スポンサードリンク


2011年03月10日

PCオーディオNo.9 本当にレコードを超えたかも 20kHzの壁は本当にあるのか

2011年3月10日(木)
 久しぶりにレコードが聴きたくなり、ヴォーカルものを中心に昔のLPやEPをかけてみました。録音の良いものならメリハリもあり、レコードだけ聴いていれば、なかなか良い音で鳴っています。FMも聴いてみました。なかなかいけます。CDもデッキでかけてみました。これは聴いてすぐに飽きが来るのでうまくありません。

 今年に入って、何度も聴き比べてきました。少しずつ耳も肥えてきたようで、細かなところも聞こえるようになってきました。PCオーディオはやはりマルです。

 24ビットの良さもよく聞き取れるようになってきました。No.7で紹介した「Judith Owen」の「Happy This Way」から「Happy This Way」を聴くと、ヴォーカルがくっきりして息づかいも聞こえそうでおどろきました。24ビットとはいえ、これは何と44.1kHzですから、20kHz以上は出ていないはずですがそんな感じは微塵もしません。思えば、FM放送のF特は50Hz〜15kHzであの音の良さなのですから、20kHzの壁はもともと大した問題ではなかったのかもしれません。CDをデッキではなくパソコンのメモリー上で再生しようと思った先駆者のアイディアには脱帽です。

 3カ月聴き比べて、やはり良いと思うPCオーディオの音は、本物と思います。まだの方はぜひ一度試してみることをお勧めします。ただ、レコードはレコードだけが持つ味(今となればノスタルジックそのものですが)がありますし、古いEPレコードもたまには聴きたいだけのために、厳選した枚数だけはしばらく残しておこうと思います。

 私のアナログ・オーディオに、こんな大転換期がくるとは予想もしていませんでした。もうCDプレーヤーは要らないと確信しました。早い時期にFMチューナーやオープンデッキも処分することになるでしょう。そしていずれレコードプレーヤーも本当に役目を終えることになるかも。
 PCオーディオの歴史はもう10年ばかりになるらしいですが、昔ならサウンドボードを後付けして苦労して設定していたことが、今ならUSB DACを差し込むだけですから、ちょうど機が熟す時期に居合わせたのでしょう。PCオーディオを教えてくれた友人に感謝です。素晴らしきPCオーディオです。


posted by キラリ at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ

2011年03月07日

PCオーディオ No.8 もはやレコードはいらない?

2011年3月7日(月)
 やってみようと思いながら、"やっぱりレコードだろうな"とか"レコードの方が少し上だろうな"などとためらっていたレコードとPCオーディオの聴き比べ。意を決してやってみました。

 ソースはビル・エヴァンスの「Sunday at the Village Vanguard」です。レコードは、聴き慣れたスコット・ラファロのベースがセンターで軽快に響いています。ピアノやシンバルは、少し後方でベースの響きを際立たせるように控えめに鳴っています。音場はあまり広がらず、モノラルかと思うほどスピーカーの中央付近に定位しています。ベースの弦を指が滑る音などはハッとするほどリアルです。

 PCオーディオは、CDをリッピングした16ビット44.1kHzのflacファイルです。一聴して分かるくらい音像がクリアで、音場もスピーカーの幅を超えるような広がり感があります。同じマスターテープだと思うのに、ラファロのベースは左側に、エヴァンスのピアノは右側に定位しています。ベースもピアノも同じような音量で鳴っています。レコードのようにベースを際立たせるような音場ではありません。これはCD制作時のミキサーの意図だと思われるので、PCオーディオだからということではないと思います。

 音のクリアー感は見事で、これを聴くとレコードのもやがかかったような音場はもの足りなくなります。特にシンバルの「カーン」という大きく乾いた響きは、タンノイで初めて聴きました。これぞホーンと思える音で感激します。一つ物足りなく思ったのは、ベースの弦を指が滑る音です。レコードのようなリアルさが今ひとつ感じられません。

 総合的にみて、聴くならPCオーディオの方だと思いました。音のクリアさはレコードの比ではありませんし、倍音感もよく聴き取れます。CDのように我慢して聴くといった無理がありません。私のような古いPCでは、Windowsの起動からfoobar2000の立ち上がりまで10分近くかかるという面倒さはありますが、これも新しいPCなら2、3分で済むでしょう。手持ちのCDをリッピングできるということで、CDも無駄になりません。flacファイルなら曲名はもちろん、アルバム名、アーティト名、メモなどもタグに書き込めて画面上で見ることができて便利です。
 

middle_1299484192.jpg s20110307_01_004.jpg

 以前にも紹介していますが、PCは2003年製のDELL 2300Cデスクトップ。WindowsXPを使用。再生ソフトはfoobar2000。

 レコードプレーヤーは、1979年製パイオニアPL-30L。カートリッジはオルトフォンMC20mkU。昇圧トランスはDENON AU-320。特別に高価なものではなく、比較するにはちょうど良いバランスだと思います。




posted by キラリ at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ



スポンサードリンク