スポンサードリンク


2018年06月17日

レコードクリーニング 私流

2018年6月17日(日)
 中古レコードを入手したときの必須手段はレコードクリーニングです。2007年の記事にもレコードクリーニングを書きましたが、すでに10年以上たっているので改めて書いてみようと思います。

 用意するものはガーゼです。ドラッグストアで数百円で買えると思います。30cm×10mみたいなのがあると思います。まずは、鍋にお湯を沸かしてガーゼをつけ、付いている糊を良く溶かして落とします。そして水気を切って乾燥させます。乾燥したら、これを10cm×15cmくらいに小さく切ると100枚ぐらいできると思います。

 レコードのクリーニングは、この小さく切ったガーゼに水を含ませて絞ったものを使います。ガーゼは糸くずが出ないし湿らせて使うので静電気が発生しないためとても便利です。レコードを同心円状にていねいに拭いていきます。ある程度の力も必要です。汚いレコードだとガーゼが薄汚れるのが分かります。裏表を良く拭いたら、レコードを手にもって空中であおぐように動かして風で乾燥させます。10回ぐらい動かせば乾燥します。何枚かまとめて拭くと効率的です。ガーゼは使い捨てにします。

 ガーゼが面倒な場合は、レコクロス50という商品が大きさも手ごろで使いやすいです。こういうものですが参考までにご覧ください。

s400_300_2017_S120_0411_2017-04-09_008.jpg

Amazonで売っています。

レコクロス50

新品価格
¥648から
(2018/6/16 16:31時点)




 今はこれを使っていますが使い心地はガーゼと同様、使いやすいです。これも1枚使ったら使い捨てにします。

 私は水を含ませただけで拭いていますが、レコードクリーナー レコクリン200というのも持っています。上の画像にも写っていますね。評判は悪くなく、汚れがきれいに取れるそうです。私は化学薬品をレコードにつけたくないので使っていませんが、ほとんど水のようだと口コミで見たので、次は使ってみようかと思います。

こちらもAmazonで売っています。

レコードクリーナー レコクリン200

新品価格
¥1,512から
(2018/6/16 16:37時点)




 私はキッチンの流し台の上に、チラシを敷いて(細かなごみがつかないので)その上でやります。こんな感じ。

s400_300_DSC_4486.jpg


 レコードクリーニングの目的は、指紋などのたんぱく質の除去と埃などの除去です。スクラッチ音(パチパチ音)は多少少なくなりますが、クリーニングだけではスクラッチ音は取れないので次の歯ブラシを使う方法でこれを取ります。口コミで、汚れは取れるけれどスクラッチ音が取れないと多くの方が書いていますが、それは当然と言えば当然です。

 レコード溝の奥にこびりついた汚れは、表面を撫でただけのクリーニングでは取れません。そこで使うのが歯ブラシです。ただし、銘柄は「デンターシステマ」に限ります。理由は毛先が非常に細く、レコードの溝の奥まで届きやすいことと、毛が柔らかくてレコードを傷めないからです。
 
 強さは「ふつう」か「やわらかい」ものを使います。ほかの銘柄は試していないので残念ながら分かりません。

 使い方は、レコードプレーヤーのターンテーブルにレコードを乗せて回転させ、歯ブラシを盤面に軽く当てます。汚れが溝の底にこびり付いているときは、歯ブラシがわずかに引っかかるので分かります。5回転くらい当てていれば急に引っかかりがなくなるのも分かります。レコード溝の部分に歯ブラシを当ててきれいになったと思ったら終了です。

s400_300_2007_0718 007.jpg

 画像は器具を使っていますが、汚れを取る時は手で持って引っ掛かりの感触を確かめながらやるといいです。

 スクラッチ音はかなり少なくなり、盤によってはほとんど感じられないぐらいになります。これでも残る小さなノイズは気にしないことです。40年以上も前のレコードからノイズもなくきれいな音が飛び出してくると、本当に驚きますよ。中古レコードは当たりはずれもあるので、少なくとも聴かないで出品しているものは避けた方が良いと思います。懐かしいレコードを楽しみましょう。




posted by キラリ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レコードクリーニング

2007年05月02日

レコードクリーニング

2007年5月1日(水)
 この1カ月、コツコツとレコードを購入した甲斐あって、所有枚数は50枚を越える勢いです。LP30枚セット1,000円なんていうものもあって、開けてみると結構値の張るものが無造作に入っていたりするのも楽しみです。下の画像はそんな中の一部です。

s2007_0501_009.jpg

s2007_0501_007.jpg


 ところで、中古レコードにはクリーニングが付きものですね。ネットでは様々な方法が出ていますし、次のリンク集も見てみるのもおもしろいです。http://d.hatena.ne.jp/qbc/20070219

 いろいろ見てみましたが、今実際にやっているのは、適当な大きさに切ったガーゼを湿らせて拭き取る方法です。とても簡単で相応の効果があります。ガーゼは、小さな糸くずが出ませんし、湿らせることで汚れが良く取れ、静電気が起きないというメリットもあります。

 ポイントは、買ったばかりのガーゼは熱湯にしばらくつけて糊をよく落とすこと。盤面を拭くときは溝に沿って同心円状に拭くことです。カビを取るときは、力を入れて拭くときれいに取れます。力の入れ具合は実際に試してみると分かります。このあたりは次のURLに詳しく出ていますので、興味のある方はご覧下さい。http://weblog.shigeo.net/97
 ただし、くれぐれもターンテーブル上ではしないで下さい。ベアリングを痛めるおそれがあります。

 これで目に見える汚れは落ちますが、レコードを再生してみるとスクラッチノイズがまだ残ります。でも高価なクリーナーを買う必要はありません。ここで役立つのが歯ブラシです。評判のいいのが「デンターシステマ」です。私も使ってみました。このときは、ターンテーブルでレコードを回転させながら、歯ブラシを盤面に2回転するくらい当てます。汚れが溝の底にこびり付いているときは、歯ブラシがわずかに引っかかるので分かります。5回転くらい当てていれば急に引っかかりがなくなります。

 これでもまだ残るチリノイズは、気にしないことです。レコードとはそういうものなのですから。
 中古市場では、30数年前の懐かしいレコードも入手可能です。若いころに聴いた曲をまた聴く楽しみ。これも格別です。


   
posted by キラリ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レコードクリーニング



スポンサードリンク