スポンサードリンク


2007年10月28日

SV-6修理完了

2007年10月28日(日)
 イコライザーアンプSV-6のその後です。サンバレー・キット屋さんと何度かメールのやりとりの後、左chから低周波電圧が出る原因を調べてもらえることになり、1ヵ月前の9月19日にSV-6を送りました。10月22日になってキット屋さんから連絡があり、修理完了したとのこと。原因の究明にはかなりの手間がかかったようです。原因は、カップリングコンデンサーの劣化によるリーク電流で真空管のバイアス電圧が振られて、結果として可聴帯域外低周波のノイズとなっていたとのことでした。通常は短期間の使用で劣化する部品ではないのだが、特性のばらつきとして早く劣化したものと思われるとのことでした。

 今年9月14日のブログ「プリアンプの不調」をご覧になった方にはその続編となりますが、不良箇所は私の予想箇所とは違っていました。考えてみれば、B電源に安定化電源を使用していて、他のプレート電圧に異常がなく、球を替えても特定のプレート電圧のみが低くて振れがあるならバイアスの方を疑うべきでした。また、真空管ソケットのハンダ付けに一部浮き上がりがあったとのこと。これは、SV-6の真空管の基盤がスポンジでフローティングされていて、真空管を差し替えるときに基盤に無理がかかるためです。頻繁な差し替えはひかえるべきでしょう。

 SV-3やSV-6の記事はWebで探してもとても少ないのです。メインで使っている方はいらっしゃるのでしょうか?。入手後すぐの不調だったので、聴いた時間はわずかでした。LUXKIT A505と替えて試聴すると、どちらも甲乙付けがたい良い音です。以前はSV-6、SV-3の方がいいと思ったのに、テレフンケンを使用したA505がとても健闘しています。

s2007_1026_004.jpg


  
posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サンバレー

2007年10月20日

RCAケーブル

2007年10月20日(日)
 ケーブルには全く無頓着で、10年以上前の機械に付属していたRCAケーブルを使っていました。100円ショップで買った物も混ざっています。かなり前から取り替え時期だと思っていたのですが、ついついそのままになっていました。そこはB級のこと、メーター何千円もするケーブルなどとても使う気はありません。でも電器店で売っている普通のケーブルは何となく使いたくないのです。

 昇圧トランスとプリアンプ、プリアンプとパワーアンプをつなぐためのRCAケーブルをいつものようにネットで探していると、ありました。カナレ製ケーブルを使用した金ぴかのRCA端子が付いたものが。長さは25cm単位のオーダーで、さっそく私は長さ75cmのケーブル(1本720円)を2本、2.5mのケーブル(1本1,210円)を2本購入しました。

 ずっと以前に、スピーカーケーブルは少しでも太いほうがいいかと考え、銅線の電気コードを使用した際、音がキンキンしてしまったことがあり、ケーブルで音が明らかにおかしくなることは経験しています。しかし、音が良くなるとはどういうことなのか、よく分かりません。違和感を感じないならOKとします。

 結果、カナレは全然違和感がなく、良かったと思います。費用も電器店の市販品より安く済みました。ちなみにスピーカーケーブルもメーター当たり100円のカナレの4芯を使っています。良いものを安くのB級らしさを発揮です。

scanare_002.jpg

s2007_1020_003.jpg



    
posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ケーブル

2007年10月17日

オルトフォン SPU

2007年10月18日(木)
 オルトフォンSPU。このような高価なものは本来、私B級にはそぐわないアイテムです。だからこそ、今まであえて遠ざけてきたのです。でも内心はどんな音がするのか興味津々でした。お借りしたSPUでジャズやボーカルをしばらく聴いてみました。その音色は、優れたバイオリン奏者がかなでる美しい響きに通じる美しさを感じます。芯は細くありませんが、太すぎもせず、えもいわれぬ美しさとでも言うのでしょうか。それに、これまで高域が歪みっぽかったレコードもちゃんと聞こえるものが多く、これはトレース能力が高いことに加えて、針圧が高いせいもあるのでしょう。どんなプレーヤーにもマッチするわけではありません。やはり、LINN、THORENS、GARRARDなどの由緒正しいプレーヤーと組み合わせたいところです。これは手に入れない訳にはいきますまい。来年の課題にしたいと思います。現代では、ネットを駆使して程度の良い中古を見つけることはそれほど難しいことではないのです。思えば3年前のペットボトルスピーカー製作から始まった私のオーディオ再訪は、禁断のSPUの世界へ入り込むのでしょうか。

s2007_1014_009.jpg
       オルトフォンSPU-A

s2007_1014_01401.jpg
          針圧は4g


    
posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カートリッジ

2007年10月14日

LINNを試聴

2007年10月14日(日)
 今日は素晴らしいものを貸していただきました。プレーヤーLINN LP12です。アームはSME、カートリッジはオルトフォンSPU-Aが付いています。LP12は、昔のステレオのようにアームとターンテーブルがキャビネットからスプリングでフローティングされていて、触れるとふわふわと揺れます。見た目はかなりコンパクトですが、重量は10kgあります。作動させると、かすかにモーターの回る音が聞こえます。

 小音量で20分だけ聴いてみました。いい表現が見つかりませんが、スピーカーからオルトフォンの空気が部屋に満ちてくるような雰囲気です。甘美な音とはこのようなことを言うのでしょう。低音がどうのとか原音に忠実がどうのとか、そんなことはどうでもいいと思える美しさです。何でこんな音が出るのでしょう。

 LINNのベルトドライブプレーヤーは、余計なものが何も付いていなく、見た目はとてもシンプルです。キャビネットも積層ボードではなく、内部に空間がたくさんあります。重厚感はまるでなくとても簡素な感じです。でも同じ構造に作ったとしても決して同じ音は出ないでしょう。とても歴史のある製品で、誕生は30年前とか。まさに逸品です。SPUはそれ以上の歴史があります。良いものには良いといわれるだけの理由がある典型でしょう。LINNはとても高価で、おいそれと手に入れることはできません。しばらくの間、楽しみたいと思います。

s2007_1014_01301.jpg

s2007_1014_01201.jpg


   
posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レコードプレーヤー



スポンサードリンク