スポンサードリンク


2007年07月12日

中古アンプのエージング

2007年7月12日(木)
 A505は、中に8球の真空管があり、すべて双3極管のため、16球分のヒーターがあります。それなのに、通風は画像のようにアンプ後部のスリットしかありません。内部は相当の熱がこもり、特にコンデンサーは熱で劣化が進む恐れがあります。それで、灯を入れるときは、天板をはずして使っています。

 おそらく、このプリアンプはあまり使用されていなかったのではと思います。それは、一つには真空管の足の周りのガラス管が黒ずんでいないできれいに透きとおっていること。そして、抵抗などの熱を発する部品の周囲の基盤に黒ずみが全く見られないことです。冬眠時間がかなり長かったようです。(数年〜10年以上?)

 こういうアンプは、すぐには起きてくれません。スイッチを入れて30分たっても、レコードをかけると女性ボーカルなどが、ところどころやや耳障りな、歪みっぽい音がします。発振しているのかも知れません。ところが2時間ほど経つと、少しずつ透明感のある音になってきます。そこで、初めにかけて歪みっぽい音がしたレコードをもう一度かけ直すと、とてもきれいな音になっているので、気分的なものではないと思います。ここまでくると、CDとレコードの違いがはっきりと分かります。

 長く使っていなかったアンプは、音を出さずに電源を入り切りして、少しずつ電圧をかけてコンデンサなどをゆっくりと起こしてやらなければなりません。もし、中古でアンプを購入したら、音が悪いと嘆く前に、この手のエージングが必要かもしれません。

s2007_0622_010.jpg


   
posted by キラリ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | LUXKIT

2007年07月10日

プリアンプ考 サンバレーSV−3

2007年7月10日(火)
 LUXKITプリアンプA505は、きれいな音には違いありませんが、もう少し中音域の線の太い音が自分にとっては好みです。新しいアンプのように店頭で聞き比べできるものと違って、中古市場では手元に届いてから聴いてみなければ分からないのが難しいところです。程度が良いかどうかも分かりません。

 A505はできるだけメンテナンスをして本来の調子に近い状態にしてやりたいと思います。Webでメンテナンスについて何かヒントがないか探したところ、AMP修理工房が分かりやすくていいと思いました。TR・真空管を問わず非常に参考になります。

 早速、A505の真空管ソケットを見ると、磁器ではなく樹脂製のものが使われています。フィルムコンデンサーも27年経過しています。このあたりの初段周りだけでも取り替えてやると、また違った印象になるかも知れません。静電容量が計測できるデジタルテスターは必須アイテムですね。入手したいと思います。

 雑感ですが、真空管アンプにしても、できるだけ製造後10年以内の新しい製品がメンテナンスも不要で有利です。A505を入手するときには、サンバレーのプリアンプSV-3 ver.2(画像のもの)も有力候補でした。イコライザーが内蔵されていないのがネックでした。でも、双3極管2本だけのとてもシンプルな回路で、一時的に数千円の安価なイコライザーアンプを外付けにして使えばよかったかもと思います。

 真空管アンプの場合は、入手できる選択肢が限られてしまいますが、その中でもあれこれと組み合わせを考えるのも楽しみです。


sv-3.jpg
(サンバレーのサイトより引用させていただきました。)


   
posted by キラリ at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | サンバレー



スポンサードリンク