スポンサードリンク


2011年09月15日

LM3886パワーアンプ No.4

2011年9月15日(木)
 まとまった時間がとれたので2時間ばかりPCオーディオを楽しみました。プリアンプはサンバレーSV-3(球はE88CCに交換)、パワーアンプはサンバレーSV-501SE(エレハモ300B)と型番すらない中国製LM3886のパワーアンプです。LM3886はヤフオクで購入しました。

 ジャズ、クラシック、ヴォーカルとさまざまなジャンルを楽しみながら、セレクターでパワーアンプを切り替えてみましたが、LM3886の音は購入からわずか9日で、ついにSV-501SEを超えました。クリア感、低音の図太さ、ヴォーカルの倍音感、音楽としての楽しさ、LM3886の方がわずかに良くなっています。この3日間はエンドレスでCDをかけていたのですが、エージング時間はまだ120時間あまり。まだまだ成長の余地があります。

 LM3886は比較的電源がしっかりしていますし、ボリュームも良いものを使っているようです。半導体は真空管を超えられないと思っていましたが、必ずしもそうではなさそうです。昨年の格安USB DAC以来、アナログを標榜してきた私の根底を覆すことばかりです。でも、本当に質の高い音楽が手軽に聴けるのなら喜ばしいことでしょう。ただ、真空管アンプのような存在感もなければ見てくれも悪いのは弱みですね。大きなタンノイ・チェビオットもイートンあたりのコンパクトなものにダウンサイズしたいと考えています。


型番すらないアルミ製ボディー。重量4.5kg。しっかりしています。

s20110915_01_008.jpg

見かけからはとても想像できない音を出してきました。

s20110915_01_014.jpg

私が購入したヤフオクの内部画像です。巨大なトランスが見えます。

sLM3886_.jpg




  
posted by キラリ at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | LM3886

2011年09月13日

LM3886パワーアンプ No.3

2011年9月13日(火)
 小一時間ばかりちょっとした時間があったので、気になっていたLM3886パワーアンプと真空管300Bパワーアンプの聴き比べをしてみました。エージング用のSONYディスクマンをはずし、PCを起動してきちんとプリアンプを通しました。PCの起動を待つ間、FMチューナーをかけてタンノイ・チェビオットから音を出しました。パワーアンプはLM3886の方です。

 普段聴き慣れた300Bと違和感のない、なかなかいける音を出しています。数分経ち、PCが起動して安定します。はやる気持ちを抑えてPCからビル・エヴァンスやジュディス・オーエンなどの曲をかけてみました。低音の延び、中音域の適度な押し出しと情報量、高音域の繊細感、かなりのいい線を行っています。300Bと切り替えても違和感がほとんど感じられません。300Bよりもわずかにまろやかで、これは優劣ではなく、以前聴き比べたSV-501SEとマッキントッシュMC30の音の違いにも通ずるアンプの特性と思われます。それに何よりおどろいたのは、音の解像度が増したことです。

s20110913_01_007.jpg

 マッキンMC30は当然ながら別格としても、SV-501SEはかなり質の高いアンプですから、わずか14,800円のチャイナ製アンプが遜色ない音を出しているのはかなりの感動ものです。ただ見た目のつまらなさはどうしようもありませんが。100時間未満のエージングでこれだけ変わるのですから、3カ月、半年後は十分に300Bに太刀打ちできるでしょう。昨年のサンスイAU-α607でも超えられなかった300Bの音にいとも簡単に並んでしまいました。パワーアンプをダウンサイジングできる可能性が見えてきました。やはり評判どおりのようです。

 LM3886パワーアンプには、見た目は同じでも前段にオペアンプがあるものとないものがあって、私が購入したのはあえてオペアンプ内蔵のものにしたのです。オペアンプの差し替えで音質ががらりと変わるのはUSB DACで経験済みですから、いずれ取り替えて音質の違いを楽しみたいと思っています。いずれもう少し音量を上げて比較してみたいと思います。

WindowsXPマシンとFoober2000によるPCオーディオ再生

s20110913_01_009.jpg

サンバレーSV-501SEパワーアンプ 300Bシングル

s20110913_01_012.jpg




  
posted by キラリ at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | LM3886

2011年09月11日

LM3886パワーアンプ No.2

2011年9月11日(日)
 家にいるときは、無人の部屋で1日中LM3886パワーアンプのスイッチをONにしてCDをリピート再生させています。負荷はタイムドメインmini改です。購入後、延べ80時間以上のエージングを行い、音がかなり艶やかになってきたのが分かります。クラシックでもジャズでもminiで聴く音場感はなかなかのものです。タンノイ・チェビオットに切り替えてみると、低音の低い方がちゃんと出ています。高域のくっきり感がやや乏しいように思いますが、初期のエージングでも200時間以上は音を出してみないと分かりませんから、まだまだ音が変わっていくと思います。まだ300Bシングルアンプと比べる段階ではありません。ゆっくりと仕上げて楽しみたいと思います。



 
posted by キラリ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | LM3886

2011年09月07日

LM3886パワーアンプ No.1

2011年9月7日(水)
 Webサイトのあちらこちらで評判のよいLM3886パワーアンプ。価格は15,000円程度ですが、数十万円以上のアンプにも負けないという記事もあって発注し、楽しみに聴いてみました。エージングはまだ2時間で、限りなくゼロですから、正確な評価ではないことを承知で書いています。
 第一印象は、意外にもTA2020とさほど変わりません。低音も高音も延びてはいますが音の輪郭が曖昧な感じで、十分にエージングしたTA2020の方がまだ滑らかな感じがするほどでした。3,000円のアンプと変わらないとは。

 サンバレーの真空管アンプSV-501SEにつなぎ替えると、音の抜けがよく、くっきりとして深みがあり、ピアノや女性ヴォーカルは潤いのある美しさで、やはり300Bの音は素晴らしいと感じられます。しかし、TA2020でヴォーカルなどが前へ出てこなかったのと違い、LM3886は普通に前へ出てきますから、エージングが十分に進めばきっとまた違った印象になるでしょう。それを期待しています。

s20110907_01_047.jpg

大きさ 幅184mm×奥行き301mm×高さ60mm 出力38W+38W(8Ω) 重量4.5kg

s20110907_01_053.jpg

 実は、ダウンサイジングの延長で、DENONのレコードプレーヤーDP-55M、サンバレー真空管アンプSV-6とたてつずけに機器を処分して軽量化を図っているところです。300B真空管アンプもできることなら小型のアンプに替えたいのですが、あの音を上回る小型アンプがありません。やはり今の質を落としたくないというのがあるので、ダウンサイジングは容易ではありません。




 
posted by キラリ at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | LM3886



スポンサードリンク