スポンサードリンク


2018年11月06日

ジャズ LPレコードコレクション 23号 TAKE TEN(テイク・テン)

2018年11月6日(火)
 ジャズ LPレコードコレクションNo.23号をオークションで買いました。新品なら2,980円のところ中古を1,811円で購入しました。中古とは言っても、ジャケットと冊子を包んでいる紙のケースがないだけで、レコード盤は新品同様です。この値段なら、もっと購入できますね。

 ポール・デスモンド(1924年生まれ)は、西海岸のウェストコーストジャズのミュージシャンです。デイブ・ブルーベック・カルテットにいた1959年に作曲した「TAKE FIVE」が、ジャズファンならずとも知られている大ヒットでした。

s300_300_DSC_6949.jpg

 TAKE FIVEが収録されているのは、LP「TIME OUT」です。「TAKE TEN」は、TAKE FIVEの続編として1963年に録音されています。レーベルはRCAビクターです。

s300_300_DSC_6955.jpg

アーティスト
ポール・デスモンド(アルトサックス)
ジム・ホール(ギター)
ジーン・チェリコ(ベース)
コニー・ケイ(ドラム)
ジーン・ライト(ベース)※テイクテンのみ
 
 ポール・デスモンドはサンフランシスコ生まれで、1977年に52歳で没しています。

s300_300_DSC_6945.jpg

 ポール・デスモンドは、生涯、極力前に出ることを避けたといいます。TAKE FIVEの莫大な作曲印税を得ましたが、すべてが赤十字社に寄付したといいます。今現在も、年間10万ドルの印税が赤十字社に入るそうです。

s500_375_DSC_7040.jpg

 とてもいい録音です。レコードの魅力はPCオーディオとはまた違った、アナログとしてのメリハリと繊細さと音場を兼ね備えた雰囲気のある音です。デジタルでは出ない音です。レコードが廃ることは無いなと確信しました。

 ジャズLPレコードコレクションは、2019年3月12日に65号で最終号を迎えるそうです。ちょっと早とちりでした。85号まであるそうです。

欲しい号を揚げてみますと
36号 プレイズ・W.C. ハンディ/ ルイ・アームストロング
40号 アウト・オブ・ザ・クール/ ギル・エヴァンス
41号 マイルストーンズ/マイルス・デイヴィス
63号 インターモデュレーション/ビル・エバンス&ジム・ホール

 これとは別に、今興味があるのは、ビバップの中心人物だったバド・パウエルです。こちらのLPも少しづつ手に入れていきたいと思っています。


にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ








posted by キラリ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184881107
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク