スポンサードリンク


2007年11月02日

真空管のフラッシング現象

2007年11月2日(金)
 プリアンプLUXKIT A505を使っていて、たまたま天板を取り外してスイッチを入れたとき、8本ある真空管の2本か3本のヒーターが一瞬明るく輝いてびっくりしたことがあります。天板を閉めていればずっと気付くこともなかったのに。ヒーターの電圧がおかしいのか、はたまた真空管の寿命なのか、ずっと気になっていました。

 それが、2007年11月1日付の「キット屋・店主のひとりごと」というブログページで氷解しました。簡潔に言うと『冷えた状態で内部抵抗の低いヒータに一瞬突入的に電流が流れヒータがコンマ何秒か明るく光るもので、直ぐにヒータの温度が上昇しヒータの内部抵抗も上がって電流値が適正化するという現象。』なのだそうです。『ヒータの内部抵抗のばらつきから起こる現象であるが、割合としてはMT管の多くに普通に見られる現象で、何の心配もない。』とのこと。

 経験のある方はお分かりでしょうが、ヒーターがかなり明るく輝くのでドキッとします。これは、フラッシング現象といって、真空管が冷えている状態のときに電源を入れたときにだけ起こり、真空管が暖まっているときには起こらないそうです。真空管の時代に育ったにもかかわらず、このようなことは知りませんでした。精神衛生上、とても安心しました。

s2007_1103_009.jpg
  うまくスイッチONのタイミングで撮れました。
  3本だけが一瞬明るく光っています。


   
posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | LUXKIT



スポンサードリンク