スポンサードリンク


2008年04月21日

マランツ#7 その4

2008年4月21日(月)
 その3で終わる予定だったのですが、マランツ#7のあまりの素晴らしさにその4を記載することにしました。やはり時間をかけて3回は聴いてみないと分からないものですね。今日聴いたのは、バックハウス「K331トルコ行進曲」、ブレンデル「ピアノソナタ第21・ワルトシュタイン」、岩崎宏美「すみれ色の涙から」、サリナ・ジョーンズ「アイ・ウォント・トゥ・ノウ・アバウト・ユー」です。
 最初に聴いたときは、高域のシャーンというところばかりが印象的だったのですが、耳エージングが進んだ結果、音の解像度が素晴らしくよくて音場がぱっと広がるのが分かるようになりました。歯切れもとてもよく、楽器や声の細かなニュアンスがよく分かります。あえて誤解を承知で言えば、高音域をぐっと持ち上げると音の解像度が上がりますが、トーンをフラットの位置のままで解像度だけが上がっている感じです。それでいて押しつけがましさやうるささがなくピアノの音色などとても良い響きをしています。これでもう少し低音が延びていればと思いますが、これは好みの問題でしょうね。
 これまではコクとまろやかさが一番と思っていました。でも、マランツ#7を聴いて考えが変わりました。こういう音もとてもいいと思います。マッキンC22とマランツ#7を2台並べてその日の気分によってどちらかを選択する。こういう贅沢をできる方は幸せですね。良い音を聴かせてもらいました。快く貸していただいた友人に感謝です。

s2008_04071_0051.jpg



    
タグ:マランツ#7
posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マランツ

2008年04月18日

マランツ#7 その3

2008年4月18日(金)
 ようやく2回目の試聴の時間がとれました。今日聴いたのはビル・エヴァンス「ワルツ・フォー・デビー」とアメリンク「ザ・ベスト・オブ・アメリカ」です。ジャズを聴いたときにシンバルの響きがとても細かく聞こえ、JBLのようだ思ったのは、アメリンクを聴いて音の粒だちがとても滑らかで、きめ細かいための誤解と分かりました。特にきめの細かさは素晴らしく、音のピントがきちんとあっています。音量を絞っても歌詞がぼけずにちゃんと聞こえるのです。繊細というのとはちょっと違います。線は細くならず、中低音も太くはないけれどしっかりしています。このあたりがマランツならではの絶妙さなのでしょう。マッキンC22のコクやまろやかさとは違った傾向の音色です。音場の広がりや力強さはそれほどではないように思います。音のきめの細かさや滑らかさは本来真空管の特徴なのですが、#7の音はなかでも特に素晴らしいと思いました。プリをサンバレーSV-3・SV-6につなぎ替えてみると、急に音のピントがぼけたように感じました。ただ、ピント以外では特に遜色なく感じられ、マッキンC22からつなぎ替えたときのような味気なさは感じられませんでした。
 マランツかマッキンかとなると、さすがに両雄の貫禄です。入手できるものなら両方ともとしか言いようがありません。味気なさは慣れますが、ピントのあった音は尾を引きそうです。

m2008_04071_002.jpg


電源スイッチ(右端)がスライド式とは珍しい。ただし感触は悪くない。
m2008_04071_004.jpg


    
タグ:マランツ#7
posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マランツ

2008年04月10日

マランツ#7 その2

2008年4月10日(木)
 今日は2時間ほど時間がとれたのでマランツ#7を聴いてみました。曲は、ビルエヴァンス・トリオ「ポートレート・イン・ジャズ」、ブレンデル「ピアノ五重奏曲」などです。第一印象は「明るい音」と思いました。タンノイがJBLのように鳴り始めたのが印象的でした。でも全く刺激的ではなく、聴き進むうちに自然な円やかさと上品さがにじみ出てきます。マッキンとは明らかに違う音です。もう少し耳のエージングが進まないと本当のところは聞こえてきません。さすがに双璧としての貫禄は感じ取れます。ジャズとの相性が良いように思えますが、これももう少し時間をかけるとまた違った印象になるかも知れません。ウッドケースに収まっているせいかマッキンとはまた違う存在感があります。シルバーのヘアラインがとても美しい。

PS 表現が違うかも知れませんが、シンバルの「シャーン」と鳴る音がV15type3やJBLで聴いた音に似ているように思います。4/15

s2008_04071_006.jpg


s2008_04071_008.jpg


s2008_04071_010.jpg



     
タグ:マランツ#7
posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マランツ

2008年04月09日

マランツ#7 その1

2008年4月9日(水)
 憧れのプリアンプ、「マランツ#7」をお借りしてきました。オリジナルのNo.12000番台です。正真正銘のヴィンテージです。まだ聴いていません。ゆっくりと眺めています。マッキンのオシャレな美しさとは違い、とても上品で気品が漂ようアンプです。もともと民生用に作られたものですから、セレクターを見るとMICだとかTVといったポジションがあるのも興味深いものです。当時のアメリカの中流以上の家庭では、レコードばかりでなく#7にテレビの音声をつないだり、マイクを使ったりしたのでしょう。今で言うAV的な使い方とは少し違うように思います。大家族の暖かい雰囲気の中で小劇場的な使い方を楽しんだのでしょうか。勝手に想像が膨らむのもマランツならではでしょう。#7は1960年当時、249ドル(1ドル=360円)でした。国内では100万円で小さな一軒家が買えた時代の9万円ですから、日本では限られた人しか購入できなかったでしょう。あしたはゆっくりと音楽を聴いてみたいのです。

s2008_04071_003.jpg

s2008_04071_005.jpg



     
タグ:マランツ#7
posted by キラリ at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マランツ



スポンサードリンク