スポンサードリンク


2008年09月08日

ドイツ イソフォン No.3

2008年9月8日(月)
 ユニットが時々うるさく感じられることがあると書きましたが、友人から後面開放のままでなく吸音材を詰めて裏板も取り付けてみるようにとの指摘をもらいました。付属の吸音材はチクチクとするために片づけてしまっていたので、捨てる予定だったGパンや普段着の服を吸音材代わりに箱の四隅が隠れるように入れてみました。仙台の喫茶カウントの初代JBLも、ボックスの中に布団を入れていたというからこれで良しとしましょう。早速聴いてみると、嘘のようにうるささがなくなっています。10CX-50のときは何をしても変わらなかったのに・・・。Gパンや普段着の吸音材は、不思議と非常に良い効果が出ています。
 イソフォンは、もともと音が良く前に出てくるユニットで、加えてうるささが消えたのでとても聴きやすい音になりました。ジュリー・ロンドンのハスキーな声がきれいに聞こえます。ビル・エヴァンストリオ「サンデイ・アット・ザ・バンガード」も違和感がありません。ここまで変わるとは思いませんでした。
 まあ、真剣に聴けば色々とアラはあります。コーンツイータは時々紙臭さを感じますし、低音は出るには出ていますが、ベースの弦を指ではじく音、弦の低音そしてそのあとに広がるさらに低い余韻などは判別できません。でもそれらを差し引いても、この外観からは予想できないほどの音が出てきます。このユニットの魅力は音が鮮明なこと、音がよく前に出てくること、中音域のきれいなことでしょう。ツイータなしでも十分に聴けます。聴くときは音量を上げすぎないことがポイントです。ツイータをホーン系かドーム系に替えるとまた感じが変わっておもしろいでしょう。

s2008_0908_01_004_01.jpg

  横置きにしてみたら圧迫感が減りました。

s2008_0908_01_005.jpg

ツイータは少し外側に向けた方がバランスよく感じました。


   
posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イソフォン

2008年09月01日

ドイツ イソフォン No.2

2008年9月1日(月)
 この3LZ箱には重宝します。内側にサブバッフルが取り付けてあるので、ロクハンから約30cmまでのユニットが取り付けられます。ツイータの穴は開いていないので箱の上に載せてあります。Isophonの音はくっきりとして細やかさがあり、音が良く前に出てきます。能率はかなり高そうです。後面開放ですが低音感も良く感じ取れます。弦の音はとてもきれいです。反面、ジャズは大人しくなってしまいます。でも予想以上に健闘しています。ただ、ヴォーカルでは少しばかりうるささを感じることがありました。ツイータをはずしても同じです。音が前に出てくるタイプではしかたないのかも知れません。今はイソフォンの相場はかなり高くなっています。60年代の製品でしょうか。当時のツイータの価格は1個1,260円程度。これから推測すると25cmフルレンジは3,000円〜5,000円だったのでしょう。昔の高級なアンサンブルステレオに付いていたようなユニットで、現代のHiFiとは異なりますが、音質は悪くなく新鮮ささえ覚えます。

PS 9月2日(火)
 約2時間、ヴォーカル、クラシック、ジャズとあれこれ聴いてみました。一番良く合うのはクラシックで、それも弦とピアノでしょう。チェビオットよりもよい響きと思えるくらいきれいです。ただ低音があまり出ていないのでピアノの低音は物足りなく感じます。ヴォーカルはややうるさく感じられます。ジャズもなんだかしっくりときません。リファレンスとなるのが300Bとチェビオットなので、どうしてもそれとの比較になってしまいますが、繊細なシングルアンプと合うでしょう。300Bではやや大味になってしまいます。

s2008_0901_01 001_01.jpg

s2008_0901_01_006.jpg

ツイータはコンデンサ1個でつないでいます。
スピーカーのまわりの白っぽく見えるのが内側のサブバッフルです。

s2008_0831_01_010.jpg

中央のビスの頭と赤・白に着色されたボイスコイルの接続部が特徴です。

s2008_0831_01_011.jpg

背面はほとんど密閉状態 特徴のあるマグネット形状


   
posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イソフォン

2008年08月31日

イソフォン

2008年8月31日(日)
 「24時間テレビ」を見ながらくつろいでいましたが、昨日友人から貸してもらったスピーカーユニットが気になりだし、合間を見てさっと2階に上がって作業を始めました。それは口径25cmのシングルコーンで、10cmのコーンツイーターもあります。独イソフォンのユニットということでネットで調べてみると、楕円形の同軸2wayがとても有名なのですね。全然知りませんでした。その同軸2wayユニットのツイータとお借りしたコーンツイータの表情がまるで同じなのです。
 フレームは厚みのある鉄板プレスを溶接で組み合わせたもので、一体型プレス品で済ませられるところをこのクラスのユニットとしてはかなり手の込んだ構造に仕上げています。美しいシルバーはおそらくアルマイト処理でしょう。フレームの頑丈さがただ者ではない雰囲気を漂わせていますが、コーンも昔の構造のマグネットも何の変哲もない普通のスピーカーのようです。まずはユニットのままで聴いてみることという助言にしたがって裸のままで聴いてみました。とても聴きやすく刺激的でなく繊細感もあり、低音も控えめながらバランスよく出ています。明日は箱に入れて聴いてみることにします。

s2008_0831_01_005.jpg

s2008_0831_01_006.jpg

s2008_0831_01_009.jpg

   25cmのフルレンジと10cmコーン型ツイータ


    
posted by キラリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イソフォン



スポンサードリンク