スポンサードリンク


2007年09月23日

オルトフォン T−30

2007年9月23日(日)
 友人より、オルトフォンのMC昇圧トランスT-30を貸してもらえることになりました。インピーダンスが5段階に切り替えできます。私は、この夏に購入したMC20を使うので、インピーダンスは3Ωにします。

 レコードは購入したばかりのビルエヴァンス「EXPLORATIONS」をかけてみました。 今日のところはわずか10分程度の試聴ですが、DENONのトランスより明瞭度が増したように思います。もともとMC20は、つややかでどちらかというと明るめのキャラだと思いますので、よりいっそうMC20が引き立つような案配です。

 明るいと言っても軽さはありません。ベースはずっしりと来ますし、ピアノにも厚みが感じられます。タンノイの音色にも通じて、筋の通った音色になったようです。

 SV-6を修理に出してからLUX A505プリが復帰していまして、タンノイ−300Bシングル−A505プリ−ortofon MC20のラインは、以前とは比べものにならないほどきれいな音色を出すようになっています。タンノイのエージングが進んだこと、オルトフォンの入力ラインが整ったこと、そしてA505の初段にテレフンケン球を使用したことなどの相乗効果なのでしょうか。

 まだ短時間しか聴いていないので、じっくり聴き込んでからまたレポートしたいと思います。

s2007_0921_015.jpg



     
posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 昇圧トランス

2007年03月12日

MC昇圧トランス

2007年3月12日(月)

 MM型より音がいいと言われるMC型カートリッジ。オーディオが全盛期だった80年代は、高価なMCカートリッジは高嶺の花でした。それに加えてMC型は出力電圧が0.5ミリボルトとMM型の1/10しかないので、アンプにつなぐには高価なヘッドアンプか昇圧トランスが必要だったのです。

 そんなこともあって今回初めてMCカートリッジを使うことができました。ごく微小な電流を扱いますので、周囲のノイズレベルの方がはるかに高いため、いかにノイズを抑えるかが課題で、総じてMC型のS/N比が低いのはこのような理由によります。

 画像はDENONの昇圧トランスです。またしても友人のご好意により譲っていただいたもの。理屈はともかく、聴いてみました。

s2007_0312_003.jpg


DENON AU-320
PASS(MMモード)とMC(3Ω、40Ωの2モード)の3回路切り替え。
2系統の入力端子。3重のシールド。
サイズ:97Wx65Hx155D(mm)
重量:800g


 言葉で言い表すのは難しいのですが、音の一つひとつが力強く、小さな音もちゃんと聞こえます。ヴォーカルは生々しく、それでいて音がきつくはありません。確かに素晴らしいです。音ではなく音楽が楽しめます。ただ、レコードなら何でもいい音かというとそうではなく、良い旋律、良い声、良い録音と3拍子揃っているときが最高です。

 でも、同じ内容の盤ならCDよりもレコードの方が優っているのは確かなようです。CDの方が優れているのは、好きな曲だけを選んで聴きたいときの操作性、多少のほこりやキズがあっても演奏に支障がない、片付けと収納の容易さでしょうか。双方のメリットを比べて良いとこ取りをするのがいいでしょうね。

F1000041.JPG


   
posted by キラリ at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 昇圧トランス



スポンサードリンク