スポンサードリンク


2008年12月26日

ヘッド消磁器

2008年12月26日(金)
 ヘッドクリーニングとならんで、テープデッキの大切なメンテナンスの一つにヘッドの消磁があります。主に再生ヘッドのメンテナンスになりますが、長時間使っているとテープの磁気が再生ヘッドに残留して音がこもるようになります。このヘッドの磁気を消すための機器がヘッドイレーサー(消磁器)です。昔は大きめの電器店なら何処にでも売っていたのですが、今では製造中止になっていてネットで探すしかありません。
 一般的な使い方は、ヘッドから30cm以上離して消磁器の電源をONにしてゆっくりとヘッドに近接させ(くっつけてはいけない)5秒くらいしたらゆっくりと遠ざけ30cm以上離れたらスイッチOFFにします。画像は友人より分けていただいた消磁器で、この取扱説明書には、ヘッドに近接させてからスイッチをONにして5秒くらいしてゆっくりと離してOFFにするとありましたので、説明書どおりに行いました。どのタイプでも消磁器の金属板の先端はビニルのカバーがついていますので、ヘッドにくっつけてしまってかまいません。また、録音ヘッドは、録音時にバイアス電流が流れて自動的に消磁されるので、特に消磁の必要性はないとされています。6ヘッドのGX-635Dでは、録音再生ヘッドが二つずつ並んでいるので、一つのヘッドを消磁するときに隣のヘッドにも強力な磁気が加わるのですが、影響はないものなのでしょうか。ちょっと不安です。
 初めて入手したオープンテープ、「ケンプのベートーベン・アンコール」から「エリーゼのために」を聴いてみました。レンジはあまり広くありませんが、とてもいい音で鳴っていて満足しました。ピアノの響きがとても力強く、最初にデッキが来たときとは打って変わって問題なくいい音になりました。
 
middle_1230272633.jpg

これはSONY製だが、ティアック、アカイ、テクニクスなどからも出ている。
中古市場を丹念に探せば消磁器の入手はそれほど難しくない。

middle_1230272672.jpg
初めて購入したオープンテープ。日本グラモフォン製

 古い生テープを何本か入手してみましたが、SONY製SLHテープの経年劣化が最も激しくて、テープを早送りすると表のコーティング剤がポロポロと剥がれ落ちます。スコッチやマクセルのテープは大丈夫でした。保存環境にもよると思いますが、SONYのテープの保存性の悪さはかなり知られています。これに較べると、ミュージックテープの保存性は良いようです。



posted by キラリ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オープンデッキ

2008年12月14日

オープンデッキ AKAI GX-635D No.3

2008年12月14日(日)
 GX-635Dは、往復録音再生ができる6ヘッドのデッキです。正転側よりリバース側の音が良く、正転時には聞こえないテープヒスが逆転時には聞こえることには気づいていました。正転側のこもり気味の音がどうしても気になって、ヘッドクリーニングをすることにしました。早速クリーニングキットを購入。夜のうちに綿棒でヘッドを清掃すると、茶色の磁性粉がたくさん取れてびっくりです。昔のカセットデッキの比ではありません。一夜明けて日曜の朝に音出しです。かけてすぐに分かるくらいにはっきりと効果がありました。正転側の音が普通にバランスのいい音になったのです。逆転側はさらに繊細に高音が伸びています。これは大成功でした。

   消去・録音・ 再生ヘッド            再生・録音・消去ヘッド
s2008_1214_02_004.jpg

 正転時と逆転時で音が違うのは、ヘッドのアジマス調整がずれているためと思われます。ヘッドそのものは耐久性に定評のあるAKAIのGXヘッドですのでおそらく問題ないでしょう。アジマスでなければ、アンプの部品の劣化が疑われます。しかし、聴くのに問題のないレベルにまで回復しているのでこのままでも差し支えありません。また、再生時にもこもことした低音がかすかに聞こえるのは、ヘッドの消滋をする必要があるかも知れません。
 オープンテープの録音は特に中低域のエネルギーがすさまじく、チェロのピチカートでは、はじく音が瞬間的に風圧となってぶつかってきますし、ベースの本当に低い音は谷底に響くように深々と床下に広がっていきます。チェビオットから出ている音とはとうてい思えません。

s2008_1214_02_009.jpg

 カセットでは必須だったノイズリダクションは、オープンデッキでは必要性を感じません。ダイナミックレンジを広げるためのdbxはあってもいいかもしれませんが、これも必須ではありません。1/4インチ幅のノーマルテープでレコードを超える迫力と生々しさ。これで4トラック19cmなのですが、2トラック38cmだったらどんなことになるか想像もつきません。さすがにアナログの頂点といわれるだけあって、本当にオープンテープの魅力は素晴らしい。




posted by キラリ at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | オープンデッキ

2008年12月09日

オープンデッキAKAI GX-635D No.2

2008年12月9日(火)
 オープンデッキの音がこもり気味で、こんなはずはないのにと考えていて、もしやテープのHiポジションとLowポジションがあるのではと思い当たりました。久しく使っていなかった単語で、アナログは本当に遠いものになっていたのだなあと改めて実感しました。探してみるとHiとLowはありませんでしたが、「Wide Range」と「Low Noise」というそれらしいスイッチがあります。おそらくLow Noiseはテープヒスを軽減するために高域をカットするのでは?逆に Wide Rangeはフラットの意味だろうと推測しました。Wide Rangeに切り替えてみると、劇的な変化こそありませんでしたが、確かに高域が自然に伸びたような感じがします。ミュージックテープ自体がかなり古いものなので、録音特性が変わっている可能性があるため、テープの音はこもっているという先入観を持つのは早計です。新しくFMのライブをエアチェック(これもほとんど死語です)して聴けばすぐ分かるでしょう。
 オープンテープで聴く弦の滑らかさやコントラバスの迫力は、レコードでも味わえなかったもので大きな魅力です。デッキとチューナーはセットで手に入れたいものです。ケーブルテレビを契約しているためFMアンテナを建てなくてもFMが聴けますから、これを活用しない手はないですね。秘かにもう一つねらっているアナログものがあるのですが、これは入手できてからとしましょう。

s2008_1209_02_003.jpg




posted by キラリ at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | オープンデッキ



スポンサードリンク