スポンサードリンク


2017年10月12日

シルヴィー・バルタン EPレコード

2017年10月12日(木)
 一世を風靡したフランスの歌手、シルヴィーバルタン。映画「フラッシュダンス」の主題歌を歌ったのも彼女です。私がシルヴィーバルタンを知ったのは、昭和45年ごろです。学校のレコード鑑賞か何かで「悲しみの兵士」と「あなたのとりこ」を聴き、すっかり彼女のファンになってしまいました。

 シングルCDは持っていて、時々、Youtubeで曲を聴いていたりしたのですが、最近になって子供のころから聞いたことのある有名な曲が、シルヴィーバルタンの曲だと知ってびっくり。こちらです。「アイドルを探せ」




 なんてキュートな女性なんでしょう。当時じゃなくても男性はとりこになりそうですね。そして、映像は白黒じゃないですか。子供のころから知っているって。。。

 ちょっとした誤解がありました。自分の中ではシルヴィーバルタンは、ちょっとお姉さんぐらいの歳だと思っていました。ところが、彼女は1944年生まれ。デビューは1963年。上記の動画は1964年で、当時すでに二十歳だったんですね。そりゃ白黒ですよね。今現在は73歳です。Wikiで調べるとすぐ出ていますが、73になっても魅力的な方です。

 こうなるとシングルレコードがほしくなります。昔はなぜか買っていなかったんです。「アイドルを探せ」、「悲しみの兵士」、「あなたのとりこ」の3枚はほしい。なんとか2枚を手に入れました。


「アイドルを探せ」の初版盤
s350_341_IMG_0618.jpg

こちらは2nd盤らしい
s350_350_IMG_0617.jpg


邦名は「アイドルを探せ」
フランス名は「La plus belle pour aller danser」です。
「あなたのとりこ」は市場に見当たらないんですよね。時期が悪いのかも。


 若いころのシルヴィーバルタンは本当に美しかったです。歌っている映像では真顔のことが多いのですが、笑顔の画像はとても魅力的。子供でも心を奪われましたから。それに、今聴いてもフランス語の響きが心地よいです。学生時代に仏語を取ればよかったなーと思いました。


 ほぼ同年代の歌手に、フランスギャル(70歳)やイタリア人のジリオラチンクエッティ(69歳)、フランス人のダニエルビダル(65歳)らがいます。みんな若いころは美しくかわいかったんです。


 懐かしく思う方は楽しんでください。


PS 2018年1月9日(火)
去る1月7日に、フランスギャルさん(70歳)が亡くなったというニュースが流れました。1965年には「夢見るシャンソン人形」が岩谷時子さんの訳詞で日本語でレコーディングし、日本でシングル盤が発売されたそうです。



posted by キラリ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181264717
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



スポンサードリンク