スポンサードリンク


2010年02月25日

カートリッジ サテン他 No.2

2010年2月25日(木)
 久しぶりに時間がとれたので、貸していただいているカートリッジを聞き比べてみました。レコードはビル・エヴァンス。今日聴いたのはDENON DL-305です。針圧はたぶんこのくらいと、適当に1.4gに設定しました。DL-305はピアノの音色がほんのわずかに甘く、適度なメリハリのあるDENONサウンドです。特筆できるのは音の滑らかさでしょう。DL-103をずっと上品にした感じで、とても好ましいものです。ただ、残念なことにウッドベースの深々とした低音がもの足りません。このカートリッジだけを聴いていれば問題ないかもしれませんが、次のサテンと聞き比べるとその差は歴然とします。

  美しいパールカラーのボディー DL-305
s20100225_01_002.jpg

 先日、聴いた感じがとてもよかったサテンをもう一度聴きました。型番は不明です。M14に似たアイボリー色で、正面にSATINとかかれています。やはり好きな音です。ピアノの音色が甘くきれいに響きます。V15typeVのピアノは、やや電子音のように感じますが、こちらは普通に自然です。低音がきちんと出るので消化不良になりませんし、高音は適度に乾いていて、解像度もあります。個人的にはジャズにはV15よりもあっていると思います。とても好ましく、ぜひ手に入れたいカートリッジです。

PS 2016年12月4日
型番は、M6-8Eではないかと思われます。

s20100225_01_005.jpg



 
posted by キラリ at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カートリッジ

2010年02月03日

カートリッジ サテン他

2010年2月3日(水)
 カートリッジを6個貸していただきました。サテン2個、ダイナベクター1個、アントレ1個のほかDL-305とオルトフォンSPU-Gです。サテンは、70年代の昔にオーディオ誌でよく目にしました。グレース、ピッカリング、エンパイアなども懐かしい名前です。ただし、サテンの音は全然知りませんし、どんな会社なのかも知りませんでした。

s20100202_01_003.jpg

 下の画像はサテンM-18Xです。
s20100203_02_002.jpg

 ソースは、ドビュッシーVNソナタ チョン・キョンファのLPレコードをかけました。深みのある音という感じです。可も不可もなく、典型的なMMの音・・・と思っていました。次のサテンを聴くまでは。

 次はダイナベクターです。型番不明。
s20100203_02_004.jpg

 赤の透き通ったボディーのとてもきれいなカートリッジです。同じチョン・キョンファのLPをかけました。MCのような細かな音が出てきます。くっきりとした印象です。(それもそのはず、れっきとしたMCカートリッジでした。)しかし、プチノイズを盛大に拾います。高音がノイジーな感じがします。

 2個目のサテンです。型番不明。
PS 2016年12月4日
型番は、M6-8Eではないかと思われます。
s20100203_02_007.jpg

 ここで、ソースをジャズに変えました。ビル・エヴァンスのLPで「ELOQUENCE」です。音がやや小さくて、MCトランスをONにしました。音の細かさは最初のサテンと次のダイナベクターの中間のような感じで、ちょうどよいバランスです。聴き込んでいくうちに、ピアノの響きがとてもよく、ベースの低音も深々と出てきます。ベースの弦を指ではじく音がもう少し出ればと思います。適度な音の厚みもあって音場の広がりがあり、とてもすばらしい音です。V15の乾いた響きとはまた違うタイプです。

 サテンはMMだと思っていましたが、これもれっきとしたMCでした。欲しくても、会社はすでに存在していません。そこで、もしやと思い最初のサテンに取り替えてジャズを聴いてみました。クラシックのときとはうって変わって、ほぼ同じ音色のご機嫌なジャズを聴かせてくれました。インピーダンスがどれほどか分かりませんが、4オームと40オームを切り替えてみると、40オームの時の方が音に厚みが感じられてよいと思いました。

 サテンはもう20年近く前に会社を閉じたのですね。純粋な国産カートリッジで、その名前を知ったのは40年ほど前でした。今、すばらしい音にふれることができて幸運でした。


 アントレ 型番不明
middle_1265179249.jpg

 くすんだオレンジ色のいい味わいを見せています。私はこのカートリッジのことは全く分かりません。ジャズを聴くと、サテンよりもピアノが細やかに聞こえます。音の厚みはサテンの方があります。これはこれでよい音ですが、好みからいえばサテンを選びます。ピアノの高音がやや耳につく感じがします。

 違う印象の方も多いと思いますが、すべて個人の感想ですのでご了承ください。



  
posted by キラリ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カートリッジ



スポンサードリンク