スポンサードリンク


2008年05月27日

ジャズ喫茶

2008年5月27日(火)
 先週末にかけて東北地方に旅行に行く機会があり、仙台市にも泊まることになったのです。仙台といえば当然、「カウント」に行かねばなるまい。Webで住所を調べてMapをプリントして、だいたいこの当たりと見当を付けて楽しみに出かけました。仙台市青葉区一番町4丁目で遅めの夕食を済ませて夜8時30分ごろから探し始めました。住所は同じ一番町4丁目だけど、おそらく人通りの多い華やかなところではなく、ひっそりとしたところに違いないと考えながら歩いていました。10分は歩いたでしょうか。小さな交差点の角を左に曲がって数m歩き、ふと看板を見ると「カウント」の小さな文字が飛び込んできました。見つけた安堵感でビルに入ると、通路の奥が入り口になって「Count」の照明がついています。カウント・ベイシーからとった名前です。中にはジャズファンが大勢いるのだろうか。ちょっと気後れしながら遠慮がちにドアを押しました。

F1000005.JPG


 何と、土曜の夜というのに客は一人もいません。時間が早すぎたのかも知れませんが、私にとっては好都合でした。いぶかしげな表情のマスターにコーヒーを頼んで、待ち望んだご対面です。ALTECは壁際に行儀良く座っていました。やけに大きなホーンを載せています。フロントホーンの箱はなにやら薄い板のエンクロージャーで、ちょっと目にはカラーボックスのようです。マイルスデイビス、アートブレイキー、ビルエヴァンスを次々とかけてくれました。ALTECの音です。低音はややこもり気味、高音もそれほど伸びていません。でも音の雰囲気は悪くない。LP片面を聴き終わるころになって少しずつ聞こえてきました。トランペットやサキソホーンの金管の音色がはっとするほど生々しいのです。こんな音は聴いたことがありません。1時間も聴いたころには低音の音階がほぼ分かるくらい聞こえてきました。高音はあまり変わりません。「カツーン」といった鋭い音ではなくまろやかな高音です。やはり、空間がやや狭い関係もあるのでこもりぎみに聞こえますが、PA用途らしい朗々さは感じ取れます。聴いているうちに、こういう音もとても良いと思うようになってくるから不思議です。
 カウンターにも客が来たためにマスターに色々聞くことができませんでした。プレーヤーはトーレンスだと教えていただいたのみです。カートリッジはV15type3と見受けられました。スピーカーはA7-500-8(フロントローデッド・バスレフ)でしょうね?ホーンドライバがやけに大きく見えましたけれど、もしかしてALTEC LANSING A5?Webによれば、アンプはマッキンC22+MC275となっていますが、マスターがボリュームを回したプリは、シルバーフェイスの薄型に見えるアンプでした。帰宅後に調べると、フェイスはDENON PRA-1000Bにとてもよく似ていました。構成が若干変わってきているのかもしれません。ただ、A7から出ている音はマランツとは明らかに違うマッキンの音と思われました。

F1000001.JPG

 コーヒーのお代わりを頼んで10時まで粘りました。いつまでも聴いていたくなる音でしたが、後ろ髪を引かれる思いでカウントを後にしました。遠くから来た甲斐がありました。ぜひまた行ってみたいものです。勘定を済ませ、遠方から来たことを告げたとき、マスターはにこやかな笑顔を返してくれました。

DENON_pra-1000.jpg
  DENON PRA-1000B


     
posted by キラリ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アラカルト

2008年05月13日

TESLA E88CC

2008年5月13日(火)
 手持ちのプリアンプ「サンバレーSV-3」の音色がさっぱりしすぎで、何とかコクを出したいと思い、双3極管6DJ8をサンバレー推薦の限定商品TESLA E88CC(チェコ製)に替えてみました。コピーには「ムラードECC88なき今、その代替球としてお奨めするのがTESLA E88CCです」とあります。確かに中低音域が骨太に感じられ、評判どおり「コクまろ」感が出た音になりましたが、反面、細かさがややスポイルされたのは残念です。まだエージング中なのでもう少し変化があると思います。
 ただ、E88CCを購入したのはマランツ#7を聴く前だったのです。実は、今はコクよりも「縁取りの際だった音」、「カツーン」という高域にとても魅力を感じています。思えば30数年前に、廃品だったアンサンブルステレオを直して初めて聴いたステレオの音が、とても粒立ちの良い音だったことを思い出します。三つ子の魂百までとはよく言ったもので、こういう回帰の仕方もあるのですね。俄然、サンバレーSV-722マランツタイプが欲しくなってきました。

 参考までに、SV-3は双3極管6DJ8を2本使用しており、普通なら右chに1本、左chに1本使うところですが、このアンプはなぜか初段の右chと左chで1本、終段の右chと左chで1本という構成になっています。これが好都合なことが今回分かりました。中低音の太さを残して細かさを出したいときに、初段のみE88CCとして終段をほかのメーカーの管に替えてみる(またはこの逆)といったことが簡単にできるからです。


 TESLA E88CC チェコスロバキア製
s2008_0415_002.jpg

 オリジナルの6DJ8EG 旧ユーゴスラビア製
 いずれもピンは金メッキ
s2008_0418_003.jpg




   
タグ:TESLA E88CC
posted by キラリ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サンバレー



スポンサードリンク