スポンサードリンク


2018年10月21日

ジャズ LPレコードコレクション No.22

2018年10月21日(日)快晴
1年半ぶりのジャズLPレコードコレクションです。
定期購読はやめていましたが、シリーズの中から欲しいものは購入しようと思っていました。

今回購入したのは、No.22号のクール・ストラッティンです。
ジャケットに惹かれたというのはあります。

昨日20日にAmazonで注文して、今日の午前中に届きました。

s300_300_DSC_6640.jpg

こちらはレコードジャケットです。
ストラッティン=気取ったという意味らしいです。
1950年代のOLらしきタイトスカートから伸びた足が雰囲気を出していますね。

s300_300_DSC_6642.jpg

レコードジャケットの裏側。

s300_300_DSC_6651.jpg

ブルーノートレーベル。
このシリーズはすべてきちんと作り込まれています。

s300_300_DSC_6646.jpg

これに数ページの解説がついて2,980円は安いです。
レコードも重量盤で、音質も申し分ありません。新品のノイズレスなレコードは素晴らしいです。

クール・ストラッティンは、4曲入りのLPです。
A1.クール・ストラッティン
A2.ブルー・マイナー
B1.シッピン・アット・ベルズ
B2.ディープ・ナイト

演奏は
ソニー・クラーク(p)
アート・ファーマー(tr)
ジャッキー・マクリーン(as)
ポール・チェンバース(b)
フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)

クール・ストラッティンとシッピン・アット・ベルズに、ポール・チェンバースがベースの弦を弓で引く場面があって惹きつけられました。

ジャズでこんな演奏は聴いたことがありません。ポール・チェンバースがよくやる演奏らしいです。

ピアノのソニー・クラークは、1963年にわずか31歳という若さで没しています。このクール・ストラッティンを録音したのが1958年なので、その5年後に薬物のために亡くなっています。

このLPは、アメリカではヒットしなかったのに、日本のジャズ喫茶で大人気となった珍しい現象だったそうです。

デアゴスティーニのジャズレコードコレクションは、ヤフオクにシリーズが安く出ていたり、メルカリにも出ていたりするので、まずはそちらをチェックするといいです。あいにくNo.22号は、出ていませんでした。

次は、23号のポール・デスモンドのTAKE TENがほしいです。
ジャズLPレコードコレクション
⇒ ラインナップ一覧


にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ







posted by キラリ at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184735186
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク