スポンサードリンク


2018年04月28日

パイオニア PL-30L

2018年4月28日(土)
 SL-1200は中古でも2万円以上していますね。かなり古いMk2ですらそうです。程度がよく安いSLは、思ったほど簡単には入手できそうにありません。半年ぶりにPL-30Lのスイッチを入れてみました。オートストップの具合が悪かったのですが、30cmLPレコードでは大丈夫で、具合の悪いのは17cmEPレコードだけのようです。
PL-30L 1980年ごろの製品

s400_300_DSC_3624.jpg

 ロックも正常だし、雑音も出ないし、筐体もカバーもきれいだし、30cmLPだけを聞いていれば全然大丈夫なのです。サポート部は分解しないと見えませんが、他の方のブログで分解した画像を見るとジンバルサポートのようです。動きの調整は非常に繊細で微妙なものなので、素人は迂闊にネジを回したりしない方がよさそうです。ジンバルサポートとは、宇宙ゴマやジャイロのような構造です。

s400_300_DSC_3629.jpg

 30cmLPレコードでは、このようにエンドでリフトアップしてターンテーブルが止まります。エンド検出は、サポート部の中心軸の周囲にマグネットとホール素子が配置されて位置を検出する構造です。無接点ではありますが、その位置に来ないと素子が動作しないので、回路素子の劣化で位置の検出が狂うというのはなぜなのでしょうね。

s400_300_DSC_3652.jpg

 レコードは、サイモンとガーファンクルの「パセリ、セージ、ローズマリー&タイム」です。1968年発売。50年前の盤です。CBSソニー製。定価2,100円になっています。スピーカーは半年以上、エッジ軟化処理をしていませんが、低音の効いたいい音を楽しみました。

s300_300_DSC_3642.jpg

 1枚だけでは物足りず、ビートルズ青盤の2枚目も聴きました。「LET IT BE」が入っている方です。赤盤は1962年から1966年までの2枚組、青盤は1967年から解散した1970年までの曲が収録された2枚組です。こちらも50年近く前の盤とは思えないいい音がします。

s300_300_DSC_3657.jpg

 カートリッジは、去年からまた使い始めたDL-103です。多分、昭和50年代の製品と思います。オルトフォンのMC20Mk2とこのDL-103がメインカートリッジです。DL-103は適正針圧の2.5gをきちんとかけると、重心が低く厚みのある本当にいい音がします。

 s400_300_DSC_3636.jpg

 DL-30Lは良いプレーヤーだと思います。アーム、モーター、基盤は上位シリーズと共通のようですし、違うのはキャビネットの構造です。でも、リンのLP12の内部を見たことがありますが、何の変哲もない4面の枠組みの隅に3角の補強版を当てただけのキャビネット。プラッター部とアーム部はスプリングによるフローティング構造です。プレーヤーの性能は、スピンドルの軸受け精度、回転精度の高いモーターとプーリー、そしてターンテーブルなのかなーと考えさせられます。なので、PL-50のキャビネット構造なんて、あまり関係ないのかなと思ってしまいます。




posted by キラリ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | レコードプレーヤー

2018年04月14日

レコードプレーヤー 物色中です

2018年4月14日(土)
 レコードプレーヤーの調子が悪くなってもう半年。この間一度もレコードを聴いていないことに気がつきました。今年の冬は大雪でずっと視聴室が寒かったせいもあるのですが、暖かくなってきたのでレコードが聴きたいです。パイオニアPL-30Lを直す気にもなれず、オークションで中古を物色していました。ねらっていたのはDENON DP-60LやパイオニアPL-1250です。

DP-60L 
ストレートアームよりユニバーサルアームの方が良いです。
1980年製⇒DENON公式サイトより

s300_225_1980_dp60l.jpg


PL-1250
1975年製⇒パイオニア公式サイトより(ホームオーディオのタブを選択)

s300_225_pl1250_amazon_.jpg


 ただ、どちらも相当古い商品です。PL-1250は43年前の製品だし、以前はオークションでもあまり人気がなくて安かったのに、このごろは2万円前後することもあります。DP-60Lは38年前の製品で、こちらも2万円前後と高いです。いくらいい商品でも40年前後も前のものは、抵抗・コイル・コンデンサー・半導体素子などはとっくに寿命です。


 現行品かそれに近いもので安く手に入るものは、テクニクスブランドのSL-1200MK5でしょうか。最終モデルが2010年ですから。ただし、一般的な用途はDJ用です。スクラッチシートを使って、手でレコード盤を止めたり早回ししたり逆回転させたりするものです。なので、DJ用に使われていたものは酷使されているかもしれないので、できれば選びたくはないです。でも、つくりは堅牢だし、アームのジンバルサポートは初期のころから何十年も変わっていません。DENON DP-1300mk2のようなピュアオーディオだってほぼ同じものを使っています。

s300_225_sl1200mk5_amazon_.jpg

ジンバルサポート部 SL-1200mk5
(DENON DP-60Lもジンバルサポートでした。)
s300_225_02_sl1200mk5_amazon_.jpg

 SL-1200mk5は基本性能がいいのと、アーム取り付け部が上下に調整できるのが良いです。最近の安くてカッコいいレコードプレーヤーは、たいがいこの機能がありません。カートリッジを取り換える時には高さ調整が必要なのでこれはありがたいです。中古で売っているとき、DJ用のMMカートリッジがついているものは、おそらく趣味でDJのまねをしていた可能性が高いので避けます。

 DJ用に人気のカートリッジは次のようなものです。
・SHURE M44G
・SHURE M44-7
・ORTOFON concorde TWIN
・STANTON 750

 すべてMM型のカートリッジです。シュアーやスタントンは数千円。コンコルドは1万7千円前後。酷使するDJ用は、カートリッジは消耗品なので、高価なMCカートリッジを使うことはありません。これら、シュアー、オルトフォンコンコルド、スタントンのMMカートリッジがついていたら、DJ用に使われていた可能性が高いです。カートリッジレスやMCカートリッジがついているか、DJ用としては使われていなかったというものを選びましょう。

 SL-1200mk5も決して安くありませんが、40年前のレコードプレーヤーとあまり違わないので、新しい分だけ良しとしましょう。

 なお、2016年にテクニクスからSL-1200が復活しました。ただ、SL-1200Gは33万円、SL-1200GRは14万8千円です。
テクニクスSL-1200G公式サイト

s300_225_SL1200_G_.jpg


以前のSL-1200mk5の後継機は他社で出しています。
パイオニアPLX-1000 73,000円
PLX-500 36,852円
PLX-1000公式サイト

s300_225_plx-1000-main.png

 PLX-1000はどう見たってSL1200ですよね。意匠も権利ですから同じ意匠の製品をつくる以上は、テクニクスと何らかの契約をしています。そして、このPLX-1000は評判がいいです。PLX-500にもアームの高さ調節機能があるので安価でこれは良いですよね。欲しい機種です。


 もう一つ同じような機種があります。
オーディオテクニカ AT-LP120USBです。
これは国内の製品ではないようで公式サイトには載っていませんが、amazonやYahoo! ショッピングには海外並行輸入品としてあります。5万円前後です。

s300_225_AT-LP120USB_tecnika.jpg

 これは海外からの並行輸入品で、なぜか評価はよくありません。これも意匠も含めてテクニクスから権利を買っているのでしょうね。

 いろいろ調べると、SL-1200mk4はピュアオーディオ向けとのことです。トーンアーム内の配線にOFC(無酸素銅)を使用。RCAケーブル端子を設けてケーブルを交換式にするなどの配慮がされています。SP再生の78回転に対応しているとのこと。となるとねらい目は程度の良いSL-1200mk4ということでしょうか。

1972年(昭和47年)SL-1200発売 クオーツロックなし 59,800円
1979年(昭和54年)SL-1200MK2発売 クオーツロック付き 75,000円
1989年(平成元年)SL-1200MK3発売 ロングセラー 69,800円
1998年(平成10年)SL-1200MK3D発売 DJに特化
1998年(平成10年)SL-1200MK4発売 ピュアオーディオ向け 8万5千円
2002年(平成14年)SL-1200MK5発売 5万円前後
2006年(平成18年)SL-1200MK6発売 7〜8万円前後
2010年(平成22年)SLシリーズ生産終了
2016年(平成28年)SL-1200G発売 33万円
2017年(平成29年)SL-1200GR発売 14万8千円





 
posted by キラリ at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レコードプレーヤー

2017年10月08日

レコードプレーヤー PL-30L オートリフト故障

2017年10月8日(日)
 この時期になると聴きたくなるサイモンとガーファンクルをLPで楽しみました。ついでにピーター・ポール&マリーのLPも聴きました。何事もなく聴きおわり、最後に古いドーナッツ盤のシングルレコードをかけると、曲が終わりきらないうちにアームが上がってしまいました。

 シングルを3枚かけて2枚でアームが上がってしまいます。ネットで調べると、エンド検出がおかしいようです。ある方のブログに似た症状のことが書かれていて、こんな内容でした。『レコードの内周部に来ると、すべての曲が終わらないのにリフトアップし、回転ストップしていた。パイオニアに修理に出すと、エンド検出回路内コンデンサー不具合のため交換。エンド検出動作点の調整をした。』とのことです。

こちら⇒http://huzu.cocolog-nifty.com/huzu/2011/02/---3f47.html

 検出位置がおかしいのではなく、回路がおかしいとなると厄介ですね。ブログではタンタンルコンデンサーを1個取り換えたようでした。PL-30Lは製造後30数年経過し、入手後ちょうど10年になります。パイオニアに持ち込めば修理可能なのでしょうか。

 同じ方のこちらのページには、PL-30Lの裏ぶたを開けた画像があります。PL-30Lは、アームの根元にアームの動きを調整できるオイルが入っていて、これを抜かないと容易に裏返すことができないので、この画像はとても参考になります。

http://huzu.cocolog-nifty.com/huzu/2010/12/post.html

 とりあえず、一度裏蓋を開けてみなければなりません。最近はレコードがメインなので、プレーヤーは必需品です。最悪はエンド検出を効かなくして、完全マニュアルプレーヤーにする方法が残されます。

s400_300_IMG_6017.jpg


参考になるブログを見つけたのでこちらにメモしておきます。


「PL-30L オートリフトアップ位置ズレ修理」
エンド位置を修正する可変抵抗の話です。
http://northstar.at.webry.info/201004/article_5.html


「初仕事はプレーヤーの修理」
PL-30LとPL-50Lの違いです。PL-50Lがほしくなりました。
http://casamille.com/?p=5668
http://casamille.com/?p=5677



posted by キラリ at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | レコードプレーヤー

2009年11月20日

ターンテーブルシート

2009年11月20日(金)
 ヤフオクで厚さ約4mmの純毛ターンテーブルシートを見つけ、色は違いますがLINNのような感じの見た目の良さに惹かれて購入しました。見た目で購入したので音が変わることなどほとんど期待していませんでした。触った感じは堅めのウールそのもので、曲げたら曲がったままのような弾性の少なさと、それとは裏腹に厚みの方向には凹まない堅さがあり、不思議な感触でした。

s20091120_01_004.jpg

 聴いた感じは、全体にメリハリが良くなり、解像度が上がり、明らかに低音が低いところまで良く出ています。こんな物で変わるとは思っていなかったので、良い方向に変わってこのシートはもうけ物でした。価格は1,600円と格安です。じっくりとレコードを聴き直す気になりました。地味で目立たない音だったDP-55Mが、PL-30Lを凌ぐくらいになりました。PL-30Lにも購入しようかと思っています。ただ、ウールですので、繊維くずがレコードに付くのが欠点です。吹き飛ばせばとれますけど。

s20091120_01_005.jpg

 DP-55Mのプラッターはとても軽量なものです。これを回すACモーターのトルクは小さいらしいですが、小トルク、軽量プラッターにすることで振動やトルク変動を押さえているのでしょうね。トルクを大きくすれば、プラッターもそれに見合った重いものにしなければバランスがとれないでしょう。これはベルトドライブのモーターとターンテーブルの関係とも同じなのでしょう。



 
posted by キラリ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | レコードプレーヤー
スポンサードリンク