スポンサードリンク


2010年01月13日

CDプレーヤー ピックアップの交換No.2

2010年1月13日(水)
 昨日発注したばかりなのに、もう今日届きました。注文したレーザーピックアップは、KSS-240Aという型番で、元々はSONY製ですがこれにはSONYの表示はありません。箱の文字からなんとなく中国製のような気がします。KSS-240Aは、各社のCDプレーヤーに使われているごく一般的なものです。半固定抵抗は調整済みですから、測定器と経験がないときはさわらないことです。

s20100113_03_001.jpg


 組み込む前に、CDプレーヤー側のピニオンギヤをきれいにしておきましょう。私は、テープデッキの清掃に使うラバー用の青い液を使用しました。特にグリースはつけませんでした。
 組み込みは、はずしたときの逆の順に行います。フラットケーブルの取り付けも簡単でした。コネクタの両側の突起がすでに持ち上がっているので、フラットケーブルを差し込んで突起を戻すだけです。間違えることはないと思いますが、フラットケーブルの裏表に注意です。心棒をピックアップの軸受けに差し込んで元通り固定します。角度を変えて3枚とりました。

s20100113_03_004.jpg

s20100113_03_006.jpg

s20100113_03_005.jpg


 うっかりとCDを上から押さえるクランパーをつけないでCDを回してしまい、あわてて止めて取り付けました。作業はこのようにCDトレイを出して行っています。

s20100113_03_009.jpg


 さて、いよいよCDを認識するかチェックします。はやる気持ちを抑えてCDをセットしてCLOSEボタンを押します。

s20100113_03_013.jpg


 わずか2秒ぐらいで何事もなくCDを認識してくれ、ほっとしました。とても素早い動作でおどろきました。再生音も問題なく大成功です。送料込みで2,950円。簡単にピックアップの交換ができました。ピックアップをうまくはずせる機種なら、へたにレーザー出力を調整するより交換してしまった方が、これからも長く使えてメリットが大きいのでは。

s20100113_03_011.jpg

PS その後の状況 1月18日(月)
 今日はゆっくりとCDを聴いてみました。まずCDの認識について、スイッチを入れてすぐは認識できないCDが何枚もあって焦りました。認識できるものは1〜2秒でできますが、しないものは全然だめ。CD-Rではなく、普通の市販CDです。ところが5分ぐらいたつと急に認識できるようになり、その後は普通に大丈夫でした。早送り、逆戻しなども問題ありません。
 再生音は音飛びは全くなく、ノイズも皆無です。ピックアップ交換以前と同じ、メリハリのあるよい音がしています。約2時間視聴しましたが異常ありませんでした。スイッチオン直後のCDの認識については、しばらく様子を見てみます。
 3月8日(火)
 CDの認識について、その後は何の問題もなく快適に動作しています。おそらく、1月18日は、レンズに軽い結露があったのではないかと思います。




  
posted by キラリ at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | CDプレーヤー

2010年01月12日

CDプレーヤー ピックアップの交換No.1

2010年1月12日(火)
 CDプレーヤーは2008年10月に中古で購入したDENON DCD-1515ALで、1994年製です。最初からCDをうまく認識しないことがあったのですが、CDエクササイザーでごまかしてきました。そのCDエクササイザーすら読み込まなくなってしまい、音質が気に入っていたので重い腰を上げることにしました。レーザーピックアップの点検と交換です。本体のケースは購入してはじめて開けました。当時66,000円の機械の中身はこんなものなのでしょうか。ずいぶんあっさりとしています。電源トランスも小さく、1枚基盤です。
 レーザーピックアップを取り外す方法を写したサイトがほとんどなかったので、詳しく書き記します。

s20090111_02_006.jpg


 一番上にCDを押さえる円盤がついた樹脂製のクランパーカバーがあります。四隅にそれらしいビスで止まっていますので簡単に取り外せます。

s20100112_01_001.jpg


 次はCDを乗せるトレーがあるので、OPENボタンでトレーを開けて動かしてしまいます。

s20100112_01_002.jpg


 ようやくレーザーピックアップが見えました。ここまでは簡単です。

s20100112_01_005.jpg


 ここからが問題です。取り外し方は機器それぞれに違うようで、他のサイトの記事はあまり役に立ちませんでした。

s20100112_01_006.jpg


 レーザーピックアップはSONY製のKSS-240Aで、様々なメーカーや機種に使われている一般的なものです。メーカーに依頼すれば部品代で1万円以上しますが、ネットでは新品が3,000円程度で入手可能です。半固定VRが3個ついています。中央がフォーカス、右がレーザー出力、左がEFバランスです。ちなみにレーザー出力は、右に回せば強くなります。私は測定器がないので、手探りの調整はあきらめました。

 PS そういえばうちにある古いONKYOのミニコンポCR-185にも同じものが使われています。普及機クラスのピックアップなのでしょう。(1/25) 

s20090111_02_014.jpg


 少々考えましたが、はずすビスが見あたりません。一番それらしいのが、ピックアップがスライドする心棒を留めているビスです。画像上部の中央にあるビスです。とにかくこれをはずしてみることにしました。ビスはゆるむだけではずれないようになっていました。でもこれで心棒をはずすことができ、ラック&ピニオンギヤのかみ合いがはずれれば、ピックアップは軽く左右にスライドします。

s20100112_02_001.jpg


 心棒ごとピックアップを取り外した状況です。まだフラットケーブルがつながっています。このように心棒とともにピックアップユニットがはずれるので、違う機種の場合はどのビスをゆるめればはずれるかを考えればいいでしょう。心棒は引き抜いてしまいます。

s20100112_02_003.jpg


 フラットケーブルは、コネクターの両側の小さな突起を少々引き上げればスポッと抜けます。コネクタは基盤上に残り、コードだけが抜けるのでびっくりします。

s20100112_02_004.jpg


 レーザーピックアップユニットです。製造後16年経過しているので寿命なのでしょう。16年もてば決して寿命が短いということはありません。レンズはとてもきれいな状態でした。

s20100112_02_006.jpg


 裏側にレーザー本体が横向きに見えます。中央の金色をしたコンデンサマイクのような形状のものがそれです。心棒をスライドする軸受けが見えます。とても精度の高い軸受けです。

s20100112_02_009.jpg


 今回はここまでです。まず、ピックアップがうまくはずせるかどうかを確かめてから新しいピックアップを買うつもりだったからです。CDプレーヤーは中古でも5,000円以上しますから、ピックアップを3,000円程度で購入して交換し、うまく動作してくれれば儲けものです。ただ交換するだけで作動してくれるものなのかは未知数です。調整が必要ならピックアップが無駄になるので考えなければなりません。
 ピックアップは、個人向け通販ショップCD partsmanで見つけました。価格は2,400円+送料となっていましたので思い切って発注しました。




 
posted by キラリ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | CDプレーヤー

2008年10月09日

DENON DCD-1515AL

2008年10月9日(木)
 DCD-1515ALは1994年製のCDプレーヤーです。中古の、あまりに安さについ手が出てしまいました。昨年も中古でCDプレーヤーを購入したのですが、そのマランツCD650は、世間の評判とは裏腹に色づけがきつくて、美品でしたがまもなく手放してしまったのです。購入したDCD-1515ALも経年を考えると外観は超美品でした。DENONのCDプレーヤーは初めて聴きます。早速聴いてみました。とても芯がありメリハリのきいた音というのが印象です。特に中低域の力強さは圧倒的です。中高域にはじゃまにならない程度に少しつやがありこれがDENONらしさを出しています。DENONの音色をとても気に入りました。
 20数年前に持っていたDENONの3ヘッドカセットデッキDR-F2の音を思い出させます。CDプレーヤーとしては、90年代のDENON 1500シリーズや1600シリーズの音色は出色と言っていいかも知れません。ロングランの理由が分かるような気がします。とても好感の持てる音色です。そしていつものように直後にレコードをかけてみると、たいしてCDの音に落胆せずに済みました。90年代のDENONのCDプレーヤーはなかなかのものです。機会があればDCD-1650も聴いてみたいと思いました。
 レコードは、ジュリーロンドンのヴォーカルをかけました。ヴォーカルの生々しさはやはりレコードならではのものです。メリハリ感はCDの得意な分野なのでしょう。しかし、人間の声の表現など、ニュアンスの表現ではCDではDENONをしても太刀打ちできそうにありません。おそらく、価格の問題ではないでしょう。現行デジタル方式の限界なのでしょうか。

PS.2009/1/31
 このCDプレーヤーは、CDを入れても認識しないことが時々あります。時間:曲数表示が「00:00 00:00」のまま動かないのです。これは以前に購入したCDエクササイザーの出番です。リピートをかけて20回ぐらいピックアップを強制的に端から端まで動かしてやることで、固まったグリースを可動範囲外に追いやり、ピックアップがスムーズに動くようになります。その後、CDを入れるときちんと認識するようになりました。

s2008_1008_02_006.jpg

 DCD-1515AL 94年製

sDENON_DRF2.jpg

 DR-F2 80年製


    
posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CDプレーヤー

2008年01月20日

CDエクササイザー

2008年1月20日(日)
 内容的には番外編なのですが、今回の話題は「CDエクササイザー」という商品のことです。実は、しばらく放置していたSONYディスクマンの一つが、CDを再生しようとしたところデータの読み込みができず、しばらくすると回転が停止してしまうのです。十数年経つ古いものなのですが音質が良いため重宝していたのです。

 捨てるのも惜しくて思案していたところ、ヤフオクで見つけたのが表題の商品です。これは、「CDエクササイザー」を再生することで、『ピックアップがガイドレール上を素早く往復する(最内周から最外周までの99.9%以上をメカニズム自体の最大速度で往復)』ものらしいです。これによって『ガイドレール表面の油膜ムラを解消し、付着した汚れを最外周に追いやる』ため、『音質・読み取り精度・音飛び・ジッター・スレッド音などが改善される』とあります。980円ですし半信半疑、だめもとで早速購入しました。

 画像のようにディスクマンにセットして再生させることで数秒でピックアップの往復動作が終わります。5回ぐらい繰り返したあと音楽CDを入れてみると、何と、きちんとデータを読み込んで再生するではありませんか。これには感激しました。もう一つ、音飛びの激しいカミさんのONKYOミニコンポに入れて、これも数回のピックアップの往復動作を繰り返すと、音飛びがピタリと止まりました。素人がピックアップまわりの分解清掃を試みるくらいなら、これを試してみる価値は大いにあります。調子の悪いCDプレーヤをお持ちの方には朗報でしょう。ただし、ピックアップが逝かれてしまったものは効果はありませんが。

s2008_0120_004.jpg


  
posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | CDプレーヤー



スポンサードリンク