スポンサードリンク


2006年11月26日

アルテック パンケーキ

2006年11月26日(日)

 とあるショップで755Cパンケーキを聴きました。1970年代のユニットで、今でもとても人気のあるスピーカーです。それは、VLZ用の約40リットルの後面開放箱にセットされ、古い60年代のポップスやジャズがかかっていました。

 低域も高域も延びていないユニットなのに中域にとても味があり聴き疲れのしない音でした。ウォームな音なのですが、厚みがあり適度に音が前に出てきて、遠くまでとおるような音でした。もともとがPA用途なので音のとおりがいいのでしょう。よき時代のアルテックらしさを感じられる逸品です。

 市場ではペアで8〜10万円していて、簡単に購入できるものではありませんが、機会があれば手に入れたいモデルです。(画像は755Eです。)


s755E.jpg



2006年12月8日(金)

 ショップでタンノイCheviot(チェビオット)を聴きました。高さは60cm程度ありますが、奥行きが短いので狭い部屋でも置くことができるでしょう。1974年ごろの製造です。

 30cm同軸2ウェイユニットは中音域が分厚く、とてもいい音を出していました。このモデルも、今どきのモニタースピーカーに較べれば帯域は広くありません。ところが、出てくる音は迫力があり、女性ボーカルは素晴らしいの一言につきます。

 国産の高価なマルチウェイよりも、このような海外製フルレンジ、同軸1発の方が魅力的に感じます。(画像は引用させていただいています。)


cheviot2.jpg


  
posted by キラリ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アルテック



スポンサードリンク