スポンサードリンク


2009年06月22日

オーディオラックの製作

2009年6月22日(月)
 組んだものの使わなかった自作スピーカーボックスを利用して、オーディオラックを自作して使用しています。同じ自作箱がもう1個物置に入れたままになっているので、これを利用してラックをもう1台作ることにしました。理由は、レコードプレーヤーをもう1台購入しようと思っているためです。この箱は3年前にフォステクスFE-107を入れようとして組んだものです。板厚は20mm、高さ600mmあります。もったいないのですが、ほかに使い道もないので思い切って再利用に踏み切りました。参考になるか分かりませんが、こんな使い方もあるということでご覧ください。

s20090617_01_005.jpg

 箱の4角を縦に切り取ってラックの柱にします。奥の柱が広いのは、背面のバスレフポートが小さいので広く切り取れるからです。木ねじとビニルエマルジョン系の白ボンドで固定してあるので非常にしっかりした箱です。

s20090617_01_004.jpg

 切り取るのはノコギリによる手作業です。これは思いのほか疲れますので、2日かけて切り取りました。バッフル面と背面のバスレフポート面は使い道がないのでこれでおしまいです。

s20090617_01_006.jpg

 2本切り出しました。

s20090617_01_013.jpg

 2日がかりでようやく4本を切り出しました。このあと天板、底板、棚板を取り付けます。

s20090617_01_014.jpg

 棚板は、厚さ18mm、幅600mm、奥行き450mmの市販品です。この大きさは、パワーアンプSV-501SEが縦にちょうど収まるのです。
 
s20090622_01_024.jpg

 1枚1280円でした。そこそこの価格です。安価ではありません。とりあえず3枚購入しました。パイン集成材です。
 
s20090622_01_019.jpg

 組んでみたところです。木ねじで底板と4本の柱を仮締めして、天板も仮締めしたところで、がたつきや傾きを無くし、全体を本締めします。見た目は弱く見えるかもしれませんが、木ねじでしっかり固定してあるのでがっちりしています。重いアンプを載せてもびくともしません。底板の後ろ側両隅の切断位置を間違えてしまいました。後ろの柱の位置がやや内側についているのはそのためです。

s20090622_01_020.jpg

 既設のラックに並べてみました。棚板はまだ取り付けてありません。大きさは、幅60cm、高さ62cm、奥行き45cmです。天板の上にはもう1台のレコードプレーヤーを置き、棚板にはパワーアンプを移設し、今はまだパワーアンプを置いてあるスピーカーラックの上には、重いオープンリールデッキを移設するつもりです。プレーヤーを2台にする理由はまた後日に。




 
posted by キラリ at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオラック

2009年06月11日

TRIO KT-7700 FM専用チューナー

2009年6月11日(木)
 TRIO製FM専用チューナー・KT-7700を入手しました。最高級機KT-9900や高級機KT-9700の弟分にあたる中級クラスのチューナーとして、1977年(昭和52年)ごろに発売されたものです。中級クラスといえるのは、お約束の7連バリコンの採用とフロントエンド周りが金属ケースでシールドされていることからで、普及機クラスとは若干趣を異にしています。周波数スケール部分は、ガラス板を使用しています。非常におとなしいというか、通信機的なデザインだと思います。このころのチューナーはアンプよりも大きく、ラックにぎりぎり収まりました。

middle_1244705457.jpg

m20090611_01_023.jpg

 実は、先日聴いたTRIO製のL-02Tの音がすばらしく、今使っているKT-8300よりもう少し良いチューナーが欲しくなり、KT-9900、KT-9700、L-03Tなどをねらっていたのですが、7700がとても安価に出ていたのでつい衝動買いしてしまいました。これもまだPLLシンセサイザーチューナーが出る前の、同調回路と局発回路にバリコンを使用したチューナーです。当時の定価は78,000円で、中古市場では15,000円〜30,000円の値が付いているものですが、今回は6,000円で入手しました。外観は年数相応です。機能的には何ら問題なく動作しています。背面にはブロックダイヤグラムが描かれています。

m20090611_01_022.jpg

 Variableの方の出力はプリアンプへ、Fixedの方の出力はテープデッキにつなぐとなっています。なるほど。

m20090611_01_0221.jpg

 KT-8300は、同調したらダイヤルから手を離すと自動的に周波数がロックされるようになっていました。AFCの機能を強化したものでした。KT-7700は、そのような仕組みはありません。左がシグナルメーター、右がセンターメーターです。

m20090611_01_026.jpg

 本体右端には、マルチパスメーター/デビエーションメーターがあります。私はケーブルTVからFM電波をとっていますので、マルチパスメーター機能は必要ありません。デビエーションメーター機能は、FM放送の最大変調度をモニターするとありますが、何に使うのかよく理解できていません。この機種は、ネットで取扱説明書が入手できるので助かります。

m20090611_01_027.jpg

 とりあえず動作確認までです。肝心の音の方はまた後日にアップします。しばらく使用して機能に問題なければ、チューナーの入手はここまでにします。大きすぎて置き場所がありませんので。

PS. 6月22日(月) 今日は作業をしながら2時間ばかりFMを聴きました。KT-8300より自然な音で、L-02T寄りの音です。ただし、L-02Tの音には当然及びません。しかし価格相応で、L-02Tに近づいたことは間違いありません。KT-9900との違いは相当あるのでしょうが、KT-7700でとりあえずは満足しました。

PS. 6月29日(月) 今頃になって知ったのですが、今年はFM放送開始40周年だそうですね。昭和44年3月1日がその日だったそうで、奇しくも今年、FMチューナーを入手することになるというのも奇遇です。私は昭和45年にはNHK-FMを聴いていましたから、思えば開局間もない頃だったのですね。当時のFM放送は、つまらないトークがほとんど無く、新譜からポピュラーなものまで、いつも音楽が流れていました。FM放送=音楽番組だったわけです。当時、夏になると200km離れたFM愛知が聞こえたりして、都会の民放FM局のあか抜けた内容にはあこがれたものでした。「ステレオトリオ〜」の時報も懐かしいものです。

PS. 7月17日(金) 購入以来、できるだけ電源を入れて、古い部品に活を入れるようにしました。今日は、10時からのNHK-FMで「セッション2009−フォー・カラーズ−」のライブ録音を聴いたのですが、L-02Tにとてもよく似た傾向の、自然ではっとするような音が出てきました。55分の放送時間があっという間にすぎてしまいました。KT-7700の実力はかなり高いようです。



 
posted by キラリ at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | チューナー



スポンサードリンク