スポンサードリンク


2008年02月28日

レコード 60年代のLP

2008年2月28日(木)

 友人から古いLPレコードを数十枚頂戴しました。60年代から70年代にかけてのものです。ベンチャーズ、ピーター・ポール&マリー、ナンシー・シナトラ、メリー・ホプキン、ザ・ショッキング・ブルー、ニニ・ロッソ等々、とても懐かしいものばかりでした。

 その中にベッツイ&クリスのLPが1枚ありました。おそらく40代後半以上の方でないとご存じないでしょう。69年の来日直後に、PPMやサイモン&ガーファンクルの曲をカバーしたものです。40年を経て再び、当時17歳の彼女たちの透きとおるような歌声を聞くことができて、しばらくLPの世界に入り込んでしまいました。このような思いがけないLPとの出会いもまた嬉しいものです。

s2008_0226_01_007.jpg

日本コロムビア盤。左上の丸いマークに「DENON」の文字が。


m2008_0226_01_008.jpg

当時のアメリカンフォークのメロディーはとても美しい。


L2008_0226_01_009.jpg

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると大きくなります。デュオ誕生までのいきさつが読めるでしょうか。

Youtubeで見つけました。(2017年9月)
いつまで見られるかわからないけれど載せます。




懐かしいLPのほんの一部をご紹介します。興味のある方はどうぞ。

s2008_0226_01_013.jpg

「ザ・ショッキング・ブルー」
当時大ヒットした「悲しき鉄道員」を収録。オランダのメンバーだったんですね。


s2008_0226_01_010.jpg

「メリー・ホプキン」
シルビーバルタン、ジリオラチンクエッティー、ダニエルビダル等と同時代の美しい歌声。


s2008_0226_01_002.jpg

「ピーター・ポール&マリー」
60年代前半からのアメリカンフォークの多くはP・P・Mによって知られることに。
今はおそらく3人とも70代。


    
posted by キラリ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2008年02月14日

厳寒のリスニングルームで

2008年2月14日(木)
 タンノイのある小部屋で音楽を聴くのは週に1回か2回です。立春が過ぎてからというもの猛烈に寒くなり、今日は音楽を聴ける日なのに室温は9℃しかありません。普段は使わない部屋なのでエアコンが入っていないのです。アンプは30分前からONにしてあります。夏場は300Bが放出する熱で汗だくになるのに冬場はちっとも暖まりません。コートとマフラーをしていても連続1時間が限界で、階下の暖かいリビングで一服が必要です。

s2008_0214_010.jpg

 それにしても真空管は飽きませんね。カートリッジからスピーカーまでの間に、わずか7本の真空管があるだけ。半導体に比べるときわめてシンプルな回路構成です。国内メーカーが真空管を製造しなくなって30年ばかり経ちます。それがなぜ今も流通しているのかというと、ロックバンドが使用するギターアンプが半導体に変わったとき、ロッカーたちがどうしてもその音に納得がいかず、元の真空管アンプに戻すと「ああこの音だ!」ということになり、以後ギターアンプの分野で真空管が復活を遂げたのは有名な話しです。その管はおそらく6CA7(EL34)だと思います。

 おかげで海外で真空管の製造が続けられ、真空管の音の良さが一般にも知られることになって、真空管が見直されるきっかけとなったのはとても喜ばしいことです。最もアナログから離れた世界にいると思われたロッカーによって真空管が復活したというのはとても興味深いことで真実味を覚えます。だからこそ、音楽に携わる耳の肥えた方々がオリジナルの真空管アンプを注文するんでしょうね。その反面、昔のウエスタン、ムラード、テレフンケンはもとより、松下、東芝などの真空管がヴィンテージ管としてプレミアが付き、アンプ、プレーヤー、カートリッジなどあらゆる「古き良きもの」の価格がはね上がってしまったことは、遅まきながら真空管に目覚めたB級にとってはとても残念なことです。

s2008_0214_001.jpg


   
posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アラカルト



スポンサードリンク