スポンサードリンク


2007年01月31日

CheviotとSV-501SE

2007年1月31日(水)

 タンノイのやや控えめながらも艶のある音に、300Bシングルアンプの音がしっくりこない。タンノイの中高音の艶に300Bのつやが重なってしまうのです。あまり色づけのないトランジスタアンプの方が、タンノイの味をスポイルしないで自然な感じがします。おかげでお蔵入りのはずだったヤマハのプリメインが復活を遂げました。

 300BシングルアンプであるSV-501SEは、B&WのCDM1SEには最適な組み合わせと思いました。でもチェビオットだと低音も30cmウーハーで量感は十分にあり、300Bの低音の量感とも重なって全体がやや不明瞭な音になってしまいます。どちらも良いスピーカ−、良いアンプなのに組み合わせるとなるとむずかしいですね。

 ただ、ヤマハはナチュラル過ぎて、少しばかり面白みがありません。ヤマハの上級機種か、ラックスか、真空管ならオーソドックスな6CA7あたりが良いのでしょうか。目下の悩みの種です。


s2007_0131_002.jpg


YAMAHA AVC-30

 1987年発売、AVプリメインアンプ、定価64,800円、出力:フロント100W+100W、リア20W+20W、ドルビーサラウンドモード、ヤマハ独自のナチュラルサラウンドモード、重量10.2kg


 
posted by キラリ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | タンノイ

2007年01月28日

タンノイ HPD315

2007年1月28日(日)

 Cheviotのユニットは、HPD-315Aという30cm同軸2wayが使われています。マグネットはアルニコ。エッジはウレタンから布エッジに交換されています。ツイータは底の方に逆ドーム状についていて、ホーンの開口部がウーハーのカーブに滑らかにつながります。


 ネットワークは、低音をコンデンサーでカットするだけのような簡易なものではなく、本格的なものが内蔵され、中高音域のレベルを3段階に減衰するROLL-OFF、高音域をプラス2段階・マイナス2段階に調整できるENERGYにより、きめ細かく調整できるようになっています。


 弦の響きがとてもきれいで、聴き込むに連れ、やはりCDM1SEより数段魅力的です。タンノイは落ち着いた枯れたイメージがあったので、きれいな明るい音色にとても驚きました。狭い部屋なのでフルオーケストラでは無理があり、小編成の管弦楽で音量をあまり上げずに聴くのが良いようです。


 300Bの真空管アンプより、古いトランジスタアンプで鳴らした時の方が細かなニュアンスが良く聞こえました。このあたりはCDM1SEとは逆で、独特のきれいな音色を持つタンノイには、ナチュラルなトランジスタアンプの方が映えるのかも知れません。音色には好みがありますからあくまでも私見ですが。


s2007_0128_004.jpg

s2007_0128.jpg



 
posted by キラリ at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | タンノイ

2007年01月25日

タンノイ チェビオット

2007年1月25日(木)

 第1印象は、CDM1SE(B&W)の音色にとても良く似ていると思いました。同じ英国製だからでしょうか。タンノイの音色は独特のものと思いこんでいたので、かなり意外な気がしました。


 Cheviotの低音はさすがに30cmウーハーの威力とでもいうのでしょう、自然に湧き上がるように量感たっぷり出てきます。ボーカルや弦の音色はつややかで、300Bのシングルアンプでも石のアンプでも同じように魅力的です。


 CDM1SEは、モニターらしく細やかでかつ躍動的な音がどんどん前に出てくるのが魅力でもあり、反面それが聴き疲れにつながるものでもありました。


 Cheviotは30年前の機種だし、むしろ8年前の製品であるCDM1SEの方がタンノイの音色を研究して、さらにモニター的な音に仕上げたのでしょうか。CDM1SEほどの細やかさはありませんが、それがやや穏やかな音色に感じられました。


 ソースはすべてCDで、パールマンのパガニーニバイオリン協奏曲第1番、サリナジョーンズのLet It Be、ビルエバンスのワルツフォーデビー、そして映画TITANICのテーマです。アナログレコードをかけると、もっと輪郭がはっきりしてまた違ったものになるでしょう。


 まだ2時間だけの試聴ですので、これがすべてではありません。エッジも布&ゴムに取り替えてあるとのことでエージングが必要かも知れません。もっと聴き込んでタンノイの魅力に踏み込んでみたいものです。

s300_224_2007_0308_041.jpg



 
posted by キラリ at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | タンノイ

2007年01月24日

タンノイ チェビオット

2007年1月24日(水)

 タンノイがやって来ることになりました。製造後30年を経てもなお高価な機種。B級としては大きな決断です。このメーカーは、今まで特に気にとめることもなかったのに、それは一度も聴いたことがなかったことからくる誤解だったようです。

 タンノイといえば、オートグラフやアーデンが有名ですが、バークレイ、デボン、イートンなどは普通のファンにはあまり知られていません。ましてやチェビオットは知名度としてはとても低いのでは。私は知りませんでした。

 タンノイというのは、知れば知るほど興味深いメーカーです。デュアルコンセントリックという呼び名の同軸2wayを50年以上もかたくなに守り続けています。マグネットをくりぬいた中心に造り込まれたホーンツイーターは、ウーハーがそのままツイーターの開口部になり、ウーハーのコーンの形状がツイーターのホーンの延長になっているため、一般的な同軸2wayとはかなり異質な形状をしています。

 1940年代からのモニターシルバー、モニターレッド、モニターゴールドときて、1974年の工場火災でコーン紙が製造不能になり、以後ドイツミューラー社のコーン紙によるHPDシリーズになりました。このチェビオットは、HPD315Aという30cmデュアルコンセントリックユニットを使用しています。高さが85cmもあるので、我が家ではほぼ限界の大きさです。その音は。実はまだ音出ししていないので次の機会に書き記すことにします。

s2007_0124_011.jpg


Cheviot
1976年発売、ユニット:HPD315A 30cm同軸2way、バスレフ型、再生周波数:40〜20,000Hz、クロスオーバー:1,000Hz、インピーダンス:8Ω、入力60W、音圧レベル90dB、外形寸法:幅450×高さ850×奥行260、重量:30kg(1台)、定価318,000円(ペア)

 HPDは火災後にタンノイが打ち出した新しいユニットといわれますが、リブで補強されたコーン紙以外はモニターゴールドと同じもの。このHPDユニットを載せたラインアップがタンノイのABCDEと呼ばれるARDEN、BERKELEY、CHEVIOT、DEVON、EATONです。CHEVIOTはちょうど真ん中のモデル。

 それまでの大型フロントホーン・エンクロージャーにかわって、小さな容量(それでもアーデンは200リットルありますが)で質の良い低音を出すものになっています。ユニットはARDENやBERKELEYに載っている38cmのHPD385。CHEVIOT以下は30cmのHPD315(EATONはHPD295)になっています。

 ただし1979年以降はフェライトマグネットになってしまいました。CHEVIOTは、ARDENやBERKELEYの音質を引き継いだ小型のタンノイです。


 
posted by キラリ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | タンノイ



スポンサードリンク