スポンサードリンク


2009年07月10日

30数年来の探し物 2題

2009年7月10日(金)
 ずっと、30年数年前から頭の片隅にあって探し続けていた音楽が、最近になって分かったのです。いっぺんに2曲も。一つは、昭和46年か47年に、夜のNHK-FMでたった1回だけ聴いた、なんとかという楽団の演奏するとてもきれいな忘れがたい音楽。夜、自分の部屋で灯りを消してFM放送を聴いていたときにたまたまかかり、白い砂浜に真っ青な海、椰子のような木が目の前に茂っている、そんなイメージが浮かび、曲とともに脳裏に焼き付いたのです。たしか、「青い海がなんとか」というような曲名だった。当時、メモを書いたような気がするが、とうの昔に無くなっています。

 もう一つは、これも同じ頃、毎朝のように聴いていたNHK-FMの朝番組でかかっていた曲。毎日聴いたからたぶんテーマ音楽だったのだろう。トロンボーンの生き生きとした響きとその後に続く繊細な弦の音色。行進曲のようなリズム感。

 両方ともたったこれだけの手がかりしかなく、ネットのない10年前までは完全にお手上げでした。ネットの時代になってからも、時々思い出したように手がかりを調べていたが、やはり無理でした。調べるすべが無くなってしまい、ほぼ99%あきらめていました。

 それが、分かったのです。一度に二つとも。本当に不思議なもので、両方の曲に同じ思いを巡らせていた人が相当数いたのです。初めの曲は、「カラベリときらめくストリングス」という名前をヒントに、とあるブログであっさりと判明しました。もう一つの曲は、当時のNHK-FMの番組表を探し回ったあげく、有名な「60年代通信」の記事にようやく「朝のリズム」という番組名を見つけ、これをヒントに苦労して探し当てました。

 ネットの力は偉大です。どれも、以前はキーワード検索ではかからなかったもので、比較的最近の記事だったのです。今年がFM放送開始40周年であることや、「60年代通信」で昔のFM番組の話題が盛り上がっていたことが、40年近い時を超えて曲を蘇らせてくれたのです。最初の曲は、「カラベリときらめくストリングス(当時)」が演奏する「空と海と太陽」で、次の曲は、NHK-FMで朝7時15分から放送されていた「朝のリズム」という番組のテーマ曲。「マントヴァーニー・オーケストラ(当時)」が演奏する「ベルサリエリ・マーチ」だったのです。これらの曲に興味のない人にはそれまでですが、だれにでも忘れ難い曲の一つや二つあるのではないでしょうか。あきらめないで探し続けるものですね。

 早速、中古市場で探したことは言うまでもありません。これが思いのほか大変で、四苦八苦していますがまだ入手にはいたりません。手に入ったら画像をアップします。画像は、もう1歩のところで入手できなかったベルサリエリ・マーチの入ったレコード。

itaria_01.jpg



 
posted by キラリ at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アラカルト



スポンサードリンク