スポンサードリンク


2009年11月20日

ターンテーブルシート

2009年11月20日(金)
 ヤフオクで厚さ約4mmの純毛ターンテーブルシートを見つけ、色は違いますがLINNのような感じの見た目の良さに惹かれて購入しました。見た目で購入したので音が変わることなどほとんど期待していませんでした。触った感じは堅めのウールそのもので、曲げたら曲がったままのような弾性の少なさと、それとは裏腹に厚みの方向には凹まない堅さがあり、不思議な感触でした。

s20091120_01_004.jpg

 聴いた感じは、全体にメリハリが良くなり、解像度が上がり、明らかに低音が低いところまで良く出ています。こんな物で変わるとは思っていなかったので、良い方向に変わってこのシートはもうけ物でした。価格は1,600円と格安です。じっくりとレコードを聴き直す気になりました。地味で目立たない音だったDP-55Mが、PL-30Lを凌ぐくらいになりました。PL-30Lにも購入しようかと思っています。ただ、ウールですので、繊維くずがレコードに付くのが欠点です。吹き飛ばせばとれますけど。

s20091120_01_005.jpg

 DP-55Mのプラッターはとても軽量なものです。これを回すACモーターのトルクは小さいらしいですが、小トルク、軽量プラッターにすることで振動やトルク変動を押さえているのでしょうね。トルクを大きくすれば、プラッターもそれに見合った重いものにしなければバランスがとれないでしょう。これはベルトドライブのモーターとターンテーブルの関係とも同じなのでしょう。



 
posted by キラリ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | レコードプレーヤー

2009年11月06日

DENON DP-55M

2009年11月6日(金)
 2カ月ぶりの更新になってしまいました。季節はすっかり晩秋です。気温20℃、湿度60%の今頃がカートリッジにもちょうど良いのか、レコードがとてもいい音で鳴ってくれます。

 今回、古いDENONのレコードプレーヤーを8,000円あまりで購入しました。DENONブランドには昔あこがれたものでした。キャビネットはきれいでつやがあります。V15typeVを取り付けてみました。アームに触れるとすぐに、パイオニアPL-30Lに比べてそれほど感度の良いものではないことが分かります。ティッシュを1cm四方にちぎった紙片をシェルに落としてみると、PL-30Lのアームは大きく上下するのに、このDP-55Mの方はほんのわずか下がるだけです。

 ただ、感度が悪いから音も悪いという訳にはいかないところがオーディオの難しいところです。聴き慣れたビル・エヴァンス・トリオの「ポートレイト・イン・ジャズ」を聴いてみても、全然違和感なくいい音がします。正直言ってレコードプレーヤーによる音の違いはレコード片面聴いても分かりません。

s20091106_01_016.jpg

 このDP-55Mは、「オーディオの足跡」などに詳細が記載されていますので重複は避けますが、1981年頃に発売されたもので、当時の価格は65,000円でした。カートリッジレスのマニュアルプレーヤーです。DENONお得意のACサーボモーターで、プラッターはアルミダイキャスト製の軽いものです。ウエイトは大型でかなり後ろに下がるので、オルトフォンSPUの取付ができるかもしれません。

 アームの高さ調整は、アームベースの2本のマイナスねじをゆるめると上下に動きます。ねじは後ろ向きにあるので、アクリルカバーをはずさないと作業スペースがとれません。針圧の目盛りは荒く、全般に調整は大まかな操作性です。PL-30Lの方が操作性についても繊細感があります。この当時のDENONはオートリフトアップのアームがついたプレーヤーは末尾が"L"になります。DP-55LやDP-60Lのように。本当はDP-60L(当時90,000円)をねらっていたのですが、いまでも3万円近い高価な値が付いているので断念しました。

s20091106_01_010.jpg

 ON、OFFスイッチが少しスムーズさに欠けますが、33回転、45回転ともストロボがぴったりと合っていて聴感上のワウフラッターは感じられません。DP-55Mには重めの針圧をかけるMC-20mkUをつけようかと思います。針圧の軽いV15typeVは、アームの感度の良いPL-30Lの方があうように思います。

s20091106_01_013.jpg

 ともあれ、プレーヤーが2台あると、シェルを交換することなくカートリッジを使い分けられるので便利です。1台はMMカートリッジ、もう1台はMCカートリッジですが、DENONの昇圧トランスは入力が2系統有り、出力はトランスを経由するかパスするかが選択でき、昇圧トランスのスイッチの切り替えだけで対応できます。2台並べてみると、価格の安いパイオニアPL-30Lのほうが造りがよく、高級に見えます。国産プレーヤーはもうこれで十分。やはりいつかはトーレンス、ガラードですね。



posted by キラリ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | レコードプレーヤー

2007年10月14日

LINNを試聴

2007年10月14日(日)
 今日は素晴らしいものを貸していただきました。プレーヤーLINN LP12です。アームはSME、カートリッジはオルトフォンSPU-Aが付いています。LP12は、昔のステレオのようにアームとターンテーブルがキャビネットからスプリングでフローティングされていて、触れるとふわふわと揺れます。見た目はかなりコンパクトですが、重量は10kgあります。作動させると、かすかにモーターの回る音が聞こえます。

 小音量で20分だけ聴いてみました。いい表現が見つかりませんが、スピーカーからオルトフォンの空気が部屋に満ちてくるような雰囲気です。甘美な音とはこのようなことを言うのでしょう。低音がどうのとか原音に忠実がどうのとか、そんなことはどうでもいいと思える美しさです。何でこんな音が出るのでしょう。

 LINNのベルトドライブプレーヤーは、余計なものが何も付いていなく、見た目はとてもシンプルです。キャビネットも積層ボードではなく、内部に空間がたくさんあります。重厚感はまるでなくとても簡素な感じです。でも同じ構造に作ったとしても決して同じ音は出ないでしょう。とても歴史のある製品で、誕生は30年前とか。まさに逸品です。SPUはそれ以上の歴史があります。良いものには良いといわれるだけの理由がある典型でしょう。LINNはとても高価で、おいそれと手に入れることはできません。しばらくの間、楽しみたいと思います。

s2007_1014_01301.jpg

s2007_1014_01201.jpg


   
posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レコードプレーヤー

2007年02月25日

レコードプレーヤー PL−30L

2007年2月25日(日)

 レコードプレーヤーを入手しました。以前のものを処分して以来、10年ぶりに目にするプレーヤーです。パイオニアPL-30Lをわずか5,000円で落札。普通は15,000円以上はするものだけにとても幸運でした。カートリッジとシェルがついていないので、その分だけ安かったのでしょう。古いファンならずともPL-30、PL-50、PL-70の名前はご記憶の方も多いのでは。

 基本性能の良さもさることながら、演奏が終われば自動的にアームがリフトアップしてターンテーブルが停止するのはありがたい仕様です。フルオートのDENON DF-47Fあたりもねらっていたのですが、あいにく縁がありませんでした。

 本体はほとんどキズもなくキャビネットのつやも十分でした。1時間ばかりターンテーブルを回転させてみましたが、ロックがはずれることなく正常に回転しました。アクリルカバーもきれいなもので、音出しが楽しみです。

 次はカートリッジ探しです。DENON DL-103、オルトフォンMC-20あたりがいいのですが、まずは安価なMM型になりそうです。昇圧トランスも必要になります。でもまあ、過去の遺物になったと思っていたレコードプレーヤーが、再び日の目を見る時が来るとは全く予想外でした。


s2007_0228_016.jpg

s2007_0228_014.jpg


< PL-30L >

 発売は昭和55年ごろ、定価59,800円、カートリッジレス、大きさ:幅490×高さ180×奥行401(mm)とやや大柄、駆動方式:PLL DCサーボモーターによるダイレクトドライブ、ターンテーブル:直径31cm、重量11.5kg

 DENONが採用しているACモーターは、構造的にコキングがありませんが、他社のDCモーターでは当然ながらあります。このパイオニアのシリーズはコアレスモーターを採用することで、DCモーターながらコキングの発生がありません。これがセールスポイントでした。

レコードプレーヤーはとても存在感があり、メカニカルな美しさが漂っていますね。いつまで見ていても飽きません。


  
posted by キラリ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レコードプレーヤー



スポンサードリンク