スポンサードリンク


2017年05月06日

ジャズレコードコレクション No.16

2017年5月6日(土)雨模様
定期購読最後になったNo.16号です。
マイルスデイビスの「アラフェンス協奏曲」。
LPの名前は、「スケッチ・オブ・スペイン」です。当時のジャズとしては極めて異色だったのではないでしょうか。ロドリゴが作曲したクラシック音楽を痛く気に入ったマイルスが、ギルエバンスに編曲を依頼して苦労して作り上げたアルバムです。

s300_300_IMG_5159.jpg

ジャズらしくない旋律に、マイルスが吹くトランペットはジャズらしくスコアを気にしない演奏が不思議と合うんですよね。

s30_300_IMG_5161.jpg

1959年から1960年に録音されています。

s300_300_IMG_5163.jpg

休日の午前中にゆったりと聞くジャズ。至福のひとときです。
デアゴスティーニのシリーズは、品質の良いレコード盤です。最初は傷のあるレコードが配達されたこともありましたが、レコード盤自体は音質も問題なくハイレベルです。

中にある小冊子には、ジャズマンの生い立ちや経歴などが興味深く書かれていて、捉えどころのないジャズ史がよく分かります。とてもいい資料です。

ネックは値段ですね。1枚2,980円(税込)はジャズレコードとして高くはないですが、中には食指の湧かないレコードも多くあります。Youtubeなどで曲を探して、聴きたいと思われるレコードを選んで購入するのが良いと思います。


posted by キラリ at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード



スポンサードリンク