スポンサードリンク


2019年10月05日

サウンド・オブ・ミュージック

2019年10月5日(土)
 2週間ぶりにPCオーディオを楽しみました。この間に、「サウンド・オブ・ミュージック」と「ちあきなおみベストコレクション」のCDをヤフオクで購入し、foobar2000でFLACファイルに取り込みました。

s500_375_DSC_201910_1509.JPG


 サウンド・オブ・ミュージックは1965年に公開されたアメリカFOX映画です。10歳の時に12月の雪が降りしきる中、学校から見に行った記憶があります。もちろん吹替ではなく英語版でしたが、ひどく感動した思い出の映画です。

 サウンドトラックが1965年に発売になっています。次のLPレコードは発売間もない時期に買い求めたもので、1965年ビクター版。今でも持っています。CDはこの間買ったもので1995年発売のBMGビクター版。

s400_374_DSC_201910_1545.JPG

 当時のLPレコードは卓上プレーヤーで何度も聴いたため盤面がかなり傷んでいたので、10年ほど前に中古のレコードを買い求めました。それが次の画像です。1972年RVC版(RCAレコード)

s300_300_DSC_201910_1538.JPG


 マリア役のジュリーアンドリュースさんは今でも健在で1935年生まれの84歳。トラップ大佐役のクリストファープラマーさんも健在で1929年生まれの89歳。長女リーズル役のシャーミアン・カーさんは1942年生まれで、惜しくも2016年9月17日に73歳で逝去されています。

 私が大好きだったのは、3女ブリギッタ役のアンジェラカートライトさんでした。1952年生まれの彼女は今でも健在で67歳だとか。

 彼女は3歳お姉さんなのですが、歳も近かったせいか親近感が湧きました。「一人ぼっちの羊飼い」で歌声を聴くことができます。1966年から始まったテレビドラマ「宇宙家族ロビンソン」にペニー役で出ていたのを覚えています。いずれも画面中央です。

s500_375_DSC_201910_1529.JPG

s500_375_DSC_201910_1531.JPG


 当時のサウンドトラックは、このブログの「はじめに」に載っている真空管アンサンブルステレオでも何度も聴きました。修道女たちが面白おかしく歌う「マリア」で一人一人の立ち位置が分かることにおどろき、ステレオの良さを初めて知ったものでした。

 お転婆なマリアが歌を通じてすっかり子供たちと打ち解け、子供たちに慕われ、困難を乗り越えていつしか子供たちの母親へとなっていく様は何度見ても何度聴いても新鮮です。

 レコードとFLACファイルの聴き比べをしたのですが、それはまた後日に書きましょう。


いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ







posted by キラリ at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2019年07月27日

ジュリー・ロンドン アラウンド・ミッドナイト

2019年7月27日(土)
 ジャズLPレコードコレクションの第74号がジュリーロンドンだったので買い求めました。LPの名前は「アラウンド・ミッドナイト」です。

s300_300_DSC_0201907_163.jpg

 ジュリーロンドンは、1926年9月26日アメリカ・カリフォルニア州生まれ。2000年10月18日に74歳で逝去しています。歌手であり女優でした。

 このLPは、1960年8月に録音されています。収録されている曲は、当時のアメリカンヒットナンバーばかりとのことです。どうしてもムード音楽のように聞こえるのは、猛暑の夏に聴くからでしょうか。

s300_300_DSC_0201907_167.jpg


 でも、曲によっては間違いなくジャズですね。低めのハスキーボイスが魅力です。

s300_300_DSC_0201907_171.jpg

A面
1 ラウンドミッドナイト
2 ロンリー・ナイト・イン・パリ
3 ミスティー
4 ブラック・コーヒー
5 ラッシュ・ライフ
6 イン・ザ・ウィー・スモール・アワーズ

B面
1 ベットで煙草は良くないわ
2 あなたと夜と音楽と
3 サムシング・クール
4 ハウ・アバウト・ミー
5 バット・ノット・フォー・ミー
6 ザ・パーティーズ・オーバー

 ほぼ全曲がスタンダードソングです。多少スイングめいた曲調があったり、ジャズっぽく聞こえる曲もあります。ただ、ジュリーの優しく気だるい声は非常に特徴的で魅力があります。この声だけは素晴らしい。

 CDならとても安く出ていますが、ジュリーの声がレコードほど情感をもって再現できるかは怪しいです。昔の曲はやっぱりレコードで聞くのが感覚的にもあっています。

 ジュリーの声は素晴らしいのですが、全体にノイズがあったり当時の録音があまり良くなかったのかもしれませんね。

s300_300_DSC_201907_0341.JPG

 でもこれは真夏の日中に聴くのはちょっと違うかも。曇りの日か雨の休日、または夜遅くといった場がいいように思います。レーベルはリバティーレコードです。また聴いてみよう。


posted by キラリ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2018年11月11日

ワルツ・フォー・デビィー

2018年11月11日(日)
 ジャズを聴いていると必ずここに戻るのが、「ワルツ・フォー・デビー」です。1999年に私が初めて買ったジャズのCDがこれでした。大げさに言えば、私のジャズはここからスタートしたようなものです。もう覚えていないのですが、何かの本にジャズの入門ならワルツ・フォー・デビーがいいと書かれていたんだと思います。

 画像はその後に買ったLPレコードです。

s300_300_DSC_7130.jpg

 ビル・エヴァンス・トリオ。
 録音は1961年6月25日。ニューヨークのジャズクラブ「ヴィレッジ・ヴァンガード」にてライブ録音されています。

s300_300_DSC_7128.jpg

 「ワルツ・フォー・デビー」はA面2曲目です。
作曲はビル・エヴァンスで、1956年に姪のデビーのために作った曲とのことです。

 この日の録音は、LP「サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード」と、この「ワルツ・フォー・デビー」に収録されています。有名な話ですが、ベーシストだったスコット・ラファロは、この収録から11日後の7月6日にわずか25歳で交通事故死しています。

s300_300_2007_0930 001.jpg

 ビル・エヴァンスとスコット・ラファロは、おそらく今で言うソウル・メイトだったのかもしれません。ビル・エヴァンスとスコット・ラファロのスマートで見事な即興演奏が随所に散りばめられています。二人は心で通じ合っていたのでしょう。ラファロの死後、ビル・エヴァンスは半年間、何も手につかなかったといいます。

 ビル・エヴァンスはピアノの鍵盤に向いて顔を下に向けてピアノを弾くのですが、そのスタイルがスコット・ラファロともそっくりなのに驚きます。動画は1960年頃のものでしょうか、トリオの3人が揃って映っている貴重な映像です。



 ジャズミュージシャンは、一人ひとりに大きなドラマがあるのも魅力と言ってはなんですが、外せないことだと思います。ビル・エヴァンスのピアノは、同時代を生きたビバップのバド・パウエルの曲調ともどこか似ているような気がします。

 こちらのマイ・フーリッシュ・ハートも貴重です。




posted by キラリ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード

2018年11月06日

ジャズ LPレコードコレクション 23号 TAKE TEN(テイク・テン)

2018年11月6日(火)
 ジャズ LPレコードコレクションNo.23号をオークションで買いました。新品なら2,980円のところ中古を1,811円で購入しました。中古とは言っても、ジャケットと冊子を包んでいる紙のケースがないだけで、レコード盤は新品同様です。この値段なら、もっと購入できますね。

 ポール・デスモンド(1924年生まれ)は、西海岸のウェストコーストジャズのミュージシャンです。デイブ・ブルーベック・カルテットにいた1959年に作曲した「TAKE FIVE」が、ジャズファンならずとも知られている大ヒットでした。

s300_300_DSC_6949.jpg

 TAKE FIVEが収録されているのは、LP「TIME OUT」です。「TAKE TEN」は、TAKE FIVEの続編として1963年に録音されています。レーベルはRCAビクターです。

s300_300_DSC_6955.jpg

アーティスト
ポール・デスモンド(アルトサックス)
ジム・ホール(ギター)
ジーン・チェリコ(ベース)
コニー・ケイ(ドラム)
ジーン・ライト(ベース)※テイクテンのみ
 
 ポール・デスモンドはサンフランシスコ生まれで、1977年に52歳で没しています。

s300_300_DSC_6945.jpg

 ポール・デスモンドは、生涯、極力前に出ることを避けたといいます。TAKE FIVEの莫大な作曲印税を得ましたが、すべてが赤十字社に寄付したといいます。今現在も、年間10万ドルの印税が赤十字社に入るそうです。

s500_375_DSC_7040.jpg

 とてもいい録音です。レコードの魅力はPCオーディオとはまた違った、アナログとしてのメリハリと繊細さと音場を兼ね備えた雰囲気のある音です。デジタルでは出ない音です。レコードが廃ることは無いなと確信しました。

 ジャズLPレコードコレクションは、2019年3月12日に65号で最終号を迎えるそうです。ちょっと早とちりでした。85号まであるそうです。

欲しい号を揚げてみますと
36号 プレイズ・W.C. ハンディ/ ルイ・アームストロング
40号 アウト・オブ・ザ・クール/ ギル・エヴァンス
41号 マイルストーンズ/マイルス・デイヴィス
63号 インターモデュレーション/ビル・エバンス&ジム・ホール

 これとは別に、今興味があるのは、ビバップの中心人物だったバド・パウエルです。こちらのLPも少しづつ手に入れていきたいと思っています。


にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

音楽(ジャズ) ブログランキングへ








posted by キラリ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | レコード
スポンサードリンク