スポンサードリンク


2016年09月18日

SV-3のセレクターつまみ

2016年9月18日(日)
 台風の影響で久しぶりの雨の日曜日です。サンバレーのプリアンプSV-3のセレクターが空回りするようになったので、直そうと裏蓋を開けてみました。開けたところでセレクターつまみの下側に六角ボルトの穴があるのを発見。そうだよなー。つまみをもっと確認すればよかった。

s400_266_DSC_1693.jpg


 ほどなく六角レンチで締め直して完了です。ご覧のとおり、入力はPC Music、FM、レコードの3系統だけです。

s400_266_DSC_1696.jpg


 開けたついでに中をチェック。開けたのは、6月4日に真空管のマイクロフォニック現象のため、E88CCからオリジナルの6DJ8に交換した時以来です。特に問題なさそうです。スマホで写真を撮ったんですが、スマホを近づけるだけでスピーカーから小さいけれどハッキリとわかる雑音が出ました。スマホの低雑音化は全くなされていないようですね。これではハイレゾ音源とか言ってもねー。

s800_532_DSC_1700.jpg


 SV-3の修理完了です。FT40Hのエージングもかねて、ビートルズの青盤と、ビルエヴァンスのLPレコードをかけました。ビートルズの赤盤も青盤も1973年4月19日発売です。表の写真は1963年ごろ、裏面の写真は1969年ごろらしいです。ところでだれがだれだか分かりますか。意外と名前は知っていても顔と一致しないものです。私がそうでした。

s400_266_DSC_1705.jpg

 左から、リンゴ・スター、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、ジョンレノンです。次の写真とは並んでいる順番は同じです。ジョンとポールはすぐに分かりますね。

s400_266_DSC_1706.jpg


 これはどうでしょうか。(左上)ジョン・レノン、(右上)ポールマッカートニー、(左下)ジョージ・ハリスン、(右下)リンゴ・スターです。メンバーの見分け方についてはこちらが興味深いです。
http://osusume-beatles.com/?page_id=466/

200px-The_Fabs.JPG



 さて、今日はジャズといえばビルエヴァンスを聴いてみたくなりました。ビルエヴァンス・トリオは、p:ビル・エヴァンス、b:スコット・ラファロ、d:ポール・モチアンが歴史に残るメンバーですね。このトリオが録音しているレコードはわずか4枚です。
(左上)ワルツ・フォー・デビー 1961年6月25日録音
(右上)ポートレート・イン・ジャズ 1959年12月28日録音
(左下)エクスプロレーションズ 1961年2月2日録音
(右下)サンディ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード 1961年6月25日録音

s300_288_DSC_1712.jpg

 ワルツフォーとサンデイアットを録音した1961年6月25日のわずか11日後、1961年7月6日に天才ベーシスト、スコット・ラファロが25歳で交通事故死してしまったんです。ビルエヴァンスは半年間なにも手につかなかったと言います。1966年にラファロの後継者と言えるほど優れたベーシスト、21歳のエディー・ゴメスを迎え、ゴメスは1978年までレギュラーベーシストを務めたそうです。


 持っていたことも忘れていたエクスポロレーションズを聴いてみました。レコードってこんなにメリハリのある音が出たんですね。55年前の録音とは思えないびっくりするくらい素晴らしい音です。

s300_300_DSC_1714.jpg


  February 2、1961 の文字が見えます。モノクロが何ともいい雰囲気です。

s400_266_DSC_1718.jpg


 ビル・エヴァンスは、兵役中に覚えた薬物をずっと常習していたようです。インテリっぽい外見に似合わず、私生活でもかなりご乱心だったそうで、1980年に51歳で亡くなっています。




posted by キラリ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | サンバレー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176923628
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



スポンサードリンク