スポンサードリンク


2017年10月08日

レコードプレーヤー PL-30L オートリフト故障

2017年10月8日(日)
 この時期になると聴きたくなるサイモンとガーファンクルをLPで楽しみました。ついでにピーター・ポール&マリーのLPも聴きました。何事もなく聴きおわり、最後に古いドーナッツ盤のシングルレコードをかけると、曲が終わりきらないうちにアームが上がってしまいました。

 シングルを3枚かけて2枚でアームが上がってしまいます。ネットで調べると、エンド検出がおかしいようです。ある方のブログに似た症状のことが書かれていて、こんな内容でした。『レコードの内周部に来ると、すべての曲が終わらないのにリフトアップし、回転ストップしていた。パイオニアに修理に出すと、エンド検出回路内コンデンサー不具合のため交換。エンド検出動作点の調整をした。』とのことです。

こちら⇒http://huzu.cocolog-nifty.com/huzu/2011/02/---3f47.html

 検出位置がおかしいのではなく、回路がおかしいとなると厄介ですね。ブログではタンタンルコンデンサーを1個取り換えたようでした。PL-30Lは製造後30数年経過し、入手後ちょうど10年になります。パイオニアに持ち込めば修理可能なのでしょうか。

 同じ方のこちらのページには、PL-30Lの裏ぶたを開けた画像があります。PL-30Lは、アームの根元にアームの動きを調整できるオイルが入っていて、これを抜かないと容易に裏返すことができないので、この画像はとても参考になります。

http://huzu.cocolog-nifty.com/huzu/2010/12/post.html

 とりあえず、一度裏蓋を開けてみなければなりません。最近はレコードがメインなので、プレーヤーは必需品です。最悪はエンド検出を効かなくして、完全マニュアルプレーヤーにする方法が残されます。

s400_300_IMG_6017.jpg


参考になるブログを見つけたのでこちらにメモしておきます。


「PL-30L オートリフトアップ位置ズレ修理」
エンド位置を修正する可変抵抗の話です。
http://northstar.at.webry.info/201004/article_5.html


「初仕事はプレーヤーの修理」
PL-30LとPL-50Lの違いです。PL-50Lがほしくなりました。
http://casamille.com/?p=5668
http://casamille.com/?p=5677



posted by キラリ at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | レコードプレーヤー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181225487
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



スポンサードリンク