スポンサードリンク


2007年08月29日

オルトフォンMC20

2007年8月29日(水)
 DENON DL-103には不満があるわけでなく、むしろ103の音はしっとりして好きだったのですが、多くの方が声をそろえて良いというオルトフォンがどんなものなのか聴いてみたかったのです。画像は中古で購入したMC20です。針先は十分とは言えないまでもまだまだ使えます。
 その音は、DL-103より輪郭がはっきりして艶やかな音色です。繊細というのとは少し違い、むしろ力強さを感じます。音色はタンノイやB&Wに通ずるもので、とても気に入りました。常用カートリッジになりそうです。
 MC20は約30年前のモデルです。「MC20(1978年)>MC20mkU(1979年)>MC20super2(1987年)>MC20s>MC☆20(現行)」1978年当時の定価は33,000円。針は通常100時間程度で寿命といわれ、MCカートリッジはその構造から、針の交換=カートリッジの交換になる高価な消耗品なのです。でも、30年前のモデルでも針先はまだ残っているし、使い方によってはずいぶん長持ちするものなんですね。
 オルトフォンといえばSPUですが、とりあえずオルトフォンを聴いてみたい方にはMC20はお薦めです。SPUとMC☆20、30の価格帯は一部重なっているので、単純にSPUが上位モデル、MCが下位モデルということではなく、音色の違いなんでしょうね。
 去年の今頃は、こんなにのめり込むことになるとは思ってもいませんでした。タンノイ、真空管アンプ、レコードプレーヤーにMCカートリッジまでそろえてしまうなんて。ここまで来ればSPUとオルトフォンの昇圧トランスもそろえることになるのでしょうね・・・。

s2007_0829_001.jpg

s2007_0829_00101.jpg


   
posted by キラリ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カートリッジ

2007年08月05日

手作りラック

2007年8月5日(日)
 画像の右端に見える木製のラック。実は、昨年自作して結局使わないことになったスピーカーボックスを再利用したものです。高さ60cmのSPボックスを縦に4分割して、角の部分をラックの柱にしました。棚板を載せて完成です。
 プレーヤーがスピーカーの間に置いてあったのと、手元でプリアンプの音量調節をしたいために、プレーヤー、イコライザーアンプSV-6、プリアンプSV-3を収納しました。パワーアンプSV-501SEはスピーカーの間に移設して、スピーカーと最短距離で接続します。プリとパワーは実質3m離れているので、良質のRCAコードでつなぎます。ラックの下段にはもう一枚棚板を追加して、いずれCDプレーヤーを置く予定です。
 スピーカーラックの方は、パワーアンプの場所が空いたので、棚板を取り外してレコードラックにしました。200枚程度収容できます。スピーカー台の上に300Bパワーがむき出しになっていますが、何らかのカバーが欲しいところです。落下物による300Bの破損が怖い。
 3LZのようなSP箱が見えますが、3LZ仕様の国産箱で、SP本体は入っていません。25cmフルレンジを入れて使うつもりで待機中です。また、A505が見えませんが、元気にいい音を奏でています。
 これで今年の予定は早速と達成してしまいました。CDは、手軽に聴けるソースとしては、やはり必要なものです。古いデンオンかマランツを探すか、最新機種で安価で評判のいいCECのCD3300Rにするか悩ましいところです。

m2007_0805_006.jpg



   
posted by キラリ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオラック

2007年08月03日

イコライザーアンプ SV−6

2007年8月3日(金)
 イコライザーアンプ、アドバンスSV-6が届きました。2006年製の中古です。SV-6は、12AX7を2本使用し、CR型イコライザー回路を持った無帰還アンプで、MC・MM両方のカートリッジに対応しています。MCは昇圧トランスではなく、FET1石のヘッドアンプを内蔵しています。もともとは組立キットですので、とても微小な信号を扱うヘッドアンプは、FETの方が確実に出来て費用対効果が高いのでしょう。このヘッドアンプはとても良くできています。
 早速、プリアンプSV-3に接続してLPレコード「ワルツフォーデビー」をかけてみました。透明感がありコシの強さもある、とてもいい音です。テレフンケンの球に替えてあるとのことで、その効果が出ているのでしょう。
 イコライザーSV-6、ラインプリSV-3、パワーSV-501SEと、意識したわけではないのですが、サンバレーのシリーズがそろいました。真空管の音は、柔らかく懐かしい音がするという方がいますが、決してそうではありません。上手に設計された真空管アンプは、透明感、メリハリ、繊細さ、力強さのいずれも兼ね備えています。それに倍音の生々しさとニュアンス、奥行き感が加わり、一度これを味わうと虜になってしまいます。

s2007_0803_005.jpg

 ただし、見た目の豪華さはありません。でも私はこれでいいと思います。見た目のために価格を上げるなら、その分、より品質の良い部品を使った方がよほど良いからです。サンバレー製品は、比較的安価なのに、同価格帯の一般的TRアンプに較べ、間違いなく数段上質な音を楽しめます。もし余裕があれば、SV-722プリアンプを初めから購入するのが得策でしょう。


   
posted by キラリ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サンバレー

2007年08月01日

もう一つのプリアンプ SV−3

2007年8月1日(水)
 サンバレー・キット屋の管球プリアンプSV-3を中古で入手しました。双3極管6DJ8を2本使用した、きわめてシンプルな無帰還ラインプリアンプで、CR型トーンコントロールが付いています。入力は、ラインが3系統で、Phonoは別にイコライザーアンプが必要です。出力は2系統あります。
 
 動作確認のため、SV-501SEパワーアンプにつないでCDを1曲かけてみました。一聴してSN比がよく、現代的なメリハリがあり、かつ聴きやすい良い音です。300Bの音色を変えずにそのまま出してくれます。とても気に入りました。今度じっくり聴いてみます。

 イコライザーアンプも同じサンバレーのSV-6を入手したのですが、まだ手元に届いていないので画像は引用のものです。SV-3の音色から想像すると、かなり期待できそうです。

プリアンプ SV-3
s2007_0801_007.jpg

イコライザーアンプ SV-6
sv_6_01.jpg



    
posted by キラリ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サンバレー



スポンサードリンク