スポンサードリンク


2011年01月10日

マッキントッシュ MC30

2011年1月10日(月)
 PCオーディオを聴くのに、手持ちのサンバレーSV-501SEと借りているマッキンMC30の両方を自然に使い分けていました。マッキンの音は、適度なコクと厚みがあり、それでいて重くなり過ぎない軽やかさもあってさすがです。聞き飽きることがありません。真空管は懐かしい柔らかい音がするというのは間違いです。うまく設計された真空管アンプのダイナミックさ、繊細さ、その味わい深さは何物にも代え難いものです。

 マッキンのパワーアンプと言えば、普通はMC275の方を思い浮かべます。KT88のMC275は復活、再販売されています。でも、このMC30もとてもよい味を出しています。電源は全波整流管5U4Gを使用し、出力管は6L6プッシュプル。12AX7を2本、12AU7を1本、12BH7を1本使用しています。MC30の回路図がないのでMC275の回路図を参考にすると、初段12AX7、位相反転段12BH7、電圧増幅段12AU7、ドライブ段12AX7、出力段6L6という構成なのでしょうか。出力はちょうど良い30Wです。

 マッキンは独自の回路構成を取っていて、特に出力トランスは真似のできるものではありません。このような素晴らしい音を出すアンプを最初に設計した技術者は、ずば抜けたひらめきを持っていたのでしょう。

m20101217_01_004.jpg

 スピーカー端子は古典的なねじ式です。省スペースで無駄なコストもかからず、それでいて4Ω、8Ω、16Ωに対応しています。入力はRCA端子があります。
m20101217_02_001.jpg

 翻ってウチのSV-501SEは、マッキンに比べるとすっきりした音がします。これはこれで良い音で気に入っています。PCと真空管アンプは意外にもとてもマッチしています。サンスイα607の出番がなくなりました。



posted by キラリ at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | マッキントッシュ

2007年12月28日

マッキントッシュ C22

2007年12月28日(木)
 かつて、マニアの人気を二分したプリアンプ、マッキントッシュC22とマランツ#7。画像はマッキントッシュC22オリジナルです。製造は1962年ごろでしょうか。シリアルナンバー45A××。Made in USA 117V仕様のヴィンテージです。お借りしたもので、とてもとても私B級が購入できるものではありません。外観は割とコンパクトなものですが、この存在感は何なのでしょうか。

 音色は、現代のレンジの広いさわやか系のアンプとは対極をなすものでしょう。レンジは広くはありません。どちらかというと中音域を中心にまろやかな音色です。しかし、低音は非常に力強く、スネアドラムや高域のハイハットのはっとするような表現力には、ただ者ではない何かを感じさせます。外観も、60年代を感じさせるレトロなものでありながら、これが逆に斬新さを感じさせるあたりは本物の魅力なのでしょう。

 仕事でオーディオに携わってきた方や、永年のマニアの方が、こぞってレコード&真空管アンプに回帰されています。さわやかな音、耳あたりの良い音は、慣れてしまうと感激がなくなってしまいがちです。レコードにしろ真空管アンプにしろ、奥行き感のある音、情報量の多い音といった言い方がされますが、これに加えて時折、はっとする表現、ぞくっとする感覚が感じられ、その刺激を味わいたいがために聴いていると言ってもよいと思います。

s2007_1223_011.jpg

s2007_1223_008.jpg

posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マッキントッシュ



スポンサードリンク