スポンサードリンク


2008年08月01日

10CX-50 No.2

2008年8月1日(金)
 先日、2時間ばかり音出しをしました。おどろいたのは能率の高さです。チェビオットでボリューム11時の音量が、10CX-50では10時の位置で出ます。91dB対94dBの差です。音色はおとなしい音ではありませんでした。チェビオットやCDM1SEにも似た欧州系の音だと思います。元気があり、全体に力強い上に中音域の押し出しが結構強く、うるさく感じるシーンがたびたびありました。
 ユニット自体の低音はとても良く出ていますが、ボックスが標準箱の半分以下の40リットルしかありませんので、聴感上の低音は全然伸びません。109リットルの標準バスレフ箱に入れれば、低音は30Hzあたりまで出て、音質もまた違ったものになる可能性はあります。セッティングにもかなりの工夫が必要でしょう。10CX-50はチェビオットのHPD315と同年代のユニットですので、10CX-50が古くさい音というわけではありません。以前、同じコーラルのCX-3というスピーカーを使用していたことがあり、堅めの音、高音域がやや耳に付く音というのは、程度の差こそあれコーラルの音そのものではないかと思います。もちろん価格差もあります。古いから悪い音ということではありません。
 アルテック601、604、605、パンケーキ、JBL LE8T、タンノイ モニターゴールド、モニターレッドなどを揚げるまでもなく、昔の本当によいユニットは今でもとても人気があります。10CX-50を使うのなら109リットル標準箱に入れることが前提条件でしょう。音のクオリティーという点では、チェビオットHPD315が数段優ります。最終的には好みの問題ですので、このユニットを使用するのなら音が前に出てくるキャラクターを利用して、できるだけボリュームを上げないで聴くとバランスのとれた音になると思います。

s2008_0722_01_023.jpg

背面は開放よりも、バスレフポート(ダクトなし)を開けた後面板を取り付けた方が低音が良く出ていました。

PS 2008/8/31
 数時間聴いただけでこのユニットは人に譲りました。見た目の姿がとても気に入って、懐かしさもあって購入したのですが、中音域が耳について次第に飽きてしまいました。Webではかなり評判が良かったのです。でも実際に聴いてみると残念ながら好みの音ではありませんでした。8CX-50も音の傾向としては同じでしょう。おそらくFLATシリーズも・・・。このユニットを探している方へ、私としてはお薦めはしません。


   
posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コーラル

2008年07月22日

コーラル10CX-50

2008年7月22日(火)
 たまたま機会があって、以前から欲しいと思っていたコーラル10CX-50スピーカーユニットを入手することができました。1970年代前半の製品なのですが、評判がいいので聴いてみたいと思っていました。懐かしく思える方はかなり年季の入った方でしょう。このユニットは、口径25cmの2way(コアキシャル)で、最大入力20W、インピーダンス8Ω、音圧レベル94dBという能率の高いスピーカーです。中古なのですが、非常にきれいなユニットで新品のようです。以前のユーザーの方が大型のバックロードホーンで使用していたということで、コーン紙のへたりもなく、布エッジも柔らかで、ホーンツイータや端子にもサビはなく、30数年前の製品とは思えないほどいい状態です。

s2008_0722_01_009.jpg

 ウーハーのフレームにツイータを渡した構造で、ネットワークはコンデンサと抵抗だけでツイータにつなぎ、ウーハーはフルレンジ的に使っています。1971年ごろのコーラルのカタログに載っていたのを覚えています。当時はおもちゃみたいに見えましたが、こうやって見ると、なかなか味わいのある形をしています。少し赤みがかって見えるのは反射光のためで、実際はシルバーの美しいホーンです。マグネットはアルニコで、ダイキャストフレームのがっしりした構造で、重量は5kgくらいあるでしょうか。ずっしりと重いです。

s2008_0722_01_011.jpg

 手持ちのVLZ箱に入れてみました。本来は109リットルの標準バスレフ箱が最適です。詳細はHPに掲載したいと思いますが、このVLZ箱はHPD295ではなく、いろいろなサイズのユニットが付けられるように、仮設のバッフル板とユニット取り付けビスが付いていました。このビスが10CX-50の取り付け穴にピタリと合い、ナットで締め付けるだけでユニットが付けられました。今のところ画像のままの後面開放です。

s2008_0722_01_028.jpg

 試聴は音出しだけでしたので、詳しくは次の機会に書きたいと思います。一口で言うと、あまり色づけのない大人しい上品な音という印象です。小音量では音が前によく出てきて聴きやすいです。高音もきちんとホーンツイータが効いていますし、後面開放でも口径が大きいので低音も比較的よく出ています。スピーカー切替器でタンノイ・チェビオットと切り替えてみると、タンノイの方がコクとまろやかさもあって、音色では数段上に感じられました。これは比べる相手が悪いというもの。タンノイがなければ文句なくメインスピーカーとなり得るでしょう。ただし箱は標準バスレフ箱を使うという前提です。でもフォステクスのような癖がなく聴きやすい音であることは確かです。次の機会にじっくりと聴くことにします。


    
posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コーラル

2007年01月09日

レトロスピーカー

2007年1月9日(火)

 1970年頃のスピーカーの音を、今とても聴いてみたいのです。中古市場では人気がいまだに衰えません。画像は引用させていただきました。


6CX-50_01.jpg
今はなきコーラル6CX-50 16cmコアキシャル2way


paionir_pax_a16_04.jpg
パイオニアPAX-A16 16cmコアキシャル2way



PE20_02.jpg
パイオニアPE-20M 20cmフルレンジ



 70年代には「初歩のラジオ」や「無線と実験」誌に何度も記事が載り、何の苦労もなく安価に入手できたものばかりですが、今となれば丹念に探すしかありません。

 最近のモニタースピーカーの繊細な音に慣れた耳には、アルテック・パンケーキやタンノイCheviotなどの古いフルレンジの音がとても自然で朗々としたものに聞こえます。

 これら高級フルレンジや同軸2wayにはとても及ばないでしょうけれど、オーディオ界が泥沼に入る前に作られた素性の良いこのスピーカー達には、今のスピーカーにはない良さが満ちているように思えてなりません。

 首尾良く入手できればここで本物をご紹介したいと思います。

posted by キラリ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コーラル



スポンサードリンク