スポンサードリンク


2009年05月15日

2トラ38オープンデッキ DENON DH-610S

2009年5月15日(金)
 しばらくテープから遠ざかっていたところ、友人より2トラ38デッキを貸していただきました。DENON DH-610Sで、1981年ごろの製品です。当時の価格は295,000円。デッキ部とアンプ部が分離されたテープデッキです。実際においてみると堂々とした風格が漂います。デッキ部からコネクター・ケーブルが2本とプレイバック用RCAケーブルが1本出ているので、これらをアンプ部につなぎます。デッキ部のスイッチをONにするとアンプ部の電源も入ります。2トラデッキはフォワードのみの1方通行ですのでテープメカは比較的単純です。ケーブルの接続にとまどいましたが何とかうまくいきました。

s20090515_01_030.jpg

プランジャーの作動する音も静かで、さすがに高級デッキです。

s20090515_01_020.jpg

つまみがたくさんありますが、LINE IN、LINE OUT、MIC INのレベルつまみ、バイアス、イコライザーのレベルつまみ、あとは録音、再生の切り替えスイッチ、これらがすべてR chとL chのふたつづつあるためです。

s20090515_01_022.jpg

Webをさがしても背面の接続画像がなかったので載せておきます。このような接続になります。

 さて、一緒に借りたベートーベンの2トラ38ミュージックテープをかけてみました。色づけのないきわめて自然な音です。低音だけが不自然に響くこともなく、音がきらびやかなわけでもなく、とても自然なのです。それでいていつまでも聴いていたくなる音です。「原音に忠実に」とは、本来このようなことを言うのでしょう。とてもすばらしい。ただ、テープがマスター巻きだったり、巻き戻しにとても時間がかかったりで、面倒なことが多いのも事実です。聴きたいところだけ素早く聴くこともできません。リバースがない分だけ楽かもしれませんが、レコードの手軽さにはとても及びません。ミュージックテープも簡単には手に入りません。2トラ38テープなどまず入手不能です。30年前当時でも1本18,000円ほどしています。それでも、テープの音は本当によい音です。古いデッキとわずかなテープを大切に楽しむほかありません。

PS 5月20日(水)
 前述のベートーベンのワルトシュタインをもう一度聴きました。くせのないいい音です。ピアノのタッチが強く、スピーカーの後ろでピアノを弾いているような錯覚を覚えます。おそらく30年以上前のテープで、回しているうちにぽろぽろと黒い保護膜が小さな滓のように落ちてきましたが録音そのものに影響はないようで、きちんと管理していればずいぶん長持ちすることも分かりました。




 
posted by キラリ at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | オープンデッキ

2009年05月06日

FMチューナー KENWOOD L-02T

2009年5月6日(水)
 久しぶりの更新になります。またしても友人より、今度は高級チューナーを貸していただきました。KENWOOD L-02Tという型番で、1982年製です。私は今年の年明け早々にKT-8300というTRIOのチューナーを入手していまして、昔のバリコンチューナーでFMを聴くのを楽しみにしていたのですが、実際に聴いてみると期待していたほどでもなく少々気落ちしたのは以前に記したとおりです。L-02Tはとても高価なチューナーですが、所詮FMだしと、それほど期待はしていませんでした。

 とりあえず同軸ケーブルをつなぎ直して、RCAケーブルもつないで、しばらく鳴らしておこうと思いアンプの火を入れて階下でパソコンをしていました。30分後に上がって聴いてみると、何か今までと違う気がしてソファーに腰を落ち着けてみようと言う気になりました。

 ちょうどNHK FMの「名曲のたのしみ プーランク その音楽と生涯」がかかっていました。しばらく聴いていると、KT-8300とはひと味もふた味も違う音だというのが分かってきました。適確な表現が難しいのですが、とても素直で色づけのない、それでいて味気なさがなく、引きつけられる何かがあります。SN比も確かに良い。解像度は際だって良いと言うことはなく、テープ並みでしょうか。でも音程も楽器の音色もきちんと伝わってきます。クラシックが終わり、そのまま「邦楽のひととき 現代邦楽」になりました。邦楽なんて普段はあまり聴く気になりません。それなのに、琴やバリトンの音色が美しくて聴き入ってしまいました。

 これは何なのでしょう。ライブ番組でもないのに何で引きつけられるのでしょう。際だって美しい音というようなものとは少し違います。所詮ラジオ放送なのです。F特だって50〜15,000なのです。でも深みの感じられるいい音なんです。音の裏側が見えるというか、重なり合った音の陰になる音が聞こえるのです。

s20090506_01_041.jpg

 あえてここまで価格を表しませんでしたが、このL-02Tは1982年当時で300,000円でした。まさに最高級品といったところでしょうか。6万も30万も所詮チューナーという思いは無惨にも打ち砕かれました。これなら、レコード、オープンテープとともに、第3のソースになり得るでしょう。

s20090506_01_037.jpg

 今また、ヴィンテージが静かなブームになっているようで、高価なものがすべていいわけではありませんが、本当に良いものは、やはり良いのですね。いい音が聴きたければ、ある程度はそれに見合った投資が必要な典型でしょうか。本物の実力には脱帽しました。




 
posted by キラリ at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | チューナー



スポンサードリンク