スポンサードリンク


2016年12月04日

DENON DL-103とジャズ

2016年12月4日(日)
 きのう今日と12月にしては穏やかな日が続いています。今日はデーブ・ブルーベックのLPを聴こうと思い、急にDENON DL-103で聴いてみたくなりました。2008年1月にオルトフォンMC20mk2を買ってからずっとMC20mk2を使っていたので、DL-103を使うのは実に9年ぶり近くになります。

 DL-103の針圧は?? もう覚えていません。スマホでネット検索して、針圧:2.5g±0.3gと分かりました。カートリッジをトーンアームに取り付けて水平をとり直し、ウエイトを回して針圧を調整しました。既定の2.5gとしました。久しぶりにウエイトを回したので、針圧が正確なのか不安です。MC20mk2よりかなり重く感じられます。針圧計が欲しいところです。
 DENON公式サイト⇒ DL-103

 参考までにオルトフォンMC20mk2の針圧は、ネットを探しても見つかりません。自分のホームページに出ているのを見つけました。針圧:1.5〜2g(1.7g)。

s400_266_2016_S120_1204_2016-12-04_015.jpg

 9年ぶりに聴くDL-103。出だしの1曲目は、トルコ風ブルーロンドです。えっ、こんなにいい音でしたっけ。カーンという乾いたシンバルの連打。素晴らしいベースの響き。意外と濃い濃密な音色。DL-103を見直しました。ジャズに合うじゃん。常用カートリッジになりそうです。

s400_266_2016_S120_1204_2016-12-04_014.jpg

 長く使っていなかったけれど、ダンパーも問題ないようです。針も十分にあります。

s400_266_2016_S120_1204_2016-12-04_033.jpg

 忘れていました。DL-103のインピーダンスは40オームです。オルトフォンは3オーム。昇圧トランスの3オーム側でも違和感はなかったです。耳が劣化しているのかも。右隣はヤマハのイコライザーアンプHA-5です。

s400_266_2016_S120_1204_2016-12-04_030.jpg



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村









posted by キラリ at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カートリッジ

2010年03月05日

カートリッジ No.3

2010年3月5日(金)
 カートリッジ聴き比べ第3弾です。レコードはビル・エヴァンスの「モントルージャズフェスティバルのビル・エヴァンス」です。まずはアームで有名なFRのカートリッジ「FR-1 MK2」です。バランスのよい、エグ味のないいい音です。ただ、ジャズでは平凡になってしまいます。岩崎宏美をかけると、ヴォーカルは明るくていい感じです。ネットの情報では、MC型で出力0.1mV、針圧1.5〜2.0gとあります。インピーダンスは不明ですが、聴いた感じでは4Ωがよく、40Ωではおとなしい感じになります。

  FR-1 MK2
s20100306_01_014.jpg

 おもしろいことに、全く同じカートリッジがTEACブランドでも出ています。TEAC TC-15です。音は全く同じでした。

  TEAC TC-15
s20100306_01_016.jpg

  FR-1 MK2
s20100306_01_017.jpg

  TEAC TC-15
s20100306_01_018.jpg


 サテンです。型番は不明です。(PS 2016年12月4日 これもM-18っぽいですね。18の後ろにつくアルファベット文字はわかりません)ジャズにはとても合います。ベースの深々とした低音がきちんと出てきます。ベースの弦をはじく音もよく出ています。ピアノの音は厚みがあってすばらしい。シンバルは乾いた音で、全体として騒々しさがなく、やはりサテンの音ですね。私はとても好ましく思います。カートリッジの直後にトランスのようなものを背負っていますが、トランスではありません。何なのでしょうか。

PS 2016年12月4日 ネットでカタログらしい画像の中から、シェル・リードワイヤー・サーキットと書かれているのを見つけました。誘導雑音やクロストークをキャンセルすると書かれています。当時の価格は1,000円なんですね。
⇒ ORSONIC
 サテンカートリッジのことはこちらに詳しく書かれています。
⇒ SATINカートリッジ

s20100306_01_020.jpg

側面にNC-1という型番やINPUT、OUTPUTと書かれています。
s20100306_01_019.jpg

背面にはsound+α ORSONICと書かれています。
middle_1267777966.jpg


 オーディオテクニカです。型番は、AT-150E。明るく明快な感じです。中高音の響きがよく、特徴のある音です。うるさくなく、ピアノがきれいに響きます。低音の本当に低いところはサテンほど出ないように思います。トランスをPASSするとちょうどいいのでMM型でしょうか。ジャズでもきれいな音になってしまいます。オーディオテクニカの音といっていいでしょう。

s20100306_01_022.jpg

ネットで見てみるとやはりMM型で、出力5mV、針圧0.75〜1.75gとなっています。
s20100306_01_023.jpg


 型番等不明ですが、これは見るからにDENONでしょう。DL-103とは色が違い、白いボディーです。型番がどこにも書かれていません。音はDENONそのもののリファレンス的な音です。

s20100306_01_024.jpg





 
posted by キラリ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カートリッジ

2010年02月25日

カートリッジ サテン他 No.2

2010年2月25日(木)
 久しぶりに時間がとれたので、貸していただいているカートリッジを聞き比べてみました。レコードはビル・エヴァンス。今日聴いたのはDENON DL-305です。針圧はたぶんこのくらいと、適当に1.4gに設定しました。DL-305はピアノの音色がほんのわずかに甘く、適度なメリハリのあるDENONサウンドです。特筆できるのは音の滑らかさでしょう。DL-103をずっと上品にした感じで、とても好ましいものです。ただ、残念なことにウッドベースの深々とした低音がもの足りません。このカートリッジだけを聴いていれば問題ないかもしれませんが、次のサテンと聞き比べるとその差は歴然とします。

  美しいパールカラーのボディー DL-305
s20100225_01_002.jpg

 先日、聴いた感じがとてもよかったサテンをもう一度聴きました。型番は不明です。M14に似たアイボリー色で、正面にSATINとかかれています。やはり好きな音です。ピアノの音色が甘くきれいに響きます。V15typeVのピアノは、やや電子音のように感じますが、こちらは普通に自然です。低音がきちんと出るので消化不良になりませんし、高音は適度に乾いていて、解像度もあります。個人的にはジャズにはV15よりもあっていると思います。とても好ましく、ぜひ手に入れたいカートリッジです。

PS 2016年12月4日
型番は、M6-8Eではないかと思われます。

s20100225_01_005.jpg



 
posted by キラリ at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カートリッジ

2010年02月03日

カートリッジ サテン他

2010年2月3日(水)
 カートリッジを6個貸していただきました。サテン2個、ダイナベクター1個、アントレ1個のほかDL-305とオルトフォンSPU-Gです。サテンは、70年代の昔にオーディオ誌でよく目にしました。グレース、ピッカリング、エンパイアなども懐かしい名前です。ただし、サテンの音は全然知りませんし、どんな会社なのかも知りませんでした。

s20100202_01_003.jpg

 下の画像はサテンM-18Xです。
s20100203_02_002.jpg

 ソースは、ドビュッシーVNソナタ チョン・キョンファのLPレコードをかけました。深みのある音という感じです。可も不可もなく、典型的なMMの音・・・と思っていました。次のサテンを聴くまでは。

 次はダイナベクターです。型番不明。
s20100203_02_004.jpg

 赤の透き通ったボディーのとてもきれいなカートリッジです。同じチョン・キョンファのLPをかけました。MCのような細かな音が出てきます。くっきりとした印象です。(それもそのはず、れっきとしたMCカートリッジでした。)しかし、プチノイズを盛大に拾います。高音がノイジーな感じがします。

 2個目のサテンです。型番不明。
PS 2016年12月4日
型番は、M6-8Eではないかと思われます。
s20100203_02_007.jpg

 ここで、ソースをジャズに変えました。ビル・エヴァンスのLPで「ELOQUENCE」です。音がやや小さくて、MCトランスをONにしました。音の細かさは最初のサテンと次のダイナベクターの中間のような感じで、ちょうどよいバランスです。聴き込んでいくうちに、ピアノの響きがとてもよく、ベースの低音も深々と出てきます。ベースの弦を指ではじく音がもう少し出ればと思います。適度な音の厚みもあって音場の広がりがあり、とてもすばらしい音です。V15の乾いた響きとはまた違うタイプです。

 サテンはMMだと思っていましたが、これもれっきとしたMCでした。欲しくても、会社はすでに存在していません。そこで、もしやと思い最初のサテンに取り替えてジャズを聴いてみました。クラシックのときとはうって変わって、ほぼ同じ音色のご機嫌なジャズを聴かせてくれました。インピーダンスがどれほどか分かりませんが、4オームと40オームを切り替えてみると、40オームの時の方が音に厚みが感じられてよいと思いました。

 サテンはもう20年近く前に会社を閉じたのですね。純粋な国産カートリッジで、その名前を知ったのは40年ほど前でした。今、すばらしい音にふれることができて幸運でした。


 アントレ 型番不明
middle_1265179249.jpg

 くすんだオレンジ色のいい味わいを見せています。私はこのカートリッジのことは全く分かりません。ジャズを聴くと、サテンよりもピアノが細やかに聞こえます。音の厚みはサテンの方があります。これはこれでよい音ですが、好みからいえばサテンを選びます。ピアノの高音がやや耳につく感じがします。

 違う印象の方も多いと思いますが、すべて個人の感想ですのでご了承ください。



  
posted by キラリ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | カートリッジ



スポンサードリンク