スポンサードリンク


2017年10月29日

真夏の出来事 平山みき

2107年10月29日(日)
 昭和歌謡がマイブームなこのごろです。彼女の歌は10代のころから知っていましたが、ヤフオクでこのシングルレコードを買ったのは2008年10月でした。発売は1971年です。

s300_300_IMG_6058.jpg

 この曲はイントロのベースがしびれます。奔放な感じの歌声がまたいいですね。真夏の出来事も大ヒットしたフレンズももちろんいいんですが、悪女をカバーしたものなんかは、まさに彼女にぴったりです。彼女の曲はきれいに歌ってはダメなんですよね。その歌い方は中島みゆきにも通じるところがあります。

 一度聴いたら忘れられない低音の効いた超ハスキーボイス。平山みきは1949年生まれ。デビュー当時は21歳とやや遅かったんですね。若いころは大人顔だったせいもあって、声以外はそれほど好きな歌手ではなかったのですが、年齢とともにふっくらとして、すごくいい顔になりました。髪を短めにした50代前後の顔は可愛いとしか言いようのないステキな顔です。Youtubeにもたくさんの動画がアップされています。





 若いころとそれほど声が変わっていないのも魅力です。今68歳ですが、63歳ごろまでの映像は50代とそれほど変わらない若々しい姿です。黄色がラッキーカラー、所属事務所もイエローライオン。本人はアップテンポな曲が好きとのことで、ミニスカートで登場しても痛々しさがないのもすごいです。

 こういう悪い女に見える人ほど、実際は生き方がまじめでいい人なんじゃないかと思ったりします。知らんけど。



posted by キラリ at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2017年10月12日

シルヴィー・バルタン EPレコード

2017年10月12日(木)
 一世を風靡したフランスの歌手、シルヴィーバルタン。映画「フラッシュダンス」の主題歌を歌ったのも彼女です。私がシルヴィーバルタンを知ったのは、昭和45年ごろです。学校のレコード鑑賞か何かで「悲しみの兵士」と「あなたのとりこ」を聴き、すっかり彼女のファンになってしまいました。

 シングルCDは持っていて、時々、Youtubeで曲を聴いていたりしたのですが、最近になって子供のころから聞いたことのある有名な曲が、シルヴィーバルタンの曲だと知ってびっくり。こちらです。




 なんてキュートな女性なんでしょう。当時じゃなくても男性はとりこになりそうですね。そして、映像は白黒じゃないですか。子供のころから知っているって。。。

 ちょっとした誤解がありました。自分の中ではシルヴィーバルタンは、ちょっとお姉さんぐらいの歳だと思っていました。ところが、彼女は1944年生まれ。デビューは1963年。上記の動画は1964年で、当時すでに二十歳だったんですね。そりゃ白黒ですよね。今現在は73歳です。Wikiで調べるとすぐ出ていますが、73になっても魅力的な方です。

 こうなるとシングルレコードがほしくなります。昔はなぜか買っていなかったんです。「アイドルを探せ」、「悲しみの兵士」、「あなたのとりこ」の3枚はほしい。なんとか2枚を手に入れました。


「アイドルを探せ」の初版盤
s350_341_IMG_0618.jpg

こちらは2nd盤らしい
s350_350_IMG_0617.jpg


邦名は「アイドルを探せ」
フランス名は「La plus belle pour aller danser」です。
「あなたのとりこ」は市場に見当たらないんですよね。時期が悪いのかも。


 若いころのシルヴィーバルタンは本当に美しかったです。歌っている映像では真顔のことが多いのですが、笑顔の画像はとても魅力的。子供でも心を奪われましたから。それに、今聴いてもフランス語の響きが心地よいです。学生時代に仏語を取ればよかったなーと思いました。


 ほぼ同年代の歌手に、フランスギャル(70歳)やイタリア人のジリオラチンクエッティ(69歳)、フランス人のダニエルビダル(65歳)らがいます。みんな若いころは美しくかわいかったんです。


 懐かしく思う方は楽しんでください。




posted by キラリ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2017年09月16日

ベッツイ&クリス

2017年9月16日(土)
 ベッツイ&クリスをご存知の方はアラカン世代ですね。デュオのシングル盤でとても魅力的なのがこの1枚です。魅力的なのは写真の方なんですけどね。レコードは1970年2月発売の2枚目のシングルです。ということは二人とも17歳ぐらいですね。そんなに古臭い感じはしませんね。


s400_400_DSC_0417.jpg

s500_375_DSC_0421.jpg


どちらがベッツイでどちらがクリスなのか、ずっと知らなかったのですが、上の画像の手前にいる方がベッツイで、声で言えば高い主旋律を歌っている方。奥にいるのがクリスでギターを弾いてハモッている方です。

ベッツイ&クリス(Betsy & Chris)
ベッツイは、エリザベス・ヴァージニア・ワーグナー 1952年9月4日生まれ(65歳)
クリスは、クリスティーン・アン・ロルセス 1952年6月25日生まれ(65歳)

デビュー後まもなく50年になろうとしています。デビュー曲の「白い色は恋人の色」(1969年10月1日発売)は今でも鮮明に覚えています。こんなに清楚な人がいるのかと思いました。しかも外人だし。

s300_300_2008_1029_01 018.jpg


彼女たちのレコードは、LPが2枚、シングルが3枚持っています。たまに聞くと良いんですこれが。心が洗われるというのはこんな感じなのでしょう。これらのレコードをヤフオクで手に入れて早や10年が経とうとしています。


ベッツイは、ハワイを拠点に再び歌手として活動しており、クリスはハワイで音楽教師として活躍しているそうです。日本での活動期間は1969年から1973年まででした。


BGMにこんなのを聞きながらもいいものです。






posted by キラリ at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2017年05月06日

ジャズレコードコレクション No.16

2017年5月6日(土)雨模様
定期購読最後になったNo.16号です。
マイルスデイビスの「アラフェンス協奏曲」。
LPの名前は、「スケッチ・オブ・スペイン」です。当時のジャズとしては極めて異色だったのではないでしょうか。ロドリゴが作曲したクラシック音楽を痛く気に入ったマイルスが、ギルエバンスに編曲を依頼して苦労して作り上げたアルバムです。

s300_300_IMG_5159.jpg

ジャズらしくない旋律に、マイルスが吹くトランペットはジャズらしくスコアを気にしない演奏が不思議と合うんですよね。

s30_300_IMG_5161.jpg

1959年から1960年に録音されています。

s300_300_IMG_5163.jpg

休日の午前中にゆったりと聞くジャズ。至福のひとときです。
デアゴスティーニのシリーズは、品質の良いレコード盤です。最初は傷のあるレコードが配達されたこともありましたが、レコード盤自体は音質も問題なくハイレベルです。

中にある小冊子には、ジャズマンの生い立ちや経歴などが興味深く書かれていて、捉えどころのないジャズ史がよく分かります。とてもいい資料です。

ネックは値段ですね。1枚2,980円(税込)はジャズレコードとして高くはないですが、中には食指の湧かないレコードも多くあります。Youtubeなどで曲を探して、聴きたいと思われるレコードを選んで購入するのが良いと思います。


posted by キラリ at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード



スポンサードリンク