スポンサードリンク


2009年11月30日

パイオニア PE-20 フルレンジ

2009年11月30日(月)
 久しぶりにスピーカーユニットを友人より貸してもらいました。パイオニアPE-20です。古いファンならだれでも知っている20cmシングルコーン・フルレンジユニットで、BTS規格といって放送局のモニター用規格に準じて昭和49年ごろから作られたユニットです。以前から気になっていたので、どんな音がするのかとても興味がありました。まずは、ユニットのままで聴いてみます。ここで、耳に付くうるさい音だとがっかりしてしまいます。おそるおそる音出ししました。

s20091130_01_010.jpg

 くせのない音がさっと出てきました。ひとまず安心しました。ボリュームは8時の位置なのに音量がかなりあります。昭和52年版「スピーカー自作マニュアル」で調べてみると93dBの音圧があります。薄いグリーンのコーンが特徴です。fo=45Hzで20kHzまでの再生周波数帯域になっています。

s20091130_01_011.jpg

 いい音だったので、いつものように3LZ箱に入れてみることにしました。このユニットは新品のようで、ビス跡が付いていません。傷を付けないようにワッシャーを入れて取り付けました。HPD295の取り付け穴よりも二回り以上小さいですね。

s20091130_01_015.jpg

 箱が大きく見えますが、3LZ箱ですので高さは58cmです。スピーカーが20cmユニットとしては小さくて錯覚してしまいます。容積は約40リットル。吸音材は前回のイソフォンの時を思い出してGパンなどの古着を2着入れました。スピーカーを覆うのではなく角に投げつけておくような感じです。グラスウールなどよりは遙かに優れた効果があります。あの「ベイシー」の初代JBLには布団が吸音材として入れてあったということですから、効果のほどが分かるというもの。このあと裏板を取り付けて完了です。裏板には3LZのネットワーク取り付け用の四角い穴が空いていますから、ポートのないバスレフ箱の状態です。

s20091130_01_016.jpg

 銘板には8Ω10Wと刻まれています。音叉のマークをあしらったパイオニアのマーク。目に入ることもめっきり減りました。長く作られたユニットですから、入力や音圧の異なるバージョンもあるようですね。アルニコマグネットを使っています。

s20091130_01_019.jpg

 タンノイの間に据え置きました。せっかく居場所を得たオープンデッキは、再び床に移されています。約2時間、クラシック、ポップス、ジャズと聴き続けました。あっという間に時間が過ぎました。質の高い音だと思います。BTS規格だけ合ってジャンルを選びません。昨年購入した10CX-50より数段よく、昨年借りて聴いたドイツ・イソフォンよりもずっと優れていると思います。はじめて国産フルレンジスピーカーでいいものに出会いました。

s20091130_01_022.jpg

 昔聴いたパイオニア・ステレオの音を思い出しました。軽快な音といってもいいでしょう。重苦しさは全くありません。シングルコーンなのにシンバルの高音もきちんと出てきます。低音もそれなりに出ていますから、きちんとポートを作ればもっとよくなるはずです。タンノイと比べてもそれほど遜色はありません。当時わずか4,500円のフルレンジユニットですが、素性の良さは特筆ものでしょう。異論もあると思いますが、好みの問題ですのであしからずご了解ください。

PS 12月2日(水)
 友人から、十分にエージングをするようにとの助言を受け、朝からビル・エヴァンスをCDでリピート演奏しています。約3時間たって部屋に戻ると、音がかなり滑らかになり、ピアノの音がとても甘いいい音を出していました。チェビオットに切り替えて、またPE-20に戻してみても、違和感が全然ありません。HPD315に音色がとても似ています。おもしろ味ということではチェビオットと音色が違う方がいいのですが、それでもPE-20の音色にはびっくりです。PAX-A20もがぜん聴いてみたくなりました。




 
posted by キラリ at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | フルレンジ

2009年11月20日

ターンテーブルシート

2009年11月20日(金)
 ヤフオクで厚さ約4mmの純毛ターンテーブルシートを見つけ、色は違いますがLINNのような感じの見た目の良さに惹かれて購入しました。見た目で購入したので音が変わることなどほとんど期待していませんでした。触った感じは堅めのウールそのもので、曲げたら曲がったままのような弾性の少なさと、それとは裏腹に厚みの方向には凹まない堅さがあり、不思議な感触でした。

s20091120_01_004.jpg

 聴いた感じは、全体にメリハリが良くなり、解像度が上がり、明らかに低音が低いところまで良く出ています。こんな物で変わるとは思っていなかったので、良い方向に変わってこのシートはもうけ物でした。価格は1,600円と格安です。じっくりとレコードを聴き直す気になりました。地味で目立たない音だったDP-55Mが、PL-30Lを凌ぐくらいになりました。PL-30Lにも購入しようかと思っています。ただ、ウールですので、繊維くずがレコードに付くのが欠点です。吹き飛ばせばとれますけど。

s20091120_01_005.jpg

 DP-55Mのプラッターはとても軽量なものです。これを回すACモーターのトルクは小さいらしいですが、小トルク、軽量プラッターにすることで振動やトルク変動を押さえているのでしょうね。トルクを大きくすれば、プラッターもそれに見合った重いものにしなければバランスがとれないでしょう。これはベルトドライブのモーターとターンテーブルの関係とも同じなのでしょう。



 
posted by キラリ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | レコードプレーヤー

2009年11月06日

DENON DP-55M

2009年11月6日(金)
 2カ月ぶりの更新になってしまいました。季節はすっかり晩秋です。気温20℃、湿度60%の今頃がカートリッジにもちょうど良いのか、レコードがとてもいい音で鳴ってくれます。

 今回、古いDENONのレコードプレーヤーを8,000円あまりで購入しました。DENONブランドには昔あこがれたものでした。キャビネットはきれいでつやがあります。V15typeVを取り付けてみました。アームに触れるとすぐに、パイオニアPL-30Lに比べてそれほど感度の良いものではないことが分かります。ティッシュを1cm四方にちぎった紙片をシェルに落としてみると、PL-30Lのアームは大きく上下するのに、このDP-55Mの方はほんのわずか下がるだけです。

 ただ、感度が悪いから音も悪いという訳にはいかないところがオーディオの難しいところです。聴き慣れたビル・エヴァンス・トリオの「ポートレイト・イン・ジャズ」を聴いてみても、全然違和感なくいい音がします。正直言ってレコードプレーヤーによる音の違いはレコード片面聴いても分かりません。

s20091106_01_016.jpg

 このDP-55Mは、「オーディオの足跡」などに詳細が記載されていますので重複は避けますが、1981年頃に発売されたもので、当時の価格は65,000円でした。カートリッジレスのマニュアルプレーヤーです。DENONお得意のACサーボモーターで、プラッターはアルミダイキャスト製の軽いものです。ウエイトは大型でかなり後ろに下がるので、オルトフォンSPUの取付ができるかもしれません。

 アームの高さ調整は、アームベースの2本のマイナスねじをゆるめると上下に動きます。ねじは後ろ向きにあるので、アクリルカバーをはずさないと作業スペースがとれません。針圧の目盛りは荒く、全般に調整は大まかな操作性です。PL-30Lの方が操作性についても繊細感があります。この当時のDENONはオートリフトアップのアームがついたプレーヤーは末尾が"L"になります。DP-55LやDP-60Lのように。本当はDP-60L(当時90,000円)をねらっていたのですが、いまでも3万円近い高価な値が付いているので断念しました。

s20091106_01_010.jpg

 ON、OFFスイッチが少しスムーズさに欠けますが、33回転、45回転ともストロボがぴったりと合っていて聴感上のワウフラッターは感じられません。DP-55Mには重めの針圧をかけるMC-20mkUをつけようかと思います。針圧の軽いV15typeVは、アームの感度の良いPL-30Lの方があうように思います。

s20091106_01_013.jpg

 ともあれ、プレーヤーが2台あると、シェルを交換することなくカートリッジを使い分けられるので便利です。1台はMMカートリッジ、もう1台はMCカートリッジですが、DENONの昇圧トランスは入力が2系統有り、出力はトランスを経由するかパスするかが選択でき、昇圧トランスのスイッチの切り替えだけで対応できます。2台並べてみると、価格の安いパイオニアPL-30Lのほうが造りがよく、高級に見えます。国産プレーヤーはもうこれで十分。やはりいつかはトーレンス、ガラードですね。



posted by キラリ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | レコードプレーヤー



スポンサードリンク