スポンサードリンク


2016年07月13日

無線と実験 1969年1月号

2016年7月13日(水)
 古い本を入手したので載せてみます。懐かしく思われる方は60代以上かも。無線と実験1969年(昭和44年)1月号です。中学生だった私はこの本を当時買いました。定価200円となっています。難しい本だったのを覚えています。それまで初歩のラジオとか模型とラジオのような子供向けの本しか読んでいなかったので、無線と実験は完全に大人向けでした。

s216_300_DSC_1174.jpg

裏表紙はミリボルです。
s216_300_DSC_1176.jpg

 この本の目玉の一つはICプリアンプでした。真空管からトランジスタへの過渡期の時期に、ICの音はどうだったんでしょうね。(PS)音は普通級だったと書かれていました。表紙の基盤がこのICプリアンプです。NEC MC-4080-1は何と今でも売られています。1個5,260円です。
s289_400_DSC_1189.jpg

 これが今となれば一番の目玉だったのかもしれません。あのUESUGIです。上杉佳郎氏設計のアンプですね。トーンコントロールを排したプリアンプです。当時はBASS・TREBLEに魅力を感じていたころだったので、トーンコントロールなしのプリアンプは、ひどくがっかりしたのを覚えています。子供でしたからね。今はトーン不要の考えはとても共感できます。(PS)音はとても良いそうです。このアンプと同氏作UV-211Aのコンビで鳴らしたところ、マッキンC-22と遜色ないばかりか透明度はC22を凌いでいたそうです。ホントですか?
s289_400_DSC_1191.jpg

 回路図が見えるでしょうか。画像をクリックすると大きくなります。
s1155_1600_DSC_1193.jpg


 当時の広告も懐かしいものばかりです。少し載せておきましょう。
 ビクターのSEAです。イコライザーです。これは大ヒットでした。ビクターのセパレートステレオにはSEAが標準で搭載されていました。このすぐ後だったと思いますが、サンスイから低音-中音-高音がコントロールできるアンプが登場しました。これの方が斬新だったように思います。
s289_400_DSC_1178.jpg

 ヤマハのNSスピーカーの原型です。今でも一部のマニアには強烈な人気です。グランドピアノのような形をしたコーンは発泡スチレンでできていて、エッジ部は固定されている斬新なものでした。NS-20のお値段は48,000円となっています。
s289_400_DSC_1180.jpg

 ナショナル製コアキシャルスピーカー。とても美しい形をしています。口径は20cmで、価格は4,500円となっています。今でも通用しそうな形です。このころはコアキシャルスピーカーが、フォステクスやコーラルからもたくさん出ていました。パイオニアからもPAXシリーズがありましたね。
s289_400_DSC_1182.jpg

 オーディオ店で初めてステレオカセットデッキを見たのはこのAIWA製です。オープンデッキが普通でしたから、とても斬新でした。でも音はラジカセ並でした。まだ、ドルビーもないころですから。カセットデッキの価格は29,800円。その横にあるポケッタブルなレコーダーが気になります。ソニーのウォークマンが出る10年前に、もうこんなレコーダーがあったんですね。でも、これはステレオではなくモノラルだったそうです。価格は32,000円。当時の技術でステレオレコーダーも作れたでしょうに。そうすればウォークマンの歴史は変わっていたかも。
s289_400_DSC_1185.jpg

 たくさん載せたい画像はあるのですが、これで終わりにしましょう。パイオニアのプリアンプです。マランツにそっくりですね。当時でもマランツとマッキンは両雄でした。特性ではマッキンを超えたとかいう広告があったように思います。当時の日本は、特性がすべての時代だったようです。おそらく1970年前後の最も人気があったアンプはサンスイのAUシリーズだったでしょう。
s289_400_DSC_1197.jpg


 ちょっと懐かしい本を載せてみました。この本が出た年にサンスイの名スピーカーSP-2002が発売されています。SP2002は実に生々しい音だったのを覚えています。無線と実験は今でも発行されています。良いものは長く続く好例でしょうね。




posted by キラリ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アラカルト

2012年10月24日

コメントをくださった皆様

2012年10月24日

(注)この記事は、旧ブログ(B級オーディオ趣味)http://star.ap.teacup.com/vient49/ のものですので、該当のコメントは、当さくらブログでは見ることはできません。
--------------------------------------------------------------

 管理メニューをたまたま見ていて、コメントがたくさんあるのを最近発見しました。2007年ごろのコメントもありました。承認制にしていたため見つけるのがおそくなりました。ほとんどのコメントは公開してあります。コメントをくださった方に、あらためてお礼とお詫びを申し上げます。申し訳ありません。

 「懐かしくて同じ機械を引っ張り出してきた」、私のウェブサイトを見て「影響を受けた」といううれしいコメントがたくさんありました。また、私のPCオーディオを批判するコメントもありました。私のサイトやブログは、趣味嗜好の世界です。違う意見があることを否定はしません。しかし、違う意見はご自分のブログやサイトで書けばいいことで、批判にはおよびません。削除させていただきました。

 PCオーディオの世界は10年以上の歴史があります。私も年末で2年になります。デジタルの世界でありながら陰影をよく描く世界であると思います。一時的なフラシーボ効果でないことは明らかです。アナログの世界ではオープンテープの次に良いのがFM放送と思います。KENWOOD L-02Tで聞いたNHK-FMの邦楽を忘れられません。レコードも独特の雰囲気があって今でも聴きます。そして、質の良いFM放送に匹敵するか、それ以上なのがPCオーディオと思います。わずか1万円のDACでそれが実現できます。もっとも、この1万円のチャイナDACは知る人ぞ知るの有名なDAC(当時)で、いつも品切れ状態でした。

 今回はコメントへのお礼を書くためにアップしました。

 最近、とても古いスピーカーを安価に入手でそうなので、入手できたらそのうちにアップします。国産ものです。



  
タグ:コメント
posted by キラリ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アラカルト

2012年09月21日

オーディオ休養中です

2012年9月21日
皆さんこんにちは。
お久しぶりです。

本編にもちょっと書きましたが、ただいま本業の傍ら、ある塾に入ってビジネスのある方面を勉強中で、余裕の時間が今のところ全然ないのです。

それに、チェビオットを手放してから、聞くスピーカーがないのでオーディオは休養を余儀なくされています。

PCオーディオは、パソコンを入れ替えました。といってもこれまで使っていたWindows Vistaマシンに替えました。何の設定もしていませんが、USB DACをつないで音が出るところまでしました。

スピーカーがないと書きましたが、タイムドメインmini改が一組ありますから音出しだけは可能です。

やはりオールド・タンノイの音が懐かしいです。
早い機会に、デボンかイートンを手に入れたいと思っています。

オーディオを止めたわけではありませんから、時々は近況を書こうと思います。



 
posted by キラリ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アラカルト

2012年05月12日

リスニングルーム 新・旧

2012年5月12日(土)
 6年間親しんだタンノイ・チェビオットを手放しました。やはり、1台30kgという重量がネックになって、かねがねデボンかイートンに替えようと思っていたのです。HPD315Aの音は、これしかないと言うくらい気に入っていたので、次もHPD315かHPD295が欲しいものです。モニター・レッドやゴールドも素晴らしいものですが、たぶん聴き比べてもHPDと甲乙つけがたいと思います。ただ、これらはいつでも市場にあるものではなく、いいタイミングで適価に購入できればと思います。画像は、ダウンサイジングが進んで寂しくなったリスニングルームです。

s20120505_c_01_033_03.jpg

 2011年の最盛期には、レコードプレーヤ2台にオープンデッキもあって、入力も5系統ありました。今は、レコード、FM、PCの3系統に納まりました。

s20090625_01_010.jpg

 とりあえず、スピーカーを何とかしたいですね。自作はおもしろいけれど、本当に良いユニットでないと聴くとがっかりするので除外です。今まで聴いたユニットで一番好みだと思ったのは、グッドマン・アキシオムの12インチダブルコーンでした。恐ろしく高価ですので、B級としては除外です。
 タンノイ・デボンかイートンを手に入れるまでは、しかし、ヤマハやダイヤトーンなどではなく、古くても何か特徴のある機種が欲しいです。タンノイを聞いている人は、どんな国産スピーカーを好むのかWebサイトを探ってみると、日立のHS-500という方を見つけました。これは、8インチウーハーとホーン型ツイータの2ウェイで、タンノイでホーン型ツイータの良さを知ってしまった者にはやはりツイータはホーンで行きたいところですし、12インチ以上のウーハーの魅力に応えるには、最低でも8インチは欲しいので、HS-500というのは一つの方向性かも知れません。
 写真の方もあれこれと撮っていますし、こちらの方はボチボチと行くことにします。

日立HS-500
1969年〜1975年ごろ 20cmウーハー ホーンツイータの2ウェイ
幅360mm 高さ610mm 奥行き347mm 1台22kg

パイオニアCS-100
1971年ごろ 38cmウーハー 16cmミッドレンジ ホーンツイータの3ウェイ
幅600mm 高さ960mm 奥行き460mmの大型スピーカー
YouTubeにも載っていますが、ボーカルが乾いた優しい音で好感が持てます。ジャズにも合いそうな気がします。難点は大きいこと。重量が1台63kgとなっています。
10畳以上のリスニングルームがあれば欲しいものです。

JBL LE8T
1973年〜1979年ごろ 20cmフルレンジLE8T 1発
サンスイのSP-LE8Tが一般的です。ジャズにはこれ以上の音はないくらい素晴らしい。古いヴォーカルにも良いかもしれない。でも、クラシックには合いそうもありません。これだけが残念。

小口径ウーハー又はフルレンジ
16cmでも低音はよく出ますが、一度大口径ウーハーの低音になじんでしまうともの足りません。口径25cmは欲しいです。




 
posted by キラリ at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アラカルト



スポンサードリンク