スポンサードリンク


2016年12月23日

ジャズ・LPレコード・コレクション 第6号 エラ・アンド・ルイ 第7号 サムシン・エルス

2016年12月23日(金)
 きのうは強風が吹き荒れました。新潟県糸魚川市では大火がありました。被害にあわれた皆様にはお見舞い申し上げます。

 デアゴスティーニのジャズLPレコード・コレクションから、第6号と第7号をご紹介します。第6号は、エラ・アンド・ルイです。エラ・フィッツジェラルドとルイアームストロングのデュエット盤です。エラは当時39歳、ルイは55歳だそうです。録音は1956年8月16日。

s300_300_2016_S120_1223_2016-12-23_006.jpg

 レーベルは、ヴァーヴ・レコードです。

s300_225_2016_S120_1223_2016-12-23_014.jpg


 エラの声はとてもきれいで声量もあり本当にいい声ですねー。3オクターブの音域があると言いますからうなづけます。スウィングする曲ばかりです。ルイ・アームストロングはトランぺット奏者ですが、とても味のあるいい声です。
 A面2曲目のイズント・ディス・ア・ラブリーデイは、バックにシンバルのリズムが、かすかにですが綺麗鳴っています。ホーンの味わいですね。エラは、なかなかの美人さんじゃないですか。

s300_225_2016_S120_1223_2016-12-23_016.jpg


 第7号はサムシンエルス。何が来るのか知らなかったので、びっくりしました。同じレコードを持っていますし、このブログにも何度か登場しています。キャノンボール・アダレイは、マイルス・デイビスのグループに所属していました。マイルスはコロムビアレコードと契約していたので、恩義のあるブルーノートでアルバムを出すときに、キャノンボール・アダレイをリーダーにして製作したそうです。録音は、1958年3月9日です。

 キャノンボールはこの時すでに一流のサックス奏者でした。のちに当時の大物ミュージシャンと何枚もレコードを出しています。ビルエヴァンスとのアルバムもあります。ポートレイト・キャノンボールというLPは、入手したいものです。

s300_300_2016_S120_1223_2016-12-23_010.jpg

 レーベルは、ブルーノートです。

s300_225_2016_S120_1223_2016-12-23_021.jpg


 デアゴスティーニのレコードは素晴らしい音です。毎回聞くたびにその思いを強くします。手持ちのサムシンエルスと比べても、ダイナミックでノイズレスの非常にきれいな音源です。特に第7号のサムシンエルスに関しては、PCミュージックより音楽性は上だと思いました。

 初めてこのブログをご覧になる方もいらっしゃると思いますが、スピーカーはオークションでペア1,000円で買ったダイヤトーンDS-32Bです。コーンツイータをフォステクスFT-40Hというホーンツイータに替えています。ウーハーのエッジは、エッジ軟化剤を塗って処理しています。

 以前使っていたタンノイ・チェビオットと遜色ない、いい音に生まれ変わっています。FT-40Hとはとても相性が良く、きれいに低中域とつながっています。興味のある方はお試しください。



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村






posted by キラリ at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178137577
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



スポンサードリンク