スポンサードリンク


2010年12月29日

PCオーディオ No.3 オペアンプの交換

2010年12月29日(水)
 購入したUSB DACは、やや軽い感じの音質が気になっていました。クラシックもジャズもヴォーカルも同じような音に聞こえてしまうのです。エージングで良くなるかと思いながらも、Webサイトで評判の良いオペアンプLME49720を試してみたくて秋月の通販で3個購入しました。3個なのは、購入したDACはオペアンプを3個使用しているからです。1個270円ですから、効果がなかったとしてもあきらめられる価格です。ちゃんとデータシートが付いています。データシートはネットでも入手できます。

s20101229_01_006.jpg

購入したLME49720

s20101229_01_007.jpg

 結論から言えば大成功でした。まずは、取り替え作業の状況です。前面と背面のビスを六角レンチではずすと次の画像のようにボディーカバーの上半分がはずれます。オペアンプは画像の右上に3個見えています。型番はOP275。四角いICですからすぐに分かります。ソケットに差し込まれているので交換が容易にできます。ほとんどはソケットタイプと思いますが、基盤に半田付けされているときは交換がとても面倒になります。

s20101229_02_001.jpg

 DACの電源を切り、USBコードをはずし、RCAケーブルもはずしてオペアンプOP275を取り外します。ピンセットでボディーの前後をつまんで軽く揺するとソケットから抜けてきます。ラジオペンチのような強力な工具を使うと壊れやすいので、あえてピンセットを使うのです。この手のICは静電気に弱いので、ICに触る前には床や金属の棚などに触れて体の静電気を何度も放電させます。次の画像のように抜き取るのは簡単でした。

s20101229_02_005.jpg

 次に購入したナショナル・セミコンダクター製オペアンプLME49720を差し込みます。向きを間違えないように注意が必要です。向きを間違うと電源を入れた瞬間に無音のまま逝ってしまいます。ピンはやや広がった状態なのでそのままではソケットに入りません。片側の4本をまず差し込んで、片側はピンセットの先で根気よく位置を合わせて無理なく差し込むようにします。無理にするとピンが曲がってしまいます。また、私はピンセットを使いましたができれば絶縁体を使った方がいいでしょう。次の画像は交換後のものです。

s20101229_02_004.jpg

s20101229_02_00601.jpg

 カバーを閉める前に電源をつないで、オペアンプが発熱したり異常がないかをチェックします。発熱も臭いもなく大丈夫なようです。RCAコードをつないで、まずはCDデッキからのデジタル信号をDACに入れてスピーカーを鳴らしてみます。昨日は変化が感じられませんでしたが、今日はデッキよりも若干明瞭度が増し、メリハリも向上しているのが分かります。

 うれしくなってMediaMonkeyから「マイスター・ミュージック傑作選2007」のリッピングデータを再生してみました。バッハ無伴奏チェロ組曲第1番のチェロの低音が体に響きます。ある個人ブログに書かれていたLME49720の評価で『音のメリハリ、粒立ち、解像度どれをとっても最高レベル。低音の質・量とも申し分ない。声に艶がある上に微細な余韻音も余すところなく再現します』というそのとおりの音で、とても好ましい結果でした。そして、不満だった音の軽さがなくなり、重心が下がって全体に音の厚みがましたのが分かりました。

 DAコンバーターチップよりオペアンプのほうが音質に対する変化が大きいというのは本当のようです。オペアンプLME49720は、使ってみる価値は大きいと思います。

PS foobar2000 v1.1.1を使用してCDからリッピングしようとしているのですが、どうしてもWAV型式にしかなりません。最初からFLAC型式にしたいので、いろいろ試しているところです。はじめはリッピングすらできなかったので少し進歩しました。foobar2000はわかりにくいソフトです。手こずっています。



 
posted by キラリ at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ

2010年12月27日

PCオーディオ No.2 ストリーミング再生

2010年12月27日(月)
 PCオーディオの音のよさに目覚め、本やネットで知識を吸収しています。DACのエージングのために、MediaMonkeyを連続再生にして、もう延べ2昼夜ほどたったでしょうか。PCプレーヤーソフトでは一番人気のfoobar2000もインストールしましたが、まだ扱い方がよく分からないのでようやく慣れてきたMediaMonkeyを使っています。

 PCオーディオfan3を読んでいて、CDのストリーミング再生のことを知りました。リッピングしたデータを再生するのとほとんど変わらず、むしろストリーミングの方がいい音がするというのが気になり、やってみたいと思いました。

 ストリーミング再生とは、PCに内蔵(又は外付け)のCDドライブでCDを再生して、そのままUSB DACをとおしてアンプから音を出そうというものです。やり方が分かりませんでしたが、とりあえずCDをPCにセットしてみました。当然ながら、しばらくすると自動的に画像のようなウインドウが立ち上がります。ここで、Windowsが実行する動作を選んでいると、「オーディオCDの再生 MediaMonkey-Audio Library使用」というのがありました。これを選択してみました。

m20101227_02_001.jpg

 しばらくするとCDが認識され、次のようにMediaMonkeyの画面に今入れたCDの曲名が出てきました。再生ボタンを押すと曲が始まったのでこれで良かったみたいです。

m20101227_02_005.jpg

 いきなり生々しい音が飛びだしてきました。リッピングした音よりいい音なのです。そしてPCではなく普通のCDデッキで再生した音とも違い、アナログ的にきちんと高域の聞こえない領域まで延びているようで、CDの嫌な音のクセが感じられません。PCのメインメモリー上にデータを展開しながらUSB DACに送っているそうで、これがCDデッキとの音の違いなのかもしれません。これにはおどろきました。本当に新しい世界は分からないことばかりです。

 デジタルはアナログより音が悪いというのは、間違いなのかもしれません。CDの規格は、パーソナルワープロさえなかった30年近く前のものですから、最新の技術によっていい音がするのなら、それは望むところです。PCオーディオはまだ始まったばかり。アナログ同様、奥が深いものらしいのです。こうなると、最高の評価を得ている外付けCDドライブ・プレクスターPremium2が欲しくなってきます。

premium2_plexter_.jpg

 動作中のUSB DACは、デジタル入力のUSB、光、同軸は、モードスイッチを押すことで順に切り替わり、青=USB、赤=同軸、緑=光で表示されます。CDデッキの光出力から光ケーブルでDACにつなぐとどんな音がするのでしょうか。単にD/Aコンバーターを外付けにしただけのような気がしますが、エージング代わりにもなりますからやってみたいと思います。ONKYOのUSBオーディオプロセッサーにも興味があります。

PS CDデッキの同軸デジタル出力からケーブルでDACにつないで同じデッキのアナログ出力と聴き比べてみました。外付けのDACを使うかデッキに内蔵のDACを使うかの違いです。セレクターにより瞬時に切り替えてみましたが、残念ながら全く変化はありませんでした。




 
posted by キラリ at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ

2010年12月23日

PCオーディオ 事始め

2010年12月23日(木)
 PCオーディオへの道しるべは、今のところAUDIO BASIC誌の別冊として「PCオーディオfan」No.1〜3が知られています。このうちNo.1、No.2はすでに売り切れになっていますが、画像のNo.2を中古で入手することができました。ネットで丹念に探せば見つけ出すことができます。これでPCオーディオがどんなものなのかをつかむことができました。また、友人の指南は大いに参考になります。

s20101223_01_002.jpg

 パソコンとオーディをつなぐインターフェースとなるUSB DACをネットで購入しました。機種は友人のすすめによるものです。手のひらサイズで、192kHz24ビットまで対応しています。まずは1万円台のものを使ってみることをお勧めします。どれを選んでも大差はないと思います。ONKYOのUSBオーディオプロセッサーなども中古で安く出ています。私が購入したものは、S.M.S.L社のもので税込み9,990円でした。オペアンプがソケットに取り付けられているので交換できるようになっています。S.M.S.L社は低価格のデジタルアンプを製作しています。

s20101227_02_006.jpg

 デジタル入力のUSB、光、同軸は、モードスイッチ(正面に2個並ぶ丸いスイッチの右側)を押すことで順に切り替わります。

s20101223_01_009.jpg

 電源はUSB端子からもらうのではなく、ACアダプターによる別電源です。別電源になっているのがポイントです。


 パソコンのオーディオ・ソフトは、フリーソフトのMediaMonkeyをダウンロードしてインストールしました。これも友人のすすめです。LINNのジュークボックスソフトとなっています。使い方が全然分かりませんが、とりあえずCDを3枚読み込んで(リッピング)データにすることができました。

 Windows Media Playerとはちがって、アルバム単位でデータになるのではなく、全部一つのフォルダーに連続して入ってしまっています。ファイルの整理の仕方もまだ分かりません。MediaMonkeyやfoobar2000などは、Windows Media PlayerやiTunesなどよりオーディオ向きで高音質とされています。

MediaMonkey.jpg

 USB DACをPCにつなぎ、RCAコードでプリアンプのLine INにつなぎ込みました。テストなのでコードも適当に這わせたままです。DACは自動らしく設定箇所がありません。PCからできるのかもしれません。

s20101223_01_010.jpg

 曲名をダブルクリックするとおもむろに曲がスタートしました。

 記念すべきPCオーディオの1曲目は、聞き慣れたビルエヴァンスのワルツ・フォー・デビーから始まりました。次いで、サリナ・ジョーンズのI want to know about you、綾戸智恵のBestです。

 音がくっきりとしているのにまずおどろきました。CDがソースなのに、DVD画面がハイビジョン画面になったように一つ一つの楽器がはっきり分かります。スコット・ラファロのベースが力強く音階を刻んでいます。シンバルも明瞭で新鮮。ビル・エヴァンスのピアノの音色が甘く聞こえます。

 16ビット44.1kHzのサンプリングのままなのにCDとは全く別の音がします。作業をしながら2時間ばかり、レコードとCDをときおり混ぜながら聴きました。音の質としては、今のレベルでもピュアオーディオとして十分にいけると思いました。MediaMonkeyをもっと使いこなし、96kHz24ビットソースなどのハイレゾデータを聴いてみたいものです。

 ちなみに使用したPCは、DELL 2300Cという7年前のデスクトップ型Windows XPマシンです。Celelon2GHz、メモリー512MB、HDD 80GB。Officeソフトや画像などオーディオに不要なものをすべて削除し、システムの設定で「パフォーマンスを優先」に設定し直し、軽く動くようにしておきました。WindowsXPマシンのミキサーをバイパスするプラグインを組み込まなければいけないし、まだまだ改善することがたくさんあります。PCオーディオをソースの主役にする可能性が見えました。

PS 日本語マニュアル、日本語ヘルプファイル、日本語ReadMeのサイトを見つけました。
  http://mediamonkey.うぃき.jp/

 DACにもエージングが必要と言うことで、MediaMonkeyを連続再生にしてDACを動作させています。1カ月程度は必要かもしれません。このDACはオペアンプが交換できるので、Webで高評価を得ているLME49720を3個、秋月の通販で購入しました。いずれ交換して変化を楽しみたいと思います。

PS PCオーディオとは、パソコンのヘッドフォン端子やLINE OUT端子から音声を取り出すのとはわけが違います。パソコンにもD/Aコンバーターが内蔵されていますが、それらは音質の面でピュアオーディオの水準には達していません。そこで、パソコンから音楽のデジタル信号を取り出して外付けのD/Aコンバーターにつないでやる必要があるわけで、その役目をするのがUSB DACなのです。




 
posted by キラリ at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ

2010年12月17日

PCオーディオ、マッキンMC30

2010年12月17日(金)
 先日久しぶりに友人宅を訪れ、最新のPCオーディオを聴き、帰りにはマッキントッシュMC30パワーアンプを貸してもらえることになりました。

 まずはPCオーディオですが、予想に反してこれはイケます。同じデジタル信号なのにCDと比べて素人にもはっきりと分かる滑らかな音で、無音状態から音が立ち上がる、あのCDと同じ感覚なのに出てくる音はまるで違う音なのです。例えるのは難しいのですが、CDが100万画素の画像だとすれば、PCオーディオは500万画素の画像だとでも言えばいいのでしょうか。ギザギザ感がなくアナログ的に滑らかなのです。レコードやテープの音とも違い、強いて言えば良質なライブのFM放送のような感じに思いました。

 とりあえずは、音楽データを保存し、再生するためのパソコンと、パソコンのUSB端子とプリアンプをつなぐためのUSB DAC(デジタル・アナログコンバーター)があればPCオーディオを楽しむことができると聞きました。USB DACは1万円台からありますし、PCはデスクトップが1台余っていますので、USB DACを買えば試してみることができます。ちなみにこの友人はきわめて正統派のオーディオマニアで、電源は専用線を使用、部屋は視聴覚教室並みの防音対策がとられ、プレーヤーはLINN、アンプは管球のマランツとマッキンをこよなく愛し、スピーカーは平面バッフルのグッドマン・アキシオム12インチとタンノイ・モニターゴールドという筋金入りなのです。このグッドマンから出るPCオーディオの鮮明さと美しい響きは素晴らしく、オーディオ的に十分に鑑賞に堪えうるものです。これは早急に試してみなければなりません。それくらい気に入ってしまいました。恐るべしPCオーディオです。

 さて、管球アンプ・マッキンMC30の方は、6L6プッシュプルのモノラルアンプです。1台16kgあります。これを2台惜しげもなく貸していただきました。オリジナルの管球がむき出しで怖いので、とりあえずサンスイアンプをラックから引きずり出して、代わりにこの2台を納めました。入力にセレクターからのRCAピンコード、出力にスピーカーコードをつないで動作を確かめてみました。ソースはNHK-FMのクラシックです。重厚感のある、それでいて重すぎない音がさっと出てきました。6L6の音は初めて聴きます。2時間ほど聞き込まないと細かなニューアンスは分かりません。時間のとれるときにじっくりと聴いてみたいと思います。
 
s20101217_01_004.jpg

s20101217_02_003.jpg




  
posted by キラリ at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ



スポンサードリンク