スポンサードリンク


2012年11月12日

エッジ軟化剤を塗ってみた

2012年11月12日
 ヤフオクで購入したエッジ軟化剤。私が購入したものは「DS-A3-A5-A7-9Z-500用エッジ軟化剤+維持継続剤」というタイトルでした。950円でしたが、私は出品者の勧めで1,500円の容量のものにしました。前回の画像のものがそうです。

 前処理として、付属していたエッジ洗浄剤をフリースの切れ端に付けて、エッジをきれいにしました。エチルアルコール系の洗浄剤で、すぐに乾きました。次に、エッジ軟化剤を付属していた筆に少量を浸して塗ってみました。付けすぎなければ、エッジにうまく浸透して垂れることはありませんでした。

 塗るのはエッジの頂点から外側です。内側はコーン紙があるので塗らないように注意が書かれていました。浸透させるような感じで塗ります。2回塗りしました。↓↓

s20121112_p_01_013.jpg

 内側はこんな感じで頂部だけにしました。↓↓

s20121112_p_01_007.jpg

 外側は、山に例えれば3合目まで塗ると書かれていましたが、結構ふもとまで塗ってしまいました。↓↓

s20121112_p_01_006.jpg

 塗ったところはドライヤーで乾燥させました。最後にスコーカーのエッジにも塗りました。コーン紙に付着してしまいました。↓↓

s20121112_p_01_010.jpg

 外から塗るのは簡便法なので、本来はエッジの裏から塗るのが効果的だそうです。しばらくNHK-FMを聞きながら後片付けをして、PCオーディオ用にノートパソコンを立ち上げていました。塗り終わってから30分ほどたったでしょうか。突然、コントラバスの低音が聞こえてきたので、何だろうと思っていました。そして、ほんのわずか遅れてDS-32Bのウーハーからだと分かってびっくりしました。

 わずか30分でこの効果! なかなかのものです。軟化は24時間後がもっとも柔らかいと書かれていたので、明日も音楽を聴いて試してみます。PCオーディオでは、シンディーローパーの「TRUE COLORS」、サリナジョーンズの「SAILING」なども聴いてみましたが、以前は出なかった切れのよい低音が出てきてびっくりです。

 1カ月くらいでまた硬化するので、何度か塗る必要があるようです。3回ぐらいで落ち着くのではないかと思います。使用した量はわずかで、これなら何年か持つでしょう。筆を紙の上に置いておいたら、油染みのようなシミができましたから油性と思われます。確かに効果はあります。ブレーキオイルを塗るくらいなら、こちらの方をおすすめします。


PS H25年(2013年12月)
エッジ軟化剤は今でもオークションにあります。
私が買ったのは、エッジ軟化剤+維持持続剤と書かれたものです。
いろいろ種類がありますが、ヤフオクのエッジ軟化剤はこんな感じです。


PS 出品者からのメッセージが届きました

「塗付後の2回目、3回目は比較的硬化が短期に訪れますが、4回以降は安定し、表面塗付でも半年以上継続します。また、SPを普段のTVモニター等、良く動かす環境ですと更に効果が持続します。」とのことでした。

 24時間経った今日、少し聴いてみました。低音は、30cmウーハーのチェビオットに比べるとわずかに不足感はありますが、十分に出ています。全体として、チェビオットとそれほど遜色ない良い音が出ました。1,000円の昔のダイヤトーンがこれほどとは予想もしませんでした。B級としては大いに満足です。








posted by キラリ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤトーン

2012年11月09日

エッジ軟化剤を購入

2012年11月9日
 DS-32Bの音が思いのほかよかったので、低音を出してみたくなりました。今の状態は、やはりウーハーのエッジがやや硬く、低音が思いっきり出ていません。以前持っていたタンノイ・チェビオットのエッジは、クロス&ゴムに交換されていて、とても柔軟だったものです。チェビオットとは思えない低音が出ると思ったのは、このエッジの影響が大きかったのかも知れません。

 ヤフオクで検索して、ダイヤトーンのDS-35Bに使えるエッジ軟化剤と清浄剤を見つけました。出品者にたずねると、DS-32Bでの実績はないとのこと。でも、発売時期もほぼ1979年ごろだし、いけるだろうと思って購入しました。薬剤は30cmウーハーに10回程度塗れる分量で、1,500円でした。本来なら、ユニットを取り外してエッジ裏を洗浄してから軟化剤を塗るのですが、はずれない場合は表面から塗ってもよいということでした。

s20121109_p_01_018.jpg

s20121109_p_01_021.jpg

 ネットでは、ブレーキフルードを塗るとよいと言う記述も多くあります。安価なスピーカーですが、とてもブレーキオイルなどを塗る気にはなりません。エージングをしようかとも思いましたが、ダンパーを傷めるおそれがあると聞いて中止しました。エッジの軟化処理が一番いいようです。豊かな低音を期待して、次の休みにでも処置したいと思います。さあ、どうなるでしょうか?



  
posted by キラリ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤトーン

2012年11月01日

DS-32Bの試聴

11月1日(木)
 タンノイ・チェビオットを惜しみつつ手放した後、とりあえず聞ける安価な国産スピーカーが欲しいと思っていました。ねらっていた日立ローディーHS-500は、とても高価で手が出ません。イートンやデボンが買えるくらいの価格です!どうせなら大量に出回っているダイヤトーンやヤマハ以外のスピーカーにしようと思っていたのです。ところが、手に入れたのはそのダイヤトーンでした。

 思えばダイヤトーンは、昭和50年代に私が欲しいスピーカーNo.1でしたが、実際に聴いたことがあるのはP-610シングルコーンだけでした。入手は、今回のDS-32Bが初めてになります。

 入手の動機は、ペアで1,000円という価格です。ダイヤトーンの中ではやや珍しいバスレフであることもポイントでした。1979年製、1台42,000円(当時)。バスレフダクトが四角いのは前期モデルで、後期モデルは丸いダクトになっています。

s20121101_p_01_014.jpg

 古いクロスエッジにありがちなのは、エッジの硬化です。このモデルはまだ柔らかな方ですが、部分的に硬くなっているところもあります。

s20121101_p_01_015.jpg

 ユニットはきれいなものです。キャビネットもきれいで、40年近くたったものだとは思えません。しまわれたままだったのかも知れません。

s20121101_p_01_010.jpg

 ツイーターは、コーン型でした。チタンのセンターキャップがあって、一見ドーム型のように見えました。

s20121101_p_01_012.jpg

 気になる音ですが、1時間ばかり聞きました。今まで単品ユニットはたくさん聴きましたが、チェビオットと比べるとどれも一聴して劣りました。ところがDS-32Bは、それほど違和感がありませんでした。サリナジョーンズの「セイリング」、ビルエヴァンスの「Some day my prince will come」、ベートーベン「トルコ行進曲」などいろいろなジャンルを聴いてみました。

 低音は解像度もよくきれいに出ているのですが、本当に低い音は出ません。これは多分にエッジの硬化があると思います。25cmバスレフですから、もっと響くような低音が出るはずです。中音域はきれいなのですが、何か物足りない。これもエッジが関係しているかも知れません。高音域はとてもきれいです。ホーンとは違うコーンの音色なのですが、悪くはありません。

 まだ1時間の試聴ですから決めつけるのは早いです。思っていた音色とは全然違う、チェビオットにも似たところがある音色でした。パンチもありますし、チェロの音色もきれいでした。中古でもペア10万円するチェビオットの魅力は、価格以上のものがあります。芯のとおった太いきれいな音です。中古でペア1,000円のDS-32Bは、価格差を考えるとびっくりするほどお買い得です。普通に聴く分には、仮のスピーカーだとしても問題なくいい音です。強いて言えば、良くも悪しくも国産スピーカーです。万能選手でなんでもこなしますが、弦がきれいとかピアノがすばらしいとかシンバルが乾いているとかいう特徴がありません。
 
 サイズは見た目以上にかなり大型でした。1台19kgもあります。エッジの軟化処理は必須でしょう。ネットではいろいろな方法が紹介されているので、コストパフォーマンスを考えて試してみます。当分はこれで楽しめると思います。




 
posted by キラリ at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイヤトーン



スポンサードリンク