スポンサードリンク


2013年10月14日

アナログ オーディオ

2013年10月14日(月)

最近、レコードをよく聞きます。
数年前からオークションでコツコツ買い集めていたもので、昭和40年代のフォークとか歌謡曲です。フォークなんて今は死語ですが、なんとなく懐かしいでしょう? 森山良子のアルバムなんかを聴いたりします。

2007年にヤフオクで購入(1970年もの)

s300_300_2007_0505_010.jpg


いつも思うのですが、レコードの曲なんか何十年も前のものでも、旋律やいろいろな楽器のパートなんかを耳がしっかりと覚えているものですね。聴いている自分の方がびっくりします。

PCミュージックに移行したはずなのに、なぜまたレコードなのか。
曲が懐かしいのもありますが、独特の深みのある音色には癒し効果でもあるのでしょうか、とても心地よいのです。今はもうタンノイもなく300Bもないのですが、去年一時的なつもりで購入した古いダイヤトーンと、一昨年300Bを超えた音色で代替機としたLM3886パワーアンプは、以前のシステムに負けない音を奏でています。欲を言えばダイヤトーンのコーンツイーターではなくホーンツイータなら、なおよいのにと思います。

ただ、PCオーディオも徐々にグレードアップしたいと考えています。USB DACが3年前のものでもう古いですし、PCはVistaからWindows7にアップグレードしたので内部オーディオを容易に回避できますし、高ビット音楽を手軽に聴けますから。でも、私は24ビットの繊細な音色より、16ビットの力強い音色の方が好みです。天邪鬼ですね。

s300_200_2013_10_13_2013-10-13_014.jpg

s300_200_2013_10_13_2013-10-13_017.jpg


   
posted by キラリ at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アナログ オーディオ

2013年10月05日

キット屋のコラムが復活していた!!

2013年10月5日(土)
ザ・キット屋のコラムがいつの間にか復活していました。
昨年、コラムが終わってしまいとても残念に思っていて、それ以来キット屋のウェブサイトを見ることがほとんどなくなっていました。
今日何気にキット屋のサイトを見て、コラムというメニューを押してみると、大橋さんのコラムが再開しているではありませんか。うれしかったです。久しぶりの大橋節を聞きました。

キットのラインナップを整理中のようです。
以前持っていたSV−501SEやSV−6などは、今はもうありません。ちょっと寂しいです。
大橋さんの記事の中に、思い入れのある真空管の記事がありました。

KT88
6L6
EL34
300B
2A3
(845,211)

うーん。これはサンバレーの以前のラインナップそのものではありませんか。
興味があるのは、300Bと6L6です。
6L6は、マッキンMC30でその音に魅了されました。
マッキン6L6プッシュプルの深みとコクのある音色は、私の好みです。

最近は、またレコードを聴く機会が増えてきました。
しばらくオーディオから遠ざかっている間に、PCオーディオは広く普及していましたし、プレーヤーはFoobar2000からロシア製のAIMP3というのが今は一般的なようですね。
くっきりとしたPCオーディオもいいけれど、レコードの味も捨てがたいのです。

私のLM3886パワーアンプは健在です。
300BのSV−501SEの代替機として購入したLM3886の音の良さは、相変わらずすばらしいですが、今真空管アンプをお持ちの方は、できれば真空管アンプを持ち続けることをお勧めします。
ないと寂しいんですよね。
真空管というのは、音ばかりではなくそのたたずまい、雰囲気、オーラみたいなものなのでしょう。

ザ・キット屋 コラム復活

ザ・キット屋公式サイト

ザ・キット屋のコラムが復活していました。
懐かしい大橋節がまたみられます。

ザ・キット屋公式サイト




   

posted by キラリ at 20:32| Comment(0) | サンバレー



スポンサードリンク