に長くてこんな感じ。

s300_585_DSC_3960.jpg


 いつもならすぐに聴くのですが、レコードプレーヤーのPL-30Lが、EPレコードをかけると曲が終わらないのにオートストップが働くため、まだ聴いていません。中古のレコードプレーヤーを物色中なのは、少し前の記事にも書きました。

 うまくいけば、古いベルトドライブ機が手に入るかもしれません。手に入ったら書くことにします。

2018年5月12日(土)
 聴いてみました。今日はPL-30Lはいい子にしていてくれました。
 レコードは傷もなくきれいなものでした。懐かしい曲を2曲楽しみました。今となれば「悲しみの兵士」のほうが懐かしく感じるのはなぜなんでしょう。「あなたのとりこ」は、のちにシングルCDでも出たのでまだなじみがあるからでしょうか。




posted by キラリ at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2018年05月06日

ケンリックサウンドってすごい

2018年5月6日(日)
 自分用のメモです。
ケンリックサウンドってすごいんですね。
JBLばかりでなくダイヤトーンまでチューニングするなんて。

ダイヤトーンDS-251
本当に251ですか。



JBLならマッキンで駆動する音が好みです。



小口径でもこれくらい出ればすごいです。



ケンリックではないんですが
Lo-D HS-500を見つけました。
歯切れ良くて素晴らしいです。


メモでした。



posted by キラリ at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アラカルト



スポンサードリンク