スポンサードリンク


2010年03月12日

ポールポッツ公演

2010年3月12日(金)
 いささかジャンルが違うかもしれませんが、今回はポールポッツ公演の話題です。会場は、3月11日(木)北陸電力 本多の森ホール。19:00開演です。約1,700名収容のホールがほぼ満席になりました。3月3日の東京を皮切りに、3月8日大阪、3月10日福岡、3月11日金沢、3月12日名古屋の日程となっています。「ピアノ」や「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」など、非常に特徴のある美声が会場に響き渡ります。

 開演から相当時間がたっているのに入ってくる観客が多数いました。おそらく県外の遠方から駆けつけてきたのでしょう。途中、二期会会員 半田美和子さんとの共演があり、約50分の第一部、20分の休憩をはさんで、21:30まで約65分の第二部、最後は「アヴェマリア」、「アメージンググレース」そして」、彼の人生を変えた代表曲である「誰も寝てはならぬ」で締めくくりました。とてもよい公演でした。

 始まってすぐに、バックの演奏の音が小さめではっきり聞こえないとか、ポッツの声がPAシステムの音として聞こえることに違和感を覚えました。生のコンサートより、オーディオから流れる音の方がいいかも知れないなどと考えたところで、ふとわれに返りました。何て本末転倒なことを考えていたのか。生身の人間が、さまざまな感情を持って歌い、演奏しているからこそ、PAをとおしてでもその音楽に感動し価値がある。コンサートはそのことを実感させてくれる最高の機会です。

 だからこそ、CDラジカセやラジオから流れる曲にも感動するのでしょう。カートリッジを取り替えては感心し、スピーカーを替えては感心するようなことが小さなことのように思え、あげくに生よりオーディオシステムの音がいいなどと考えるような「オーディオ」なんていったい何なのだろうかと思ってしまいました。オーディオシステムなんて、単なる手段に過ぎないのです。その後は、不埒なことを考えず公演に集中できました。もしかしたら、もう二度と生で聴く機会はないかもしれないポッツの声を楽しみました。音ではなく音楽を聴くという本当の意味が分かったような気がします。

画像は地元新聞に掲載された記事から引用いたしました。
middle_1268362203.jpg




 
posted by キラリ at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アラカルト

2010年03月05日

カートリッジ No.3

2010年3月5日(金)
 カートリッジ聴き比べ第3弾です。レコードはビル・エヴァンスの「モントルージャズフェスティバルのビル・エヴァンス」です。まずはアームで有名なFRのカートリッジ「FR-1 MK2」です。バランスのよい、エグ味のないいい音です。ただ、ジャズでは平凡になってしまいます。岩崎宏美をかけると、ヴォーカルは明るくていい感じです。ネットの情報では、MC型で出力0.1mV、針圧1.5〜2.0gとあります。インピーダンスは不明ですが、聴いた感じでは4Ωがよく、40Ωではおとなしい感じになります。

  FR-1 MK2
s20100306_01_014.jpg

 おもしろいことに、全く同じカートリッジがTEACブランドでも出ています。TEAC TC-15です。音は全く同じでした。

  TEAC TC-15
s20100306_01_016.jpg

  FR-1 MK2
s20100306_01_017.jpg

  TEAC TC-15
s20100306_01_018.jpg


 サテンです。型番は不明です。(PS 2016年12月4日 これもM-18っぽいですね。18の後ろにつくアルファベット文字はわかりません)ジャズにはとても合います。ベースの深々とした低音がきちんと出てきます。ベースの弦をはじく音もよく出ています。ピアノの音は厚みがあってすばらしい。シンバルは乾いた音で、全体として騒々しさがなく、やはりサテンの音ですね。私はとても好ましく思います。カートリッジの直後にトランスのようなものを背負っていますが、トランスではありません。何なのでしょうか。

PS 2016年12月4日 ネットでカタログらしい画像の中から、シェル・リードワイヤー・サーキットと書かれているのを見つけました。誘導雑音やクロストークをキャンセルすると書かれています。当時の価格は1,000円なんですね。
⇒ ORSONIC
 サテンカートリッジのことはこちらに詳しく書かれています。
⇒ SATINカートリッジ

s20100306_01_020.jpg

側面にNC-1という型番やINPUT、OUTPUTと書かれています。
s20100306_01_019.jpg

背面にはsound+α ORSONICと書かれています。
middle_1267777966.jpg


 オーディオテクニカです。型番は、AT-150E。明るく明快な感じです。中高音の響きがよく、特徴のある音です。うるさくなく、ピアノがきれいに響きます。低音の本当に低いところはサテンほど出ないように思います。トランスをPASSするとちょうどいいのでMM型でしょうか。ジャズでもきれいな音になってしまいます。オーディオテクニカの音といっていいでしょう。

s20100306_01_022.jpg

ネットで見てみるとやはりMM型で、出力5mV、針圧0.75〜1.75gとなっています。
s20100306_01_023.jpg


 型番等不明ですが、これは見るからにDENONでしょう。DL-103とは色が違い、白いボディーです。型番がどこにも書かれていません。音はDENONそのもののリファレンス的な音です。

s20100306_01_024.jpg





 
posted by キラリ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カートリッジ



スポンサードリンク