スポンサードリンク


2007年02月25日

レコードプレーヤー PL−30L

2007年2月25日(日)

 レコードプレーヤーを入手しました。以前のものを処分して以来、10年ぶりに目にするプレーヤーです。パイオニアPL-30Lをわずか5,000円で落札。普通は15,000円以上はするものだけにとても幸運でした。カートリッジとシェルがついていないので、その分だけ安かったのでしょう。古いファンならずともPL-30、PL-50、PL-70の名前はご記憶の方も多いのでは。

 基本性能の良さもさることながら、演奏が終われば自動的にアームがリフトアップしてターンテーブルが停止するのはありがたい仕様です。フルオートのDENON DF-47Fあたりもねらっていたのですが、あいにく縁がありませんでした。

 本体はほとんどキズもなくキャビネットのつやも十分でした。1時間ばかりターンテーブルを回転させてみましたが、ロックがはずれることなく正常に回転しました。アクリルカバーもきれいなもので、音出しが楽しみです。

 次はカートリッジ探しです。DENON DL-103、オルトフォンMC-20あたりがいいのですが、まずは安価なMM型になりそうです。昇圧トランスも必要になります。でもまあ、過去の遺物になったと思っていたレコードプレーヤーが、再び日の目を見る時が来るとは全く予想外でした。


s2007_0228_016.jpg

s2007_0228_014.jpg


< PL-30L >

 発売は昭和55年ごろ、定価59,800円、カートリッジレス、大きさ:幅490×高さ180×奥行401(mm)とやや大柄、駆動方式:PLL DCサーボモーターによるダイレクトドライブ、ターンテーブル:直径31cm、重量11.5kg

 DENONが採用しているACモーターは、構造的にコキングがありませんが、他社のDCモーターでは当然ながらあります。このパイオニアのシリーズはコアレスモーターを採用することで、DCモーターながらコキングの発生がありません。これがセールスポイントでした。

レコードプレーヤーはとても存在感があり、メカニカルな美しさが漂っていますね。いつまで見ていても飽きません。


  
posted by キラリ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レコードプレーヤー

2007年02月18日

LPレコード

2007年2月18日(日)

 このところ古いCDの購入にあわせて、気に入ったLPレコードを少しずつ集めています。ショップで聴いたLPレコードの音がとても生々しく感じたからです。画像はサリナ・ジョーンズですが、CDは1985年ごろ、LPは1982年ごろのものです。

 オーディオ界ほど、多くの人が古きをたずねて新しきに絶望する世界はないかも知れません。20年も30年も前のアンプやレコードやスピーカーが今に通用する(場合によっては、今のものより良い)というのですから。この間のCDを始めとするオーディオ界の進歩?は何だったのでしょう。昔は良かったなどと言うつもりはありませんが、「モノ」があふれている時代に、欲しくても手に入らないものが多すぎます。レコード1枚、真空管1本が身近には手に入らないのですから。

 タンノイをじっくりと聴きながら、今年前半に、良い真空管プリアンプ(ラックスマン、マランツ、マッキンなど)とレコードプレーヤーを入手する予定です。あれこれと買いあさるよりは、良いものを一つと思っています。それでも300Bパワーアンプがしっくりこなかったら、そのときはEL34(6CA7)かKT-88プッシュプルに替えてもいいかなと思います。

 自分としては真空管にこだわるつもりはないのですが、市販の手頃な価格の商品はマランツかDENONが中心で、選択肢もわずかです。トランジスタにしても真空管にしても、魅力的な商品はネットで古い物をさがすのが現実的です。古いアンプのトランジスタが壊れたら、代替品はこの世には無いと思って間違いありません。でも真空管なら中国製やロシア製の新品が購入できるのです。中古市場での真空管の人気はこんな所にもあるのかも知れません。

s2007_0218_039.jpg


   
タグ:LPレコード
posted by キラリ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード



スポンサードリンク