スポンサードリンク


2011年01月25日

PCオーディオ No.6 e-ONKYO

2011年1月25日(火)
 e-onkyoで24ビット96kHz配信の楽曲を購入してみました。エディー・ヒギンズのBewitchedから「枯葉」、中村紘子のモーツァルト・ピアノ・ソナタ集から「第11番 イ長調 K.331 《トルコ行進曲付き》」の2曲です。「枯葉」はDRMフリー、「トルコ行進曲」はDRMで保護されたものです。

 24ビット楽曲の「枯葉」は、確かに情報量が多いように思います。foobar2000のスペクトラムアナライザーで見ると、16ビット44.1kHzではぴったり20kHzまでしか出ていませんが、24ビット96kHzでは22kHzも少し出ているのが分かります。聴いた感じは、16ビットに比べてややおとなしく、繊細感は多いように感じます。最初、劇的な変化は感じられないように思いましたが、良く聴き比べると音場がぱっと広がり、特にシンバルなど高域の力強さが増して、聴けば聴くほど16ビットでは物足りなくなってきます。

 ダウンロードページ
s_e-onkyo02_.jpg

 e-onkyoは、国内では唯一の高音質音楽のダウンロードサイトです。DRM(Digital Rights Management)とは、ONKYOのコピー防止技術のことです。多くの楽曲にDRMが掛けられていて、私がダウンロードしたものでは、「トルコ行進曲」がDRMで保護されていました。ダウンロードする楽曲データは、内蔵HDDでも外付けHDDでもUSBメモリーでも保存することができますが、再生はダウンロードしたPCでしかできません。

 私は、Windows VistaのノートPCでCDのリッピングや楽曲のダウンロードを行い、これをUSBメモリーでデスクトップPCにコピーしてPCオーディオを楽しんでいます。これでは、デスクトップではDRMで保護された「トルコ行進曲」を聴くことができないのです。

 さらに重要なことは、DRMの掛かった楽曲は、Windowsメディアプレーヤーかオンキョーの再生ソフト 「CarryOn Music ver.10」又は「Pure Space」でしか再生することができません。これは、e-onkyoサイトのF&Qから「ライセンスキー」の項目に書かれています。ということは、foobar2000では再生できないのです。これは致命的です。多くのDRMで保護された楽曲は、PCオーディオを楽しむには重大な制限があることに注意が必要です。

 DRMフリーの楽曲はこのような制限がありませんからPCオーディオに適しています。

 ライセンスキーが必要なDRMの楽曲とDRMフリーの楽曲
s_e-onkyo01_.jpg

 高音質音楽のダウンロード配信には、コピープロテクトは百害あって一利なしと思います。個人で楽しむとはいえ、今や一家に複数のPCがあるのは当たり前、一人が複数のPCを持つことも普通で、PCオーディオを楽しむときはデータの移動などよくあります。プロテクトの掛かった楽曲データはPCオーディオでは使用できません。SACDが普及しなかった大きな理由に、強力なコピープロテクトでPCに取り込めなかったことが揚げられていることからも明白ではないでしょうか。せっかくダウンロードした「トルコ行進曲」は、無駄になってしまいました。わずか200円ですが釈然としません。

 手持ちのアナログレコードからPCに取り込むのもいいかなと思っています。そうすれば最初から24ビット96kHzで取り込めますし、CDになっていないレコードも多いのです。PCでの録音には、ONKYOから出ているSE-U55SXを購入しようかと考えています。

PS 2011/01/29(土)
 高音質音楽専用にHDDを調達しました。Logitec製320GBで3,980円と安価でした。500GBでは6,000円近くになるので、とりあえず320GBでいいかと思ったのです。でも、2008年にPCのバックアップ用にポータブルHDDを買ったときは160GBで7,500円でしたから、HDDも本当に安くなりました。これで、flac型式の曲なら10,000曲程度収容できますから、レコードやCDにすれば1,000枚相当となり、物理的な収容効率は抜群です。
s20110129_01_008.jpgs20110129_01_009.jpg




posted by キラリ at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ

2011年01月21日

PCオーディオ No.5

2011年1月21日(金)
 PC用の小さなテーブルを買ってきて、PCとディスプレーをセットしました。リッピングで取り込めなかった曲名などもいつの間にか取り込めるようになり、PCで曲データのパスをきちんととおしたのでfoobar2000で曲データの一覧も自動表示できるようになりました。ASIO4ALLは相変わらず十分に認識できていませんが、とりあえずPCオーディオを楽しむ環境が整いました。

m20110118_01_014.jpg

 以前、借りているマッキンMC30で聴いたときに、DACの交換したオペアンプLME49720では音がこもるような気がして純正のOP275に戻しましたが、今日、やはり軽い感じの音が気になり再度LME49720に交換。最終的に、自分のサンバレーSV-501SEにはLME49720の方が重心が下がってバランスがとれるように思いました。自分のシステムで聴いたときに、トータルで音が合っていることが大切です。

 昨日は久しぶりに時間がとれたので、2時間ばかりPCオーディオとアナログレコードを聴き比べてみました。このときはまだOP275を使用です。PCのはっきりとした音に対して、レコードは帯域が狭くなるけれど、長時間疲れずに聴いていられるのはレコードの方でした。何となくレコードの方が自然な感じがしました。やはりレコードには勝てないのかと、少々気落ちしたのは事実です。

m20110118_01_008.jpg

 1日経って、今日は気を取り直し、オペアンプをLME49720に交換したDACで聴いてみました。重心がやや下がったのが分かります。少し落ち着いた感じになりました。でも、メリハリはあり、繊細な高音も、低い低音もきちんと出ていますから曖昧な音ではありません。いい感じです。しばらくこれで聴いてみようと思います。

 今は16ビット44.1kHzのCDをリッピングしたものを聴いていますが、e-ONKYOで24ビット96kHz配信の音を購入して聞いてみます。どれくらい変わるのか楽しみです。



posted by キラリ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ

2011年01月10日

マッキントッシュ MC30

2011年1月10日(月)
 PCオーディオを聴くのに、手持ちのサンバレーSV-501SEと借りているマッキンMC30の両方を自然に使い分けていました。マッキンの音は、適度なコクと厚みがあり、それでいて重くなり過ぎない軽やかさもあってさすがです。聞き飽きることがありません。真空管は懐かしい柔らかい音がするというのは間違いです。うまく設計された真空管アンプのダイナミックさ、繊細さ、その味わい深さは何物にも代え難いものです。

 マッキンのパワーアンプと言えば、普通はMC275の方を思い浮かべます。KT88のMC275は復活、再販売されています。でも、このMC30もとてもよい味を出しています。電源は全波整流管5U4Gを使用し、出力管は6L6プッシュプル。12AX7を2本、12AU7を1本、12BH7を1本使用しています。MC30の回路図がないのでMC275の回路図を参考にすると、初段12AX7、位相反転段12BH7、電圧増幅段12AU7、ドライブ段12AX7、出力段6L6という構成なのでしょうか。出力はちょうど良い30Wです。

 マッキンは独自の回路構成を取っていて、特に出力トランスは真似のできるものではありません。このような素晴らしい音を出すアンプを最初に設計した技術者は、ずば抜けたひらめきを持っていたのでしょう。

m20101217_01_004.jpg

 スピーカー端子は古典的なねじ式です。省スペースで無駄なコストもかからず、それでいて4Ω、8Ω、16Ωに対応しています。入力はRCA端子があります。
m20101217_02_001.jpg

 翻ってウチのSV-501SEは、マッキンに比べるとすっきりした音がします。これはこれで良い音で気に入っています。PCと真空管アンプは意外にもとてもマッチしています。サンスイα607の出番がなくなりました。



posted by キラリ at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | マッキントッシュ

2011年01月04日

PCオーディオ No.4 

2011年1月4日(火)
 正月休みの合間に毎日PCの設定に悪戦苦闘しています。オーディオのブログなのに最近はパソコンのことばかりで恐縮ですが、PCオーディオには欠かせないものなのでご勘弁を。しかも今日は一つうまくいったにもかかわらず音が・・・。

 まず、サウンドとオーディオのプロパティーで「サウンド設定なし」にチェックを入れます。これは、Windowsの「ぽーん」というエラー音などのMIDI音源を大事なオーディオスピーカーから出さないための設定です。
propaty_02.JPG

 次に、私はXPマシンを使用しているので、お節介なWindowsミキサーをバイパスすることが必要です。コントロールパネルからサウンドとオーディオのプロパティーを開き、さらにUSBオーディオデバイスのプロパティーを開いてUSB DACで「このデバイス上でオーディオ機能を使わない」と「このデバイス経由では割り当てない」にチェックを入れます。

 オーディオ機能を使わないというのは間違いのように思うかもしれませんが、ここでいうオーディオ機能とはWindowsが標準で内蔵しているミキサーなどお節介なサウンド機能を指していますから、Windowsミキサーを経由しないでオーディオを使うという意味になるのです。

 最初は、これをやるとDACへ信号が出力されずスピーカーから音が出なくなったのですが、昨日ASIO4ALLをインストールしたせいか今日はスピーカーから音が出ました。
 なお、これらの設定にはパソコンの再起動が必要で、古いマシンのため再起動に数分かかるのが悩みの種です。
propaty_01.JPG

 ASIO4ALLというのはWindowsXPマシンでWindowsミキサー機能をバイパスするのに必要なフリーソフトです。これを入れないと必ずミキサーを通ることになるので音が悪くなると言われています。これがなぜか不安定なのです。今日はうまくASIO4ALLの設定画面でUSB DACを認識していますが、つぎに設定画面を出したときには×が付いていました。
asio4all.JPG

asio4all.JPG

 説明書が英文のため翻訳ソフトを使用してみたけれど理由が全く分かりません。これがうまく動作すると次のfoobar2000の設定画面のOUTPUTにASIO4ALLというデバイスが出てこなければいけないのですがありません。またいろいろやってみます。
prefarences_outpot.JPG

 さて、とにかくWindowsXPのサウンドミキサーの回避はうまくいったようなのですが、問題が生じました。こんなに苦労したのにfoobar2000からDACを経由してスピーカーから出る音より、CDデッキからデジタル信号を直接DACに入れてスピーカーから出る音の方がはっきりと分かるくらいいいのです。年末の段階では、完全に逆だったのに。ありえない・・・。

 PCオーディオに取りかかってみようかと思っている方にはとても面倒に思うかもしれませんが、PCからUSB DACを経由してオーディオアンプにつなぎ、スピーカーから音を出すだけなら簡単ですし、これでもCDデッキでCDを聴くより十分にいい音を楽しめますからご安心を。少しでもいい音にしようとするとPCの知識が必要になってきます。ただ、お金をかけなくてもフリーソフトでまかなえますので、時間があれば色々試してみることも面白いものです。




posted by キラリ at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ



スポンサードリンク