スポンサードリンク


2016年11月19日

foobar2000とハイレゾ音源 デバイスの選択

2016年11月19日(土)
 雨の土曜日。マイルスデイビスのLP「カインド・オブ・ブルー」をじっくり聞きました。同じくCD版のマイルスデイビスの「枯葉」をストリーミング再生で楽しみ、HDDの中のFLAC音源に混じってハイレゾ音源の「枯葉」を探し出しました。数年前にe-onkyoからダウンロードしたはず。これをfoobar2000で再生しようとしたらエラーがでました。24ビットに設定されていないというエラーのようです。

 fooba2000のOutputからデバイスを見ると、いろいろの出力デバイスがあります。WASAPI(push)のUSB audio DACを指定しています。この状態で16ビットのFLACファイルは正常に動作します。ところが、24ビットのハイレゾ音源は鳴りません。

s683_289_2016-11-19_10.46.03.png

 ネットを検索して、PCのオーディオのプロパティーをいろいろ変えてみても鳴りません。万事休すと思ったのですが、foobar2000のOutputをよく見てみると、USB DACと名前がついているものが他にも2つあります。WASAPI(event)のUSB audio DACではやはりだめでした。そして最後のDS USB audio DACを選択したら、何と16bitのFlacファイルも24bitのハイレゾファイルもどちらも正常に動作しました。

 foobar2000のOutputデバイスは、「DS:スピーカー(USB audio DAC)」を選択するのが正解のようです。今後のために自分の備忘録として残しておきましょう。

s683_289_2016-11-19_10.46.51.png

 2、3年前にfoobar2000をバージョンアップした時に、いろいろな設定がリセットされたようで、滅多に設定画面を見ないfoobar2000は以前の設定など覚えていないからトライアンドエラーしかありません。これが面倒なのでfaoobar2000のバージョンアップはその後していません。

 24ビット音源は本当に久しぶりに聴きました。16ビットでは出ない23kHzの音域も出ています。非常に繊細感があります。でもねー、16ビットの方も悪くないんですよね。このブログでもたびたび書いていますが、むしろパンチがあるのは16ビットの方です。デジタル音源としては、30年以上前に確立された16ビット音源が完成領域にあったんでしょうね。

 これは、CDの音がいいということとは違います。普通のCDプレーヤーで聴くCDの音は、私には鼻詰まり感のあるすぐに飽きがくる音です。このCDが、PCのストリーミング再生で外付けのUSB DACからオーディオアンプに入れるだけで素晴らしい音になります。本当に蛇足ですが、以前のLINNの100万円以上するCDプレーヤーの音より、WindowsXPマシン+1万円のUSB DACの音の方がはるかに生々しいいい音だったことは、当時の友人宅のオーディオルームでLINNのユーザーが肩を落として帰って行ったことで実証されました。

 こう書くと違うだろうという人が必ずいるのですが、B級レベルの趣味の世界の話なのでご容赦ください。

 そして、そのあとLPの枯葉も聴きたくなって、手持ちのキャノンボールアダレイのLP「サムシンエルス」でマイルスデイビスの「枯葉」を聴いたときに、デジタル音源とはまた違う、切れの良い迫力のある音に驚き、聴き惚れました。レコードの音も素晴らしい。これが1958年に録音された音源なのでしょうか。サムシンエルスはBLUE NOTEレーベルです。当時コロムビアと契約していたマイルスデイビスが、キャノンボールアダレイをリーダーの位置づけで製作したレコードであることは有名な話ですね。

s300_300_20090707_025.jpg

s300_225_DSC_2240.jpg

 ハイレゾ音源とアナログレコード。そしてFMの音をあわせて3つの音源が私の中では互角です。

PS
 LPレコード用のビニル袋をネットで買いました。50枚入りで1,000円ほどです。これはLPレコードを保存するのに必需品ですね。

s300_300_2016_S120_1123_2016-11-23_002.jpg

 このように入れます。厚手のビニル袋なので重宝しています。サイズは、0.09×325×330mmです。
s300_300_2016_S120_1123_2016-11-23_016.jpg




ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村








posted by キラリ at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ

2015年08月08日

PCオーディオ 音が途切れる No.4

2015年8月8日(土)

PCオーディオの音が途切れる 続編です。

まずは、以前使っていた同じDell 1545に戻してみました。
全く音の途切れはありません。

s350_233_2015_suma_0808_2015-08-08_007.jpg

下になっている赤いPCが音が途切れる方。
その上に重ねて起動しているのが以前使っていたPCです。
スペックは全く同じです。

ウイルスバスターのスキャンが始まっても問題なし。
USBをどこに差しても問題なし。

s350_233_2015_suma_0808_2015-08-08_009.jpg


ここで、赤の音が途切れるPCに戻しました。
順に考えられることをやってみます。
まず、コントロールパネルから省電力の設定を外します。

s350_233_2015_suma_0808_2015-08-08_013.jpg


パフォーマンスの設定をパフォーマンスを優先に変えます。

s350_233_2015_suma_0808_2015-08-08_015.jpg


変化はありません。
途切れはプツンではなく、ほんの一瞬音が聞こえなくなる感じです。
何か規則性がないかと思い、ストップウォッチで音が途切れる間隔を計ってみました。
すると。。。

s300_300_2015_S120_0808_2015-08-08_006.jpg


きっかり30秒ごとに音が途切れているのがお分かりになりますか。
音が途切れるときにラップタイムを押しています。
もうこれは何かが割り込んでるとしか思えません。

パフォーマンスメーターなどで、途切れる瞬間に動くプログラムはないかさがしましたが分からず。
一つずつ削除してみるしかありません。
ウイルスバスターの一時停止。
アップデートをチェックするプログラムの
Windows Updateをやめる。
adobeのアップデートチェックをやめる。
PCにインストールしているゲームの削除。

これでもダメです。
30秒ごとに音が途切れます。


ここまでで約2時間。
音楽を流しながらの作業でした。


今日はここでやめました。
30秒ごとに音が途切れるのが分かっただけでも収穫です。
同じPCで大丈夫なのだから、大した問題ではないはずですから。


PS
今見つけたのですが「プロセッサのスケジュールをバックグラウンドサービス優先に変更」
これ、フォアグラウンド優先にしていたかもしれません。
次に試してみます。




posted by キラリ at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ

2015年07月12日

PCオーディオ 音が途切れる No.3 ほぼ改善

2015年7月12日(日)

 今年初めに、PCを別のDell inspiron1545に換えた途端に音の途切れが発生した件の続編です。バックグラウンドで動いているウイルスバスターやウェブカメラなどを終了させても変化なし。でも途切れる瞬間は、CPUが何かの処理に関わってfoober2000が切り離されるような感触でした。例えばプロパティー画面で何かを設定して「適応」ボタンを押した瞬間のような。何か単純なことに違いないのです。

 結論から言うと、完全ではないものの、ほぼ改善されました。ネットで情報収集していて、USB-DACを差すUSBポートを変えてみてはという情報があり、やってみました。PCにはUSBポートが3つあり、一つはマウス、もう一つは外付けHDD、もう一つはUSB-DACです。これを順に差し替えてみました。1回目は変化なし、2回目にはいきなり音の途切れが発生してがっかりしましたが、その後はほぼ音の途切れがない状態になりました。これ以上USBポートがないのでこれ以上の改善はないと思います。そうそう、省電力の解除も試してみます。

最初はここに差してあった。
s350_234_2015_p_0712_2015-07-12_007.jpg

こちらに替えた。上がUSB-DAC、下が外部HDD
s350_234_2015_p_0712_2015-07-12_008.jpg


 念のためにWindows7のパフォーマンスモニターで見ていましたが、CPUの稼働率は20%ぐらいです。たまに60%ぐらいに跳ね上がることがあるのですが理由は分かりません。大事なことは、音が途切れる瞬間にもCRUの稼働率には変化がないことです。前記のように、何かが割り込み処理をして音が途切れるという感じです。

s350_234_2015_p_0712_2015-07-12_009.jpg

 音が途切れることでネットを見ると、一番最初に出てくるのはCPUのパワー不足ではないかというものです。でも、2003年のCeleronマシンのWindowsXPでも動きましたし、foober2000は単なるプレーヤーでDACは外付けなのでそれほどパワーを必要とするものではないはずです。

 どんなにいい音でいい音楽を楽しんでいても、音が途切れた瞬間に最低な気分になりますね。どんな高価なDACでも音の途切れはかなりの確率で発生しているようです。困ったものです。アナログでは音の途切れがないので気分的に安心して聞けますが、音楽に特化した音の途切れがないPCというのがあってもいいですね。



応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村




posted by キラリ at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ

2015年06月21日

PCオーディオ 音が途切れる No.2

2015年6月21日(日)

 今年初めに、PCを別のDell inspiron1545に換えた途端に音の途切れが発生しました。同じPCで発生しなかった音の途切れ。以前はEPSONの古いcore2duoマシン(2007年製NJ2000)でも大丈夫でしたし、さらにその前は2003年製のXPマシン(Dell2300C)セレロン2G メモリー512MBでも音切れすることなく動いていましたから、PCスペックでないのは明らかです。バッファーの増加は最初に試しました。

 ネットで見ると音の途切れというのは厄介なものらしいです。原因がさまざまなところにあって、特定が困難だとか。foober2000にも原因があるのかもと思っていましたが、今日はPC内蔵のCDプレーヤーにCDを入れてソニーのXアプリで再生していたのですが、同様に音の途切れが発生しました。PCが問題のようです。

 ネット情報を頼りに、コントロールパネル>システム>システムの詳細設定のタブを開きます。デフォルトでは「コンピューターに応じて最適なものを自動的に選択する」にチェックが付いていますが「パフォーマンスを優先する」に変えます。
s450_300_DSC_0025.jpg

 次に、詳細設定のタブを開いて「バックグラウンドサービス」にチェックを入れます。
s450_300_DSC_0026.jpg

 両方ともに変化はありませんでした。今は先の「コンピューターに応じて最適なものを自動的に選択する」だけ元に戻してあります。感覚的には音が途切れるときは、何かが割り込むような感じで一瞬音が途切れます。この時、CPUの稼働率は5〜10%で変化はありません。バックグラウンドで動いているプログラムは、システムプログラムを入れて20ぐらいありますからこの中のどれかが悪さをしているのか、USBドライバーなのかもしれません。ネット情報では、PCからUSBDACの間を光ケーブルでつないだら音の途切れが止まったという例もありましたから。

参考情報です。

>>http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=18207093/

>>http://blog.livedoor.jp/mickbanzai/archives/51824139.html

>>http://zionote.com/blog/?p=6

 3番目のサイトに出ている方法はまだ試していませんでした。別のUSBポートを使う方法と省電力設定ですか。省電力はコントロールパネル>電源オプションですね。次はこれをやってみて追加補足します。



posted by キラリ at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | PCオーディオ



スポンサードリンク