スポンサードリンク


2012年12月06日

やはりタンノイが欲しい

2012年12月6日
 ダイヤトーンDS-32Bのエッジ柔軟処理から約1カ月。2回目の柔軟剤塗布を行いました。筆で塗るのですが、塗りやすく簡単です。このスピーカーしかなければ、問題なく良い音です。

 でも。。。

 やはり聴き込むにつれてHPD315Aの深みのある音が恋しいんですよね。何で手放したのかと責められそうですが、1台30kgの大型スピーカーが、もう若くはない身体にもてあましたからです。決して音が気に入らなかった訳ではありません。それどころか、HPD315A以上の音は(この価格帯では)ほかにはないだろうと思うくらい惚れ込んでいました。

 ヤフオクにデボンとイートンでアラート登録しているので、先日状態のいいデボンを見つけました。残念ながら落札できませんでしたが、外観もよかっただけに惜しまれます。これです↓

s_devon_01_.jpg

 HPD315Aはヴォーカル域や高域もいいのですが、一番気に入っていたのは深みのある低音です。チェビオットの箱の大きさとエッジが布+ゴムに貼り替えられていたせいでしょうか、信じられないくらいの深いとしか言いようのない低音が出て、それが魅力でした。

 DS-32Bは低音は出ますが、深々とはいきません。おそらく30cmウーハーのDS-35Bでも大差ないでしょう。単純に価格の差とは思えないのです。DS-32Bでも十分に良い音がしていますから。ウーハーを作る技術とバスレフ箱を作る技術の差又は設計思想の差としか思えません。

 デボンが欲しいです。



 
posted by キラリ at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | タンノイ



スポンサードリンク