スポンサードリンク


2015年07月12日

PCオーディオ 音が途切れる No.3 ほぼ改善

2015年7月12日(日)

 今年初めに、PCを別のDell inspiron1545に換えた途端に音の途切れが発生した件の続編です。バックグラウンドで動いているウイルスバスターやウェブカメラなどを終了させても変化なし。でも途切れる瞬間は、CPUが何かの処理に関わってfoober2000が切り離されるような感触でした。例えばプロパティー画面で何かを設定して「適応」ボタンを押した瞬間のような。何か単純なことに違いないのです。

 結論から言うと、完全ではないものの、ほぼ改善されました。ネットで情報収集していて、USB-DACを差すUSBポートを変えてみてはという情報があり、やってみました。PCにはUSBポートが3つあり、一つはマウス、もう一つは外付けHDD、もう一つはUSB-DACです。これを順に差し替えてみました。1回目は変化なし、2回目にはいきなり音の途切れが発生してがっかりしましたが、その後はほぼ音の途切れがない状態になりました。これ以上USBポートがないのでこれ以上の改善はないと思います。そうそう、省電力の解除も試してみます。

最初はここに差してあった。
s350_234_2015_p_0712_2015-07-12_007.jpg

こちらに替えた。上がUSB-DAC、下が外部HDD
s350_234_2015_p_0712_2015-07-12_008.jpg


 念のためにWindows7のパフォーマンスモニターで見ていましたが、CPUの稼働率は20%ぐらいです。たまに60%ぐらいに跳ね上がることがあるのですが理由は分かりません。大事なことは、音が途切れる瞬間にもCRUの稼働率には変化がないことです。前記のように、何かが割り込み処理をして音が途切れるという感じです。

s350_234_2015_p_0712_2015-07-12_009.jpg

 音が途切れることでネットを見ると、一番最初に出てくるのはCPUのパワー不足ではないかというものです。でも、2003年のCeleronマシンのWindowsXPでも動きましたし、foober2000は単なるプレーヤーでDACは外付けなのでそれほどパワーを必要とするものではないはずです。

 どんなにいい音でいい音楽を楽しんでいても、音が途切れた瞬間に最低な気分になりますね。どんな高価なDACでも音の途切れはかなりの確率で発生しているようです。困ったものです。アナログでは音の途切れがないので気分的に安心して聞けますが、音楽に特化した音の途切れがないPCというのがあってもいいですね。



応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村




posted by キラリ at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ



スポンサードリンク