スポンサードリンク


2007年06月19日

プリアンプ A505 その2

2007年6月19日(火)
 LUXKITのプリアンプA505が来てすぐレコードをかけてみると、左チャンネルの音が出ないことがあるのに気づきました。ショップに点検をお願いしたところ、何と「トーンバイパススイッチ」が基盤にハンダ付けされていなかったことが判明。キット組立品を購入した場合は、入念にハンダ付けチェックをしましょう。また、膨らんだケミコンは寿命がきていますから注意です。

 アンプが戻ってきたので早速レコードをかけてみました。以前はトーンコントロールをはずした方がすっきりした音だったのに、今度はトーンをはずさなくても音質はすっきりしたままです。ただし、トーンを入れると音量がやや下がります。これはCR型トーンコントロール回路の増幅率を調整できれば解決します。ボリュームやスイッチにガリはなくいい状態です。以前は効かなかったMONO・STEREO切替スイッチもきちんと動作するようになっていました。

 その音ですが、中高音にやや特徴がありますが、問題なくいい音です。中高音は真空管独特の音色で、ずっと石のアンプを聴いてきた方には初めは違和感があるかもしれません。でもすぐに音に慣れて、石のアンプとは違う真空管の良さに気付くでしょう。2時間あまりCDとレコードをかけて聞き比べてみました。CDはCDの音、レコードはレコードの音と、今回ははっきり聞き分けられました。私がリファレンスにしているサリナ・ジョーンズのLP「アイ・ウォント・トゥ・ノウ・アバウト・ユー」では、オールドタンノイとは思えないメリハリのきいた音が飛び出してきます。また、五嶋みどりのCD「パガニーニバイオリン協奏曲第1番」では超絶技法のバイオリンの泣きがとても素晴らしく、2時間があっという間に過ぎてしまいました。

s2007_0610_019.jpg

s2007_0610_017.jpg

 A505が来たことで、プレーヤー、プリアンプ、パワーアンプ、オールドタンノイという真空管システムがどうにか形になり、今までプリ代わりに使っていたトランジスタアンプからはコードがはずさました。これからは心ゆくまで真空管サウンドを楽しめます。

s2007_0618_012.jpg


   
posted by キラリ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | LUXKIT

2007年06月07日

プリアンプ A505

2007年6月7日(木)
 LUXKITのA505プリアンプを譲り受けることになりました。現物はまだ来ていませんが、その前に取扱説明書を取り寄せようとLUXに問い合わせると、A505の組立説明書は用意できますとのことでした。

 もともとA505は真空管キットなのです。発売は1980年(昭和55年)、12AX7×4本、12AU7×4本の8本を使用し、無帰還、全段SRPP回路、MCトランス内蔵という贅沢?な内容です。無帰還・SRPPはメーカー製プリアンプではあまり例のないもので、どちらかというと自作される方が使いそうな回路です。

 画像の組立説明書はすぐに届きました。72ページにも及ぶ詳細な内容で、結構なお値段(有償)です。回路図が付属しているのがうれしいです。古い製品ですので、不具合が出たときのために、全ての部品と調整方法が載っている組立マニュアルは常備しておく方がいいのです。

 トーンコントロールはCR型ですので、減衰分を補うのに12AU7を2本当てています。A505のトーンコントロールは、おそらくこの段のアンプ特性の不揃いのためディフィーとする方が格段に音がすっきりします。

 昨年しばらく借りて聴いていたのですが、どんな音だったかすっかり忘れてしまいました。今度はゆっくりと聴けるのが楽しみです。

s2007_0610_007.jpg

s2007_0610_009.jpg


回路図
luxkit_a505_m.jpg

  
posted by キラリ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | LUXKIT



スポンサードリンク