スポンサードリンク


2008年06月13日

シュアーV15type3

2008年6月13日(金)
 念願だったシュアーV15 Type3を半年がかりで入手することができました。とても程度の良いもので、針先も十分にあります。しかも白文字。早速試聴してみました。針圧は私の好みで規定値いっぱいの1.2gとしました。オルトフォンかと思うようなとても滑らかな音にびっくりです。クラッシュシンバルやスネアドラムが、はっとするように小気味よく鳴っています。ベースは重くなり過ぎずにリズミカルに響きます。プチノイズも全然ありません。半年前に友人のV15 Type3を借りて聴いたときよりも何倍も素晴らしく感じました。E88CCに替えたプリとも相性がとても良いようです。とても気に入りました。文句なくメインカートリッジとして使いたいと思います。V15は意外とWebにデータが載っていないのですが、1970年代中期のものと思われます。MM型ですので昇圧トランスも要りませんし、針交換(VN35E)も比較的安価にできるのも利点です。短時間の試聴でしたがとにかくいい音で、思い切って購入した甲斐がありました。

s2008_0613_0_023.jpg

s2008_0613_0_027.jpg

 Type3には製造年代によって3種類あるようです。ロゴの色が白いもの、黄色いもの、そしてTypeV-HEと書かれたものです。Type3白文字は米シュアー社が1973年に発売開始したカートリッジで、当時の実売価格3万5千円くらいで、MM型としては高価なものでした。特にジャズに向くとして当時その名前を知らない人はいないくらいに有名なカートリッジでした。Type3は中古市場で比較的入手しやすい機種です。白文字はめったに見ません。多くは黄文字です。HEも比較的多く見ます。Type4の方が入手は容易で、音も悪くないという評判です。そういえばMRというのもありましたね。現行はType5

s2008_0613_0_032.jpg



    
posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カートリッジ

2008年06月06日

TESLA E88CCその2

2008年6月6日(金)
 プリアンプSV-3に使われている6DJ8をネットで見ると、さまざまな互換球が紹介されています。中でもRCAの6ES8、東芝の6R-HH2にとても興味があります。適価で市場に出てきたらぜひ入手したいと思っています。4月に購入した互換球の一つTESLA E88CCは、ようやくコクのあるとてもいい音を出すようになってきました。交換して最初に聴いたときは、コクはあるけれど音像がぼんやりしたように感じられました。ここにきて、さすがにムラードの後継球としてサンバレーで紹介されているだけあって、マッキンC22に似た円やかさが感じられます。いつものことですが1度や2度聴いただけでは本来の味わいは聞こえてきません。球のエージングとともに耳のエージングにも時間が必要なのです。ジャンル違いですが昔読んだ天体の本に「望遠鏡で火星を見ると、数メートル先のたばこの火くらいにしか見えない。がっかりせずに毎日々々見ていると、次第に運河がうっすらと見えてきて、そのうち1メートル先のたばこの火くらいに細かなところも見えるようになってくる。」といった記事を思い出しました。また、「キット屋店主のひとりごと」で、大橋氏が「購入したアンプの音が好みでないからと次々と買い替えるようなことをしないで、1年2年と時間をかけてじっくりと聴き込んで欲しい」とたびたび述べていますが、何か相通じるところがあるように思います。ぱっと聴いただけの第一印象など意外と当てにならないものなのでしょう。工夫をしながらじっくりとというのが最近のスタンスになっています。双璧として異論のないマランツ#7やマッキンC22にしても、一つの方向性を示しているに過ぎないと考えればいいのでしょうね。

s2008_0418_002.jpg


      
タグ:TESLA E88CC
posted by キラリ at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | サンバレー



スポンサードリンク