スポンサードリンク


2016年09月18日

SV-3のセレクターつまみ

2016年9月18日(日)
 台風の影響で久しぶりの雨の日曜日です。サンバレーのプリアンプSV-3のセレクターが空回りするようになったので、直そうと裏蓋を開けてみました。開けたところでセレクターつまみの下側に六角ボルトの穴があるのを発見。そうだよなー。つまみをもっと確認すればよかった。

s400_266_DSC_1693.jpg


 ほどなく六角レンチで締め直して完了です。ご覧のとおり、入力はPC Music、FM、レコードの3系統だけです。

s400_266_DSC_1696.jpg


 開けたついでに中をチェック。開けたのは、6月4日に真空管のマイクロフォニック現象のため、E88CCからオリジナルの6DJ8に交換した時以来です。特に問題なさそうです。スマホで写真を撮ったんですが、スマホを近づけるだけでスピーカーから小さいけれどハッキリとわかる雑音が出ました。スマホの低雑音化は全くなされていないようですね。これではハイレゾ音源とか言ってもねー。

s800_532_DSC_1700.jpg


 SV-3の修理完了です。FT40Hのエージングもかねて、ビートルズの青盤と、ビルエヴァンスのLPレコードをかけました。ビートルズの赤盤も青盤も1973年4月19日発売です。表の写真は1963年ごろ、裏面の写真は1969年ごろらしいです。ところでだれがだれだか分かりますか。意外と名前は知っていても顔と一致しないものです。私がそうでした。

s400_266_DSC_1705.jpg

 左から、リンゴ・スター、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、ジョンレノンです。次の写真とは並んでいる順番は同じです。ジョンとポールはすぐに分かりますね。

s400_266_DSC_1706.jpg


 これはどうでしょうか。(左上)ジョン・レノン、(右上)ポールマッカートニー、(左下)ジョージ・ハリスン、(右下)リンゴ・スターです。メンバーの見分け方についてはこちらが興味深いです。
http://osusume-beatles.com/?page_id=466/

200px-The_Fabs.JPG



 さて、今日はジャズといえばビルエヴァンスを聴いてみたくなりました。ビルエヴァンス・トリオは、p:ビル・エヴァンス、b:スコット・ラファロ、d:ポール・モチアンが歴史に残るメンバーですね。このトリオが録音しているレコードはわずか4枚です。
(左上)ワルツ・フォー・デビー 1961年6月25日録音
(右上)ポートレート・イン・ジャズ 1959年12月28日録音
(左下)エクスプロレーションズ 1961年2月2日録音
(右下)サンディ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード 1961年6月25日録音

s300_288_DSC_1712.jpg

 ワルツフォーとサンデイアットを録音した1961年6月25日のわずか11日後、1961年7月6日に天才ベーシスト、スコット・ラファロが25歳で交通事故死してしまったんです。ビルエヴァンスは半年間なにも手につかなかったと言います。1966年にラファロの後継者と言えるほど優れたベーシスト、21歳のエディー・ゴメスを迎え、ゴメスは1978年までレギュラーベーシストを務めたそうです。


 持っていたことも忘れていたエクスポロレーションズを聴いてみました。レコードってこんなにメリハリのある音が出たんですね。55年前の録音とは思えないびっくりするくらい素晴らしい音です。

s300_300_DSC_1714.jpg


  February 2、1961 の文字が見えます。モノクロが何ともいい雰囲気です。

s400_266_DSC_1718.jpg


 ビル・エヴァンスは、兵役中に覚えた薬物をずっと常習していたようです。インテリっぽい外見に似合わず、私生活でもかなりご乱心だったそうで、1980年に51歳で亡くなっています。




posted by キラリ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | サンバレー

2016年09月14日

FT40H フォステクス ホーンツイーター

2016年9月14日(水)
 ホーンツイーターFT40Hを追加で購入しました。40年近く前の商品なので、どうしても音圧などにバラつきがあるんですよね。音が出ないわけではないので、普通に聴く分には支障ないんですが、音圧がそろった方が精神衛生上は具合がいいんです。

s400_266_DSC_1652.jpg

 中古だから、購入しても音圧がそろうものが来るかどうかは分かりません。イチかバチかです。見た目はかなり年季が入ったものだったんですが、運よくペアになるものがありました。これでワニ口クリップのついた仮設コードを外して、しっかりと結線できます。

s400_266_DSC_1648.jpg

 それにしてもかなり色がくすんでいます。先に購入したものと較べるとよくわかります。エンクロージャーの中にあったのではなく、上にでも載せてあったんでしょうか。次の休みにじっくりと聴きこんでみたいと思います。ずっと鳴らされていないものなら、エージングもしてやらなければなりません。

s400_266_DSC_1654.jpg


 FT40Hを合計2組4個買って、そこから2個を抽出したので、かなり高い買い物になってしまいましたが、気に入ったユニットなので、まあ仕方ありませんね。もうちょっと黒々ときれいにしてやりたいです。


PS
2016年9月17日(土)
 汚かったボディーを塗れティッシュできれいに拭き取りました。端子は半だごてと銅の吸い取り線できれいにして、スピーカー本体の接続金具と接続できました。こんな形のやつです(左側の方)。

s150_100_img_090112k09.jpg


何とかエンクロージャーに収めて完成です。

s400_266_DSC_1682.jpg


ちょっとはきれいになったでしょう。先の画像と同じスピーカーです。

s400_266_DSC_1686.jpg



3曲ほど試聴して異常ないことを確認しました。
と、今度はプリアンプのセレクターが空回りします。
ボディーを開けなければならないので、今度にしましょう。


私が退職してから、マッキンやリンを貸してくれた友人とは会うことがなくなってしまいました。どうしているのか、また会いたいものです。




posted by キラリ at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ホーンツイーター

2016年09月10日

重くて図太い高音

2016年9月10日(日)
 今日も早朝からコミュニティーFMでミュージックバードを聴いていました。本間千代子さんも出ていました。1時間ほどFMを楽しんで、その後はユーミンのLPレコード「ユーミンブランド」を懐かしく聴きました。

 キッチリ鳴っているホーンの音が心地よいです。今までにも2回ぐらい書いたことがあるんですが、繊細な高音ではなく、図太い高音が欲しいのです。

 19世紀のヨーロッパの大型オルゴールを聞いたのがきっかけです。音圧を感じさせる圧倒されるような高音を体験して初めて、菅原正二氏が「サウンド・オブ・ジャズ」で書いている、太くて重い高音、重高音、大音量の図太い高音、エネルギーにあふれた圧倒的な高音というのを体感したように思います。


 次の画像は、山梨県北杜市にある「萌木の村博物館ホール・オブ・ホールズ」です。大型オルゴールの演奏が聴けます。
http://www.moeginomura.co.jp/HALLS/

s600_366_オルゴール.png


 この高音を出すにはJBL 075が必要なのでしょうね。075は単品で1万円で見たことがあります。1個でも買っておけば良かった。。。フォステクスでも気持ちだけ味わうことができます。いつかは075が欲しいものです。

 でも、今欲しいユニットはAXIOM301なんですよねー。この浮気者と言われそうですが、あのダブルコーンの音は、モニターゴールドより輪郭が明瞭で低音もよく出る味わいのある音でした。モニターゴールドやHPD315よりは全然安いので、良いものがあれば入手したいです。


 昭和51年のユーミンブランドのジャケットに誤植があるのを発見しました。「翳りゆく部屋」が「翳りある部屋」になっていました!!

s300_400_DSC_1571.jpg





posted by キラリ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ホーンツイーター



スポンサードリンク