スポンサードリンク


2010年09月16日

オープンテープの録音レベル

2010年9月16日(木)
 本当に久しぶりにオープンテープを聴きました。曲はパガニーニのヴァイオリン協奏曲第3番とベートーベンのエリーゼのためにほかです。やはりアナログソースの中では一番といわれるだけのことはあります。圧倒的な音の厚み、ピアノやヴァイオリンの音色の美しさは、大げさではなく筆舌に尽くしがたいものです。また、真空管とトランジスタの音の違いを際立たせてくれ、真空管の音はトランジスタに比べて、とても表情が豊かですばらしいことを再認識させられました。テープ2本を気持ちよく聴いてしまいました。このような音を聴くと、レコードですら薄っぺらに聞こえてしまいます。

 30年前のデッキ(AKAI GX-635D)がきちんと動作し、同じ時期のオープンテープがこんなにすばらしい音を奏でるなんていうことも不思議な気がします。当時、レコードとオープンテープとカセットテープのミュージックテープが同じ価格で販売されていたもので、中でも最もダイナミックレンジの広いのがオープンテープでした。今となれば、オープンテープはお買い得なメディアであったわけです。

 録音レベルは、音が大きいところでほぼ0dBになっています。絵に描いたようなうまいセッティングです。
m20100916_01_02301.jpg

 ピークで+3dB、瞬間的に+5dB程度になるように調整されています。これは自分が録音するときのお手本になります。素人はどうしても録音レベルを高めに設定しがちですから、本当のピークで歪んでしまうのです。
m20100916_01_02201.jpg




   
posted by キラリ at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | オープンデッキ

2009年05月15日

2トラ38オープンデッキ DENON DH-610S

2009年5月15日(金)
 しばらくテープから遠ざかっていたところ、友人より2トラ38デッキを貸していただきました。DENON DH-610Sで、1981年ごろの製品です。当時の価格は295,000円。デッキ部とアンプ部が分離されたテープデッキです。実際においてみると堂々とした風格が漂います。デッキ部からコネクター・ケーブルが2本とプレイバック用RCAケーブルが1本出ているので、これらをアンプ部につなぎます。デッキ部のスイッチをONにするとアンプ部の電源も入ります。2トラデッキはフォワードのみの1方通行ですのでテープメカは比較的単純です。ケーブルの接続にとまどいましたが何とかうまくいきました。

s20090515_01_030.jpg

プランジャーの作動する音も静かで、さすがに高級デッキです。

s20090515_01_020.jpg

つまみがたくさんありますが、LINE IN、LINE OUT、MIC INのレベルつまみ、バイアス、イコライザーのレベルつまみ、あとは録音、再生の切り替えスイッチ、これらがすべてR chとL chのふたつづつあるためです。

s20090515_01_022.jpg

Webをさがしても背面の接続画像がなかったので載せておきます。このような接続になります。

 さて、一緒に借りたベートーベンの2トラ38ミュージックテープをかけてみました。色づけのないきわめて自然な音です。低音だけが不自然に響くこともなく、音がきらびやかなわけでもなく、とても自然なのです。それでいていつまでも聴いていたくなる音です。「原音に忠実に」とは、本来このようなことを言うのでしょう。とてもすばらしい。ただ、テープがマスター巻きだったり、巻き戻しにとても時間がかかったりで、面倒なことが多いのも事実です。聴きたいところだけ素早く聴くこともできません。リバースがない分だけ楽かもしれませんが、レコードの手軽さにはとても及びません。ミュージックテープも簡単には手に入りません。2トラ38テープなどまず入手不能です。30年前当時でも1本18,000円ほどしています。それでも、テープの音は本当によい音です。古いデッキとわずかなテープを大切に楽しむほかありません。

PS 5月20日(水)
 前述のベートーベンのワルトシュタインをもう一度聴きました。くせのないいい音です。ピアノのタッチが強く、スピーカーの後ろでピアノを弾いているような錯覚を覚えます。おそらく30年以上前のテープで、回しているうちにぽろぽろと黒い保護膜が小さな滓のように落ちてきましたが録音そのものに影響はないようで、きちんと管理していればずいぶん長持ちすることも分かりました。




 
posted by キラリ at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | オープンデッキ

2009年03月21日

レコードとテープ

2009年3月21日(土)
 偶然に、ヘンリック・シェリング演奏のパガニーニ・バイオリン協奏曲第3番のレコードとオープンテープを入手することができました。同じマスターテープからの製品です。かねがね、オープンテープの低音の伸びは想像をはるかに超えて、タンノイチェビオットの低音を凌駕したとんでもない音を出すことに気が付いていました。また、バイオリンの音色は厚く艶っぽく、素晴らしくいい音を出すことにも驚かされていました。同じソースによるオープンテープとLPレコードの音を聞き比べてみたいと思っていました。
 やはり、テープの低音と音の厚みは独特のようです。レコードは、ピアノの音はともかく、バイオリンの音が痩せて聞こえるのはアシュケナージのパガニーニ・バイオリン協奏曲第1番でも感じていたことでした。私のオープンデッキとレコードプレーヤーは当時の価格としては大差ありませんから、この差はやはりオープンテープ独特のものといえるでしょう。
 オープンテープのバイオリンの音に一番近いと思えたのは意外にもCDのバイオリンの音でした。弦楽に関してはCDをちょっと見直しました。そして、蛇足になりますが、古いオンキョウのデッキでカセットテープをかけてみると、低音の出方だけはオープンテープに優るとも劣らない中々のものでした。
 おそらく低音に関しては、管球アンプに負うところがかなり多いと思います。以前の石のアンプでは低音はいつも不足でブーストしていました。30cm以上のウーハー、管球アンプ、オープンテープと条件がそろったときに得られる音なのでしょう。

s2009_0216_02_004_02.jpg

s2009_0227_01_017.jpg




 
posted by キラリ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | オープンデッキ

2009年01月24日

CDからの録音

2009年1月24日(土)
 毎年のことですが、小さなリスニングルームは厳冬期を迎えていて、ゆっくりと楽しむことが困難な時期になりました。昨年末に、友人から借りた「アルペジョーネ・ソナタ」のオープンテープが素晴らしい音色を奏でていたので、手持ちのCDからオープンテープに録音してみました。入力レベル調整は、どうしても過大入力になりがちなので、瞬間的にUVメーターが+6dBまではOKですが、通常は0dBから最大でも+3dBに収まるように注意します。RECスタンバイにしておいて、CDの再生に合わせてポーズを解除すると録音がスタートしました。昔のカセットデッキでの録音を思い出しました。画像の7号テープでは片面45分、往復で90分の録音が可能です。意外とこれが中途半端な長さなのです。クラシックでもジャズでもCD1枚は概ね60分弱の演奏時間なので、どうしても時間が余り、適当な時間の曲を埋め合わせに入れることになります。往復60分テープが一番便利なのですが、オープンテープの市販品はなく、オークション頼みなのでしかたありません。
 CDから録音したオープンテープですが、借りたミュージックテープと遜色ないできばえにびっくりしました。何度も聴いてみましたが、ソースがCDとは思えない深みのある音なのです。CDからのアナログ出力を、さらにテープにアナログ録音すると本来のアナログらしさが戻るということなのでしょうか。本当に不思議で、なかなか深いものがあります。
 思えば、CDは1983年ごろに誕生した規格で、その当時は最先端技術だったのでしょうが、パソコンは16ビットの初代PC-9801が登場したころです。まだOSの概念などなかった時代です。パソコンの技術の進歩を思い描けば、CDの規格(16ビットのA/D変換、D/A変換の技術)が25年前のままというのはいかにも古くさいものでしょう。おまけに1983年以降に録音したマスターもデジタル化したものしかなく、その技術も当時の16ビットのままというのでは、単にCDのビット数だけを上げても無意味になります。光メディアは、CD、DVD、ブルーレイと進歩しましたが、なぜ音楽メディアだけ当時の規格のままだったのか今となれば残念です。互換性などはソフトの対応でどうにでもなったでしょうに。アナログレコードを超えるデジタル技術は、近い将来できるのでしょう。期待しています。

s_opentape_03.jpg

テープ録音時間

7号 100  60分  5号 100  30分(テープ速度は19cm/s)
   150  90分     150  45分
   150H 60分     150H 30分
   200 120分     200  60分
posted by キラリ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | オープンデッキ



スポンサードリンク