スポンサードリンク


2035年10月01日

オーディオ再訪 はじめに

 1970年代に、プレーヤー・アンプ・スピーカーが一体になった廃品の真空管式アンサンブルステレオを譲ってもらい、これを直して楽しんだのがオーディオへのきっかけだったように思います。
 ダイナミック型のトーンアームを直し、セラミックカートリッジを買ってきて交換し、ビリーヴォーン楽団の「真珠貝の歌」、サウンドトラックの「サウンド・オブ・ミュージック」など、手持ちのレコードを全部聴きました。
 卓上型レコードプレーヤーでは聞こえなかった低音に感激したものです。多分、ゼネラル製。スピーカーは楕円形。カートリッジは、SPとLPをレバーで回転させて切り替えるものでした。

ss_stereo.jpg

(ほぼ同型のステレオ。1970年代)

 アンサンブルステレオで半年ばかり楽しんだ後、プレーヤーとレシーバーを収めた大きなセンターコンソールと左右に2wayスピーカーがあるトリオ製セパレートステレオを小遣いを貯めて購入し、洋物のEPレコードを中心に毎日のように聴いていました。プレーヤーはリムドライブでカートリッジはMM型でした。当時のFMステレオ放送も無駄なしゃべりがなく音楽を中心とした聞き応えのあるものでした。

s250_126_tw-200.jpg

(セパレートステレオのレシーバーと同じ外観のもの。TRIO-TW200。1970年代)


 それから永い時間をかけて、70年代にコーラルCX-5スピーカー、SONYレコードプレーヤーPS-X30A、80年代にヤマハプリメインアンプAV-5、ヤマハCDデッキ、90年代にSONY製MDデッキ、マランツCDデッキCD-16D、B&WスピーカーCDM1SEなどの単品コンポーネントを揃えて来ましたが、2000年以降はほとんど聴くこともない状態が続いていました。

 ところが2006年になって、ふとしたきっかけで真空管に興味を持ち、TU-880管球アンプキットを作ってみると、きれいな音色や予想に反して弾むようなダイナミックな躍動感にすっかり魅了されてしまいました。6BQ5、6CA7、6BM8、12AX7という球の名前も懐かしく、今でもロシアや中国で生産が続けられ、入手可能であることを知りました。真空管アンプは、多くはキットという形で多くの機種が市販されていることも分かりました。ただ、昔の価格を知る者には信じがたい価格になってはいますが・・・。2000年代は、アナログに回帰の年代でした。今ある装置はすべてこの4年間に揃えたものばかりです。

 マニアには笑止千万の内容かも知れません。B級オーディオとは、できるだけ費用をかけないで目一杯「いい音・いい音楽」を楽しみたいという自虐の意味をこめたものです。真空管アンプとレコードを中心に、アナログを楽しんでいます。熟年世代にとっても楽しめる趣味だと思います。懐かしい方も、初めての方も、興味のある方はどうぞご覧下さい。(2006年11月1日)
 ホームページ「オールドタンノイを真空管アンプで楽しむ」もどうぞ。SSL化対応のためURLが変わりました。新URLでブックマーク登録をよろしくお願いいたします。

m2006_11201_005.jpg



 あれから5年。大きなアナログ機器が重荷になってきました。2010年にはPCオーディオとの出会いもありました。2011年の春からダウンサイジングを進めてきましたが、一応の区切りがつきました。オープンデッキ、真空管イコライザーアンプ、真空管パワーアンプ、レコードプレーヤー1台、シュアーV15Type3等を処分し、ソースはFM、レコード、PCオーディオの3つに絞って真空管プリアンプとLM3886パワーアンプで聴いています。ただ、6BM8シングルアンプ(TU-870)だけはいずれ入手したいアンプです。ずいぶん身軽になったように思います。年齢とともに趣味への考え方も変化します。それもまた新たな興味深い出会いがあって楽しいものです。(2011年9月)








posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ再訪

2019年06月01日

番外編 ソニー ACアダプター AC-110

2019年6月1日(土)
 番外編が続きますがご容赦を。
 ソニーのラジオ ICF-1100(THE 11)の純正ACアダプターを入手しました。
型番:AC-110
定格出力:DC4.5V 300mA
中心がマイナス、周囲がプラス極性で、多くのACアダプターとは逆なので注意が必要です。

s500_375_DSC_9468.jpg


 コードはさすがに経年劣化が見られますが、本体は変形もなく綺麗なものです。当時ものなのでトランス方式と思われます。

s500_375_DSC_9473.jpg


 まずは無負荷時の電圧を測っておきます。5.2V出ています。これで負荷(ラジオ)をつけて中間程度のボリュームにするとちょうど4.5V前後になるのでしょう。

 電池の場合は単2が3本ですから、無負荷で4.5V、放電終止電圧が1本0.9Vですから、3本で2.7V。乾電池の場合の動作電圧は4.5V〜2.7V前後となります。

 なので、純正以外のACアダプターの場合は、規格が4.5Vであっても、入手しやすい500mA出力だと電圧が6V以上出て高くなりすぎますから使用できません。無理に使用するとラジオの寿命を縮めます。

s500_375_DSC_9474.jpg


 コネクター部は取り替えてあるということだったので見てみました。きれいにハンダ付けされていたので問題ないようです。

s500_375_DSC_9487.jpg


 セットして鳴らしてみました。ACアダプターを使うと、小出力の地元FMコミュニティー局がアンテナを上げなくてもきれいに入りました。

 最近の電池は容量を増やすために金属ケースをギリギリまで薄くしてあるそうで、液漏れが早いと思います。液漏れすると電池受けを腐食させてしまいますから、ACアダプターの方が安心感があります。

s500_375_DSC_9483.jpg


いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ







posted by キラリ at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アラカルト

2019年05月19日

番外編 ナショナル ワールドボーイ RF-858D 特殊なACコード 聴き比べ

2019年5月19日(日)
 以前から持っているワールドボーイ RF-858は、単2乾電池3本のほか。AC100Vでも動作するのです。ところがACコードが付属していなく、また特殊な形状のため代用できるものがなくて100Vでは使えないのでした。

 今回、中古市場でACコード付きのRF-858Dを見つけ、ラジオ自体は858Dより858の方が好ましかったため、ACコード欲しさだけで入手したようなものです。

 まずはRF-858Dです。回路はRF-858とほぼ同じとのことです。見た目のデザインが若干異なるほかは、基本ベースは変わりません。

s500_375_DSC_9300.jpg


 特徴的な4連スイッチも同じです。美品ですね。

s500_375_DSC_9318.jpg


 スライドスイッチも綺麗なものです。音量の変化もガリもなくスムーズでした。

s500_375_DSC_9317.jpg


 電池受けもピカピカです。ここが腐食しているラジオは、電池が液漏れして放置されていたものですから、部品取り以外には購入しないほうがいいです。

s500_375_DSC_9324.jpg


 問題のACコードです。先端が小さいのが分かります。

s500_375_DSC_9290.jpg


 外径で約11mmです。M16という表示が見えます。

s500_375_DSC_9279.jpg


 メガネの中心間は約5.5mmです。

s500_375_DSC_9287.jpg


 このように入ります。単2電池が入っていると、電池の給電が自動的に切れてACにつなぎ変わります。

s500_375_DSC_9305.jpg

 極上品と言えるRF-858Dでした。48年前のラジオがここまで綺麗に保管されていたなんて信じがたいです。画像にはありませんが、ワールドボーイ独特の軟質塩ビの黒いケースも付いていました。

 RF-858D、RF-858、ソニーICF-1100の3台が並んで。すべて昭和46年ごろの商品ですから48年経過して、すべて動作品です。当時のMade in Japanは素晴らしいですね。ICF-1100も、ソニースイッチと言われるようになる15年ほど前です。

s500_375_DSC_9315.jpg


 同じ858だから音も同じだろうと思っていたら、858Dの方が音がよく感じたのですが、何度も聞くとやはり858の方がいいかも。中波、短波、FMともによく受信できます。アンテナもきれいに伸びています。

 RF-858シリーズのACコードは、単体ではまず入手できません。単体で売られているACコードは、パナソニックのビデオデッキなどに使用したもので、大きさが遥かに大きくて858には入りません。ACコードが売られていたら、メガネの中心間の距離を聞いてみましょう。約5.5mmです。ACコードが付属したRF-858Dが狙い目です。

PS
 また聴き比べを作ってみました。あまり出来が良くないのですが、興味のある方はどうぞ。ソースは、FMかほく(78.7MHz)で毎時25分に流れる気象情報のバックの曲です。858も良いし、ICF-1100が一番いいかも。



 古いラジオだし、クオーツロックなんてない時代ですから、しばらく聞いていると同調が少しずれていくのが分かります。AFCスイッチ(オートフリケンシーコントロール)を入れると比較的安定しますが、周波数のズレとともに雑音が入ります。

 RF-858は高音もでて華やか(賑やか?)な音でした。RF-858Dはこれを意識的に少し修正したのか、おとなしい音です。この時代のソニーは本当にいい音でした。その日の気分によって使う機種を替えるのも一興です。


にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ







posted by キラリ at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アラカルト

2019年04月29日

コーラル CX-5

2019年4月29日(月)
 コーラルCX-5という3ウェイスピーカーが1970年代にあったのですが、若い頃に持っていて、18年ほど前にハードオフで手放しました。売値は500円ほどだったと思います。

 当時の画像はないのですが、25cmウーハー、セミハードドームスコーカー、ハードドームツイータの密閉型スピーカーでした。

 これが最近、とあるオークションに出ていたのです。次はその時の画像です。

s350_294_coral_cx-5_02_.png

 懐かしかったです。私が入手したのは1978年(昭和53年)。新品に近いものを友人から譲り受けました。サランネットは紺色でした。グレーのウーハーがかっこよかったです。

 密閉式のウーハーはきれいな低音を出していました。ただ、中高音はコーラルの音そのものです。繊細ではありますが、好みが分かれますしソースを選びます。ちょっと私の好みではありませんでした。

 コーラルのスピーカーユニットは自作向けで、よく雑誌に製作記が載っていました。FLAT8やFLAT10などのダブルコーンは人気でしたし、10CX-50などのコアキシャル型は憧れたものでした。2008年の記事に10CX-50のことが書いてあります。

 今、Youtubeでこれらの音を聞いてみると、ちょっと好みとは違うことが買わなくても分かります。いい時代ですね。

 さて、そのオークションは2万円以上で終わっていたのでびっくりしました。今売ればよかったのかも。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ








タグ:CX-5 コーラル
posted by キラリ at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | コーラル

2019年04月21日

ラジオ 音較べ ワールドボーイ vs The 11

2019年4月21日(日)
 昨日アップしたラジオですが、それぞれの音を撮ってみました。音源は、コミュニティーFM局「FMかほく 78.7MHz」の天気予報で使われている曲です。Youtubeにアップしたので聞いてみてください。1分半ほどです。

 デジカメS120で三脚を使って動画を撮りました。音はラジオのスピーカーから出ている音のままです。音が大きすぎたようなのでボリュームを絞ってお聞きください。



 動画編集は、CorelのVideoStudio2019です。PaintShop2019と同じメーカーです。機能が多すぎて解説のWebサイトを見ながらでないとまだ使いこなせません。

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ









posted by キラリ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アラカルト

2019年04月20日

番外編 ナショナルワールドボーイ vs ソニーTheイレブン

2019年4月20日(土)
 桜も終わり、枝垂れ桜が満開の時期です。このごろ、昭和のラジオでコミュニティーFM曲の放送を楽しんでいます。

 ラジオはナショナルワールドボーイ RF-858とソニーThe11(イレブン)ICF-1100です。いずれも昭和46年頃に持っていたものですが、当時のものではなく10年以上前に入手したものです。

 今さら役に立つとこでもありませんが、懐かしい方向けに中身をご覧に入れようと思います。

s500_375_DSC_8922.jpg


 まずはワールドボーイ。裏蓋中央のビスを1本外し、両サイドのビスを2本緩めるだけで裏蓋が開きます。メンテンス性は抜群ですね。

ベーク基盤ですね。とてもコンパクトに組み込まれています。左が同調部、中央が中波・FM・SWの中間周波部、下が低周波増幅部ですね。

s375_500_rf_855_DSC_8858.jpg


 基盤のアップです。中央のIF部にICが見えます。ゲルマニウムトランジスタのようですね。

s500_375_rf_858_DSC_8885.jpg


 スピーカーは10cmほどのアルニコです。左下に見えるアルミブロックが電力増幅トランジスタの放熱板です。トランジスタの頂部が見えます。

s375_500_rf_858_DSC_8863.jpg


 このラジオはAC100V電源が使えるようになっています。ACアダプターが不要なのでとても便利なのです。大きい方の金属カバーがおそらくトランスです。ACコードを差し込むとバッテリーの電源が物理的に切れるようになっています。黒いバッテリーケースの上にシリコンダイオードが見えています。

s500_375_rf_858_DSC_8874.jpg


 次はソニーICF-1100です。こちらも背面カバーのそれらしい4本のビスを外せば簡単に開きます。メンテナンス性は抜群です。

 こちらもベーク基盤ですが一部が両面基板となっています。ごちゃごちゃしていますね。ワールドボーイのような整然とした感じはしません。中央の黒い四角のスポンジの下にアルニコスピーカーがあります。

s375_500_icf1100_DSC_8896.jpg


 基盤のアップです。バリコンはやや大型のものを使っています。右端中央に出力トランスが見え、そのすぐ上には放熱板と出力トランジスタが見えます。出力トランスのカバーに見える黒い板が放熱板です。

s500_375_icf1100_DSC_8903.jpg


 基板部のさらにアップです。シリコントランジスタが多数見えますね。ごちゃごちゃ感が満載です。

s500_375_icf1100_DSC_8910.jpg


 バリコンにつながる糸が見えますので載せておきましょう。

s500_375_icf1100_DSC_8905.jpg


 ナショナルはそつなくまとめた感じの中身。ソニーはあれもこれも詰め込んだような整然としない中身。感度はどちらも良好です。ロッドアンテナでFM局が十分に受信できます。音は、ナショナルは賑やかな音、ソニーは落ち着いた音という感じ。長く聞くならソニーの音が疲れません。昔のフォスターのアルニコのような感じの音です。長く使い続けたいと思います。

 いつも聞くコミュニティー局なんですが、実はネットラジオで聞くことが出来ます。Jpradio(https://jpradio.jp/fm-kahoku/)です。ほぼ電波と同じですが、数秒遅れる感じです。Webサイトを開くだけで聞けるのでPC作業しながら聞いています。全国のコミュニティー局が聞けます。

s500_333_jpradio_fm_kahoku_20190420_.png


にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ









posted by キラリ at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アラカルト
スポンサードリンク