スポンサードリンク


2016年08月28日

ミュージックバード 本間千代子

2016年8月28日(日)
 きのう27日の朝、久しぶりにFMチューナーに火を入れました。コミュニティー局をネットしているミュージックバードです。しばし、FMの心地よい音楽を楽しんで、ハキハキとした女性パーソナリティーの声に酔い、番組の終わりに本間千代子でしたと言ったんです。「えっ」と思いましたが、同姓同名だろうと思っていたのですが、やはり本間千代子さんでした。
 すっかり忘れていた1960年代のアイドル女優さん。吉永小百合さんの時代です。まさかこんなところで名前を聞くとは思いませんでした。とても若々しい声で、30代と言っても通用する声でした。毎週やっているんでしょうか。また聞きたいものです。

TRIO KT-7700です。中古で購入して7年ほどたちましたが、正常に動いています。
s400_266_DSC_1477.jpg

周波数の針は少しずれているので正確ではありません。ウチはケーブルテレビを引いているため、FMもノイズレスできれいに入ります。
s400_266_DSC_1481.jpg

懐かしい声を聞いたせいか、昔のJPOPが聴きたくなりました。

荒井由実(松任谷由実)のLPで「ミスリム」です。
セカンドアルバムで1974年10月5日リリース。
若いころは「瞳を閉じて」が好きでした。初期の名曲ばかりのLPです。
s300_300_DSC_1395.jpg

ベストアルバム「ユーミン・ブランド」
「翳りゆく部屋」が懐かしいです。
1976年6月20日リリース。
荒井由実時代の最後のアルバム。
s300_300_DSC_1483.jpg

ユーミンのファーストアルバム。1973年11月20日リリース。
ベルベットイースターもこれに収録されています。
s300_300_DSC_1486.jpg

サードアルバム。コバルトアワー。
1975年6月20日リリース。
s300_300_DSC_1488.jpg

これ、カセットも持っていました。
LPレコードで聴くユーミンは最高です。
二十歳の頃がよみがえってきます。




posted by キラリ at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | チューナー

2009年06月11日

TRIO KT-7700 FM専用チューナー

2009年6月11日(木)
 TRIO製FM専用チューナー・KT-7700を入手しました。最高級機KT-9900や高級機KT-9700の弟分にあたる中級クラスのチューナーとして、1977年(昭和52年)ごろに発売されたものです。中級クラスといえるのは、お約束の7連バリコンの採用とフロントエンド周りが金属ケースでシールドされていることからで、普及機クラスとは若干趣を異にしています。周波数スケール部分は、ガラス板を使用しています。非常におとなしいというか、通信機的なデザインだと思います。このころのチューナーはアンプよりも大きく、ラックにぎりぎり収まりました。

middle_1244705457.jpg

m20090611_01_023.jpg

 実は、先日聴いたTRIO製のL-02Tの音がすばらしく、今使っているKT-8300よりもう少し良いチューナーが欲しくなり、KT-9900、KT-9700、L-03Tなどをねらっていたのですが、7700がとても安価に出ていたのでつい衝動買いしてしまいました。これもまだPLLシンセサイザーチューナーが出る前の、同調回路と局発回路にバリコンを使用したチューナーです。当時の定価は78,000円で、中古市場では15,000円〜30,000円の値が付いているものですが、今回は6,000円で入手しました。外観は年数相応です。機能的には何ら問題なく動作しています。背面にはブロックダイヤグラムが描かれています。

m20090611_01_022.jpg

 Variableの方の出力はプリアンプへ、Fixedの方の出力はテープデッキにつなぐとなっています。なるほど。

m20090611_01_0221.jpg

 KT-8300は、同調したらダイヤルから手を離すと自動的に周波数がロックされるようになっていました。AFCの機能を強化したものでした。KT-7700は、そのような仕組みはありません。左がシグナルメーター、右がセンターメーターです。

m20090611_01_026.jpg

 本体右端には、マルチパスメーター/デビエーションメーターがあります。私はケーブルTVからFM電波をとっていますので、マルチパスメーター機能は必要ありません。デビエーションメーター機能は、FM放送の最大変調度をモニターするとありますが、何に使うのかよく理解できていません。この機種は、ネットで取扱説明書が入手できるので助かります。

m20090611_01_027.jpg

 とりあえず動作確認までです。肝心の音の方はまた後日にアップします。しばらく使用して機能に問題なければ、チューナーの入手はここまでにします。大きすぎて置き場所がありませんので。

PS. 6月22日(月) 今日は作業をしながら2時間ばかりFMを聴きました。KT-8300より自然な音で、L-02T寄りの音です。ただし、L-02Tの音には当然及びません。しかし価格相応で、L-02Tに近づいたことは間違いありません。KT-9900との違いは相当あるのでしょうが、KT-7700でとりあえずは満足しました。

PS. 6月29日(月) 今頃になって知ったのですが、今年はFM放送開始40周年だそうですね。昭和44年3月1日がその日だったそうで、奇しくも今年、FMチューナーを入手することになるというのも奇遇です。私は昭和45年にはNHK-FMを聴いていましたから、思えば開局間もない頃だったのですね。当時のFM放送は、つまらないトークがほとんど無く、新譜からポピュラーなものまで、いつも音楽が流れていました。FM放送=音楽番組だったわけです。当時、夏になると200km離れたFM愛知が聞こえたりして、都会の民放FM局のあか抜けた内容にはあこがれたものでした。「ステレオトリオ〜」の時報も懐かしいものです。

PS. 7月17日(金) 購入以来、できるだけ電源を入れて、古い部品に活を入れるようにしました。今日は、10時からのNHK-FMで「セッション2009−フォー・カラーズ−」のライブ録音を聴いたのですが、L-02Tにとてもよく似た傾向の、自然ではっとするような音が出てきました。55分の放送時間があっという間にすぎてしまいました。KT-7700の実力はかなり高いようです。



 
posted by キラリ at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | チューナー

2009年05月06日

FMチューナー KENWOOD L-02T

2009年5月6日(水)
 久しぶりの更新になります。またしても友人より、今度は高級チューナーを貸していただきました。KENWOOD L-02Tという型番で、1982年製です。私は今年の年明け早々にKT-8300というTRIOのチューナーを入手していまして、昔のバリコンチューナーでFMを聴くのを楽しみにしていたのですが、実際に聴いてみると期待していたほどでもなく少々気落ちしたのは以前に記したとおりです。L-02Tはとても高価なチューナーですが、所詮FMだしと、それほど期待はしていませんでした。

 とりあえず同軸ケーブルをつなぎ直して、RCAケーブルもつないで、しばらく鳴らしておこうと思いアンプの火を入れて階下でパソコンをしていました。30分後に上がって聴いてみると、何か今までと違う気がしてソファーに腰を落ち着けてみようと言う気になりました。

 ちょうどNHK FMの「名曲のたのしみ プーランク その音楽と生涯」がかかっていました。しばらく聴いていると、KT-8300とはひと味もふた味も違う音だというのが分かってきました。適確な表現が難しいのですが、とても素直で色づけのない、それでいて味気なさがなく、引きつけられる何かがあります。SN比も確かに良い。解像度は際だって良いと言うことはなく、テープ並みでしょうか。でも音程も楽器の音色もきちんと伝わってきます。クラシックが終わり、そのまま「邦楽のひととき 現代邦楽」になりました。邦楽なんて普段はあまり聴く気になりません。それなのに、琴やバリトンの音色が美しくて聴き入ってしまいました。

 これは何なのでしょう。ライブ番組でもないのに何で引きつけられるのでしょう。際だって美しい音というようなものとは少し違います。所詮ラジオ放送なのです。F特だって50〜15,000なのです。でも深みの感じられるいい音なんです。音の裏側が見えるというか、重なり合った音の陰になる音が聞こえるのです。

s20090506_01_041.jpg

 あえてここまで価格を表しませんでしたが、このL-02Tは1982年当時で300,000円でした。まさに最高級品といったところでしょうか。6万も30万も所詮チューナーという思いは無惨にも打ち砕かれました。これなら、レコード、オープンテープとともに、第3のソースになり得るでしょう。

s20090506_01_037.jpg

 今また、ヴィンテージが静かなブームになっているようで、高価なものがすべていいわけではありませんが、本当に良いものは、やはり良いのですね。いい音が聴きたければ、ある程度はそれに見合った投資が必要な典型でしょうか。本物の実力には脱帽しました。




 
posted by キラリ at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | チューナー

2009年01月09日

TRIO FMチューナー KT-8300

2009年1月9日(金)
 アナログ音源として、レコードに加えてオープンテープが聴けるようになると、録音ソースとして手軽なFMチューナーが欲しくなります。もちろんPLLシンセサイザーチューナーではなく、昔のバリコンのものです。画像は中古で入手したTRIO(現KENWOOD)のKT-8300(海外モデルはKT-815)です。1978年製、5連バリコンのFM専用機。TRIOのロゴが懐かしい。同調ダイヤルはフライホイールがついているので回し初めは重々しく、回り始めると軽く、何ともいい感触です。ジャンク扱いの商品でしたけれど、つないでみると問題なく動作しました。うちはCATVが入っているので、FM放送も壁のコネクターから同軸をのばしてチューナーにつなぐだけでOKなのです。電界強度もメーター読みでほぼフルスケールまで振れています。NHK、地元の民放1局、地元のコミュニティー局2局の4局が受信できました。
 まだ時間をかけて聞いていないのですが、音質は昔ながらの柔らかく懐かしいものでした。でも、昔聴いたNHKのライブ番組はすばらしい音質だったことを思い出し、ライブ放送をぜひ聴いてオープンテープに録音してみたいと思います。ライブはダイナミックレンジがとても広く音も澄んでいて、録音された音源とはまるで異なるのです。

s2009_0109_01_009.jpg

s2009_0109_01_015.jpg



posted by キラリ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | チューナー



スポンサードリンク