スポンサードリンク


2015年12月06日

サイモンとガーファンクル 明日にかける橋 LP

2015年12月6日(日)
数日前に入手した1970年のLPレコードです。
サイモンとガーファンクルの最後のLPとなった「明日にかける橋」CBSソニー盤。


中古レコードを買うときいつも思うのですが、45年たっても劣化が見られないきれいな盤が来ます。多少のプチノイズはあるものの、クリーニングすればほぼとれますし、何より塩ビのレコード盤が傷んでいないのです。


きれいな盤を売っているのだからと言われればそうなんですが、塩ビのレコード盤の耐久性は優れていますね。


明日にかける橋 ”Bridge Over Troubled Water”です。
s300_300_2015_SH-01G_1206_2015-12-06_008.jpg

s300_300_2015_SH-01G_1206_2015-12-06_010.jpg

ストリングスとヴォーカルはとてもきれいです。ベースやドラムの低音もきれいに出ています。明日にかける橋は、静かに始まって、途中オーケストラが入って盛り上がりが有り、最後は大音量で終わります。

レコードの良さは、当時を思い出させてくれることです。学校で多分、レコード鑑賞の時間があり、コンドルは飛んでいくなどを素晴らしい音で聴いた記憶があります。スピーカーはサンスイSP2002という4ウェイスピーカーで、音がメリハリがあって素晴らしかったのを覚えています。アンプは6BM8プッシュプルだったように思います。

ビートルズやサイモンとガーファンクルの時代をリアルタイムで生きていたんだなーと、若い時代のことを重ねながら聴き込んでいました。

1970年当時から思っているのですが、CBSソニーレコードの録音は大音量で盛り上がるときに歪が耳につくのです。これってもしかしたらカッティングマシンのせいなのでしょうか。


1970の記載が見えます。当時ものですね。
当時の2,100円はかなり高価なものでした。
s450_300_2015_SH-01G_1206_2015-12-06_001.jpg

CBSソニーグループのコロンビアの文字が見えます。国内作品(J-POP等)ではソニーレコーズレーベルが中心で、Columbia/CBSのレーベルは洋楽・クラシックといった輸入盤にほぼ限定されていたそうです。
s450_300_2015_SH-01G_1206_2015-12-06_003.jpg

昔よく見た「SX68サウンド」表示。ドイツノイマン社製のカッティングマシンを使っていたというだけなのですね。ノイマンのマシンはSPレコード時代からアメリカでは広く使われてきたマシンです。
s1000_293_2015_SH-01G_1206_2015-12-06_005.jpg

パイオニアPL-30Lです。レーベルはオレンジと白のツートンで、これも当時のものです。
s450_300_2015_SH-01G_1206_2015-12-06_012.jpg

シェルはDENONですがカートリッジはオルトフォンMC20mk2です。中古で購入して8年以上になります。特に問題なく聴けます。
s450_300_2015_SH-01G_1206_2015-12-06_014.jpg







2015年11月29日

パセリ、セージ、ローズマリー&タイム その2

2015年11月29日(日)
 昨日の記事の続きです。
 このLPをじっくり聴いてみました。ちょっとノイズが入りましたので歯ブラシでざっときれいにします。これはまた後程に。


 とても歯切れのいい録音におどろきました。曲によってはベースの低音が響いてきます。時代的にはビートルズとほぼ重なります。サウンドオブサイレンスがヒットし始めたのもイギリスからといいますから、なにか因縁めいたものを感じます。


 レコードの音で感激したのは久しぶりです。レコードにはレコードの良さがありますね。PC音源のような細かさとはまた違う、当時の現場の空気感が漂うようなリアルさがあります。まさにアナログの空気感です。


 装置はダウンサイジングしたので大したものは残っていません。プレーヤーはパイオニアPL-30L、カートリッジはオルトフォンMC20mk2、イコライザーはオークションで2000円で買ったヤマハHA-5、プリはサンバレーSV-3、パワーは中国製LM3886、スピーカーはダイヤトーンDS-32Bです。全部過去の記事に記載があります。


 画像はジャケットの内側にある二人の写真です。1968年ですから二人とも27歳、若いですね。私は当時13歳の中学生でした。

s300_300_2015_SH-01G_1129_2015-11-29_027.jpg

 このLPを聴いたのは今回が初めてですが、1968年当時、友人から借りたスカボロフェアーのシングル盤を聴いていた時に、隣の部屋にいた今は亡き母が、良い音楽だねーと言ったのを覚えています。洋楽のことなどまるで知らなかった母の言葉に、やっぱりいい曲なんだーと思ったことが懐かしく思い出されます。


 このLPの1曲目はスカボロフェアーから始まります。

s400_533_2015_SH-01G_1129_2015-11-29_030.jpg

 4曲目の「早く家へ帰りたい」という曲もよく知っています。曲名は初めて知りましたが。。。「59番街橋の歌」もいいですね。1曲が1分とか2分なので、LP両面を聴いても30分もかかりません。当時の曲はたいだい3分以内でしたね。ビートルズのレットイットビーがやたら長くてびっくりしたものです。


 歯ブラシでレコード掃除ですが、使う歯ブラシはデンターシステマの柔らかめに限ります。これは毛先がとても細くてレコード溝の奥にまで入り込んで、こびりついた汚れを取り去ってくれます。ターンテーブルでレコードを回しながら歯ブラシを当てると、手先に凹凸の手触りが感じられます。2回転〜5回転で急に凸凹が無くなり滑らかになるのが分かります。この感じで全曲を清掃します。


 これでもノイズは若干残りますが、もう気にしません。かけているうちに消えるものは消えますから。消えないノイズはそんなものと思えばいいのです。


 サイモンとガーファンクルの全5枚が欲しくなりました。少しずつオークションで買うことにしましょう。






2015年11月28日

パセリ、セージ、ローズマリー&タイム サイモンとガーファンクル

2015年11月28日(土)
 サイモンとガーファンクルが、わずか5枚のオリジナルアルバムを出しただけだと知ったのは最近でした。今は、オークションで1968年当時のレコードが手に入ります。できるだけ程度の良いものが欲しいですね。レコードはこれまでにオークションで100枚前後買っていますが、レコードを専門に取り扱っているところから買えば、まず問題ないものが届きます。


 今日届いた、「パセリ、セージ、ローズマリー&タイム」です。おなじみのスカボロフェアーの歌詞です。
s300_300_2015_SH-01G_1128_2015-11-28_008.jpg


 1968年のCBSソニーのレーベル。懐かしいですね。特に傷もなくきれいなものです。レコードクリーニングはこちらの記事を参考にしてください>>http://audio-world.sblo.jp/category/2786201-1.html
s300_300_2015_SH-01G_1128_2015-11-28_011.jpg


 68年11月ですね。
s300_200_2015_SH-01G_1128_2015-11-28_014.jpg


 スカボロフェアーの原曲となったパセリ、セージ、ローズマリー&タイムは、イギリスの伝承歌だそうです。口伝えで伝わるうちに元の曲とは少しずつズレていきますが、伝承歌というのはそういうものだそうです。オリジナルを残そうというものではないのですね。


 ポールサイモンは、このような伝承歌にも強い興味があったようです。コンドルは飛んでいくなんかもそうですね。


 二人はすっかり歳をとってしまいましたが、まだ現役というのがうれしいです。ポールの音楽性の高さは相変わらず。アートの澄んだ声はハスキーになってしまいましたが、74歳という年齢を考えれば素晴らしい高音です。

 
 サイモンとガーファンクルの声にまた巡り合えたことに感謝です。



2015年11月22日

サイモンとガーファンクル

2015年11月22日(日)

ポール・サイモン
1941年10月13日生(74歳)ニュージャージー州ニューアーク出身
クイーンズカレッジ卒
s700_466_garfun_002_.png


アート・ガーファンクル
1941年11月5日生(74歳)ニューヨーク市クイーンズ区出身
コロンビア大学卒
s700_466_garfun_006_.png


最近といっても数か月前、サイモンとガーファンクルの特集があって、タイトルも忘れてしまったのですがBSだったように思います。それをDVDに撮ったものをこのごろよく聞いています。1965年9月に大ヒットとなるサウンドオブサイレンスをリリース。1970年からは、解散こそしていないがそれぞれがソロ活動を行うこととなりました。出したアルバムはわずか5枚。

s700_466_simon_garfun_002_.png


独特のサウンドは、今聞いても美しく懐かしいです。ビートルズにしてもサイモンとガーファンクルにしても、10代前半のころリアルタイムで見て聞いていましたから、45年もたったのだとは思えないです。耳は正直です。サウンドをすべて覚えているものですね。

古いレコードです。CBSソニー2枚組ベストアルバム。
s500_500_2007_0505_024.jpg


Youtubeで2003年と2009年の1日だけの再結成をみることができます。ガーファンクルの声はかなりハスキーになりましたが、高音もよく出ていてまだ現役のアーティストです。二人の音楽性や嗜好がかなり違うものだったことを最近知りました。

感覚的なことになるのをお許しいただきたいのですが、ガーファンクルは、美しいサウンド、美しい詩をこよなく愛しているように思えます。その後のソロの曲を聞いてもそう思います。サイモンは、素晴らしい音楽性のベースはノリのいいハードロック。それにレゲエが入りジャズのように、その時々の感性で音程をずらし、タイミングをずらして歌うのがそのスタイルのように思います。

素人目にも、方向性が全く違う二人が別々の道を歩み出したのは自然なことでしょう。

でも、二人は、二人の時代や曲をとても大切にしているのはよく分かります。そうでなければ、これまでにも、1981年に11年ぶりにサイモンとガーファンクルを再結成し、セントラル・パークで53万人を集めたフリーコンサートや、2003年から2004年まで再結成し、世界ツアーを行っていたり、1982年、1993年、2009年はサイモンとガーファンクルとして日本公演を行ったりしないでしょう。

一時は絶縁状態にあったとも言われますし、サイモンがギター1本で作詞作曲した「明日にかける橋」は、ピアノで始まるアレンジがなされ、歌はほとんどガーファンクルのソロで今なお残る名曲ですが、「あれは僕が作った曲なのに」とよくこぼしていたそうで、二人のというよりは、サイモンの方が確執があったのではないかと思います。

さて、こんなことを思いながらYoutubeで再結成の動画を見ると、また格別な感慨が広がります。10代の前半に聞いたサイモンとガーファンクルの曲は、心の奥深くにまで浸み込んでいるようです。



Youtube

2009年再結成の様子
>>https://www.youtube.com/watch?v=CKZFdkCUksg

2003年再結成の様子
>>https://www.youtube.com/watch?v=tUuUr6iS3ao

サイモンがソロで歌う明日にかける橋2001年
>>https://www.youtube.com/watch?v=uNM9PDB5jo0




追記します。

発売された5枚のアルバムというのは次のとおりです。
国内発売分はすべてCBSソニーから出ています。

@ Wednesday Morning. 3AM
 「水曜の朝、午前3時」(ソニー 9854)

A Sounds Of Silence
 「サウンドオブサイレンス」(ソニー 9855)

B Parsley,Sage,Rosemary And Rhyme
 「パセリ、セージ、ローズマリー、タイム」(ソニー 9856)

C Bookends
 「ブックエンド」(ソニー 9857)

D Bridge Over Troubled Water
 「明日にかける橋」(ソニー 9858)


ちなみに、1970年ごろのレーベルはこちらです。

s300_225_cbs_sony_label_01_.png


この赤いレーベルは1978年以降とのことです。

s300_225_cbs_sony_03_.png


1970年以前のレーベルはオレンジ一色のものです。







スポンサードリンク